子供の絵本を読んだことありますか? 絵本はしつけにすごい良いんです。

読まれたことない方でも、大人でも絵本を読むとすごい勉強になると思います。

 

絵本を読み聞かせる時のコツ

スポンサーリンク

これは、とても簡単で、子供が反応した場所は強調して何度も読んであげることです。特に子供は効果音が大好きです。ですので、笑ったり、驚いたりした場面は、少し強調気味に読んであげるといいでしょう。

そして、子供の好きな場所がわかってたら、そういうのがおおい絵本を読んであげるようにしましょう。

子供の好みがわかると、絵本を読み聞かせる時間を楽しみにしてくれるようになります。

絵本の読み聞かせ効果は万能です。子どもの喜ぶ絵本を見つけてみましょう。

絵本のまとめ!幼児におすすめの読み聞かせ絵本特集100選

 

絵本が効果的なのはストーリだから

人間の本質がシンプルな形でいっぱい詰まってますから。 絵本がしつけに良い理由は、ストーリーだからです。

ストーリーは頭に入りやすいし頭に残りやすい。

これは有名な話ですが、 ユダヤ人が迫害されて逃げる時に1番何を持って逃げたいか? お金でも宝石でもありません。 それは「教育」です。

教育は一度手に入れると、死ぬまで使えますから。 富を生み出すのも思い通りの人生を歩むにも、 良質な教育が必要なのです。

ということで、「教育」を1番簡単な方法でするのはお説教ではなく、 子供の場合「絵本」なのです。

ストーリー形式の絵本でしたら、子どもが毎日絵本を読むのを楽しみにしてくれるはずです。

絵本で面白いストーリーが楽しめる人気絵本ランキング5選

 

スポンサーリンク

幼児期の絵本は効果絶大

特に幼児期のしつけはとても重要です。 イメージさせる。それが一番大事なことなんです。 できれば、同じ類の本は5冊読んでほしいです。

同じテーマの本を読むと同じことが書いている箇所が必ずある。

どの本にも共通して書いていることが必ずある。それが、一番大切なことなのです。 例えば僕は不動産投資の本を何十冊と読んだときに必ず書いてあることがありました。

それはたくさんの物件を見ろ、いい物件は売ってない、造るんだ!ということでした。この本質がわかってからだいぶ理解できるようになりました。

大人が思っている以上に子どもは吸収が早いです。幼児に絵本を読み聞かせすることでいろいろな発想を生み出してくれます。

幼児に絵本でおすすめ人気ランキング5選!動物がテーマの絵本!

 

絵本を読み聞かせるととしつけしやすい

いろんな角度から同じものを見せるってのが大事です。 歯磨きなら、歯磨きの本を5冊ほど。 何度もローテーションさせます。 そしたら、自分から歯磨きするようになりますよ。 ぜひ絵本を読ませまくってください。

絵本のプレゼントで必ず喜ばれる5選!思いやりを育てる絵本

絵本のまとめ!幼児におすすめの読み聞かせ絵本特集100選

スポンサーリンク