もうすぐ母の日。今年はどんなものをプレゼントするか、もうお決まりですか?

育ててくれた実のお母さんへ、結婚して母になった義理のお母さんへ、毎日頑張っているお母さんに心を込めたプレゼントを贈りたいですよね。

今回は母の日に喜ばれるフラワーギフト5点をSさんがご紹介します。

スポンサーリンク

 

母の日の定番フラワーギフト

母の日といえば、カーネーション。日頃の感謝を込めて、お花をプレゼントする方がやはり多いのではないでしょうか。

私は母の日のプレゼントはお花を贈ると決めているので、毎年フラワーギフトを贈っています。

その年によって生花にしたり、飾っておけるタイプのドライフラワーにしたりと、一応、毎年変化をつけるようにしてます。その甲斐あってか、贈るといつも喜んでくれますね。やはり、女性はいくつになってもお花を貰うと嬉しいみたいです笑。

花束タイプ

鉢植えカーネーション

定番のカーネーションの花束は、母の日にぴったり!8色から選べるので、贈るお母さんのイメージに合ったものを選べるのが嬉しいですね。カラーに迷ったら花言葉で選ぶのもおすすめですよ。

私は結婚して、最初の義理母へのプレゼントにこれを選びました。まだ好みもよくわからなかったので、王道の真っ赤なカーネーションを贈りましたが、すごく喜んでくれましたよ。

人気のプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー プチカーネーション

水やり、お手入れ不要で、キレイな状態をずっと保てるプリザーブドフラワーのカーネーションは人気が高いですね。お花の手入れが苦手なお母さんにはおすすめの商品です。

また、プレゼントで貰った花が枯れてしまうと、どうしても悲しい気持ちになりますよね。なので、いつまでも飾っておけるタイプのお花はギフトとして、とても喜ばれますよ。

おしゃれなボックスタイプの花束

生花ボックスフラワー

 

おしゃれなお母さんにぴったりの商品です。華やかなボックスフラワーは、一見プレゼントの入った箱に見えるので、箱を開けてキレイなお花にびっくりされる方が多いようです。サプライズ好きの方におすすめですよ。持ち運びにも便利なのも嬉しいポイントですね。

一輪でも高級感のあるお花

ブラックBOXレインボーローズ

特別な日に贈りたいお花NO.1の商品です。レインボーの花びらがなんとも華やかですよね。一輪でもすごく存在感と高級感があります。

いつもとちょっと違うプレゼントをしたい方におすすめ。出産をして初めてママになった記念に、旦那さんからプレゼントをしてあげるもとても素敵ですね。

お花+スイーツのセット

パティシエケーキのフラワーセット

お花と何かもう1つプレゼントしたい方には、お花とスイーツがセットになったこちらの商品がおすすめです。いつも仕事や家事で忙しいお母さんに、ゆっくりとした時間を過ごして欲しい、と想いを込めてプレゼントされる方が多いようですよ。

スポンサーリンク

 

母の日の準備はいつまでに?

母の日は、毎年5月の第2日曜日です。

5月の8日から14日の間になることが多いでしょう。お花やプレゼントを通販で注文するときは、4月中に手配するといいでしょう。早めに決めると早割などになる場合もあり、お得になることもありますよ〜。

毎年必ず訪れるイベントって案外色々ありますから、早め早めに準備しておきましょうね。

<関連記事>

雛人形はコンパクトで可愛いものが人気?木目込みやおしゃれなお雛様

鯉のぼりは室内?意味や飾り方は?おすすめから見る人気理由

 

母の日のプレゼントの相場は?

何を贈るか悩むのと同じくらい悩むのが、どれぐらいの予算にしたらいいのか。実のお母さんだけならまだしも、義理のお母さんにも送ることを考えているなら、なおさらですよね。

5000円未満が無難?

毎年、テレビや雑誌など様々なメディアで予算が発表されていますが、多くの人が「3000円~5000円未満」を予算にしているようです。

5000円未満であれば、無理せずに贈れますし、受け取るお母さん側としても、遠慮せずに受け取れるのではないでしょうか。

また、学生さんであれば、もう少し金額を落として、1000円~2000円を予算にしてもいいですね。小さなお子さんからであれば、お母さんの似顔絵やお手伝い券などをプレゼントすると、とても喜ばれますね。

お小遣いやバイト代を貯めて贈るプレゼントは、なによりも気持ちが込もっているので、喜ばないお母さんはまずいないでしょう。背伸びをして無理に高価なものを贈る必要はありませんよ。

 

母の日ギフトで気をつけること

実母と義母の両方に贈る方は、同じものを贈るのがいいでしょう。好みや欲しいものの都合で別々のものを贈る場合は、金額は同じぐらいになるよう、意識して用意するのがおすすめですよ。

意外なところで、贈ったものや金額が察知され、トラブルになる可能性があります。今後の長い付き合いを考えて配慮を忘れないようにしましょう。

小さなことが大きなトラブルを招くこともあるかもしれません。ちょっとしたマナーや礼儀をきちんと覚えておくといいですよ。

<関連記事>

入学祝い!のし袋の書き方を見本で紹介!お金の入れ方は?

入学祝いのお返しはどうする?相場や時期、人気商品をご紹介。

 

 もらって本当に嬉しいものは?

もらって本当に嬉しい母の日のプレゼントは何か。すばり、お花(カーネーション)です。

実の母に聞いても、義理の母に聞いても、母になった私自身も、欲しいものはやはりこれです。母の日は、お母さんに感謝を伝える日。カーネーションはお母さんになったご褒美のような気がするんですよね。

それに、誰もお花をもらって悪い気はしませんよね。「花なんていらない」という方もいますが、実際にあげてみると照れながらも喜んでくれる方がほとんどですよ。

お花ではなく、プレゼントを渡す方もいらっしゃると思いますが、一輪のカーネーションを添えてあげると、より母の日のプレゼントとしていいのではないでしょうか。

誰かに贈り物をするときは、やっぱり相手を想って感謝の気持ちを持って選びたいですよね。母の日だけでなく、お子さんが転校するときなどお友達にはこんなプレゼントの選び方もありますよ。

転校時のプレゼントはクラスみんなに?個別?オススメ紹介

 

最後に

母の日のプレゼントは、定番のフラワーギフトがどの年代のお母さんにも喜んで貰えるプレゼントだと、私は思います。フラワーギフトはその年によって流行などもありますので、ネットやお花屋さんに足を運んで事前にチェックしておくといいですね。

実のお母さんよりも少し気を使う、義理のお母さんへのプレゼントを選ぶポイントは、

  • 予算は3000円〜5000円程度で
  • できれば、実母と同じものを贈る
  • 実母と義理母でプレゼントの値段は必ず揃える

以上を意識して選ぶと間違いないでしょう。
また、プレゼントに一言メッセージを添えて贈るとより喜ばれますね。日頃の感謝の気持ちを是非この機会に伝えてみてくださいね。

スポンサーリンク

<関連記事>
子供を賢く成長させる方法!育て方に失敗したと思ったら
子供の食べ物の好き嫌いの原因!対策としつけ方を紹介!
男の子の子育ては大変?女の子と育児方法がまるで違う?
幼児の虫歯対策!子供に教える歯磨きの大切さ
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編