画像引用元:フジテレビFOD

視聴率女王天海祐希が主演のGOLD!野島伸司脚本でドラマ界の金メダルを獲る!?

子育てに疲れているあなた、子育ては楽しいですというあなた、天海祐希主演の「GOLD」を見て、もう一度子育てを考えてみませんか。

なんて言っていますが、気楽に見ていただければ、すぐにあなたもこのドラマのファンになること間違いなしです。天海祐希が演じるのはカリスマ美容家でありYSコーポレーションの社長です。わが子をオリンピックのゴールドメダリストにすべく独自の子育て論を展開していきます。

女社長をサポートするのが二枚目俳優の反町隆史と可愛い秘書の長澤まさみです。私のイチオシは天海祐希と長澤まさみのシーンです。もう最高です笑。

 

 

【GOLD】のあらすじ

ドラマ「GOLD」のエピソードは11話です。

#1 女社長、愛と涙のスパルタ天才教育法

#2 女の子の育て方

#3 涙•••母と娘の決別

#4 焼かれた人形ー子を亡くした全ての母へ二人の母親の絆

#5 真夏のプールサイド〜母は長男を抱いた 愛する兄の死の真相

#6 DNA鑑定の結果は?娘を狙う男の真実

#7 号泣!最愛のわが子を失う母親〜衝撃の三男の秘密

#8 母親失格ーサヨナラ子供たち

#9 息子の命と引換えに悲しき母最後の賭け

#10 誰か助けて!もう限界よ•••哀しき母の最後の叫び

#11 最終回•••死なないで 母と子の号泣の結末

キャスト

早乙女悠里(さおとめ ゆうり)・・・天海祐希

スポーツジムやエステを経営するYSコーポレーションの社長。自分の子供たちをロンドンオリンピックでゴールドメダリストにするためにスパルタ教育をしています。

早乙女 洸(さおとめ こう)・・・松坂桃李

悠里の長男で大学2年生。水泳でロンドンオリンピック候補選手です。最近タイムが良くならず、伸び悩み中です。

早乙女 廉(さおとめ れん)・・・矢野聖人

悠里の次男で高校3年生。陸上のロンドンオリンピック候補選手です。

早乙女 晶(さおとめ あきら)・・・武井咲

悠里の長女で高校2年生。高飛び込みのロンドンオリンピック候補選手です。

早乙女 修一(さおとめ しゅういち)・・・水上剣星

悠里の兄。水泳のオリンピック選手。1988年ソウルオリンピックでは金メダルを確実視されながら出場直前に事故死をしました。しかし彼の死の真相はご覧になってください。

早乙女 朋(さおとめ とも)・・・大江駿輔

体が弱く学校に行っていません。

新倉リカ(にいくら りか)・・・長澤まさみ

YSコーポレーション社長秘書。短大卒で何の取り柄もないのに、秘書に選ばれました。選んだのは社長の悠里ではなく、何と息子の早乙女朋でした。その理由は・・・

蓮見丈治(はすみ じょうじ)・・・反町隆史

元水泳選手で洸・廉・晶のトレーナーです。YSコーポレーションのスポーツクラブの責任者でもあります。孤児院育ちですが、早乙女家で幼少時代から修一や悠里と一緒に育てられました。

明石 辰也(あかし たつや)・・・寺島進

別居中の悠里の旦那で洸たちの父親。ソウルオリンピックレスリングの金メダリストだが今は無職で悠里に金をもらって生活しています。

その他にも波瑠・綾野剛・エドはるみなどストーリーの中に、ちょこちょこいろいろな方が登場してくるので、それを見つけるだけでも楽しいと思います。

第1話のあらすじ

オープニングは教育評論家館川博とカリスマ美容家の早乙女悠里との討論バトルで始まります。このやり取りだけでも面白くて次へ次へと引き込まれました。凛としたデキル女性を演じる天海祐希はカッコいいですね。

さらにこの後新倉リカを演じる長澤まさみが登場します。何の取り柄もない短大生の役柄ですが、長澤まさみ演じるリカは思わず”われらがリカちゃん”と呼びたくなるくらい可愛いです。

それはさておきシーンは社長秘書の面接へと変わります。周りは優秀な大学を卒業をした強者ばかり。履歴書の内容も動機も素晴らしいのを横目で確認したリカは慌てて書き直そうとしたところに、悠里が登場します。

悠里は履歴書はいらないと突っぱねたので、リカの破れた履歴書は悠里の目に届くことはありませんでした。面接に訪れた強者たちに悠里は矢継ぎ早に質問をし、当たり前の答えや口答えをする連中をどんどん落として帰します。

そして面接はいよいよリカに順番が回ってきます。

面接最後の質問で「今日最後の日になりました。あなたなら何をする?」と聞かれて、われらがリカちゃんは、「たぶん、いつもと同じようにします」と答えました。そしたらなんとリカちゃんは合格です。

そこからリカは悠里に24時間教育を受けながら、次第に早乙女家に介入していくことに。いろいろな問題に直面しながらも、クビにならず秘書を続けていきます。

 

【GOLD】の見どころ

脚本はあの野島伸司

視聴率女王と言われる天海祐希とタッグを組んだのは、「101回目のプロポーズ」「プライド」「薔薇のない部屋」などの作品を世に送り出した売れっ子脚本家の野島伸司です。

今回のドラマは子育てにメスを入れていきます。「少子化」「ゆとり教育」など社会問題を早乙女悠里の言葉として視聴者に訴えていきます。

例えば少子化ではなく少親化であると悠里がテレビで発言するシーンがあります。簡単に言うと少子化なのではなく、親が少ない少親化が進んでいると社会問題を指適していきます。子供を産むのには、覚悟と資格がいると悠里は持論を展開していくんですね。

このように野島伸司はドラマの脚本という手段で現代の問題を次々と提示していきます。そして早乙女悠里という強烈なキャラクターの口から毎回いろいろな持論として飛び出しています。どれを聞いてもなるほどと思ってしまいました。

新倉リカの口ぐせ

毎回社長の悠里から何か言われると「そんなぁ〜」とブサイクな顔で社長に言います。それを悠里に「そんなぁ〜」と繰り返されそれ以上に悠里に言いくるめられます。

ドラマの本筋はどちらかと言うと重い話になることが多いので、長澤まさみが「そんなぁ〜」って言ってくれるとちょっと息抜きと言うか安心してそこで笑えます。

プールサイドでの映像が満載

当たり前ですよね。水泳選手がメインですからね。子育ての合間に若い時の松坂桃李の水着姿やたまに見られる反町隆史のシャワーシーンはいい目の保養になりますよ。

そして最近第一子を産んだ武井咲の水着姿が毎回のように登場してきますので、まぁ息抜きには最高かと思います。

悠里とリカの会話

先ほども書きましたが、悠里とリカの会話が面白いです。この二人の面白いやり取りは主に社長の車の中でおきます。例えば”男と女の友情は成り立つか”と悠里がリカに聞く場面があって、リカは「ありますよ。私の場合も丸山先輩が・・・」と男女の友情を肯定します。

が、悠里は丸山を”バツ山”と名前を変えて会話を続けていきます。最初はリカも「丸山です」と言い直すんですが、徐々に悠里の圧に負けてリカ自身もバツ山と発言してしまいます。この二人の会話が本当はドラマの本筋なんじゃないかと錯覚に陥るほどです。

ネット等ではこの会話はいらないって言う話もありますが、私はこの二人の会話こそこのドラマの最大の見どころだと思います。

悠里の四男の秘密

GOLDの写真にも写っているし、第1話では結構登場する悠里の四男。何の違和感もなく見ていましたが、だんだん見ていくと、あれ?おかしいなぁと思う点がいくつか出てきます。

調べていくと、悠里の四男の朋は病弱で学校を休んでいるのではなく、実は流産しているんですよ。だから四男は幻なんです。見えるのは悠里と晶だけ。でもリカにもその姿が見えるんです。

なぜリカにも見えるの?という答えは実は面接時の履歴書に隠されています。そうです。リカは「霊感が強い」と書いてあったんですね。え、そうだったけ!?と思ったら、第1話をもう一度どうぞ。FODなら何度でも見直しOK見放題ですよ

フジ テレビドラマならFOD無料動画見放題!イライラストレス解消

気が強そうな悠里が大好きなものは

いつも強気な悠里ですが、実はとても可愛い趣味を持っています。リカが面接に合格したのもそれが原因ではないかと思うくらいです。悠里は「リカちゃん人形」のコレクターでいろんな種類のリカちゃんを社長室の壁に隠しています。

そして秘書のリカに「わたしリカちゃん、よろしくね」と言わせてリカちゃん人形を持ってウットリする悠里がとてもギャップがあって面白いです。この時だけは社長から少女の顔になる悠里です。

 

【GOLD】でみる悠里の子育て論

「ビューティフルチャイルドの作り方 人生のGOLDを獲るために必要な39の金言」を出版している早乙女悠里ですが、番組中も様々な子育ての持論を展開していきます。

子供が覚えなくてはならない最も大切なものは?

教育評論家が当然優しさでしょうと答えると、悠里は反論します。

忍耐です。キレやすい子供が多いとききます。甘やかした結果ですね。一番大切なのは、我慢強さを覚えさせることです。我慢強さ、他人の話を聞く、諦めない、投げ出さない、強い心。言い訳をしない、ズルをしない、何より、他人のせいにはしない。心も体も美しい子供、ビューティフルチャイルドであるように。」

このように悠里は持論を展開します。確かに全くもってその通りですね。私はドラマを見ながら納得してしまいました。

忍耐を覚えることによって、人にも優しくできますよね。自分は我慢をして人に譲ったり与えたりできることが大切ですよね。今の社会に一番必要なことかも知れませんね。

戦い、競争し、結果、勝者が生まれる。

これは悠里の父である早乙女惣一(夏八木勲)が社長室で熱くなって話していました。

「この国の人間は覇気が無くなった。愚かなことにこの国はいつからゆとり教育などと言い出した。こんな小さな島国でも資源もなく、這い上がったのはすべて競争してきたからだ。勝って勝って勝ち上がってきたんだ。落ちこぼれがどうのこうのなんぞ、くだらないヒューマニズムだ。

戦い、競争し、結果、勝者が生まれる。この国はそれを徹底すべきなんだ。システムとして、勝者が敗者を守る。それが本来、この国の在り方だ。戦って敗れたものを守るのはいい。しかし、戦いもしない傍観者のような人間たちを守る必要なんてまったくないんだ。なぜなら、彼らは戦いを知らんから。

他人をリスペクトすることはない。愚痴と不満と悪口ばかりで何かと言えば社会のせいだ。一度も死ぬ気で努力したことがない。そんな奴らは、見捨ててしまえばいい。」

早乙女惣一はオリンピック選手の修一と社長悠里の父です。さすがオリンピック選手の父ですね。確かに何でも公平に平等と言って、競争しなければ個人も成長することは無いし、国が成長することもないですね。

本気で戦うからこそ、戦った後にお互いの健闘を称え合う姿なんて美しいですよね。頑張っても頑張っても得手不得手があるからできないこともあります。でもそんな時はみんなで手をさし伸べますよね。

でも何もしないで不平不満を言っている人には誰も手をさし伸べないですよね。失敗したっていいじゃないですか。お子さんにはぜひ諦めずにチャレンジさせてくださいね。

そして親御さんもいろんな子育て方法にチャレンジしてお子さんと一緒に成長していきましょう。しつけに役立つ情報をまとめたこちらの記事が参考になりますよ。

[完全保存版]子育てしつけに役立つ情報まとめ

結婚して子供を産んで大事なことは2つ

悠里は忙しくても必ず家で料理をして子供に食事をさせています。ある日の料理をしているときに、悠里は秘書のリカに結婚をして子供を産んだときに大事なことは2つだと教えています。厳しい悠里ですけど意外にリカに優しいんですよね。それでは会話形式でお楽しみください。

悠里:「食事と清潔、一見報われないように見えるそのルーティンな作業が、子供たちにはボディーブローのように効いてくるのよ。」

リカ:「楽しちゃいけないんですね〜」

悠里:「子供は見てるわよ〜どっちが自分に対して汗をかいてくれたのか。キャリアだ何だって、働いてお金を稼いでくれる、そういうのはピンとこないの。裏切られたくなかったら、そこ、手を抜いちゃだめ。」

リカ:「裏切りか〜なんか、子供持つの怖いです。」

悠里:「逆に、そこを押さえておけば、母親に必ずついてくるから。よっぽどボケナスじゃない限り」

この何気ない二人の会話ですが、子育ての真髄はここなんじゃないかって思います。胃袋をがっちり掴んでおくことと、家に帰って来たときに清潔な家に帰ってくると落ち着きますもんね。これを見て反省する方もいるんじゃないですか。

早乙女悠里いわく中学生までが子育てに大切と言っていますので、まだ間に合いますよ。実際芸能人ママで忙しくてもきちんと料理もして、しっかり子育て頑張ってる方もいますしね。

 

親になる覚悟と資格について

いまこれを読んでいる方は大丈夫かと思いますが、いまいちど早乙女悠里に教わってみますか。

親になる覚悟は、子供が何か犯罪を犯したら、一緒に刑務所に入ること。資格は犬を飼えるかどうか。食事やうんちや散歩も必要だし、とにかく手がかかる。夜泣きや病気もするから子供の方がもっと大変だけど。とりあえず犬すら世話ができなければまず母親にはなれない。つべこべ言わずに世話ができるかどうかが最低限の資格よね」と社長室で悠里はリカに教えています。

たとえ自分の子供が犯罪者になっても母親だけはずっと信じているってことが大事なんですよね。子供はわかっています。自分の母親が信じていてくれればやり直しもできます。前にも進めます。最後の砦なんですよね。

またペットの中でも犬の世話は本当に大変だと思います。疲れて帰ってきても、構ってくれと主張するし、食事も与えないといけません。雨でも寒くても散歩に行かないといけないわけですから、自分の時間を犬に奪われます。それができないようでは、自分の子供を育てることはできませんよね。

 

まとめ

  • 親になる人が少ないと社会問題にも切れ込んでいます。
  • 悠里とリカのやり取りは最高に面白い。「そんなぁ〜」が出ると思わず笑顔になります。
  • プールサイドなので水着姿が良く登場。武井咲の水着姿に萌える。
  • 悠里の四男は流産して実在しないのにリカには見えます(履歴書に霊感が強いと書いてある)。
  • 悠里の趣味はリカちゃん人形を集めることです。
  • 子供が覚えなくてはならないのは忍耐
  • 戦い、競争し、結果、勝者が生まれる。悠里の父惣一の言葉
  • 結婚して子供を産んだら、食事と清潔の2つが大事
  • 親になる覚悟は、子供が犯罪を犯したら一緒に刑務所に入る覚悟。資格は犬を飼って世話ができること。

ドラマ好きな妻と娘に【GOLD】ってドラマはみたことあるって聞いたら、1話でやめたって言っていました。なんだぁキャスティングと脚本家はいいけど(もちろん主題歌も)面白くないんだぁって感じで、半分騙されたような気分で見ました。

でもね、これが実に面白いんですよ。天海祐希の安定感におちゃらけた可愛い秘書の長澤まさみ、若い時の松坂桃李や武井咲の子供役など、どんどん引き込まれていくんです。もちろんイケメンの反町隆史も熱いですよ。

子育ての合間にリラックスしながら見るのにはオススメです。

スポンサーリンク

ドラマは感情移入できてリラックスタイムにはもってこい!無料でみるならこちら