赤ちゃんに歯が生えると、感動します。こんなちっちゃな赤ちゃんにちっちゃな歯が生えた。もう愛しくてたまりませんよ。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんに歯が生えた

初めてわが子に歯が生えたときって、子どもの成長を実感してとってもうれしくなりますよね。また、2本の前歯がちらっとのぞく顔は、とってもかわいいです。でも、それと同時に歯の手入れのスタート時期でもあります。

歯は一生付き合っていく体の大事な一部です。乳歯はいずれ抜けちゃうから大丈夫でしょ!!って思っていたら、永久歯も虫歯だらけ、、、ってことにもなりかねませんよ。

どうやってお手入れしたらいいの?おしゃぶりをしてるけど、歯並びに影響するって言うし外さなきゃいけないの?など、今回は歯の生え始め時期の心配ごとを調べてみました。

 

歯が生え始める時期は?

乳歯はだいたい生後3~9カ月ごろに生え始め、3歳頃に全ての乳歯が生え揃い、上下のかみ合わせが完成するそうです。

通常は下の前歯から生え始め、上の前歯、上下前歯の両隣り(乳側切歯)、最初の奥歯(第一乳臼歯)、乳犬歯、次の奥歯(第二乳臼歯)の順で生え揃っていきます。

ただ、順序や時期は個人差がありますので、これにあてはまらなくても問題ありません。もし、心配なことがあれば、かかりつけの歯医者さんに相談しましょう。

<関連記事>

赤ちゃんへの高い高いはいつから危険じゃない?怖がると夜泣き?

歯が生え始める時はぐずる

「はぁーー、最近昼も夜もよく泣くなぁ、、、泣」と思っていたら、うちの3ヶ月の息子は歯が生えていました。

歯が生え始めたときは、歯茎に痛みやむずがゆさがあるらしく、歯茎の不快感を解消するために、タオルやおもちゃなどを噛んだり、機嫌が悪くなることもあるそうです。

歯の違和感で、赤ちゃんがぐずぐずしたり夜泣きしたりすることを【歯ぐずり】と呼びます。
赤ちゃんのぐずぐずで困っている方はこれが原因かもしれません。

歯ぐずりするときは、歯固めなどを与えると気持ちが落ち着き、ぐずり軽減に効果があるそうですよ。

<関連記事>

赤ちゃんが朝起きない?子供がぐずる時の簡単対処方法5つ

歯のお手入れはどうするの?

下の前歯が生えてきたら、虫歯予防のために歯のお手入れを開始しましょう。離乳食が始まる前に歯が生えた場合、ガーゼなどで一日一回は歯を拭いてあげましょう。

うちでは、生え始めからガーゼで拭いていたため、歯ブラシを初めて使うときは嫌がらずにさせてくれましたよ。離乳食が始まるとガーゼの他に、食後に飲み物を飲ませるなどして口の中をさっぱりさせる習慣をつけましょう。

歯磨きは生え始めから行ってもいいですが、本格的に始めるのはだいたい1歳ごろ、上の前歯が生えた時にはじめるといいでしょう。

乳歯の時にひどい虫歯をほおっておくと、永久歯の歯胚(歯の元となる細胞)が傷つき永久歯にも影響するそうです。早くから神経質に磨く必要はありませんが、小さいころから歯磨きは大切だという意識を持ちましょう。

<関連記事>

絵本のまとめ!幼児におすすめの読み聞かせ絵本特集100選

スポンサーリンク

おしゃぶりしてても大丈夫?

「おしゃぶりをしてたら歯並びが悪くなるよー」って言われたことありませんか?
うちはおしゃぶりをしてると、結構な頻度で言われるます。

おしゃぶりが歯にとって、あまりいいものではないとわかっていても、おしゃぶりって赤ちゃんの入眠時や、お出かけであまり泣かせられない時にも大変便利なものなものです。やめるなんてムリ~~~!!っと心配するママも多いはず。

安心してください。歯が生えたからといって、すぐにおしゃぶりをやめないいけないわけではなさそうです。

おしゃぶりはおしゃぶりをしていない子に比べると上顎前突や開咬などになるリスクが高まるようです。おしゃぶりをやめる時期としては、2歳くらいまでにやめるのが望ましいとされています。

歯並びが完成する3歳以上になってもおしゃぶりをしていると、ますます歯並びが悪く
なるリスクが高まるようです。遅くとも3歳までにはやめた方がいいみたいですね。

まとめ

1、歯が生える時期は個人差があるが、だいたい3~9カ月頃下の前歯から生え始めるのが一般的。
2、歯が生え始めは歯茎に不快感があり、不機嫌になることがある。
3、歯の手入れは歯が生えたらはじめ、歯を手入れする習慣をつけることで虫歯を防ぐ効果がある。
4、おしゃぶりは歯並びに影響するので、2歳くらいにはやめさせるのが望ましい。

どんどん成長する我が子と生活するのは本当に楽しいです。どうか今を大切にしてくださいね。

スポンサーリンク

<関連記事>
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編