子供はよく下痢をします。

その原因はさまざまです。心配しなくてもちょっと気をつけていれば自然に治るようなものから、すぐに病院に行った方がいいものまで幅広くあります。

子供の様子をよく観察して、適切な処置をしてあげましょう。

 

スポンサーリンク

子供が下痢をしたら

子供の下痢には様々な要因が考えられます。原因によって対処方法は違いますので、まずは子供の症状を落ち着いてよく観察しましょう。
原因として病気が疑われるときには、できるだけ早く病院へ連れていきましょう。

  • 便の状態(少し柔らかい程度か、水のように流れる状態か)
  • 血や粘液は混ざっていないか
  • 便の色(緑色、白色、血便)
  • ぐったりしていないか
  • 機嫌はどうか

発熱や嘔吐など他の症状が見られず、食欲があって元気に遊んでいるようならひとまずは大丈夫です。ただし子供は様態が急変することがありますので、よく観察しておきましょう。

以下のような症状が出ている場合には、病院を受診しましょう。

便に血液が混ざっている

  • 細菌性の下痢の可能性
  • おっぱいを飲んでいる子供ならビタミンK欠乏症の疑い
  • 火がついたように泣き続けているなら腸重積の可能性

便の水分量が多く、嘔吐の回数が多い

  • 元気がなくぐったりしているなら、脱水症状を起こしている可能性

38.5度以上の高熱

  • 高熱を伴う激しい水様便の場合にはサルモネラ腸炎、カンピロバクター腸炎、ロタウイルス腸炎、などが疑われる

下痢が一週間以上続いている

意識障害や痙攣を伴う

さらに飲み物を受け付けず顔色が悪いチアノーゼになって唇や爪が紫色になっているなら夜間でも緊急で病院へ行き医師の指示を仰いでください。

<関連記事>

溶連菌感染症の症状(熱)と治療!子供も大人も嘔吐でうつる

 

子供の下痢の原因

子供の下痢の原因には、感染性急性下痢が考えられます。

ウイルス性

乳幼児の下痢の場合、ウイルス感染の疑いが最も強いと言われています。中でも1才以下の赤ちゃんは症状が進むのが早く、脱水症状などに気を付けなければなりません。

子供はウイルスに対する免疫が弱いので、疲れや睡眠不足などのちょっとした体調不良から感染症にかかります。

保育園や幼稚園でひとりかかるとあっという間に広がって大流行することも珍しくありません。
多くの場合嘔吐から始まって下痢になります。それ以外に熱や喉の痛み、全身の倦怠感などが伴います。

ノロウイルス(秋の終わり~冬の中頃)

一般的に突然の嘔吐で始まり、激しい吐き気があるが、半日から一日で収まります。下痢は軽くすみ、発熱はしないことが多いとされています。時に38度前後の熱が出ることもあります。

中には嘔吐と下痢が続くケースもあり、痙攣を起こすこともあります。症状がひどい時には、食べられるようになるまで入院して点滴を受ける事になりますが、退院をしてもウイルスが全て体の外にでて初めて完治したと言えます。それまでは脱水に気をつけて見ていてあげることになるでしょう。

体調が戻って元気になったように見えても、下痢が続いていると保育園や幼稚園の預かりを断られてしまうこともあるそうです。いつから行けるのか気になるところですが、お医者さんと保育園・幼稚園などと相談しながら様子をみるしかなさそうですね。

下痢が収まっても1週間くらいは便にウイルスが残るそうですから、看病をするママやパパも感染しないように気を付けないといけませんね。

 

子どもが感染する病気としてロタやノロウィルスがありますが、下痢や嘔吐などで脱水症状を起こす危険性もあります。

ロタ,ノロウイルス症状(下痢,熱,脱水)と潜伏期間!子供予防接種

ロタウイルス(冬の終わり~春先)

2歳くらいまでの子に感染しやすく、突然の嘔吐と下痢、発熱が長く続きます。

現在、ロタウイルスに効果のある抗ウイルス剤はないため、脱水を防ぐための水分補給や体力を消耗しないための栄養補給などが主な治療方法となります。

3人に1人位は白っぽい水のような下痢便をします。これはロタウイルスの特徴である激しい水のような下痢のためで、白い便になる時には便の色の素になる胆汁の生成が追いついていません。逆に言えば、ロタウイルスに感染していても胆汁の生成が追いついていれば白い便はでませんし、ほかのウイルスに感染して白い便が出るということはありえます。

1~2週間で自然とよくなります。重症の脱水、脳症、腎炎、心筋炎など重い感染となることがあり、注意が必要です。

生後6週から任意のロタウイルスワクチンを接種することができます。

アデノウイルス 

夏にプールで感染することが多かったため、「プール熱」とも呼ばれます。
扁桃腺やリンパ節に感染し、高熱・喉の腫れと痛み・目の充血や目やにといった症状を引き起こします。

吐き気を催すものや高熱が5日位続くものなど、50種類以上の型があります。そのため、免疫がつきにくく何回もかかることがあります。

熱がでますが自然治癒の方が早く治るとも言われており、解熱剤は使用しない例もあるそうです。強いウイルスなので、子供によっては本調子に戻るまでに10日もかかることがあるそうです。また、食欲が戻らずに何度も点滴をしてもらったというママさんの声もありました。

アデノウィルスに感染した時の特徴として目やに、充血がありますが、その対策はどのようにすればよいのでしょうか。参考記事をのせましたので一緒にどうぞ。

子供が流行性結膜炎(アデノウィルス)?目やに、充血の症状と対策

細菌性

いわゆる「食中毒」と呼ばれるもので、細菌によって症状は異なります。ウイルス性より症状が重くなりやすく、重症化すると命にかかわることもあります。

激しい下痢、嘔吐、発熱がみられ、血便が出ることもあります。

代表的な菌

  • 腸炎ビブリオ菌
  • サルモネラ菌
  • 病原性大腸菌
  • カンピロバクター
  • 腸管出血性大腸菌(O-157)

 

感染性急性下痢の予防について

集団感染や家族内感染を防ぐために、予防を徹底しましょう。

基本は「手洗い・うがい」です。吐しゃ物や便を扱った手から口の中にウイルスが入り感染します。とにかくこまめに手洗いをしましょう。

また、普段から規則正しい生活を送り、適度な運動と十分な睡眠で抵抗力をつけておくのも大切です。

食事にも注意が必要です。咳やくしゃみによってウイルスや細菌に汚染されますので、食事は別々に取ったほうがいいでしょう。スプーンや箸の使い回しなどもってのほかです。

吐しゃ物や下痢のおむつなど処理をする時

吐しゃ物や下痢のおむつの処理をする時は、マスクとビニール手袋が必須です。ウイルスは口や鼻から容赦なく入ってきます。

汚れた衣類・タオルはざっと汚れを落としてから自亜塩素酸ナトリウムで消毒をし、洗濯機へ入れます。そのまま入れると洗濯機が汚染されて感染源になります。

床やカーペットに吐いてしまった場合、そこにウイルスが残っていると乾燥して舞い上がり、飛び散って空気感染します。吐しゃ物はビニール袋ですぐに覆いましょう。片付けた後は消毒します。

アレルギー反応

他に湿疹、嘔吐、充血などの症状がでます。
原因となる食物をとってから30分以内に症状が出ることが多いようです。

アレルギーが出やすい食品として、卵や小麦、そば、ナッツなどはよく知られていますが、この例のように特定の添加物に反応するということもあるんですね。アレルギーは怖いです。小さい時には大丈夫だったのに、小学生になって初めてダメになってしまうケースも珍しくないそうです。

私の友人はある日いきなり小学校から「息子さんがさくらんぼを食べて湿疹と下痢の症状を起こしているから迎えに来て欲しい」と呼び出しがかかったそうです。去年までは普通に食べてたのに!!とものすごくびっくりしたそうです。うちの娘は今は何でも食べてますけど、こういうケースは誰にでもありえることですもんね。添加物だって可能性は十分あります。他人事ではありません。

二歳の息子がある特定の食パンを食べると嘔吐、下痢をします。
有名メーカーのスーパー等で手に入る食パンなのですが、それを食べると5~10分するとすべて食パンを嘔吐します。
ひどい時は夜中にお腹を痛がり下痢をします。
この食パンは耳まで柔らかくほんのり甘くてそのままで、とっても美味しいので毎回そのまま息子は食べてましたが、必ず食後に突然嘔吐します。他の食材と食べてもいないので考えられるのはこの食パンしかなく、最初嘔吐したときは何故かわからず体調悪かったのかな?と思いましたが、やはりまた食べさせると嘔吐してしまいます。

引用URL https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1345773973?__ysp=44Ki44Os44Or44Ku44O8IOS4i%2BeXog%3D%3D

ストレス(精神的負担)

ストレス性の下痢は、正式には「過敏性腸症候群」と診断されます。
病原体がいるわけではないので、病院へ行っても特に原因が見つからないことがほとんどです。

子供の様子をよく見て、話を聞いてあげる、ストレス発散できる方法を考えてあげる、コミュニケーションを見直すなどして、家族みんなで解決できるといいですね。

今小2の女の子ですが、小1の終わり頃、担任とトラブルがあり、2ヶ月近くストレス性の胃腸炎になりました。本人は、ただお腹の辺りが気持ち悪い、吐きそうと訴えるのみ。

最初のうちは、ランドセルを背負うと吐き気を催し、学校に行きたくないと泣きました。春休みの間もずっとお腹の違和感を訴え、私はストレスとわかっていながらも、本人が病気ではないか?と疑うので、小児科受診して、ストレスと診断されました。

子供でもストレス性胃腸炎になる事はあります。子供がストレスを感じるのは、成績の事で怒られる・勉強をする様にガミガミ言われる・躾面でガミガミ言われる等が挙げられます。特に神経質な子供に多い疾患です。

対処法は、あまり怒らず諭す様に起これば、かかりにくくなると思います。

引用URL https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12146284057?__ysp=5a2Q5L6bIOOCueODiOODrOOCuSDkuIvnl6I%3D

 

一時的な食べ過ぎ飲み過ぎ

腸の動きが活発化し、腸内で吸収される水分量が減るために起こります。熱は出ません。お腹に優しい食事をさせながら様子を見ましょう。

お腹の冷え

夜寝ているときに布団を蹴ってしまったり、プールなどで冷えてしまったときにも下痢をします。冷えてしまった身体を暖めようとする人間の本能からくるそうです。
冷たいものの食べ過ぎは、「だからいったじゃない(怒)!」ってやつですね。弟がよく母に小突かれてましたね。お腹が痛いのにかわいそうですけど、だいたいが自業自得です。懲りれば自然とやらなくなります(たぶん)。

抗生物質の服用

抗生物質を処方された翌日から下痢になるのは、実はよくあることだそうです。原因のひとつには、抗生剤を飲んだことで腸内のよい菌も悪い菌も殺されてしまい、腸内バランスを崩すことによって下痢を起こすということがあります。ほかに抗生剤自体が体に合わないという場合もあります。

あまりにもひどい時は、自己判断で勝手に薬を飲むのをやめてしまわずにもう一度病院を受診しましょう。整腸剤(ビオフェルミン)を一緒に処方されることが多いです。それでも良くならなければ、違う薬を処方してくれるかもしれません。

乳糖不耐症

ミルクや母乳を飲んだあとに下痢をするなら、乳糖不耐症が考えられます。胃腸炎のあとによく起こる症状です。

腸の粘膜に炎症が起きるのが胃腸炎です。その結果、牛乳などの乳製品に含まれる乳糖を消化できずに下痢を起こします。
特別な治療はありませんが、胃腸炎がなおってもしばらく下痢が続くときには乳糖不耐症が考えられます。治るまでしばらく乳製品を控え、病院を受診しましょう。

胃腸炎の原因が風邪や細菌によるものであれば抗生物質を処方してもらうのが効果的です。しかし胃腸炎の症状がなくなって乳糖不耐症の症状だけになったのであれば腸の回復を促す治療に転換が必要です。薬で消化を手伝ってもらって、腸自体の回復を気長に待つことになります。なので、治療に2~3週間かかることも覚悟しておいた方がいいでしょう。

乳糖不耐症は、食物不耐症のひとつです。特定の食べ物が原因で下痢をするようなら、腸で消化、分解、吸収ができていない可能性があります。
アレルギーとの見分けがつかないので、自己判断で除去せずに病院で見てもらった方がいいかもしれません。

腸重積(ちょうじゅうせき)

0~2歳の乳幼児に発症することが多い、小児救急の代表的な病気です。腸の中に腸が押し込まれてしまい、食べたものが腸の中に詰まって血液をスムーズに流すことができなくなります。重症化すると腹膜炎などの病気を併発する恐れもあります。

血の混じった下痢で、火がついたように泣き続けているなら腸重積の可能性があります。

うちの長男が腸重積になりましたが、兎に角ギャンギャン泣いては、止まり落ち着いたと思ったら、またギャンギャン泣きの繰り返しでした。

何も食べれなかったです。その日に小児科を受診し直ぐに、エコーとレントゲンで腸重積と診断され、大きな病院を紹介され、「自宅には帰らずそのまま、受診してください」と言われ直ぐに病院へ向かいました。 24時間以内に治療を受けないと壊死したり、手術になることもあるそうです。

引用URL https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10185903675

<関連記事>

子供の結膜熱(プール熱) に!感染経路や原因・潜伏期間は?

麻疹になった子どもが心配!症状と治療法!怖い合併症の危険も

 

下痢の時のホームケアについて

食事

大人が下痢をした時には、お腹を休ませるために絶食することもあります。しかし子供は大人ほどのエネルギーの蓄えがないので、少しでも食べられる状態であるなら絶食はさせない方がいいでしょう。

逆に食べ物を全く受けつけない時には、無理に与えなくても大丈夫だそうです。栄養より下痢を治すことを優先します。私の娘のかかりつけの先生も、「1~2週間栄養が少なくても下痢が治ればすぐに体重が戻るし、成長には影響しない。」と言っていました。

では、下痢の時にはどんな食事をしたらいいのでしょうか?

最も大切なのは水分補給です。下痢や嘔吐などで体の水分が失われると、脱水症状を引き起こします。ひどい脱水症状がある場合は、病院で点滴などの処置をすることもあります。

病院に行ったり入院することになると、子供の負担も大きくなってしまいますので、そうならないよう様子を見ながらこまめに水分を与えましょう。

脱水症状の主な症状

  • ぐったりしている
  • 喉の渇きを訴える
  • 尿が少なく濃い
  • 泣いているのに涙が出ない
  • 目や頭の一部がくぼんでいる
  • 唇や手のひらが乾いている

水分補給

水分補給には経口補水液が最も適しています。乳児用のイオン飲料、りんご果汁、にんじんスープもいいでしょう。湯冷ましや番茶、大人用のスポーツドリンクなどでも水分の補給はできるのですが、塩分が足りないそうです。

経口補水液は薬局などで買うこともできますが、家庭でも簡単に作れます。

〈材料〉
湯冷まし 1000ml
砂糖   大さじ4~5杯
塩    小さじ2分の1杯
飲みにくそうな時は、レモン果汁やグレープフルーツ果汁などを加えてもいいでしょう。

下痢の他に嘔吐があるときには、吐き気が収まるまでしばらくは熱を測ったり背中をさすったりして様子を見ます。
周期的に強い吐き気がきているときは、無理に飲ませてもすぐに吐き戻してしまいます。落ち着くまで待ちましょう。

飲ませ方

また、下痢、嘔吐などを起こしているときはゴクゴク飲むことはできません。

水分を小さじ1から与えて、口を湿らす程度から始めます。飲み込める様子があれば、様子を見ながら少しずつ量を増やします。5、10分おきに与えて少量ずつでも吐かずに飲めるようになれば、ひとまず安心です。

水分がある程度とれていて顔色がいいようなら心配はありません。

母乳は胃腸に優しいので飲ませても大丈夫ですが、一度に胃腸に入る量が多いので嘔吐した直後は注意が必要です。可能であれば搾乳して様子を見ながら少しづつ飲ませましょう。

子供が病気で辛そうにしているのを見るのは心が痛みますね。替わってあげたいけどママが病気になるのもそれなりにいろいろ不都合なので、パパが替わってくれないかなぁなんて思っちゃうのは、悪いクセですね(笑)

回復後の食事

少し回復して食事がとれるようになったら、離乳食のような食事からスタートします。
便と同じ状態の食事にするといいと言われています。

例えば、水のような下痢をしている時は重湯など水分を中心にし、柔らかくなってきたらおかゆ、固形に戻ってきたらご飯といった風に、便の状態に合わせて少しずつ戻していきます。

〈適したもの〉

  • 重湯、おかゆ
  • 野菜スープ、ポタージュ
  • 具のない薄い味噌汁
  • 柔らかく煮たうどん
  • じゃがいも
  • にんじん
  • だいこん
  • かぶ
  • 豆腐
  • 白身魚
  • りんご
  • バナナ
  • 乳ボーロ
  • ウェハース

〈向かないもの〉

  • 牛乳、乳製品
  • 繊維の多い根菜、豆類、山菜、海藻、キノコ類
  • 柑橘類のジュース(便をゆるめることがある)
  • りんご以外の果物
  • アイスクリーム、シャーベット

肉などのタンパク質や脂肪の多いものは弱った腸に負担がかかりますので、少し良くなってから食べさせましょう。

胃が本調子になるまでしばらくは、消化の良いものを普段より控えめに食べさせたほうが良さそうですね。胃が本調子に戻るまでは、一週間から10日位、長い時は2週間くらいみておきましょう。

 

<関連記事>

子供の手足口病の鍵は〇〇!ママが知るべき手足口病8つのこと

 

お風呂

症状が下痢だけで、機嫌が良く熱が高くなければ普通に入って大丈夫です。
むしろ、下痢をしている時はおしりがかぶれやすいので清潔にしてあげてください。

お風呂には入れない時でも、洗面器にぬるま湯をはって洗ってあげるとスッキリします。
おむつをしている子供なら、おむつをつける前にしっかり乾かしてあげましょう。

下痢をしているからといって、安易に下痢止めの薬を飲ませるのはやめた方がいいでしょう。

下痢は身体が一生懸命病原菌や毒素を外に出そうとして起こる症状ですから、薬を飲むことで腸管運動が抑えられてかえって治りが遅くなってしまうことがあります。

 

まとめ

子供が下痢をしたらまずはよく観察して、原因として病気が疑われる時は病院を受診しましょう。

  • 便に血液が混ざっている
  • 便の水分量が多く、嘔吐の回数が多い
  • 38.5度以上の高熱
  • 下痢が一週間以上続いている
  • 意識障害や痙攣を伴う
  • 飲み物を受け付けず顔色が悪い
  • チアノーゼになって唇や爪が紫色になっている

こういった症状があれば、病院で医師の指示を受ける必要があります。

お母さんが落ち着いて対応してあげましょう。とはいっても、自分も子供の調子が悪い時はいつも慌ててしまって、人のことはなんにも言えない立場なんですが(汗)

子供の下痢には様々な原因が考えられます。
ここであげた主な原因には以下のものがあります。

  • 感染症急性下痢
  • ウイルス、細菌によるもの
  • アレルギー反応
  • ストレス
  • 一時的な食べ過ぎや飲み過ぎ
  • お腹の冷え
  • 抗生物質の服用
  • 乳糖不耐症
  • 腸重積

中には見分けがつきにくいものもあって不安になるかもしれません。下痢の症状はすぐに治るものではないので、お医者さんに相談しながら根気強く付き合う必要がありそうですね。

ウイルスや細菌の感染によるものは、手洗いうがいをこまめにしたり、片付けをするときに消毒をしっかりすることで予防することができます。
家族内でぐるぐる移し合わないように、ちょっと大変ではありますが頑張って消毒しまくりましょう!!

下痢の時のホームケアで一番大切なのは、水分補給です。脱水症状にならないよう、気を付けてあげましょう。

少し良くなってきたら、便の状態に合わせて少しずつ固形の食事に戻します。
しばらくは胃腸に優しい食事を続けましょう。お菓子などは見せると食べたがってしまうので、いつもと違う隠し場所を確保しないといけませんね(笑)

お風呂は機嫌が良く熱がなければいつも通り入れます。おしりがかぶれないように優しく洗ってあげましょう。

薬には要注意です。安易に下痢止めの薬を飲ませると、かえって治りを遅くしてしまうことがあります。

お子さんが下痢になると、ママは心配がつきないことかと思います。治るまでに時間がかかることが多いので、無理しすぎないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

<関連記事>
子供のアレルギーが心配!アナフィラキシーショックの症状とは?
子供に日焼け止めは必要なの?どんな日焼け止めがおすすめ?
子供のアレルギーが心配!アナフィラキシーショックの症状とは?
子供に保湿剤は必要?市販のおすすめ保湿ケア商品はこれだ!
ベビースキンケアの人気商品は?赤ちゃんへの肌ケア対策をご紹介
子供が夜中に咳が止まらない原因は?知っておきたい対処方法
夜泣きがひどい時は何分放置が限界?イライラした時の対処法
ベビースキンケアの人気商品は?赤ちゃんへの肌ケア対策をご紹介
子供が夜中に咳が止まらない原因は?知っておきたい対処方法
夜泣きがひどい時は何分放置が限界?イライラした時の対処法
子供の手足口病に感染したら?初期症状(熱、発疹)と治療法
子供が痰や咳で夜眠れない辛い症状を緩和!嘔吐する前の対処法
咽頭(いんとう)炎の原因!子供に多い喉(のど)の病気は?
インフルエンザB型で子供が学校を休んだ時の対処法と症状
リンゴ病の症状(熱,かゆみ,発疹)子供も妊婦も感染予防が大事
溶連菌感染症の症状(熱)と治療!子供も大人も嘔吐でうつる
ロタ,ノロウイルス症状(下痢,熱,脱水)と潜伏期間!子供予防接種
体にぶつぶつでかゆい?子供の体にできたその正体は発疹?
流行性耳下腺(じかせん)炎(ムンプス・おたふく)子供の症状
和痛分娩のメリット!筋肉注射する当日の流れと費用(体験談)
子供の水疱瘡(みずぼうそう)はうつる?症状(発疹)や潜伏期間
歯磨きをしない嫌がる子供の原因は?おすすめはジェルと動画
子供が突発性発疹で高熱に!!お風呂は?保育園はいつから?
子供がマイコプラズマ肺炎になった時の熱や咳の症状と対策
子供の喉の痛みは溶連菌感染症かも?熱や咳やかゆみの症状
子供の発疹!発熱の症状!あせもかアトピー性皮膚炎も疑う
日本脳炎とは?知っとくべき予防接種の時期とワクチンの副作用
麻疹になった子どもが心配!症状と治療法!怖い合併症の危険も
自閉症スペクトラム障害の子供の特徴と原因!接し方の基本!
子供が水疱瘡に!重要なのは初期症状の見極めと早期治療だった!
子供の結膜熱(プール熱) に!感染経路や原因・潜伏期間は?