子どものハイキングの服装は「動きやすい服なら何でもいいや」って思っていませんか?

ハイキングといっても野原を歩くコースから、小高い山を登るコースまでいろいろあり、行く場所にあった最適な服装があるんです。自然と触れ合うことは楽しい反面、時に危険な事もあります。

なんでもいいと思わず、安全面、機能面から服装を選ぶことがとても大切なのです。

今回はHさんが、軽いハイキングからトレッキングのような軽登山の服装までをご紹介します。

ハイキングや旅行など遠くに行くときに、大きな車があるととても便利。こちらの記事もぜひチェックしてみてください。

ファミリーカーならセレナ,ボクシー,ノア!おすすめは?

スポンサーリンク

 

ハイキングとは?

ハイキングとはどういう事を言うのでしょうか。

ハイキングとは、実は意味合いではウォーキングとほとんど変わらないのです。健康のため、自然観察や景観を眺めるなどの目的で軽装で歩く事をハイキングと言います

ハイキングは野山を歩く事とイメージしがちですが、軽装でちょっと長い距離歩くなら、街中だってハイキングなんです。

ちなみに、お弁当を食べる事を目的にすると、ハイキングではなくピクニックになるそうです。ハイキングはあくまで歩くことを目的としているんですね。

また同じような言葉で、トレッキングという言葉があります。こちらは山道を歩く事を言い、軽登山をする時に使われる言葉です。

 

ハイキングの時の基本の服装

Tシャツ

街歩きや野原などの軽いハイキングでは、服装はそれほど重視しなくても良いと思います。しかし、森林や低山を登るハイキングコースなどでは、長袖のTシャツが良いですよ。

山や森では枝や岩などで傷を負うことがあります。かすり傷程度で済めばいいのですが、軽く当たっただけで、スパッと切れてしまう岩などもあるんです。

長袖では、子供は暑くて嫌がるかもしれませんが、もし暑ければまくって半袖にすることができますよね。また、日焼けや虫対策にも有効です。ケガ、日焼け、虫対策に長袖着用をおすすめします。

長めのハイキングコースでは素材選びにも気を配りましょう。

素材は吸汗速乾性の高い化繊繊維がおすすめです。吸汗速乾素材とは、読んで字のごとく、「汗を吸って、素早く乾かす」素材のことです。綿100%のTシャツでは汗は吸ってもすぐ乾かず、べたついたり、蒸れて暑くなってしまいます。

また、急に寒くなった時には汗が冷えての急速に体温が奪われます。

子供は汗をかきやすいうえ体温調節が苦手です。長めのハイキングコースの時は安いものでいいので、そろえてあげるといいと思います。うちも、1000円ぐらいの安いものを買いました。

綿のTシャツでは、「あついーー!」と言っていましたが、これに変えてから、快適そうです。

男の子

お手頃な値段なのが魅力的です。この値段だと洗い替えに何枚あってもよさそう。

カラーもかっこいいので、男の子も好きなデザインではないでしょうか。

吸水速乾素材なのはもちろん、スポーティーなデザインはトレーニングウェアとしても使えそうですね。

男の子らしいデザインで、普段使いにもいいですね。長袖だけでなく、半袖も一着あると便利です。

カラー展開も豊富で、吸汗ワッフル素材で着心地が良いのもポイント。

お子さんも快適な着心地に嬉しくなるでしょう。

女の子

吸汗速乾素材でこんな可愛いデザインのものがありました。軽いハイキングにはいいですね。

うちの娘にも欲しいなと思ってしまうほど可愛いです。

普段使いとしても使えそうですし、梅雨の時期や動くことが多い日にも重宝しそうです。

半袖ですが、スポーツブランドなのにお手頃価格なのと、ラベンダー色が可愛いくて女の子にピッタリです。

長袖と組み合わせて着るのもいいかもしれません。

メッシュ地なので、着心地が良く快適に着れそうです。

ズボン

ズボンもシャツと同じ理由から、長ズボンがおすすめです。ケガや虫さされから子供を守ってあげましょう。普段着ているズボンで問題ないですが、長時間歩く場合はジーンズは避けたほうが良いです

ジーンズだと足に張り付きやすく、意外と重いので歩きにくいです。ズボンはピタッとしたものよりも少しダボっとしているほうが歩きやすいと思います。

ストレッチが効いているものもおすすめです。

男の子

アウトドアの定番カーゴパンツ。このくらいのゆとりがあるパンツだと歩きやすそうですね。

うちの子だったら、横ポケットに沢山どんぐりを入れて持って帰りそうです(笑)

ストレッチ素材なので、足の動きを邪魔されずに快適に歩けるでしょう。

女の子

ストレッチが効いていて歩きやすそうなズボンです。後ろのポケットがアクセントになってて可愛いですね。

吸汗速乾加工されているのでハイキングにはもちろん、ジメジメした季節にも最適です。

 

女の子だとハーフパンツにレギンスもいいですね。長ズボンよりカバー力が弱いですが、おしゃれでかわいいです。

シンプルですがカラー展開が豊富。うちは女の子なので、ベビーピンクが欲しいです。

スウェット素材で、着心地抜群なのが嬉しいですね。

裏地にメッシュで通気性抜群です。汗をかいても快適な素材。

先程のハーフパンツに合わせれば、足のカバーをしてくれます。

帽子

ハイキングでは、熱中症や日焼けの予防になりますので必ず帽子をかぶりましょう。

帽子はつばが広いハットタイプのものや、首までカバーする布がついているものなど、首が焼けないものが良いでしょう。

普通のキャップでも、首にタオルをかけておくと日焼け防止になります。

子供の帽子は、かぶりやすく、頭にフィットするものにしましょう。また、風に吹かれても飛ばされないようにひも付きのものがおすすめです。

私は以前、○○渓谷とかいうハイキングコースを歩いていた時、帽子が飛ばされて川に落ちちゃったことがあります。川が崖の下だったこともあり、取りに行けなかったのですが、お気に入りの帽子だったため、結構ショックでした。

こちらの帽子は優れものです。撥水加工が施されているので急な雨が降っても濡れにくく、UVもカットしてくれます。
機能が充実してる上に、カラーも豊富。シンプルなデザインとお手頃価格なので、親子でお揃いで買うのもおすすめです。

運動靴

ハイキングは必ず歩きやすい靴で行きましょう。普通の運動靴で大丈夫です。街歩きの時に履くようなブーツや、サンダルは滑りやすく危険です。また、運動靴でも小さすぎる靴は靴擦れや爪の圧迫の原因に。大きすぎる靴は脱げやすく危険です。

きちんと足にフィットしたものを選びましょう

ハイキングで自然を堪能したら、自転車でサイクリングしながら景色を楽しむのもおすすめ。

お子さんの自転車で困ったら、こちらも参考にどうぞ。

子供の自転車サイズの選び方とおすすめヘルメットはこれだ!

子供を自転車に一発で乗せる練習方法を公開。友達もこれで乗れた!

 

トレッキング(山歩き)をするなら、この服装!

緩やかで、短時間しか歩かないようなハイキングなら、普段着でも構わないと思うんですが、山歩きの場合は少し注意が必要です。

山の天気は変わりやすいうえ、登山口と頂上では気温もだいぶ違います。低山だし、登山道しか歩かないから大丈夫と思っても、侮るなかれ。実際低山で遭難する人も意外といるんです。備えあれば憂いなし。必要最低限の備えはしておいたほうが良いでしょう。

山に登るときに持って行ったほうがいいもの

  • 地図
  • コンパス(方位磁石)
  • 懐中電灯
  • 雨具

どのくらいの山に登るかにもよりますが、上記の装備くらいは携帯しておいたほうが良いでしょう。

では、次は山編の服装をご紹介します。ハイキングの基本の服装に加えてもらうとオッケーです。

フリース・シャツなど

春先や、秋口では肌寒い時に羽織れるものが必要になってきます。特に山登りでは、登り始めは涼しいくらいの気温でも、山頂にいくと急激に寒くなったりします。フリースやシャツで調整しましょう。

上から羽織るものは、薄手のものが良いですよ。子供は体温が高く、暑がりなため、意外と薄着でもいいんです。かさばらず、携帯しやすいものを何枚か用意しておくと良いでしょう。
寒いときは重ね着して調整できますし、汗をかいたとき用の着替えとしても便利です。

フリースベストだと上に防寒着を着ても動きやすいし、かさばらないです。

フード付きだともたつくし、枝に引っかかったりするので、個人的にはフードなしが良いかなと思います。

一枚羽織るにはちょうどいいシャツ。おしゃれなデザインで、どこにでも着ていけそうです。

暑くなったら腰に巻いても重くないのでおすすめです。

暖かい色味と素材は、秋冬用の普段着としても使えそうですね。

レインウェア(雨具)

平地ではカンカン照りに晴れていたのに、山に登ったらどしゃぶりだったって経験がある方もいるはずです。

山は雨が降りやすいうえ、天気が変わりやすいんです。天気予報でも晴れだし、大丈夫だろうと思っても、急に雨が降り出すこともあります。

雨に打たれると、体温が急激に奪われます。もし寒い時期に遭難でもした場合には、それだけで凍死する可能性もあるんです。山に登るなら、雨具は必須です。

「雨具ってカッパじゃダメなの?」っと思われそうですが、1時間程度歩くコースなどでは、もちろんカッパでも構わないと思います。

子供連れでハイキングに行くなら、雨の降ってるときは避けるでしょうし、短時間の雨よけ程度と考えるなら、全然大丈夫でしょう。

しかし、カッパでは外からの雨の侵入は防げますが、ウェア内の汗は外に出にくく、中は汗でびしょびしょになってしまいます。

なので、私のおすすめは防水透湿性のレインウェアです。透湿性とは、体から出る汗を外に逃がす働きのことを言います。少し高いかもしれませんが、汗でべたべたになることを防いでくれます。

また、寒いときはレインウェア兼、防寒着としても着られて便利です。学校の通園通学など、普段着でもかなり使えそうです。

男の子

持ち運び用の収納袋もついて、コンパクトに持ち運べるのがうれしいですね。

裏がメッシュなのでベタベタせず快適に着られます。

三重防水構造で雨風からしっかり身を守ってくれるので、機能面でも安心。

 

女の子

ピンクが女の子らしくていいですね。青だと男の子でもいけます。

両腕に反射テープが付いているので、安全面にも配慮されています。

こちらも収納袋が付いており、軽量素材となっているので持ち運びも便利。

スポンサーリンク

 

本格的にウェアをそろえたい!

低山にも慣れてきたので、そろそろ少し高い山に登りたい。そんな時にそろえたほうがいいウェアをご紹介します。

トレッキングシューズ

本格的に山登りに挑戦するなら、まずはトレッキングシューズを手に入れましょう。山は足で登るもの。足元が重要です。

他に登山靴というものがありますが、登山靴は岩場を登ったり、傾斜もそれなりにある山を登るときに使用するため、子供と登ることを考えるとそこまで険しい山はないだろうと思い、トレッキングシューズを選びました。

かなり本格的な登山をと考えている方は登山靴でもいいと思います。登山靴とトレッキングシューズの違いは「硬さ・重さ」にあります。

靴が固いので、安定感がありケガをしにくいこと、岩場をつま先だけで登らないといけないようなところだと、靴が曲がらないので登りやすくなります。

また、重さがあるので、足を上げただけでまるで振り子のように前に進むことができ、疲れにくいと思います。しかし、なにぶん硬いため、子供は嫌がるかもしれません。

山道では細かな岩などがゴロゴロしている事があります。トレッキングシューズはウォーキングシューズと違い靴底がしっかりしているため、そんな足場でも疲れが少ないと思います。

また、ハイカットやミドルカットのように足首までカバーしているもののほうが、転倒したときに捻挫の確立が減りおすすめです。

山を登るときはきちんと足にフィットしたものを選びましょう。専門店で店員さんに相談しながら選んだほうが無難です。靴がフィットしていないと、靴の中で足が滑ってしまいます。

靴は靴下とセットと考えて、必ず試着し、店員さんに相談しながら選んだほうが良いです  

日本人の足に合うように設計されているので、疲れにくく履きやすい靴となっています。

 靴下

1時間程度の短時間のハイキングコースでは普通の靴と靴下でいいと思います。ですが、長時間歩くコースなんかでは、靴下は普通の靴下より厚くクッション性のあるものをはきましょう。

普通の靴下だと、長時間歩くとすぐ靴擦れができてしまいます。また、急な斜面だと靴の中で足が滑ってしまうこともあるため、靴にフィットする厚みのもの、滑り止め加工がされているものなどが良いでしょう。

クッション性のあるものを持っていない場合、靴とのフィット感を考えて靴下を二枚履きする方法や、中敷きで調整したりする方法もあります!靴とフィットするように工夫してみてください。

何度も言いますが、靴下は靴とセットで購入することを、本当におすすめします。

足は一番汗をかきやすい場所なので、Tシャツと同様、汗が乾きやすい素材で、なおかつ防臭効果もあるといいですね。

アウトドアのメーカー“モンベル”のソックスです。かかとが決まっていないため、19センチまで履くことができ長く使えます。

クッション性も優れていて、抗菌効果もあるのでハイキングにピッタリ。

ハイキングでは日焼けも心配。そんな時はこちらの記事も参考にしてみてください。

子供に日焼け止めは必要なの?どんな日焼け止めがおすすめ?

 

まとめ

ハイキングといっても、軽い街歩きから軽登山までいろいろです。これから行こうと思う場所がどのようなところなのかを良く理解し、服装を考えましょう。

特に山頂を目指すコースなどは、もしもの時に備えてしっかり準備して行きましょう。

安全面はもちろん、機能面も考えて、吸汗速乾素材や防水透湿性のある素材を選び、快適に過ごせるようにしてください

子供は最適な服装を選べません。親がしっかり管理し、子供と一緒のハイキングだからこそ、機能面にこだわった服装で安全快適なハイキングを楽しんでくださいね

スポンサーリンク

 

<関連記事>
子供を賢く成長させる方法!育て方に失敗したと思ったら
子供の食べ物の好き嫌いの原因!対策としつけ方を紹介!
男の子の子育ては大変?女の子と育児方法がまるで違う?
幼児の虫歯対策!子供に教える歯磨きの大切さ
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編