生まれたばかりの赤ちゃんのお肌って、きれいですよね。きめ細かくて、スベスベで。よく理想の肌質として「赤ちゃん肌」という言葉があるくらい。そんなきれいな赤ちゃんの肌に、ベビースキンケアは必要なの?と疑問に思いませんか。

スキンケア=保湿だと思っていらっしゃる方が多いと思いますが、実は、それだけではないんです。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんのスキンケアは必要?

ベビースキンケアは、するしないで賛否両論あります。「スキンケアをすると、自然治癒力が落ちる」「スキンケアをしないと、大きくなってからの肌質に影響する」どっちが本当なの?と迷う方もいるのではないでしょうか。

あきらかに、乾燥でカサカサしているお肌には必要だなと思うのですが、特に何のトラブルもない赤ちゃんのお肌に、スキンケアなんていらないんじゃ。そこで、赤ちゃんの肌について調べてみました。

赤ちゃんの肌状態

赤ちゃんの皮膚は、体の一番外側の角質層が大人より薄くとても弱いです。特に、生後3カ月くらいから皮脂の分泌が減り、外の刺激から守るバリア機能も弱くなります。そのため、トラブルの起こしやすい肌と言えます。ですので、何のトラブルのない肌でも、そのバリア機能を守る為、毎日のスキンケアは大切です。

逆に、生まれてから生後3カ月までは、皮脂の分泌が盛ん。この時期に乳児湿疹を起こす子がほとんどなんです。では、この乳児湿疹とは一体何でしょうか。

乳児湿疹

お腹の中で母親から受け継いだ、ホルモンの影響で起こる湿疹。生後3カ月くらいまでの赤ちゃんは、皮脂の分泌が盛んなため、頭や顔などに湿疹が出ることがあります。

症状の大小は個人差があり、ブツブツで収まる子、痒みで酷く掻きむしってしまうほどの子、様々です。痒みの酷い子は小児科や皮膚科に行き、見てもらうことをおすすめします。

うちの子もなりました。一人目の時は、急なブツブツで「なんじゃこりゃ~」とびっくりし、急いで産院に電話した記憶が。「乳児湿疹は誰にでも起こること」と聞いて一安心しました。

ブツブツ程度で済みましたが、3番目の子の時は「また乳児湿疹か」と呑気に考えでいたら、日に日に酷くなってしまい、最終的にはジュクジュクに。

急いで小児科に行き、薬できれいになりました。「同じ母親から生まれてるのにこんなに違うのか」と思った瞬間でした。

その乳児湿疹後は、皮脂の分泌が減るので乾燥肌になる子が多いんです。乾燥肌になるとバリア機能が弱くなります。バリア機能を守るためにも、毎日のスキンケアは大事だと言えます。

スキンケアの大切さの研究結果

著書にこのように書かれていました。

「新生児のうちから保湿を毎日行った研究があります。そのデータでは、保湿をしなかった場合に比べて、保湿を毎日続けた場合の方が、アトピー性皮膚炎の発症が少なかった。」(引用著書:講談社 子どもアトピー性皮膚炎 正しい治療法より抜粋)

研究データにも上がってるんですね。それなら信ぴょう性があります。みんながみんな、これに当てはまるとは言えませんが、保湿によるバリア機能の安定はとても重要ということが分かります。

 

乳幼児は意外と肌トラブルがつきもの。デリケートな肌だからこそ起こるので、日々のケアは大切です。

乳幼児にアレルギー反応!子供の乾燥肌のスキンケアで治る?

 

赤ちゃんのスキンケア

ベビースキンケアで大切なことは、

  • 清潔を保つ
  • 保湿をしてあげる

この2つが重要で、どちらかひとつではダメなのです。きれいな清潔肌に保湿をしてあげることにより、バリア機能を保つことができるんです。これは、乳児湿疹が出ている場合でも同じようです。

そして、ベビースキンケアは、スキンシップにもなります。子供って、お母さんの手がすごく安心するんです。その手で赤ちゃんのスキンケアをすることは、体だけではない心も満たされるのではないでしょうか。

 

もう少し大きいお子さんへのスキンケアについても詳しく載っていますので、こちらの記事も参考にしてみてください。

子供に保湿剤は必要?市販のおすすめ保湿ケア商品はこれだ!

 

清潔がとても大切!

皮膚には、汗や汚れ、目に見えない雑菌も付いています。清潔にするには、それらを入浴やシャワーで洗い流すことが大切です。特に、炎症や乾燥の肌トラブルのある皮膚は、バリア機能の低下により本来健康な肌では自然と殺菌されるはずの菌が殺菌されずに増えてしまいますので、こまめに洗い流す必要があります。

赤ちゃんの洗い方

石鹸で洗う

汗や汚れは皮膚だけではなく皮脂にもあり、洗い流すだけでは取ることが出来ない汚れもありますので1日に1回は石鹸で洗うことが大切です

  1. 石鹸を良く泡立てる
  2. 手で優しく包み込むように、ふんわりと乗せる
  3. 滑らせるように泡を塗って洗う
  4. 首回り、脇の下、関節、手のひら、足の裏も忘れずに洗う
  5. 37度~38度くらいのぬるま湯で、石鹸をしっかり落とす(あごの下、脇のくぼみは石鹸が残らないように注意)

石鹸をそのまま体に擦りつけるのはNG。濃度が高すぎて刺激になります。100円ショップにも売っている「泡立てネット」で、湯と空気を混ぜて良く泡立てましょう。素手で洗うのがベスト。ガーゼやタオルなどは、角質を傷つける恐れがあるので、使用しない方が良いでしょう。「新生児のうちはガーゼを使って」と聞きますが、本当はママの手で洗うことが良いそうです。

ゴシゴシ洗わない

汚れや雑菌を取りたいあまり、ゴシゴシ強く洗うことはNG。角質層を傷めて、逆にバリア機能を低下させてしまうことになるので注意です。汚れは泡の力で落ちるそうです。優しく洗ってあげましょう。

肌トラブルの肌も洗う?

もし、肌トラブルで湿疹やジュクジュクしている場合でも、そういう時ほど清潔が一番。痛い時もあり、我慢させるのはかわいそうですが、手早く洗ってあげましょう。

タオルで拭く

お風呂から上がったりシャワー後は、タオルで優しく押さえるように拭きます。こちらも、ゴシゴシ拭くと肌を傷めてしまうのでNG。

押さえるだけで、水分は取れます。

スポンサーリンク

 

保湿剤の種類と塗り方

清潔にした後は「保湿」をします。保湿と聞いて思い浮かぶのは、保湿剤ではないでしょうか。今は色々な保湿剤がありますが、種類や成分も様々でどれがいいのか迷いますよね。

保湿剤には「水分を与えるもの」と「水分を逃さない様に保護するもの」があります。

どれが良いのかは、その時の季節や肌の状態によります。では、3種類の保湿剤のタイプと特徴をご紹介します。

保湿剤の種類

  • ローションタイプさっぱりとした感触なので夏の暑い季節に使用するのがおすすめです。肌に水分を与えてくれます。
  • クリームタイプベタつきが少なく、肌の水分を逃がさない役割をしてくれます。年中使えますが、乾燥の酷い冬に特におすすめです
  • オイルタイプ軽い付け心地で、マッサージしながら保湿できる。肌の水分を逃がさない役割をしてくれます。年中使えますが、日中のオイル使用は紫外線によりダメージを与えることがある為、使わない方が無難です。夜の入浴後をおすすめします

しかし、上記はあくまで一般的に見たタイプです。使う商品や子供さんの肌質によっては変わってくると思うので、商品説明欄を読んだり、その点を考慮して選んでみてください。

保湿剤の使用方法

保湿剤の塗り方

ローション:適量を手に取り、両手でよく伸ばしてから滑らせるように優しく塗ります。

クリーム:数か所にちょんちょんとおいていき、優しく広げていきます。すり込む必要はありません。

オイル:適量を手に取り、両手でよく伸ばしてから滑らせるように優しく塗り、マッサージしましょう。

酷い肌トラブルにはNG

上記でも書きましたが、ここでひとつ注意したいことが!少しのブツブツ程度なら大丈夫ですが、酷いブツブツ、酷い痒みや搔きむしりがあった場合は、迷わず小児科や皮膚科に受診しましょう。ここで保湿剤を使うと、症状を余計に悪化させかわいそうなことになる場合があります。

「少しのブツブツ」も「酷いブツブツ」も見分けがつかないという場合は、受診することをおすすめします。

上記で言ったように、うちの子は乳児湿疹時に保湿剤を使用していたのですが、症状が悪化。ジュクジュクするまでになってしまい、かわいそうなことをしました。きちんと病院で診てもらい、症状が改善してから保湿を行いましょう。

早めの保湿を

保湿は、入浴やシャワー後10分以内にするのがベスト。入浴後の、まだ水分が十分に含まれている状態での保湿が大切です。水分が肌から逃げないうちに早めに保湿をしましょう。

これ、意外と大変なんですよね。10分って長いようで短い。赤ちゃんの入浴だけでも大変なのですが、なるべく早めの保湿を意識してあげましょう。

こまめに塗る

一回にたくさん塗るより、こまめに何度も塗ってあげる方が効果的です。保湿剤は24時間持続しません。着替え時、おむつ替えなど、その都度塗って持続させましょう。その際の「清潔」も忘れずに。赤ちゃんも汗をかきます。そして、よだれや尿にも菌がいます。そのままの保湿は菌を増殖させてしまうので、気を付けましょう。

「毎回洗い流す時間なんてないよ!」という場合は、濡れガーゼで優しく拭いてあげ、きちんと乾燥させてから保湿剤を塗りましょう。

では、みんなはどんなスキンケア商品を使用しているのか。人気商品ランキングをご紹介します。

 

ベビースキンケアのオススメ人気商品はこれだ!

ママ&キッズ ベビーミルキーローション 

【商品のポイント】

  • 羊水に含まれる、ミネラルイオンや8種のアミノ酸が潤いを配合
  • 胎盤に近い成分が肌のバリア機能をサポート
  • べたつかず、なめらかな使い心地
  • ローション+乳液のミルキーローションで、これ1本で水分を与えて閉じ込めてくれる
  • 伸びが良く、しっかり潤う
  • 弱酸性で6つのフリー(無香料、無着色、パラベン、アルコール(エタノール)、鉱物油、石油系界面活性剤)

母親のお腹の中の羊水には「赤ちゃんの肌のうるおいを守る働き」があるそうです。その羊水に含まれる成分を配合していて、肌本来の働きを整えてくれるそうです。

容器は2重構造で、最後までフレッシュに、そして残さず使えるのも魅力。お値段は高いですが、「保湿効果が長い」「伸びが良くて塗りやすい」「親子で使ってる」「匂いがなく使いやすい」など、☆5のレビューが多数。

リピートしている方も多いです。

アロベビー オーガニックミルクローション

【商品のポイント】

  • ホホバオイルやシアバターなどの高保湿成分
  • 99%以上天然由来
  • 純国産オーガニック
  • 無添加で安心
  • 定期便初回半額(5回以上継続条件)
  • 単品購入で30日以内の返金保証
  • 5つのフリー(アルコール、合成ポリマー、鉱物油、シリコン、石油系界面活性剤)

お高いかなと思いますが、高保湿、天然由無、添加は魅力的。「合わなかった」とのレビューがありますが、単品での購入の場合は、30日以内の返金保証があるので安心して試しやすいですね。

「保湿力高い」「子供のカサカサ肌が改善した」など高好評のレビューもたくさんあります。リピート率も高いです。

ベビーボーン フェイス&ボディーミルク

【商品のポイント】

  • 99%天然由来成分
  • 優しいラベンダーの香り
  • 8つのフリー(シリコン、鉱物油、パラベン、合成香料、アルコール、合成着色料、動物性原料、旧表示指定成分)
  • 母乳に含まれるイノシトール配合
  • べたつかずにしっかり保湿
  • 東原亜希さん&高橋ミカさん 共同開発

芸能人の方の共同開発って、「なんか良さそう」と思ってしまいますよね。ブログでも紹介させているようで、自分でも一度使ってみたいと思っちゃいました。

「大きくて持ち運びに不向き」「冬には物足りない」とのレビューがありますが、「乾燥肌が改善した」「香りが良い」のど、良い評価がたくさんです。

For fam(フォーファム)ボディミルク

【商品のポイント】

  • 水分を保持する、5種類のセラミド配合
  • 保湿力の高い、5種類の植物オイル配合
  • 羊水に近い、アミノ酸などの保湿成分配合
  • 保湿効果のある、コラーゲン、ヒアルロン酸、ヨーグルト液配合
  • オーガニック認定の受けた、14種の植物エキス配合
  • お肌に優しい弱酸性で6つのフリー(パラベン、エタノール、香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤)

以前よりポンプが新しくなり、2重構造で、空気に触れにくい容器になったようです。新鮮な状態で最後まで無駄なく使えるのは便利です。「さらっとしていて潤いが足りない」のレビューがあり、乾燥肌では物足りなさを感じる子もいるみたいですが、「べたつかず嬉しい」「さらっとしていて心地がいい」とのレビューもあり、満足している方が多いです。

バリア・スキンケア『ファムズベビー / Fam’s Baby』

【商品のポイント】

  • 酸化を防ぐ缶タイプ
  • もこもこ泡の保湿剤
  • さらっとした付け心地
  • 洗っても落ちず、長時間持続
  • お肌に優しい無香料
  • 外刺激から肌を守る「保護」(保護膜を作る)、潤いを逃がさないを「保湿」(水分を保つ)日本で唯一のバリアスキンケア
  • 無香料、無着色、パラベンフリー

珍しいもこもこ泡タイプです。そして、「日本で唯一の」というところに惹かれます。保湿&保護という嬉しい2つが1本で。「泡状で塗りにくい」というレビューがありますが、「肌荒れが良くなった」「塗ってるママの手もツルツルに」などの良い評価が多いです。

おまけ

今回調べてみて、以下の商品を使っている方も多かったので、載せておきます。

大洋製薬 ワセリン

【商品のポイント】

  • 不純物を除去で刺激が少なく肌に優しい
  • アレルギー反応が少ない
  • 水分を逃がさないように、肌にふたをする役割
  • 小児科でも処方されるワセリン
  • べたつきがある使い心地が難点(口コミより)

この商品を使用している方、ダントツに多いです。よく「商品が合わなくて荒れてしまった」という声聞くけど、「ワセリンは大丈夫」という方がほとんどです。水分が逃げないようふたをする役割なので、入浴後におすすめ。お手頃価格で続けやすいです。

上記の商品全て、赤ちゃんでも使えるお肌に優しい成分で出来ています。そして、親子で一緒に使っているという方が多かったです。赤ちゃんに使えるものは、ママにも使えますよね。1つ買えば、家族で使えて便利。ベビースキンケアを早いうちから始めることは、子供さんの肌にとても重要です。

ママはやることあり過ぎてすごく大変ですが、親子のスキンシップにもなるので、頑張りましょう。

 

段々お出かけする機会が増えてくると、今度は強い日差しによる日焼けが心配になってきます。子供のデリケートな肌を守るための対策として、こちらの記事もご参考にどうぞ。

子供に日焼け止めは必要なの?どんな日焼け止めがおすすめ?

 

まとめ

理想の肌質である赤ちゃん肌。そんな綺麗でツルツルな赤ちゃんの肌は、実はとても弱いのです。大人に比べて皮膚が薄く、また、皮脂の分泌が盛んな時期に起こり乳児湿疹。

そこから、乳児湿疹後に皮脂が減って起こる乾燥と、とても敏感な時期です。そんな赤ちゃんの肌を保つバリア機能を安定させる為、毎日のベビースキンケアは大切です。

  • 保湿を毎日続けた方が、アトピー性皮膚炎を発症が少なかったとの研究データがあります。
  • 赤ちゃんの保湿で大切なことは清潔保湿
  • 入浴やシャワーで清潔にし、洗う時はよく泡だて、優しく包み込む様に洗う。(ゴシゴシはNG。)
  • トラブルのある肌でも清潔は保つ。
  • 入浴後は、タオルで優しく押さえながら水分を取る。
  • ローションタイプは、両手で温めてから優しくのばしていく
  • クリームタイプは、数カ所にちょんちょんと置いていき、優しく広げる
  • マッサージタイプは、両手で温めてから優しくマッサージでなじませる
  • 酷い肌トラブルには保湿剤を使用しないで、小児科や皮膚科にかかりましょう。
  • 保湿は入浴後10分以内にしましょう。
  • 1回にたくさん塗るよりも、こまめに何回か塗って効果を持続させましょう。

うちの子たちは、毎日のスキンケアはしませんでした。「カサカサしてるかなと感じた時」、「痒がる時だけ」やればいいという考えがあったからです。でも、そうではなかったんですね。

今、一番上の子は酷い乾燥肌で、このことが直接影響しているとは断言できませんが、「毎日スキンケアをしていたら違ったのかな」という思いもあります。一番下は現在3才、今からでも遅くないはず。

ベビースキンケア=子供さんとのスキンシップ、楽しくやっていきましょう。

スポンサーリンク

 

子供を賢く成長させる方法!育て方に失敗したと思ったら
子供の食べ物の好き嫌いの原因!対策としつけ方を紹介!
男の子の子育ては大変?女の子と育児方法がまるで違う?
幼児の虫歯対策!子供に教える歯磨きの大切さ
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編