2017年に、第10回ベストマザー賞を受賞された佐田真由美さん。かなりの美貌でスタイル抜群のカリスマモデル、そのうえベストマザー受賞って、そんな完璧な人いますか?と言いたいところですが、それが、いるんですよね。

今回徹底的に追及しましたところ、ベストマザー賞を受賞するにふさわしい、とても素敵なママということがわかりました。

#enasoluna

A post shared by SADA MAYUMI (@sadamayumi) on

佐田真由美さんの子供と向き合う姿勢や子育ては、見習うべきことばかりです。知れば知るほどに「リスペクト」してしまいますよ。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール

雑誌「otona MUSE(オトナミューズ)」など数々の雑誌のモデルをされている、佐田真由美さんのプロフィールは

  • 生年月日:1977年8月23日
  • 出身:東京都(母方の祖父がアメリカ人)
  • 身長:166cm
  • 学歴:東京学館浦安高等学校 卒業
  • 職業:ファッションモデル・女優・ジュエリーブランド「Enasoluna」トータルディレクター
  • 所属:LDH JAPAN
  • 配偶者:2008年から野村 訓市(職業:クリエイター)
  • 子供:2009年4月長女誕生・2010年11月次女誕生

参考:ウィキペディア

などです。現在のお住まいは、都内の緑豊かな敷地内にあるヴィンテージマンション。友人の蛯原友里さんたちと建物シェアをして暮らしているそうです。

各家庭のプライバシーをちゃんと守りつつ、ときにはお互い子供を預けたり、お料理をおすそ分けをしたり、と近所の人たちとの交流がなくなっていきている今の時代と比べると「みんなで子育て」ができる温かい環境なんだな、と想像できますね。

シングルマザーである私はとくに「みんなで子育て」ができる環境に魅力を感じますし、そして建物シェアができるほどのいい距離感を保てる友人がいることも、あこがれてしまいます。

<関連記事>

竹下玲奈さんの子供は?子育てはどんな感じなの?

 

佐田真由美の子供との向き合い方

佐田真由美さんのInstagramなどを見ていると、子供との関わり方や子供への思いがとても伝わってくるんです。これから、写真から見える佐田真由美さんの子育て論を徹底追跡していきます

遊ぶときはとことん遊ぶ

ママはみんなとことん遊んでるよー、と思われるかもしれませんが、遊び方が一味違うんです。

屋内で絵具

 

SADA MAYUMIさん(@sadamayumi)がシェアした投稿 – 2月 11, 2014 at 11:50午後 PST

//www.instagram.com/embed.js

ブルーシートを引いて絵具遊び、とても豪快な遊びですね。お部屋が広いからできる、ということではなく、ここまで思いっきり遊ばせてあげられる心の偉大さにびっくりしました。

<関連記事>

木下優樹菜の子どもの育て方!ユッキーナ流の子育てが話題!

そして思いっきり遊んだあと、気合いを入れて佐田真由美さんがお片付けをしたそうですよ。しかしこのブルーシート、家で使うというのは新しいアイディアですね。

屋外で絵具

その後 娘達に顔に落書きされた

A post shared by SADA MAYUMI (@sadamayumi) on

顔をキャンバスに、しかも屋外でしてしまうとは。子供はすごく楽しいだろうなー、と思いつつ、自分の立場になると、やっぱり人の目とか気になるし顔を洗う手間とかいろいろ考えてしまって。あー、やっぱりむりですー。

<関連記事>

若槻千夏は子供を売りにしないママタレ!カッコイイ子育て

周りの目や手間など考えず、ただ、今目の前にいる、佐田真由美さんの子供の発想を大事にする姿勢、素敵ですよね。思えば本来、子供は常にたくさんの発想がありますもんね。私自身、私の都合で日々たくさん制限してるなぁ、と考えさせられる一枚です。

庭でテント

#THENORTHFACE

A post shared by SADA MAYUMI (@sadamayumi) on

よくあるキャンプの写真に見えますが、実はこれ、お庭なんです。お庭にテントを張り、この日は姉妹仲良く「お泊りする!」と張り切っていたそう。想像するとワクワクしませんか。私は、子供のころよく作った秘密基地を思い出しました。

こんなに緑にあふれていて素敵なお庭だと「そりゃテントも張るよ~」と思ってしまいますが、大切なのはその先だと感じさせられます。

今日もテントでお弁当 あら? 一人お客様が増えました笑

A post shared by SADA MAYUMI (@sadamayumi) on

次の日に旦那さんがテントへお招きされたようで、おそろいのお弁当が3つ。「こういうのいいなぁ~」と思わず声が出ました。子供と同じ目線、空間で一緒に楽しむ旦那さんも素敵ですし、そんな子供心をしっかり理解し、見守る佐田真由美さんもとても素敵ですよね。

お庭の広さや場所、環境なんて関係なく、子供にとことん付き合う姿勢が大事なんだな、と感じました。

仲里依紗の子供と子育て方法は!?夫・中尾明慶イクメンか?

行事や季節を楽しむ

子供の遊びにとことん付き合う、そんな佐田真由美さん一家は行事や季節もとことん楽しんでいました。

手作りたこあげ

https://www.instagram.com/p/BdhXjtCHjpg/?hl=ja&taken-by=sadamayumi

まずはお正月の遊び、たこあげです。娘さんたちが絵を描けるよう手作りというところがさらに素晴らしいですよね。私はたこあげの存在をこの投稿を見て思い出しました。そういえばたこあげって楽しかったよな~という記憶を。

お正月は体が休みモードになってしまいますが、日本の昔ながらの遊びを伝えていく、伝統を大事にする佐田さんの姿勢は素敵ですよね。来年から私も息子としよう、と思いました。

テーブルセッティング

娘さんがこんなハイセンスなテーブルセッティングをするとは、さすが佐田真由美さんの娘さんです。一人ひとりにとてもかわいいお手紙までついていて、ママとしてはとてもうれしいですよね。

子供はママの鏡。日ごろから佐田真由美さんがされている姿が想像できますし、佐田真由美さんの御祖父様の出身、アメリカの文化も大切にされていて、ちゃんと子供が受け継いでいるんだなぁ、と感動しました。

<関連記事>

冨永愛は子供が理由でメディア露出減少?!現在の子育てとは

シロツメクサの花かんむり

A post shared by SADA MAYUMI (@sadamayumi) on

春の草花遊びといえる、シロツメクサの花かんむり。こんな自然の遊びを子供とされるとは、とてもほっこりしますよね。

佐田真由美さんはもともと自然が大好きとのことで、Instagramによく載せられている家族旅行の写真には、海、山、川、など自然の中で満喫されている姿がよくみられます。

自然にふれながら、その季節の遊び、行事などを子供と一緒に楽しみ、子供がのびのび育つ環境を作られているんですね。

 

春には子供と一緒によつばのクローバーを探しながら、シロツメクサの花かんむりを作ったり、ハイキングに行ったり、子供と一緒にたくさん楽しみたいですね。きっと喜んでくれますよ。

ハイキングに行く服装などは、詳しく書いてある記事がありますので参考にしてみてくださいね。

ハイキングに最適な子供服は?男の子と女の子どちらも紹介!

 

栄養を考えた手料理

佐田真由美さんは、料理もすごく上手なんです。旦那様の御義母様からもお料理を教わったりしていて、栄養を考え、仕事で忙しい佐田真由美さんならではのアイデアたくさんで美味しそうな写真をたくさんあげられていました。厳選して、お伝えします。

時短コンソメスープ

コンソメスープなのですが、たまねぎを先にレンジでチンしてから煮込むのという時短アイデア。最初からお鍋でことこと煮込むと少々時間がかかりますが、これならとっても簡単にできそうです。

そして時間がなくてもちゃんとスープまで作るんだなー、と思い見習おうと思った投稿でした。しかしコンソメスープって、たまねぎをまるごと入れるだけでこんなにおしゃれになるんですね。

ほうれん草入りカレー

カレーにほうれん草を入れて溶かす作戦、これもいいアイデアです。そして水を使わずトマトジュースを使われていて、栄養をしっかり考えられているんだな、と伝わりますよね。

野菜が苦手な子供さんも、大好きなカレーに入れて溶かしてしまえば気づかれない作戦、子供への愛が伝わります。

手作り鳥団子

手作り鶏団子、おいしそうですよね。そして大量に作り冷凍ストックまでしてしまうなんて驚きです。時間があるときにたくさん作り、冷凍しておくことで他の料理の時短になる。これはもう主婦の鏡ですよね。家族のことを考え、日ごろからお料理をしているのがとても伝わります。

リメイクコロッケ

前日のポテトサラダをリメイクし、コロッケを作られている写真。しかもInstagramでリメイク方法を教えてくれたコメントを見て作られたそうなんです。自分の知識だけでなくいろいろな方のアイデアも取り入れる佐田真由美さんの姿勢、素晴らしいです。

食べ物を無駄にせず、味を変えて家族に楽しんでもらう。こういうママの姿を、子供さんたちはちゃんと見て育っていくのでしょうね。

小森純のダイエットメニュー !産後16キロ痩せた驚きの方法

 

スポンサーリンク

子育てならぬ「犬育て」も

https://www.instagram.com/p/2f82DdCOnv/?hl=ja&taken-by=sadamayumi

佐田真由美さんは、わんちゃんをたくさん飼われているようなんです。チワワをはじめ、パグ、シーズー、トイプードルなどわんちゃんの写真も多かったのでお名前を紹介したいと思います。

佐田真由美の愛犬名前

  • トロロ(チワワ)
  • ちくわ(チワワ)
  • まんまる(シーズー)
  • ライラ(パグ)
  • ラブ(トイプードル)
  • うなぎ(チワワ)
  • もずく(チワワ)
  • きの子(チワワ)

ネーミングセンスのおもしろさは置いておいて、わんちゃんの多さにビックリしました。相当、犬好きということが分かりますよね。ちなみに私はパグを飼っているので個人的にはライラちゃん推しです。

愛犬への愛情

ちくわ君20歳‼️ 仙犬みたい!

A post shared by SADA MAYUMI (@sadamayumi) on

愛犬の数にもビックリなのですが、さらにビックリするのは、20歳をこえるわんちゃんもいるんです。10年でも長生きといわれるのに、20年とはかなりのご長寿。どんな生活をしたらそんなに長生きできるのか、とても気になるところです。

佐田真由美さんはInstagramで「愛する犬様に学ぶことが沢山あります。大切なものをもっともっと大事にしたい。」と投稿されており、わんちゃんに対しても深い愛情を感じられます。こんな素敵なママのもとで育てられて、わんちゃんも幸せですね。

 

佐田真由美のここが好き

知れば知るほど佐田真由美さんの、ママとしてのすばらしさがお分かりいただけたと思います。佐田真由美さんみたいなママになりたい、と思われている方も多い一方で、佐田真由美さんの子供がうらやましい、と思われている方も多いはず。

こんなカッコイイ人がママなんてうらやましいですよね。そんな、佐田真由美さんの子供がうらやましいと思ってしまう、すてきな一面を紹介していきます。

トウモロコシ丸かじり

甘い 採れたて

A post shared by SADA MAYUMI (@sadamayumi) on

トウモロコシを生のまま丸かじっている姿、素敵じゃないですか。「じいじのこだわりトウモロコシ」とコメントされていて、こんなにも豪快に食べられる佐田真由美さん、カッコイイです。

大自然の中、トウモロコシをかじりつくママの姿を間近で見ると、子供たちの好奇心も生まれますし、トウモロコシを作ったじいじも、こんなに豪快にそして美味しそうに食べてくれると作りがいがありますよね。

気にせず料理

1日何回作ってるんだろ… #箸が互い違い

A post shared by SADA MAYUMI (@sadamayumi) on

一日に何回もお料理をされていて忙しいのが伝わります。そう、よくみると箸がそろっていないんですよね。私もたまにしてしまうのですが「佐田さんでもそういうことあるんだ」と少し親近感を覚えてしまいました。

そしてそのまま気にせずお料理をしている佐田真由美さん。そんな一面もあるなんて、おちゃめですよね。

趣味はドール

意外や意外、趣味はブライスドールとのこと。ドールの服や小物をもらって喜んでいる投稿もされており、そんなドールを楽しむ佐田真由美さんがとてもキュートです。

一人ひとりにお名前もつけられていて楽しんでいるようで、そんなママの姿を見て、一緒に楽しむ子供さんの姿が想像できますよね。

ブライスドール公式サイト

卵が割れても冷静

A post shared by SADA MAYUMI (@sadamayumi) on

ラグに卵が割れても笑って冷静に写真を撮れる寛大さ、すごくないですか。フローリングならまだしも、染み込んでしまうー!と、私はとても笑える余裕ないです。

そして、みなさんのコメントを見ると「穏やかな真由美さん。私はウソ~!って大きな声だしちゃいます」や、「その穏やかさ、見習いたい~」などあり、やっぱり佐田真由美さんは寛大なんだな、と再確認しました。何でも笑いに変えてくれるママだと、子供も楽しいですよね。

 

佐田真由美の子育て論

あまり子育てに対しては多くは語られていない佐田真由美さんですが、子供に対する思いが感じられる言葉や、佐田真由美さん自身が感銘を受けられたおすすめの本がありますので、順番に紹介していきます。

佐田真由美の言葉

ベストマザー賞を受賞された際のコメントがありますので、一部を紹介します。

(前略)家族を持つということは、私の人生で起きた一番の素晴らしい出来事だと断言できます。いまだに私のことをママ、ママと一日中呼んでくれる娘たち。感謝するかけがえのない時間を与えてくれる宝物です。(中略)うっかりしていると見過ごしてしまうくらいの子供たちの成長の早さに驚きながら、(中略)今はまだ、一緒に過ごす時間がたくさんある幸せを噛み締める毎日です。(中略)今という一瞬は二度と帰ってこないので、自分なりにそれぞれと一生懸命向き合えればと思っています。

出典:http://www.best-mother.jp/award/%E7%AC%AC10%E5%9B%9E%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%83%BC%E8%B3%9E2017/

とても愛情が伝わってくる素敵なコメントですよね。佐田真由美さんの深い愛情のもと育つ子供さんは、とても心が豊かなんだろうな、と想像できます。

そして、あまり子育てについて語られない理由が分かる、佐田真由美さんの言葉を見つけました。

大切なことは人に声高ではなく、子供に伝えていきたい」(雑誌VERY「 母ゴコロエコゴコロ)」取材より)

もう、かっこよすぎます。人に多く語るのより大切なことは子供に伝える、という姿勢が本当に佐田真由美さんらしいし、素敵な子育て論ですね。

周りに頼る

佐田真由美さんは、子育てと仕事の両立のコツとして、家族や周りの人の手助けを借りることなのだそうです。自分ですべて抱え込まない、その姿勢だからこそ心に余裕をもって子育てができるのかもしれないですね。

そして佐田真由美さんが結婚生活で気を付けていることは、旦那さんに感謝し、リスペクトすることだそうです。お互いを尊重しあえるから、その姿を見て育つ子供さんも笑顔になり、家庭にどんどん笑顔があふれていくんでしょうね。素敵です。

子供がパパを好きになるともっともっと幸せになれるんだと分かる記事がありますので読んでみてくださいね。

夫の育児参加でパパ好きな子に育てる。旦那の子育てメソッド

佐田真由美がおすすめする本

佐田真由美さんは、Instagramで1冊の本を紹介していました。その中で、佐田真由美さん自身が子育てについて特に感銘を受けられたページがあるそうです。抜粋して紹介させていただきます。

気がついた時には、一瞬でいなくなっちゃう。

今でも思い出す。ちっちゃかったふたりが「かーしゃん、抱っこしてー」「抱っこしてー」って、くっついてきたあの時、もっと、ぎゅーっと、何度でも、抱っこしてあげたらよかった。

家なんて、もっと汚くてもよかった。洗濯物も、ためちゃえばよかった。家事なんて、全部あとまわしにしたらよかった。もったいないことしちゃった。

だって、あんな時間はもう二度とない。

子育て、大変だった。でも楽しかった。

16年なんて、本当にあっという間。

気がつけば、子供たちは、新しい夢に夢中で、もう、うしろ姿しか見えなくなってる。

この本は、女性の社会的自立の大切さを伝えると同時に、子育てを終えて「卒母」する人へのエールの本なのですが、佐田真由美さんはこの本を読み、「もっと楽にやってもいいのかも。もっと時間を作ってあげたい。」と感銘を受けたようです。

私もグッときました。少し肩の力を抜こう、子供ともっとちゃんと楽しもう、と。そんなに、頑張らなくていいのかもしれませんね。

 

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

西原理恵子 著作

単行本: 160ページ

出版社: KADOKAWA 

発売日: 2017/6/2

 

 

 

まとめ

ままは親友だと言われた日 5月14日

A post shared by SADA MAYUMI (@sadamayumi) on

  • 佐田真由美さんは、子供の発想を常に大切にし、思いっきり遊ぶ
  • いつも子供と同じ目線で、子供にとことん付き合う
  • 自然にふれながら、その季節、行事を子供と一緒に楽しみ、伝統もしっかり受け継いでいく
  • いつも子供の栄養を考え料理を作り、忙しくても母の味を欠かさない
  • 子供にだけでなく、愛犬への愛情もとても深い
  • ストイックすぎず、みずから楽しむ姿勢で子供に伝える
  • 子育てなどを周りに多く語るより、そのぶん大切なことは我が子に伝えていく
  • 自分ですべて抱え込まず、ちゃんと周りの人に頼るから心に余裕をもって育児ができる
  • 旦那に対して常に感謝し、リスペクトすることで子供も豊かな心に育つ

佐田真由美さんの子供に対する姿勢、子育てはいつも全力で見習うことばかりでした。常に笑顔を絶やさない佐田真由美さんのご家庭はとてもあたたかく、とても伸びやかな環境ですよね。そして子供だけが楽しむ環境を作るのではなく、親も一緒に同じ目線で楽しむ、そんな姿勢が一番大事なのだと感じました。

ベストマザー賞受賞のコメントの最後に、佐田真由美さんは周りの方に感謝の想いを伝えていました。

家族、周りの友人、仕事仲間、そして仕事を見てくださる皆さん。皆さんのおかげで素敵な賞をいただくことができました。これは私が頂いた賞というよりも、こう私が日々を過ごせるよう助けてくれた皆さんへの賞だと思っております。この度は本当にありがとうございました。

自分を犠牲にして子育てをするのではなく、佐田真由美さんのように適度に周りに頼りながら心に余裕をもって子供と向き合いたいですね。

佐田真由美さん、「まじリスペクト」です。

[完全保存版]子育てしつけに役立つ情報まとめ

スポンサーリンク

 

<関連記事>
木村カエラの子供は何人?何歳?性別は?気になる子育て方法
冨永愛は子供が理由でメディア露出減少?!現在の子育てとは
梨花の子供への愛情はすごい! 憧れるその育児の方法は?
鈴木えみの子供に学ぶコーデ術!子育ての秘訣5つも大公開
竹下玲奈さんの子供は?子育てはどんな感じなの?
難波サキの子供は?子育ては超母超女の素敵なシングルマザー
仲里依紗の子供と子育て方法は!?夫・中尾明慶イクメンか?
益若つばさ子供との向き合い方!子育てもやっぱりカリスマ級?
木下優樹菜の子どもの育て方!ユッキーナ流の子育てが話題!
佐田真由美の子供との向き合い方がスゴイ!見習いたい子育て論とは
矢井田瞳の子供は何人?ヤイコ流子育て!親子に優しいライブが話題に
若槻千夏は子供を売りにしないママタレ!カッコイイ子育て
中村獅童の嫁は無痛分娩?嫁は誰?無痛分娩って何?
鈴木えみの子供に学ぶコーデ術!子育ての秘訣5つも大公開
クリスウェブ佳子の子供は凄く可愛い?子育てはどうしてる?
田丸麻紀さんに学ぶ!子供と楽しんで子育てするための方法とは?!
蜷川実花さんって子供がいるの?意外なことに子育てに熱心!?
MINMIの子供は何人?シングルマザーの「キセキ」な子育て生活
MEGUMIのイケメンな子供は?イケメン夫との子育て法は?
長谷川潤の子どもが羨ましい!気になる子育ての方法とは?
佐々木敬子の子供はハーフ?子育てはセレブなシングルマザー!
森摩耶は子供とどんな生活をしてる?独自の子育てスタイルとは