「生活費」って、気になるけど、人にはなかなか聞けないことの代名詞ですよね。

私も子どもが生まれて3人の生活が始まると、各家庭が食費にいくら位かけているのかなど、お金のことがすごく気になるようになりました。貯金もしたいし、教育費などの出費もありますし。

「他所の家は生活費っていくらかかっているの?」と、すごく気になります。でも、実際はママ友には聞けない内容ですよね。

ここでは、普段聞けない幼児がいる3人家族の生活費についてまとめて紹介したいと思います。

自分の生活費と比較して、お金を使いすぎていないか確認してみましょう。Gさんの記事です。

スポンサーリンク

 

3人家族の生活費の平均は?

厚生労働省がとったアンケートで、3人暮らしの生活費平均値は1世帯あたり約27万円となっています。

夫婦2人、子ども1人の家庭を措定した生活費だと、一般的には25万円程度必要と考えられているようなので、ちょっと大きいかなという感じですね。1か月25万円以内に生活費を抑えられたら預金にまわせるお金が増えるのではと思います。

では続いて内訳を見てみましょう。

食費はいくら?

食費は夫婦2人と子ども1人の世帯であれば3万~5万円くらいでしょう。妻が専業主婦の場合、自炊することになると思うので、かなりお金が抑えられます。

一方共働きの場合は、ついつい外食してしまい支出が増えてしまう項目でもあります。私も働いているので、週に1回は外食で済ましてしまいます。注意が必要な項目ですね。

<関連記事>

3人家族の食費はいくら?幼児がいる家庭の生活費の平均をチェック!

住居費はいくら?

3人家族であれば一般的に1LDK~3LDKの家に住んでおり、月々の居住費は6万~10万円程度と考えられます。こどもが生まれたタイミングで家を建てる人も多く、家を建てた人は月々10万円程度の負担となります。

住居費の理想は、収入の3割までとよく耳にしますね。自分の世帯の手取り収入から無理のない計画を立てたいです。

<関連記事>

子育て中の節約のコツって?疲れた顔は赤ちゃんに見せたくない!

光熱費はいくら?

3人家族の一般的な光熱費は、1.5万~2万円です。幼児がいる家庭は家にいる時間が多く、エアコンなどを常につけていることになるので、光熱費は高くなります。

冬場と夏場はエアコンの使用でぐっと請求額があがるのでイヤになりますよね。快適な生活を送るためには必要な経費とわりきるしかないですね。

<関連記事>

主婦が毎月気になる電気代。節約はカンタンに。ママの方必見

保険料はいくら?

3人家族の一般的な保険料は1.5万~3万円くらいです。独身だと保険に入っていなくても問題ありませんが、子どもができるといざといった場合への備えが必要になります。一般的にがん保険、生命保険、医療保険に加入します。

我が家は2人とも働いているので、どちらもがん保険、医療保険に加入しています。2人で3万くらいなので、少し高めですね。見直しが必要かもしれません。

<関連記事>

子供が自転車で怪我した時のおすすめ保険は?無料保険相談で解決

教育費はいくら?

子どもが幼稚園・保育園に入園した場合、月々5千円~2.5万円ほどかかります。習い事をさせると、さらに1万円ほど追加になります。

子どもにかかるお金は、あまり我慢したくないですよね。ママ友の話を聞いても、習い事をいくつかさせている家庭が多いです。

<関連記事>

子供の教育費用の平均を徹底調査!大学までの総額まとめ

スポンサーリンク

おこづかいはいくら?

一般的には2万~3万円ほどです。働きに出ている場合、おこづかいから昼食代を出すかによっても金額が変わってきます。

節約したい場合は、お弁当を作るのもいいですよね。

<関連記事>

夫のお小遣いと貯金額の各家庭の平均!貯金を増やす節約術

娯楽費はいくら?

3人家族の一般的な娯楽費は5千円程度です。居住費や食費などの生活コストで手一杯で、そこまで娯楽に使えるお金はないようです。子どもが小さいうちは、近所の公園に遊びに行くだけで我慢するしかないのかもしれませんね。

<関連記事>

30代の平均年収は?手取り,貯金額,お小遣い平均を徹底調査

20代の平均年収は?手取り,貯金額,お小遣い平均を徹底調査

実際の目安はいくら?

3人家族だと、各項目の支出がいくらくらいが一般的かという説明をしてきました。次に月々25万円で生活すると、各項目で使用できる金額がいくらぐらいになるかを説明したいと思います。

  • 食費 4万円
  • 住居費 6万円
  • 光熱費 1.5万円
  • 通信費 1.2万円
  • 教育費 2.5万円
  • 保険料 1.5万円
  • 娯楽費 5千円
  • 被服費 5千円
  • 交際費 5千円
  • 日用品 1万円
  • おこづかい 2.8万円
  • その他・預金 3万円
  • 合計 25万円

もちろん住んでいる地域にによって多少変わると思いますが、各項目をこれくらいで抑えられれば預金もある程度できるし、ストレスなく生活できそうですね。

5人家族だとこんな感じに。

5人家族の生活費!食費を抑える節約レシピ大公開

まとめ

夫婦2人と幼児1人の家庭なら、月々25万円くらいあれば無理なく生活できそうですね。もちろん急な出費などでこれ以上かかってしまう月などあるかもしれません。

そんなときのために、節約できそうなところは節約して預金を増やしておきたいですね。なかなか、子どもが小さいうちは共働きできずお金にも余裕がないことが多いですが、無理のない程度に節約してストレスない生活が送れるようにしましょう。

スポンサーリンク

<よく読まれている記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編
 
ファミリーカーならセレナ,ボクシー,ノア!おすすめは?