これから新生児のゲップの出し方とコツについて、紹介していきたいと思います。

そしてゲップの出し方が分からないお母さんやお父さん、その家族の方に観ていただければと思っています。

私も一時期ゲップを中々出すことが出来なくて悩んでいましたが、この記事を読めばゲップを出すことが出来なくて悩んでいるあなたも、ゲップを出せるのが上手になりますよ。

スポンサーリンク

 

なぜ新生児はゲップを出すことが必要なのか?

 

赤ちゃんは喉の構造が大人の私たちと異なり、特に新生児は口で息するよりも鼻で息をしています。

ですから、息継ぎをしなくてもミルクや母乳を飲み続けることが出来ます。

しかし、同時に空気まで飲み込んでしまってその空気を自分では上手に出すことが出来ません。

ゲップを上手く出すことが出来ないと、空気と一緒にミルクや母乳を吐き出してしまったり、吐いたものが戻ってしまって気道がつまってしまったりする可能性があるため、大変なことになりかねません。

ですから、ゲップをさせることは大切ですが、最初は上手く出来なくて大丈夫ですので、少しずつ慣れるようにしていきましょうね。

<関連記事>

赤ちゃんにゲップさせるコツ!新生児のゲップが出ない時の対処

 

新生児にゲップを出させるコツとは?

私も実際最初は簡単そうに見えたんですが、全然上手にすることが出来ませんでした。

それで夫やお義母さんがしているのを見たり、手伝ったりしてもらいながら少しずつ慣れてきました。

ですから家族の助けを借りて、少しずつ慣れるようにしてくださいね。

それでは、新生児にゲップを出させるコツを紹介しますが、試して自分に合った方法を見つけてするようにしてくださいね。

縦抱きにしてあげる

赤ちゃんの頭を手で支えてあげて、自分の胸か肩まで抱き上げて、背中を優しくトントンと叩いて上げます。

背中を強く叩きますと痛がったり、赤ちゃんの負担になったりしますので、軽く叩いてあげるようにしてくださいね。

背中を丸めてさすってあげる

赤ちゃんのお尻を自分の手に乗せて、背中を少し丸めてあげるような体勢で縦抱きをします。

そしてゆっくりと、赤ちゃんの胃から首の後ろぐらいまでの背中を、手のひら全体で下から上にさすってあげてください。

空気を上げるような気持ちで、優しくさすって上げるのがコツです。

うつぶせ抱きにする

赤ちゃんを自分の膝の上に乗せて、赤ちゃんの脇を持って前側に腕を回し、うつぶせの形に抱っこします。

この時に赤ちゃんの鼻と口を塞がないようにしながら、背中を優しくトントンと叩いて上げてくださいね。

 

赤ちゃんのゲップを出させる時に注意することとは?

新生児の赤ちゃんがゲップを出してくれないからといって、強く叩いたり揺すったりしないでください。

強く刺激したら出るというものでもないので、いつもと違う角度からさすったり優しく叩いたり、工夫してみてください。

またゲップと一緒にミルクも出てくることがあるので、自分や夫の胸元か肩にガーゼを置いて、その上に赤ちゃんの頭を乗せてあげると服が濡れずに済みますよ。

 

ゲップはいつまでさせる?

 

早ければ生後3~4カ月頃

赤ちゃんのゲップは早くても生後3~4カ月頃に止められますが、平均的な時期は首が座り出したり、寝返りが出来るようになる5~6カ月頃になります。

その頃には、空気を飲まずにミルクや母乳を飲む方法とかゲップをするコツを体が覚えてきて、自然と出てくるように段々なってきます。

縦抱きをしてもゲップやミルクが出てくることが減ってきたら、ゲップを出させるのを止めても大丈夫だと思います。

ゲップが出なくて苦しそうにしていたり、不快な様子が見られたりするときは、時期に関係なくゲップをさせてあげてください。

遅い子は生後8カ月頃まで補助が必要な子もいますので、大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

 

何をやってもゲップが出ないときは?

新生児の赤ちゃんがゲップが出ないこともよくありますから、無理やり出させようとして強くしたり出るまでしないでくださいね。

私もゲップを出してくれなくて、8分ぐらいしていたのですが、助産師さんから「3分ぐらいして出なきゃ良いよ」と言われました。

「えっ、大丈夫何ですか?」と聞いてみると、助産師さんは「顔を横に向けて寝せてね。そうすれば、ミルクや母乳がゲップと一緒に出てきても、詰まらないから。」と言われました。

そう言われて、納得したのと安心したのことを覚えています。

寝かせるときは、右側を下にして寝かせると消化がよくなったり、おならが出やすくなったりします。

また背中の下にタオルや枕を当てて置くようにしてくださ

 

新生児がゲップをする前に吐くときは?

新生児や赤ちゃんの胃は大人と異なり、蓋がないとっくりのような形ですから、入り口を締める筋肉が十分発達していません。

そのためちょっとした体の動きでも吐きやすくなっていますが、中には病気の可能性もあるので、紹介したいと思います。

飲みすぎや急な体勢の変化

口から垂れるようにミルクを吐くとき、少し勢いよく吐いたあと不快な様子が見られたり、顔色が悪くなったりしないときは、様子を見てください。

飲みすぎや体勢の変化で気持ち悪くなって吐いたと考えられます。

ミルクや母乳をしっかり拭き取って、縦抱きにして落ち着かせてあげてください。

病気の可能性

ミルクや母乳を勢いよく噴水のように吐いてしまうときには、幽門狭窄症という病気の可能性があります。

胃の出口が狭くてミルクが詰まり、悪化すると血が混ざったり胆汁が混ざったりして緑色っぽくなったりします。

顔色が悪く体重もあまり増えないので、いつもと違う様子であれば病院を受診するようにしてくださいね。

<関連記事>

子どものお手伝いはいつから?子供の成長に絶対必要なもの

 

ゲップは焦らずに様子を見て

私もでしたが、赤ちゃんのゲップがどうやっても出ないとイライラしてしまうこともありましたが、自分や赤ちゃんを責めずに気持ちに余裕を持って、様子を見ながら対応するようにしてください。

ゲップを出させることを何回も繰り返すことによって、コツを掴み赤ちゃんの体質や個性も分かってきます。

 

まとめ

赤ちゃんにもゲップが出やすい子と出にくい子がいますから、それが分かるまでは焦らずにゆっくりと様子を見るようにしましょう。

イライラしたりせず、リラックスしゲップが出なくても大丈夫なんだと、心に余裕を持ってするようにしてくださいね。

YouTubeにやり方の動画があったので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

<関連記事>
<よく読まれている記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編
 
ファミリーカーならセレナ,ボクシー,ノア!おすすめは?