Sさんの投稿です。生まれたばかりの赤ちゃんを抱えたママは大変です。仕事から帰ってきたパパに「今日は一日何してたの?」と聞かれて、「おむつ変えて、おっぱいあげてた」と答えたら「それだけ?」と言われてむっとしたことありませんか?

ママは、それだけを、一日中やってるんですよね。

24時間休む暇なく!おっぱいは三時間おきなんてウソです。少なくともうちの場合は、おっぱいをしまってる暇ありませんでしたよ。

パパに「おっぱいでてるよ」と言われて初めて気がついたこともあります 笑そんな毎日で、食事もゆっくり取れないママは多いはずです。

やっと食べはじめたと思ったら赤ちゃんに呼ばれて、またテーブルに戻った頃には食事は冷めてる。それが続いて、だんだん自分の食事を諦めてしまう…。それでは体力も落ちてしまうし、母乳にもよくありません。

うまく手を抜いて乗り切りましょう!

スポンサーリンク

 

ママの食事が面倒な時はスープの作りおき

うちの娘は10月生まれなので、1ヶ月の里帰りを終えて自宅に戻ったときにはだんだんと
冬が近づいてきていました。「里帰りが終わったとたん、母乳が出なくなる人もいるみたいよぉ」なんて、実の母に脅かされながらの帰宅。

気楽な性格の母なので何も考えてなかったんでしょうけど、この先初心者ふたりで育ててい
かないといけない緊張ばりばりの娘に、ちょっとヒドイですよね 笑ともかく、昼間は娘と二人の生活が始まったわけです。

慣れない育児。取れない産後疲れ。はっきりいってクタクタでした。

よく寝る子もいるみたいですけど、うちの子は違いました。一度寝付いたと思っても、30分もすれば起きてしまう。

食べることより寝ることを優先してしまった。

貴重な30分くらいは横になりたくて、食べることより寝ることを選びました。その結果おっぱいが少くなったのか、さらにちょこちょこ泣いて呼ばれてしまう。

まさに悪循環です。

いろんなスープを試して作り置き

そこで母にもらったアドバイスが、スープをたっぷり作っておくことでした。野菜は適当にぶつ切りにして、鍋にいっぱい煮込んでおく。根菜が母乳にいいと聞いたので、ごぼうと人参とたまねぎは毎回入れてましたね。

だしは和風、コンソメ、中華をその時の気分で。基本的に顆粒ダシです。

トマトスープにする時もありました。野菜だけでもいいですが、手羽先とか手羽元、ベーコンなど入れてもいい味が出てさらにおいしくなりますよね。

いつでも食べられる手軽さ

圧力鍋か炊飯器でがーっと大量に煮て、時間にこだわらず娘の機嫌がいい時に食べました。

野菜切るのも面倒ってときは、冷凍の根菜ミックスなどもよく使いました。うどんを入れてみたりおじやにしたり、手軽で温かくて栄養のあるものがすぐに食べられるのはよかったです。

夜は主人の食事の一品として出して、昼ごはんはそこに炭水化物を足して簡単に済ませました。
それでもちゃんと栄養バランス取れるし、お菓子とか菓子パンつまんじゃうより罪悪感ないです。

栄養が偏ると母乳がまずくなるのか、飲んでくれなくなる。

うちの子は私が何食べてもおっぱいぐいぐい飲んでましたけど、赤ちゃんによってはママが
カップラーメンとかスナック菓子とか食べただけでおっぱい拒否されちゃうらしいですね。
私の友達が悩んでました。

結局おっぱいが終わるまでジャンクフードを食べられずにいて、断乳日当日はカップラーメ
ンとビールで乾杯したらしいです。母いわく、母乳にはお茶よりスープだそうです。

スープは母乳が美味しくなる

根拠は分かりませんが、私を含めた子供4人を母乳で育て上げたのですから、あながち馬鹿
にもできなさそうです。私は別に母乳育児にこだわっていたわけではありませんが、ありがたいことに完母でここまでくることができました。

娘の卒乳を気長に待ちつつ、現在2歳2ヵ月です。しゃべるおっぱい星人に成長しました。もうおっぱいが張ることはありませんが、まだ出ているそうです。

小森 純さんは、料理を自分でアレンジして作ることを得意として、ダイエット中でも子どもに母乳を与えるために栄養の付くものを作っていたそうです。食べるではなく、子どものために栄養を取るという考え方で確認してみてください。

小森純のダイエットメニュー !産後16キロ痩せた驚きの方法

スープジャーを活用

慣れてくると今度は、スープを温める手間が面倒くさくなってきます。それまでは一回分ずつタッパーにいれて冷蔵し、食べるときにレンジでチンしてました。

それすら面倒くさいって、どういうことだよっとマメな夫につっこまれましたが、赤ちゃんがいるいないに関わらず、私はもともとが面倒くさがりやなのです。それにレンジでチンしても、何かの拍子に呼ばれるとすぐに冷めてしまうんです。

そこで見つけたのがスープジャー!大量に作るので全部をいれておくのは無理ですが、食べ終わるまであつあつを保てます!途中で呼ばれても、蓋をしておけば温かいまま。

これは嬉しかったですね。娘が成長するにつれて余裕が出て、自分の食事もそれなりに食べられるようになりましたが、スープジャーは離乳食にも役立ちました。

野菜が柔らかくなります。

大人用に作った汁物をスープジャーにいれておくと、野菜が柔らか~くなります。それをつぶしてあげるだけ。

火をつけっぱなしにしなくても、そばにずっとついていなくてもいいので、気が楽です。おかゆづくりにも重宝しました。

スープジャーはオススメ

生のお米とお湯をお鍋でぐつぐつ煮たてて、スープジャーに入れて待つだけ。基本的には炊飯器でごはんを炊くときに真ん中にお茶碗を立てて娘のおかゆを作りましたが、タイミングがあわないときはスープジャーにお任せしました。

外に出られるようになればお弁当にも持っていけるし、現在も気に入って使っています。レシピ本もいろいろ出ているみたいなので、まだまだ使い道を増やしていきたいなと思っています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

育児にクタクタで食事がしっかり取れていないことに悩んでいるママさん、

スープの作りおきを試してみてください。

私は2、3日分づつたっぷり作って、簡単に、でも栄養たっぷりに済ませました!

さらにスープジャーに入れておけば、温かいスープが好きなタイミングで食べられます。

忙しい毎日だと思います。温かいものを食べて、少しでもほっとできる時間を作ってくださいね。新生児期は、無理をしないで手抜きが一番です。

赤ちゃんが寝ているときは一緒に休んで、自分のこともいたわってあげてくださいね。

スポンサーリンク

<関連記事>
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編