子供を寝かしつけるときに絵本を読んでから寝かしつけていますか?この絵本を読むという行為をやるのとやらないとの差は大きくなってからかなり出てくると思います。

本を読むと単純に知識が広がります。見聞を広めるという意味では本ほどのコスパが良いものはありません。

そして寝つきがびっくりするくらい良くなるし、それ以外にもうれしい効果がたくさんあります。

 

スポンサーリンク

絵本の効果

こんな簡単にはやく寝かしつけをできる方法はほかにないと思いますので、やはり絵本の効果は絶大です。

赤ちゃんは話せないし、本を読んであげても聞いてないように思うかもしれませんが、赤ちゃんだからといって本を読んでいないわけではありません。

しっかりと聞いていたという事が大きくなるにつれてわかってきます。

絵本のプレゼントで必ず喜ばれる5選!思いやりを育てる絵本

 

赤ちゃんは大きくなると絵本の内容をある日突然話し出す!

赤ちゃんに寝る前に何度も何度も同じ本を読んであげていると、言葉が話せるようになった時にその絵本のセリフを突然話し出したりします。

これ、本当にびっくりしますよ。
うちの子は走る効果音で「タッタッタッタ」でした(笑)

赤ちゃんは言葉を話せない時期に何千もの言葉のシャワーを浴びてその言葉を少しずつ少しずつ発することができるようになっていくのです。

要は言葉の充電期間ですね。
この期間の間にたくさん言葉の充電をしてあげましょう。

言葉の充電

もちろん良い言葉の充電をしてあげてくださいね。
汚い言葉や、おすすめできない言葉を話していると赤ちゃんが突然その言葉を発することになるかもしれないのでお母さんお父さんは注意してくださいね。

日常生活でも荒い言葉は控えるようにしましょう。
特に絵本で何度も何度も同じ言葉を赤ちゃんに聞かせていると頭の中に必ず記憶されていきます。

ですのでお母さんお父さんがお気に入りの絵本は0歳の時から何度も何度も読み聞かせ続けることが大事です。

0歳から絵本

私も絵本は0歳の時から寝る時に必ず一冊は読み聞かせるるようにしています。

言葉が徐々に話せるようになった時位には何度も読んでいる絵本についてはもう次のページに何が載っているか答えを知っているのです。

どういうことかと言うと、例えばぼうしとったらという有名な絵本があるんですが、この絵本は帽子を取れば何が見えるかなという想像力をかきたてる絵本です。

赤ちゃんに英語教育するなら絵本が一番最適な理由6つ

仕掛け絵本

仕掛け絵本になっていて手で触っても面白い絵本です。

そして帽子の中には何があるかというクイズ形式の絵本ですが、何度も読んでいるともう答えがわかってきて先に効果音などを発するようになります。

帽子の中身だけではなく出てくる順番までも覚えています。
子供のすごさを目の当たりにすることができますよ。

ぼうし とったら (PETIT POOKA)

中古価格
¥675から
(2017/12/30 04:09時点)

これって私は本当にすごいことだと思います。
だって次のページを読まなくてもどんなものが書いてあるかっていうのがわかっているんですよ。

これは子供の記憶力のすごさの成長を間近で見ることができて、本当に自分も子供の頃にもっと勉強しておけばよかったと後悔することになります(笑)

この子供の頃の記憶力はとてもすごいものなので、この時期にいろんな本を読んであげて知識をいろいろ吸収させてあげるようにしてあげるのがいいと思います。

多彩な色の絵本

目が見えるようになってからは目に見えるものいろんなものに興味ができています。
特に絵本は色んな多彩な色を使っているものが多いのでとても刺激的で飽きることはありません。

絵本を読むと子供は必ず良い方向に成長します。
なぜなら絵本には 子供の成長に必要なものが何個も詰め込まれているからです。

イメージが大事

それにしつけなどにも利用できて、絵本を使った方が子供がイメージできるのでとても有効な手段だと思います。
言葉で説明するよりも絵本で説明した方が何倍も子供に伝わります。

それは大人の場合でも一緒だと思います。
大人であっても活字ばかりの本よりも漫画の方がイメージしやすいと思います。

よく受験勉強などでも、例えば日本史世界史などをいきなり教科書を読むのではなく漫画で一通り全てを頭に入れてから教科書などを読む方が頭に入りやすいと言ったことはイメージしやすいからです。

そのくらいイメージというのは記憶の定着に大事ですので、やはり絵本はお子さんにとってとてもイメージがしやすく わかりやすいものだと思います。

絵本が一番伝わる

何か教えたいとき、例えば歯磨きを教えたい時、トイレを教えたいとき、こういったときは口で説明するのではなく絵本を使って説明してあげるのが一番すぐに覚えます。

私の息子も歯が生え始めたころ、歯磨きをちゃんとしてくれなかったので、この絵本を読ますということをしてあげると、歯磨きをしてくれるようになったことを覚えています。

もちろん一回や二回では無理だと思いますので、何度も読んであげることが大切です。
私の息子の場合は、だいたい一か月ぐらい毎日同じ本を読み続けてあげたところ、歯磨きをするようになってくれました。

これはおすすめなので一度試してみてください。
絵本には教えることでいろんなメリットがありますそのメリットを 紹介したいと思います。

絵本で面白いストーリーが楽しめる人気絵本ランキング5選

 

絵本はストーリーを教えることができる

ストーリーってとても大事なのです。
何かものを覚える時にストーリーを使うととても覚えやすいということが科学的にも証明されていますし、実体験としてもそのような体験をした人は多いかと思います。

例えば先ほどの話で歯磨きを子供にさせるにはどうすればいいかという問題があるとします。
子供に「歯磨きをして」と言うのではなく、 ストーリーを通じて歯磨きをすることのメリットデメリットを伝えることが大事です。

頭に残る

何故ならストーリーというのは頭に残りやすく、記憶の定着に一役買ってくれるからです。

つまり、「歯磨きをしたら虫歯にもならずに綺麗な歯になれるしお菓子をいっぱい食べれるよ」と口頭で伝えるのではなく物語を通じて伝えてあげるのです。

例えばこんな感じです。

歯磨きをしない嫌がる子供の原因は?おすすめはジェルと動画

たろうくんと花子ちゃんの物語

絵本市絵本町の大きな公園の裏側に、とってもいい子の太郎くんと花子ちゃんが住んでいました。
太郎くんも花子ちゃんもお菓子が大好き。

毎日毎日お菓子を食べたいけど、ちゃんとママの言うことを聞いておやつのじかんの3時にしか食べない、とってもとってもいい子です。
二人ともおやつの時間が大好きでいつもいつも3時にならないかなと思っています。

ふたりはとてもいい子ですが、太郎くんはちょっとだけ悪い所がありました。
それは歯磨きをしないのです。

太郎くんは歯磨きをしなくて、花子ちゃんは歯磨きを毎日しています。
ある日おやつの時間になると、太郎くんと花子ちゃんはテーブルの上に座っておやつを待っていました。

歯が痛いよ

そして太郎くんがおやつを食べようとすると、「痛い痛い歯が痛いよ」
太郎くんは毎日歯磨きをしなかったので、虫歯になってしまい大好きなおやつを食べることができませんでした。
そして太郎くんは虫歯になって歯が痛い痛いなので歯医者さんに行って虫歯を治してもらうことになりました。

歯医者は怖い

「キーーーーン」
歯医者さんではなんやらたくさん怖い音がします。
「怖いよー」

でも太郎くんが歯磨きをしなかったから悪いのです。
歯磨きをしないから虫歯になったことを太郎君は後悔していました。

お医者さんは、やさしくしてくれたので太郎君は泣かずに歯の治療を終わることができました。

泣かなかった太郎君はとっても偉いと歯医者さんにたくさん褒められました。
「ちゃんと歯磨きをするんだよ」
と歯医者さんに言われて、太郎君は大きくうなづきました。

おやつがまた食べれる

太郎くんはやっと虫歯を治してまたおやつを食べれるようになりました。
太郎くんはもう歯医者にも行きたくない、おやつもいっぱい食べたいからこれから毎日を歯磨きしようと思いました。

そして太郎くんと花子ちゃんはいつものように一緒に二人でおやつを食べて楽しい時間を過ごしましたとさ。

一応太郎くんと花子ちゃんは兄弟設定です。

こんな感じでストーリー仕立てにしてあげると、歯磨きをした時のメリットデメリットが頭に残りやすいかと思います。
ここに更に絵本で絵を見せてあげるともっとイメージしやすくなりますよね。
ですので、絵本が一番子供に伝わります。

絵本の効果

絵本の絶大なイメージ力が分かっていただけるかと思いますが、ストーリーに絵をつけるだけで何倍も頭に残りやすくなるのです。

私たちは子供の頃からストーリーにすごく慣れていて、何度も何度もストーリーを通していろんな知識を吸収してきました。

ですのでこのストーリーに慣れていくという点で子供にはとても良い勉強となります。
ストーリーを使っていろんな本を読んでもらう楽しさを覚えてもらいましょう。

 

寝る前に読むことで睡眠の儀式になる

これはとても有名なことですが、寝る前にはいつも同じことをしてあげると、これから寝るのだなということが赤ちゃんはわかってくれます。

これはしつけをする上でとても重要なことです。
この寝る前の儀式を一定化すると、赤ちゃんが寝る時にとても安心できますし、寝るという体の準備も出来ますので寝つきが良くなります。

赤ちゃんは生活の流れの順番がよくわかっていませんので、絵本を読むことを儀式にしてあげることで意識できるようになります。

何度も読んであげる

何度も何度も絵本を読んだ後に電気を消して寝るという行動を行っていると、絵本を読んでいる時に眠たくなってくるようになります。

こうなるとしめたもので、絵本を読んでくれるしまた眠たくなってくれて寝かしつけもとっても楽になります。

ですので、寝る前には絵本を読んであげて、「これを読んだら寝るよ」の一言をかけてあげて、絵本を読んだその後に寝るというルーティンワークを作るようにしてあげてください。

絵本は一冊必ず読む

案外忙しくてそんなことできてないお母さんお父さんがいるかもしれませんが、これだけは鉄板ルールとして絶対に絵本1冊だけでも良いので読んであげるということを意識してください。

5分で良い

間違いなく寝かしつけが楽になることは私も体験済です。
5分だけでもいいですので、寝る前には絵本を読んでもらえるということを赤ちゃんに意識させてあげることがとてもとても大切なことです。

寝かしつけって子どもと一緒に儀式をやるようなものですね。いつもと同じ行動に絵本を取り入れたり身体をぽかぽかにしたり、そうすることによってだいたいの赤ちゃんは今日はもうねるのかーって思ってくれてだいたい寝ます。

赤ちゃん寝かしつけのコツは?絵本や他の方法も紹介

 

赤ちゃんが寝る時間を楽しいと思えるようになる

絵本て、読んであげている方もとても楽しいものですよね。
ですからお母さんが楽しくしていると、赤ちゃんにとってもとても楽しい時間として待ち遠しくなってくるようになります。

子供はお母さんの表情を敏感に感じ取りますから笑顔でいると、安心してくれます。

言葉が話せるようになる絵本を読んでとせがんでくるようになってきていれば、赤ちゃんの時の寝かしつけの絵本の効果がしっかりと出ていることが分かると思います。

1日一冊

そこまで何百冊も読む必要はなく、寝る前に1日一冊読むだけでも全然違うのです。

絵本を読んであげると、とても楽しい気持ちになりますし、絵本が読みたいから早く寝室の部屋に行こうというようになるかもしれません。

そこまでとはいかないにしても、楽しみにしてくれると寝ることも楽しみになってくれる可能性も高いので、やはり絵本はとても役に立つアイテムです。

スポンサーリンク

 

寝てる間に記憶を整理できる

寝てる間に絵本の中でおきたことやで本人で得た知識を 整理して頭の中で記憶して行くことができます

よく寝る前には 暗記系の本を読むと良いと言われていますが これは赤ちゃんも同じで絵本で覚えておいてほしいことや 楽しいことなどを 伝えてあげるとそれは頭の中にどんどん記憶として定着していきます。

ママとぎゅー

赤ちゃんの頃におすすめなのはママとぎゅーとするととてもいい気分になるだろうどうやれば幸せになるのかということを赤ちゃんが分かるようにしてあげるととてもいいです。

ママは大切なものであったりご飯を美味しいものを見てあったり 将来 それをすることでとても嬉しい気持ちになるように幸せに訓練させてあげることが大事なのです。

良いしつけ

赤ちゃんはまだ幸せは何かわかりませんので例えばおむつを替えると気持ちいいで明日笑顔になると楽しい気分になるであったりそういったことを伝えてくれる絵本を 選ぶととても赤ちゃんにとって教育になり良いしつけができるようになると思います。

言葉だと同じようなことを分かるまでしつこく伝えたりすることもありますが、絵本はその中に載っている絵や言葉などが印象に残ってずーっと覚えていられるので

自然としつけができます。

絵本の読み聞かせる時のコツは?絵本が与える教育効果は絶大

 

将来本好きになる可能性が高い

子供の頃から絵本を読み聞かせてもらっている子供はかなり高い確率で本を好きになります。

これは私自身が実証済みで、私は子供の頃に絵本を毎日必ず一冊以上は読んでもらった記憶があります。

図書館通い

ですので私は小学生になってからも毎日毎日図書館に通って本を読んでいた記憶があります。
読書感想文でも困ったことはなく自分が思っていることやあらすじなどをまとめるのが得意になりました。

絵本を読み続けてあげると、文字に対して抵抗がなくなったり活字を読むことに慣れることができるので、これからの人生にも役立つことになります。

子供の時にこのように読み聞かせをしてあげると将来の役に立つことは間違いないです。

 

まとめ

絵本ほどコスパよく学べるものとはこの世の中でないのではないでしょうか。
私もかなりの読書好きで、何百冊ももう読んできたと思います。

私自身も今でも一ヶ月に何冊も読みますし、大学時代には図書館のある棚を全て読破した経験もあります。

たくさん本を読むべき

賢い人などはなぜ賢くなったのか聞くと、いっぱい本を読んだからとよく聞きますし、それだけが全てではないと思いますがやはり本の力は絶大だと思います。

本を読むことは子供は決して悪いことにならないと思います。

自分の子供にも、赤ちゃんの頃から本を何度を読み聞かせてあげることによって本好きになってもらえたら、どんなに辛い時でもしんどい時にも四を読み聞かせてあげたその毎日がとても報われることになるかと思います。

時間はかかる

時間はかかりますがやる意味はかなりあると思います。

確かに毎日読むということはとてもしんどいことかもしれませんが、余裕のある時だけでもいいです。

体調を崩しているときまで絶対読まなければならないものでもありませんし、何よりも楽しい時間を過ごすという事が大前提ですから、あまり気負いしなくて大丈夫です。

絵本で赤ちゃんと接する

絵本をできるだけいっぱい読んであげる(同じ絵本でかまいません)ということを意識して赤ちゃんと接するようにしてあげてください。

将来本が大好きな子供に成長してそして素晴らしい人生を送るための補助ツールとして、本を活用できるような素敵な人に育ってもらえるといいですね。

参考になれば幸いです。

絵本のまとめ!幼児におすすめの読み聞かせ絵本特集100選

<関連記事>

スポンサーリンク

赤ちゃんの寝かしつけには絵本がおすすめ。医者も納得の理由とは?
 
子供に絵本を読み聞かせる時のコツは?絵本は子育てのマストアイテム
絵本で面白いストーリーが楽しめる人気絵本ランキング5選
絵本で大人も感動?おすすめ人気絵本の読み聞かせランキング5選
幼児に絵本でおすすめ人気ランキング5選!動物がテーマの絵本!
人気絵本の読み聞かせランキング5選!男の子が好きな昆虫
絵本の人気名作を紹介!楽しい気持ちになる絵本ランキング5選
3歳のプレゼントにおすすめの絵本5選!テーマは乗り物
絵本の誕生日プレゼントで喜ばれるランキングトップ5!テーマは花
幼児絵本ランキングで上位トップ5!ご飯がテーマの人気絵本
プレゼント用の絵本で人気!愛がテーマの名作絵本5選
絵本の名作ベストセラーは!?怒りがテーマの絵本とは!?
読み聞かせの絵本でおすすめランキング5選!野菜嫌いがテーマ
絵本のプレゼントで必ず喜ばれる5選!思いやりを育てる絵本
子供の絵本で人気のランキング5選!絵本で物の大切さを学ぶ
幼稚園の絵本でよく読まれている運動好きにもおすすめの5選。
小学生の絵本おすすめ5選!ケンカする子に読んでほしい
幼児の絵本でおすすめ人気ランキング5選。4歳にも最適。
子供の絵本でおすすめの人気読み聞かせランキング5選!幼児向け
 
赤ちゃんの英語の歌おすすめYouTube動画スペシャル8選
赤ちゃんに英語教育するなら絵本が一番最適な理由6つ
赤ちゃんの英語学習に最適なおすすめ無料動画スペシャル6選