胸を大きくしたい、という時、摂取した方がいいといわれるのは豆乳などの大豆製品ですよね。

けれど、逆にバストアップに悪いものはなんだろう?今回は、カフェインの多く含まれているコーヒーに着目してバストアップに

どんな影響があるのか、徹底解明していきたいと思います!

スポンサーリンク

 

コーヒーに含まれているカフェインって体にどんな効果があるの?

カフェインは良い作用も悪い作用もあります。

カフェインの効果

そんなカフェインの主な効果を見てみましょう!

  • 興奮作用
  • 解熱鎮痛作用
  • 強心作用
  • 覚せい作用

カフェインには胃液の分泌を促進する働きがあり、摂り過ぎると胃が荒れることがあるようです。

また血圧を上昇させるという研究結果もあります。中はカフェインの摂取を控えるように言われますよね!

カフェインの摂り過ぎは体にあまり良くないということがわかります。けれどカフェインには記憶力や運動能力を向上させたり、疲労を回復させる働きがあります。

テスト前などにお世話になった方も多いんじゃないでしょうか?!(笑)運動前にカフェインを摂取すると運動能力を高めることができ、また勉強中や仕事中に

眠らないため、あるいは集中力をアップさせるためにコーヒーを飲むこともあります。

カフェインは必ずしも悪い作用ばかりではないのですが、バストアップを希望する人にとっては必ずしもおすすめできる成分ではありませんカフェインがなぜバストによくないのかもっと詳しく見ていきましょう!

[完全保存版]主婦、ママのバストアップに役立つ情報まとめ

バストアップにはツボを押す!効果のある場所を徹底調査

 

バストアップにコーヒーは悪者??

なんと、研究発表によると、13杯以上コーヒーを飲むとバストが小さくなるらしいですそれはなぜなのでしょうか?

原因はカフェインにやはりあるみたいです。バストアップに関係のありそうな作用を挙げてみます

・覚醒作用によって不眠ホルモンの分泌が妨げられる

・自律神経が乱れるホルモンバランスが崩れる

・血管が収縮する冷え症

・利尿作用カルシウム不足

さぁ、それぞれについてどんなことがバストアップによくないのか、チェックしてみましょう。

覚醒作用

覚醒作用とは気持ちが高揚し、感覚が研ぎ澄まされることです。これのおかげで勉強などがはかどったり、疲労が解消され活動的になります。ただ、その分眠れなくなってしまいます。夜はコーヒー飲んじゃだめだよ!

っていうのはこれの事だったんですね。バストアップを目指している方はご存知かもしれませんが、バストは寝ている間に成長します!

大切な時間をコーヒーをたくさん飲むことで妨害してしまうことにつながってしまうのです!

カフェインを摂取してから30分~3時間ほどは覚せい作用が続いてしまいます。寝る前はコーヒーを飲むのを控えましょう。

自律神経の乱れ

これは、本来リラックスし、安静にすべき時でも興奮状態になる、という効果です。興奮状態になると交感神経というストレスを感じたり緊張したりするときにはたらく神経が活動的になります。

こうなることで、ホルモンのバランスが崩れてしまいます!バストアップに重要な女性ホルモンが正常に分泌されなくなってしまい、バストアップに悪影響がでてしまいます。

血管の収縮

血管が収縮して冷え症になるのはわかるけどそれとバストアップに何の関係があるのかな?って思いますよね。

でもとても大切なんです!

血行が悪くなってしまうと、女性ホルモンのバランスが崩れたり、バストに栄養が届けられなくなってしまいます。

身体を冷やすだけで大きくなるためのバストに栄養がいかない、なんてバストがかわいそうです!

スポンサーリンク

カフェインの過剰摂取はダメ

他にも体を冷やして良い事なんてないので、カフェインの過剰摂取はダメなのです。

利尿作用

コーヒー飲みすぎてトイレに頻繁に行くなあ、っていうのはこれの効果です。尿は排出する際にビタミンやミネラルなどの栄養素も一緒に出してしまいます。

カルシウムはバストの土台となる骨や筋肉を強化するうえで重要なミネラルです。また、骨や筋肉を作るたんぱく質の合成に必要なビタミンCまで排出してしまうので、ダブルで大打撃です!!

今までカフェインがダメ!バストアップによくない!と言ってきました。ずっとコーヒー飲み続けて、もう習慣になっちゃった、コーヒー大好き、どうすればいいの?

なんて方、心配しないでください。カフェインはバストアップに悪いだけではないんです。

どうしてもカフェインが心配な方は、バストアップに効く飲み物。激選ドリンクランキング5をまとめましたのでごらんください。

バストアップの飲み物には豆乳!激選ドリンクランキング5

 

3杯以上飲まなければいい影響もある!

ではでは、どんな影響があるのか見ていきましょう。バストアップにコーヒーはここがいい!

カフェインはホルモンバランスを崩してしまう、という話がありましたが、女性ホルモンであるエストロゲンを増やす、という効果もあります!

しかも白人よりもアジア女性の方が効果があるのだとか…!

女性ホルモンは女性らしい体を作り、バストアップにとても大切なホルモンです。カフェインを摂りすぎなければ女性ホルモンをアップさせる効果があるんですね!

そして、コーヒーに含まれているのはカフェインだけではありません。

ポリフェノール

ポリフェノールという成分も入っています。これはチョコレートやワインなどにも含まれている成分です。

このポリフェノールというのは、抗酸化作用があり細胞や血液の老化を防いでくれるのです!それに加え、ストレスを解消させ、女性ホルモンの分泌を促進してくれる働きがあります。

出ました女性ホルモン!バストアップに大切な成分です。

コレステロール値を下げてくれる

また、コレステロール値を下げてくれるため、血液の流れがスムーズになり、バストに栄養が運ばれやすくなります。

これ、冷え症になるときの逆ですよね。

コーヒーは飲みすぎてしまうとバストアップによくない作用がたくさんありますが、適度に摂取することで逆に効果的な作用もあるのです!

身体に良い影響といえば、適度な運動も必要です。健康とバストアップにピラティスやヨガを取り入れて、身体の内から外から健康体を美ボディーをつくりましょう。

バストアップにはピラティスとヨガ!実際の効果とは?

 

まとめ

  • コーヒーのカフェインにはバストアップに悪影響を及ぼすことがある
  • 13杯以上飲むとホルモンバランスの崩れなどでバストアップの妨害になる!
  • ただし、適度な量を飲むことで逆にバストアップに効果的な作用が

コーヒーはバストアップによくない、と聞いたことがある人も心配しないでください!3杯以上飲まなければ逆にバストアップに効果的な飲み物に変身しちゃうのです!

カフェイン・コーヒーと上手に付き合って大きいバストをゲットしましょう!

スポンサーリンク

<関連記事>
<特集記事>