ママモデルの先駆け的存在である中林美和さん。4人の子供をもつベテランママである彼女からは、何気ない日常の様子からも、お子さん達への溢れるような愛情が伝わってくるようです。

日々大変なことはもちろんあるけれど、子供には常に笑顔で接し、前向きに育児に取り組む美和さん。そんな美和さんの姿には、いつも心が温まり励まされます。けれど同時に「どうやってこの前向きなモチベーションを維持しているのかしら?」と気になるところでもあります。

私自身も5歳の子供を育てる母親。もちろん子供は可愛いし、生まれてきてくれたことに感謝しています。でも子育てをしていれば、やっぱり疲れることもイライラすることもあって。笑顔とは程遠い顔で子供に接しては、そんな自分に落ち込み反省、ということを繰り返している気がします。

「笑顔のママ」は子育てママ共通の理想かと思いますが、実践はものすごく難しい。ママの笑顔をキープするための秘訣は何なのか!?美和さんの子育てから学びたいと思います。今回はCさんの記事です。

 

スポンサーリンク

 

笑顔を保つ子育て術

https://www.instagram.com/p/Bfn3cRJAPNt/?taken-by=miwanakabayashi

ママ歴の長い美和さんですから、これまでにもご自身の子育て観については、様々な場面で語っていらっしゃいます。その中で「ママは家の中の中心的存在だと思うので、家族に笑顔で接することを心掛けている」とズバリ話されています。

うん。やっぱりママ業は本当に大変ですから、まずはしっかり心掛けることが必要なんですね。もちろん自然体で常に子供に笑顔を向けられるのであれば、そんなにステキなことはないですけど。

そしてその心掛けを実現する秘訣が、美和さんの子育て術にあるようです。

育児の秘訣

  • とにかくストレスをためない。失敗しても「失敗しちゃったなぁ、まあ、いっか」と笑って過ごすようにする。
  • ご褒美を決める。何か月後には旅行に行く、等のご褒美を作る。スイーツを食べる等の小さなご褒美でも育児にハリが出る。
  • 細かくゴールを決める。3歳になったら楽になる、5歳になったら楽になる、とゴールを設定する。
  • なんでも話す。子供が小さい時は(親の)ネガティブな部分を見せないようにしていたが、ある程度大きくなってからは(例えば「パパとケンカしちゃったんだー」等々)何でも話す方が上手くいく。

参考URL https://cancam.jp/archives/652

「なんでも話す」については、美和さんのお子さんがある程度大きくなっているからできる、ということもありますし、家庭によって考え方もいろいろあるでしょうけれど・・・

つまりは、ママが自分の息抜き方法やストレス解消法なんかをちゃんと持って、気持ちにゆとりを持つことが大事、ということに尽きるのでしょうか。

でも子育てにドップリ嵌っていると、そもそもストレスをどうやって発散したらいいのかわからない。だから困っているんだけど、という気持ちも湧きますよね。

実はそれは美和さんも同じだったようです。美和さんも、最初からこんな子育て術を実践できていたわけではなく、様々な壁にぶつかり悩み、育児を続けてきた中で、彼女自身が辿り着いた形ということのようです。

子育て育児のイライラストレス解消にはFOD無料動画見放題が最強!

 

子供4人、怒涛の子育てを経て

https://www.instagram.com/p/BPtM6J4AHLb/?taken-by=miwanakabayashi

子育てのはじまり

美和さんの子育ては、夫であるZeebraさん(ヒップホップアーティスト)との出会いとほぼ同時にスタートしています。Zeebraさんと出会ってすぐに「あ、私この人とずっと一緒にいるな」と思った美和さんは、その数日後には同棲生活を始められました。その時彼女は19歳。

当時Zeebraさんはシングルファーザーとして7歳と6歳の息子さん(ケント君・レン君)2人を育てていました。家の中に山のように積まれたピザの空き箱や出前の空き皿を目にして「私にできることがあればしたい」「一瞬で家族になるって決めた」のだと、美和さんは語っておられます。

19歳にして何とも壮大な決心をと思いますが、彼女自身はそれほど気負っていたわけでもなく「大好きな人の子供だから、私にとっても大切」とごく自然な流れだったようです。

とはいえモデルの仕事をしながら、ふたりの子供の育児をこなすというのは、並大抵のことではないですよね。美和さんも、あまりの辛さに家を出てしまったこともあるとか。

けれどそんな美和さんを戻らせたのは、他ならぬ息子さんからの電話。「美和どこにいるの?お腹すいたんだけど」と。すぐにスーパーに寄って、息子さんのもとに戻ったのだそうです。

美和さん自身もまだ若く、きっといろいろなことに悩み迷いながら、時間をかけて家族になっていったのでしょうね。

山本優希は子供好き?子育て方針とおすすめスポット4選をご紹介

参考URL http://www.jprime.jp/articles/-/6095

4人の子供の母になる

3年程の同棲生活を経て、2002年に美和さんはZeebraさんと結婚。同年に長女・カノンちゃん、2004年には次女・リマちゃんを出産しています。ここから4人の子供を育てるという怒涛の日々が始まります。

『おんぶにだっこでフライパン』。美和さんが、自身の子育てを振り返って綴られたエッセイですが、このタイトルに全てが凝縮されているかのようです。

残念ながら、私はまだこの本を読んだことはないのですが、発売当初、本屋さんでこのタイトルを目にした時、思わず足を止めてしまったことを覚えています。だってこんなに的確に子育ての大変さを表現しているタイトルって、インパクトがあり過ぎますよね。

我が家は子供が1人なので「おんぶにだっこ」という経験は実際にはないのですが、それでも充分に想像はつきます。

育ち盛りの息子2人にご飯を作り、下の娘の授乳に離乳食。洗濯物だって山のように出たでしょうし、夜泣きは毎日。学校行事もあるし、誰かが体調を崩すこともあっただろうし・・・

当時ご主人は多忙で家にいないことも多かったそうですし、美和さんがひとりで育児をされていたようですので、想像しただけでも気が狂いそうです。

「明け方、どうしても泣きやまないふたり(長女と次女)をベビーカーに乗せ、近所を散歩することもあった。ふたりが寝たら、両手に抱えて部屋まで運び、そっとベッドに寝かせる。本当はそのまま一緒に寝たいところだがすでに息子たちが起きてくる時間・・・・・・。私はいつ眠ればいいんだろう!?」

「育児が大変なのは当たり前だし、私がやらなきゃいけないのはわかっているけど、いつまでたっても息が抜けない。溜まっていくストレスを発散できる場所がない」

引用URL https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1123/mes_161123_7846611782.html 

『おんぶにだっこでフライパン』の中の言葉です。

新米ママなら誰もが通る道なのかもしれませんが(ましてや4人の子供を育てていたわけですから当然と言えば当然ですが)美和さんもやっぱり、こんな経験をされてきたんですね。

頑張れた原動力は?

嵐のような子育ての日々を、美和さんはどうやって乗り越えてこられたのでしょうか。子育てについて美和さんはこんな風に語っていらっしゃいます。

「家族をはじめ、自分が好きな人のことを喜ばせるのが大好きなんです」

「料理も家族が『美味しい』って食べてくれるのが嬉しいので、毎日できているんです」

子どもと一緒にいられるのって、本当に一瞬だと思うんですよね」

「だから、一緒にいる間はがんばろう、と思っていろいろやってみています」

引用URL  https://cancam.jp/archives/58403

子供に喜んで欲しい、一緒にいる時間を大事したい、というこの想いを根底に持ち続けていたからこそ、頑張り通すことができたのでしょうね。

無我夢中で日々を重ねていくうちに、子供達は少しずつ成長して手がかからなくなり、美和さん自身もご自分の子育てスタイルを作られていったのでしょう。そして今では、育児に苦しむ後輩ママ達へのメッセージのように、ご自身の子育て論を発信して下さっています。

 

自分で張りつめてキリキリしちゃうよりは、手抜きだってガンガンしていいのです。

大事な事さえ忘れなければ、

大事な事さえやっていれば、多少の手抜きも全然あり!

が私の子育て論。

それでポジティブでいられるなら全然いいよね。

引用URL https://ameblo.jp/miwanakabayashi/entry-10074782462.html

 

ちなみに、美和さんといえばレシピ本等も出版されており「お料理上手のママ」というイメージすっかり定着していますが、結婚当初はほとんどお料理ができなかったそうです。それを家族に喜んでもらいたいと料理教室などにも通われ、「美味しい」と言ってもらえて嬉しかったから、さらに頑張り・・・

今では自他ともに認めるお料理好き・お料理上手のママ。基本的にすごい頑張り屋さんなんですね。

美和さんのブログには、実際におうちで作られているごはんの情報も満載。写真だけでなく簡単な作り方も紹介してくれていますので、参考になりますよ。https://ameblo.jp/miwanakabayashi/

 

スポンサーリンク

 

美和さんと子供達の今

#FamilyTime 😋🍴❤️

A post shared by Miwa Nakabayashi (@miwanakabayashi) on

現在、息子さん2人は既に成人、独立されていますので、美和さんはご主人と長女・カノンちゃん、次女・リマちゃんとの4人暮らしをされています。

娘さん達もそれぞれ高校生・中学生と大きくなっていますが、美和さんのブログにはまだまだ子育ての様子が伺えるエピソードがたくさん紹介されています。

娘さん達に作ってあげているお弁当の数々(通学されている学校では、お弁当かカフェテリアでの昼食が選べるそうですが、娘さん達が「ママのお弁当がいい」と希望されているとのことです)、学校のイベントのお手伝い。思春期になってきた子供との距離の取り方を考えている、なんてコメントもあったり。

成長するにつれ、娘さん達がママから離れて過ごす時間も増え、美和さんとしては少し寂しく感じていらっしゃるようですが、友達のように女子トークができるようになってきて楽しいという一面もあるようです。

カノンちゃん、リマちゃんもお洒落に関心を持つお年頃。ママの洋服を借りて着たり、なんてこともあるとか。写真を見るとやっぱり2人とも着こなし方がとってもお洒落。美和さんをママにもち、幼い頃から自然とセンスが磨かれていたわけですから、羨ましい限りですね。

鈴木えみの子供に学ぶコーデ術!子育ての秘訣5つも大公開

ちなみに、息子さん達は家を出ていらっしゃいますが、月に1度は家族みんなで集まり食事をする機会を持っているとか。お仕事をされているので全員で集まれないこともあるようですが、ケントさんの奥様のお誕生日を祝ったり、と今でも本当に仲の良いご家族のようです。

 

息子さん達から

日本テレビ系「解決!ナイナイアンサー」(2016.4)に出演された時のこと。息子さんふたりから、美和さんへのメッセージがVTRで紹介されました。

長男:「僕たちふたりを育ててくれて、すごい感謝してますし、年もすごい近いし普通の母親とは違うんですけれど、普通の母親じゃなかったとしても、最高の関係性」

次男:「今でも俺らが何かあれば助けてくれるし、自慢の母みたいな」「いつも支えてくれてありがとうございます」

引用URL https://e-talentbank.co.jp/news/16813/

辛い時、苦しい時にも必死で子育てに励んでこられた美和さん。ご自分の愛情をしっかりと受け取ってくれていた息子さん達からのこのメッセージは、何よりのプレゼントだったことでしょう。

 

子育てのネクストステージへ

#hawaii #sunset #beautiful #happy #thankyou

A post shared by Miwa Nakabayashi (@miwanakabayashi) on

子供は成長するに従って、どんどん親の手がかからなくなっていきます。美和さんも、既に末子のリマちゃんが中学生ですから、当然幼少期の子育て時代とは、生活スタイルもずいぶん変わってきているようです。

お子さんが小さかった頃、美和さんは「子供が第一優先」と、例えばお仕事を入れるのも、幼稚園のお迎えの時間まで、という風に調整をされていました。その頃に比べれば時間の制約が少なくなっていますから、お仕事の幅も広げられるようになっていますよね。

またご自分の時間が持てるようになると、美和さんはすかさず体のメンテナンスにもその時間を費やしていらっしゃいます。

子育て真っ只中だった頃には美容にかける時間も全くなかったという美和さんですが、現在はジムでのトレーニングや美容整体、エステやヘッドスパ等々、自分磨きを欠かされていません。

モデルさんというお仕事への意識の高さはもちろん、いつまでもキレイな妻でありママであり続ける美和さん。同じ女性として憧れが募りますね。

最近では、子供が自立した後のことを考えるようになってきたとのことで、「子育てのネクストステージに立ったのかな」と美和さんは話していらっしゃいます。いずれはご主人とふたりで海外で生活もいいかな・・・等々思い描いたりもされているようです。

クリスウェブ佳子の子供は凄く可愛い?子育てはどうしてる?

子育てが終わってしまうと、途端に生きがいを失ってしまうというママ達も多いといいます。子供の成長段階によってもたらされる変化を柔軟に受け止め、次はこうしよう、あんなことをしたい、と前向きな美和さんは、やっぱりステキだなぁ、と思います。

 

中林美和さんのプロフィール

1979年3月5日、東京生まれ

『CanCan』(小学館)の専属モデルを経て、結婚。4人の子どもの母となる。

『SAKURA』や『VERY』をはじめ各女性誌、テレビやラジオ出演などと方面で活躍、若い女性に圧倒的な支持を得ている。

参考URL http://profile.ameba.jp/miwanakabayashi

 

まとめ

  • 家族には笑顔で接することを心掛ける
  • とにかくストレスを溜めない
  • 子供4人を育てる日々は、まさに『おんぶにだっこにフライパン』
  • 子供に喜んで欲しいという気持ち、子供と一緒にいられる時間を大切に
  • 子供の成長とともに子育てもネクストステージへ

 

美和さんの笑顔の子育ては、美和さん自身が心掛け、様々な経験から築き上げてきた子育てスタイルの賜物。お子さんが成長したことでできた時間の余裕、気持ちのゆとりも、もちろん大きく関係しているのでしょう。

けれど、まだまだ手のかかる小さな子供を抱えていても、笑顔を心掛けて奮闘を続けていれば、美和さんのように、自分なりの子育てスタイルを見つけることができますよね。

子育てのネクストステージに立つ美和さんは、ご自分の子育てについて語りながら、ファーストステージにいるママ達にエールを送って下さっているかのようです。そのエールを背に受け、私達も笑顔のママに近づけるよう、与えてもらった子育て時間を楽しみたいものです。

スポンサーリンク

<関連記事>
木村カエラの子供は何人?何歳?性別は?気になる子育て方法
冨永愛は子供が理由でメディア露出減少?!現在の子育てとは
梨花の子供への愛情はすごい! 憧れるその育児の方法は?
鈴木えみの子供に学ぶコーデ術!子育ての秘訣5つも大公開
竹下玲奈さんの子供は?子育てはどんな感じなの?
難波サキの子供は?子育ては超母超女の素敵なシングルマザー
仲里依紗の子供と子育て方法は!?夫・中尾明慶イクメンか?
益若つばさ子供との向き合い方!子育てもやっぱりカリスマ級?
木下優樹菜の子どもの育て方!ユッキーナ流の子育てが話題!
佐田真由美の子供との向き合い方がスゴイ!見習いたい子育て論とは
矢井田瞳の子供は何人?ヤイコ流子育て!親子に優しいライブが話題に
若槻千夏は子供を売りにしないママタレ!カッコイイ子育て
中村獅童の嫁は無痛分娩?嫁は誰?無痛分娩って何?
鈴木えみの子供に学ぶコーデ術!子育ての秘訣5つも大公開
クリスウェブ佳子の子供は凄く可愛い?子育てはどうしてる?
田丸麻紀さんに学ぶ!子供と楽しんで子育てするための方法とは?!
蜷川実花さんって子供がいるの?意外なことに子育てに熱心!?
MINMIの子供は何人?シングルマザーの「キセキ」な子育て生活
MEGUMIのイケメンな子供は?イケメン夫との子育て法は?
長谷川潤の子どもが羨ましい!気になる子育ての方法とは?
佐々木敬子の子供はハーフ?子育てはセレブなシングルマザー!
森摩耶は子供とどんな生活をしてる?独自の子育てスタイルとは