早い子だと3歳ごろから虫歯になるといわれてます。乳歯が虫歯になると永久歯も虫歯になる可能性大!ということはわかっているみたいです。

それに小さいうちに虫歯になると歯医者で怖い思いをするわが子がかわいそうだし親がしっかり管理できていないんだなと思われたりするし、でも実際、親がしっかりと管理してあげないと虫歯になります!

小さなこどもが自分の歯をきれいに磨くことはできないし、虫歯への理解も大人に比べて乏しいですよね。なんの教育もされていないのにチョコレートなどを目の前にして「虫歯になるから食べない」という自制心がうまく働くこどもはほぼいないと思います。

 

スポンサーリンク

虫歯ができやすい口腔環境って!???

虫歯菌が虫歯を作るのですが生まれたてのこどもの口の中にはいないんです。その虫歯菌は唾液にて感染します。つまり家族・友達など虫歯菌を持った人が使った箸やスプーンと使ったり食べさしを食べたり飲んだりしたら感染します。

その口腔内の虫歯菌の有無によっても虫歯のできやすさは変わってくるようです。

今乳児検診でカリオスタットという虫歯菌の有無と量を見てくれる検査をしてくれていて虫歯菌が+だった人は虫歯になりやすい口腔環境といえます。

<関連記事>

断乳と卒乳の進め方と時期!寝かしつけや脱虫歯のメリット

 

 

虫歯菌が虫歯を作りやすい状況をつくらないことが大事!

虫歯菌は食べ物が長時間口の中にある環境が大好きです。

口の中に長時間残る食べ物・おかしは虫歯ができやすいのです。

・ハイチュウ(歯について残る)
・飴
・チョコ(歯についてのこる)

チョコチョコジュースを飲んだり、時間を決めずダラダラたべるのもずっと口の中になにかある状況になるからよくありません。

逆に口の中に残りにくい食べ物

・ヨーグルト
・アイス
・ゼリー
ですね!

<関連記事>

幼児絵本ランキングで上位トップ5!ご飯がテーマの人気絵本

歯磨きは大事!ほかにもできる虫歯予防!!!!

毎食後歯磨きをするのが理想的ですが小さいこどもに忙しい朝歯磨きさせるのは大変だったりしますよね。

歯磨きはした方がいいのですが、もしできなかったとしたらせめてお茶を飲ませてあげてください。

口腔内に食物が残らないようにすることが大切です。あとは定期的に歯医者に行き、高濃度のフッ素を塗布して虫歯予防するといいと思います!

スポンサーリンク

<関連記事>
子供を賢く成長させる方法!育て方に失敗したと思ったら
子供の食べ物の好き嫌いの原因!対策としつけ方を紹介!
男の子の子育ては大変?女の子と育児方法がまるで違う?
幼児の虫歯対策!子供に教える歯磨きの大切さ
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編