今回の記事は、歯科助手経験のあるYさんの貴重な経験談と、子供が楽しく歯磨きできる方法をご紹介します。

 

子供に歯磨きをさせるのって、大変ですよね。

子供の機嫌がよいときと、悪いときではとても落差がありますし、口を開かない時などはどうしようもありませんね。私は長男が生まれるまでは歯科助手をしていたのですが、歯医者に来て口を開かない子が結構いました。

まー口を開かせることの大変なことと言ったら、なだめすかしてもダメ、ぬいぐるみ作戦、色々試してみました。子供の興味があることを話すと、意外と口をひらいてくれたりもしました(笑)

しかし歯磨きが早くから出来るようになれば、こんな良いことはありません。虫歯にもなりにくいし、歯周病にもなりにくいです。親ならば歯磨きが出来る癖を早めにつけてあげたいですね。

歯科者にいた時の子供の患者さんですが、5歳にして乳歯がすべて根っこだけの虫歯の子供がいました。今までとても痛かったでしょうと、可哀想に思いました。

この子はお母さんが看護師さんだったので、おばあちゃんが子守をしていたらしく、始終お菓子を与えられていたようです。もっと早くから歯磨きをきちんとしていたらこんな痛い目には合わないのにと、同情してしまいました。

では、どうして嫌がるのかを考えて解決すれば楽しく歯磨きをしてくれるようになるのではないでしょうか。今回は嫌がる原因を探し出し、楽しく歯磨きでが出来るように導いていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

初めに子供が歯磨きを嫌がる「理由」を考えてみましょう

 

無理に歯磨きをさせていませんか

お母さんが無理やり子供を押さえつけて、早く済ませようと力ずくで磨いたりすると、子供にとっては歯磨きをするときのお母さんが怖と先入観を感じてしまい、逆効果になってしまいます

歯磨きをするのは、お母さんとのコミュニケーションも取れて仲良くできる時間と感じさせてはいかがでしょうか。

確かに歯磨きは大切ですが、遊び感覚で楽しい時間と子供に思わせるようにしてみてください。きっと、歯磨きの時のお母さんが好きになりますよ。

書いてる私は自分が歯医者に勤めていたというプライドがあり、必死に歯ブラシでごしごししていたように感じます。逆でしたよね(笑)

長時間、口を開けたままで歯磨きをしていませんか

大人でもそうですが、長時間にわたり口を開けたままにしていると唾液が溜まってしまいます。唾液が溜まると苦しくなってきますし、苦しいのは子供も同じですよね。

時間を見計らい、何度か唾液を吐かせるようにしてみてはいかがでしょうか。それに長時間に渡り口を開けたままにしていますと、顎も疲れてしまいますよね。少しずつ休憩を入れて、顎が疲れないようにしてあげるのも一つの方法です。

歯医者のようなバキュームがご家庭にあれば越したことはありませんが(笑)

歯ブラシが気持ち悪い

考えてみてください、大人でも食べ物以外が口の中にあると気分が悪くないですか。子供も同じなのです。口の中に固い物が入っていること自体が子供にとっては歯ブラシが気持ちが悪いのです。

それに歯ブラシが歯茎にさわる感触もいい物ではありません。特に下顎より上顎の方が嫌なようです。確かに下側の方が磨きやすいですからね。このような場合は歯ブラシに慣れさせる為にガンガンと噛ませてしまいましょう

私もガンガン噛ませてました。但し、よくあるケースは歯ブラシを持ったまま走って喉を突いてしまう子がいます。十分に気を付けてあげてくださいね。

歯ブラシは噛んでも大丈夫と、思わせるのです。徐々に歯ブラシに慣れていきますので、慣れてから磨くように促しましょう。

選ぶ時は、小さめな赤ちゃん用の歯ブラシなどを選んでください

お母さんに甘えたい

歯磨きを嫌がれば、お母さんが自分をかまってくれるだろうとスキンシップを求めているケースもあります。その場合、ある程度は対応すべきと思いますが、あえて知らん顔をすることも方法の一つです。

逆に、「歯磨きをすればお母さんにかまってもらえる」という具合にもっていけば自分から歯磨きをするようになります。

う~ん、まるで子犬のようですね、家の犬もかまってもらいたい病で、やたらとスキンシップを求めてきます。無視するのがとても大変です。無視すると咬みますから(笑)

 

お子さんへのしつけは歯磨きだけじゃなく食事やトイレと色々。どうしていいか分からない、なにか良い方法はないかな?と、お困りでしたらこちらの記事もご参考にどうぞ。

子供の食べ物の好き嫌いの原因!対策としつけ方を紹介!

トイレトレーニングの方法!いつから!?私が成功したやり方

 

何歳ぐらいから歯磨きを始めたらいい?

 

歯磨きは赤ちゃんのうちから慣れさせるのがベストでしょう。

正確な時期はありませんが、歯が生え始める6か月から1歳ぐらいを目途にしてみてはどうでしょうか。歯が生え始めるころは、歯茎がくすぐったくて、歯ブラシにも慣れやすいかもしれませんね。

このころは正直なところ、唾液によりお口の中は清潔保っていますが、早い時期から歯ブラシになれる習慣をつけるためでもあるのです。

今ではおしゃぶりのような歯ブラシもありますが、逆に何でも口にしてしまう時からおしゃぶり用の歯ブラシを加えさせるのも手です。歯ブラシに対しての恐怖心を脱ぎ払うことから始めてみましょう

お母さんが赤ちゃんの口遊びをして楽しい物と感じさせる事もできますよね。お顔を触って口の周りやほっぺを触ったり、引っ張ってみたりと、遊びから入っていくのはいかがでしょうか。お口を触ることに慣れさせていくのです。

特に愛情をもって触れてあげてください。きっと子供は歯磨きではなく、お母さんが遊んでくれていると感じることでしょう。ついでにガーゼなどでお口の中を拭いてあげてみてはどうでしょうか。

 

赤ちゃんの歯がはえてきたらお手入れはどうしたらよいのか?おしゃぶりをしていたら歯並びが悪くなると聞くけど本当なのか?そんな疑問はこちらの記事で解決しちゃいましょう。

赤ちゃんの歯はいつ?おしゃぶりはいつからいつまでがベスト?

 

歯ブラシ選びも重要なポイントのひとつ!

歯ブラシは成長に合わせて変えていくのはもちろんのことですが、色々あって迷ってしまいますね。私からのおススメを何点かご紹介したいとおもいます。

おしゃぶり感覚の歯ブラシ

月齢の小さい子供は特にそうですが、手で持つ部分が大きめで持ちやすく、短いので違和感を感じないと思いますし、自分でお口の中をコロコロ転がす感じで初めてみてはいかがでしょうか。

やわらかい歯ブラシ

毛足は短めで毛が密集している方が良いと思います。子供の口は小さいので長いと苦痛を感じますし、お口の中を傷つけてしまう場合もあります。口の中が傷ついたらもっと歯磨きが嫌になってしまいますからね。それに固いと歯茎に当たった時に痛がりますから、初めはやわらかめからスタートしましょう。そして、「優し~く、優し~く」を心がけて磨いてください。上手に出来たら褒めてあげましょう。

子供の好きなキャラクターの絵がついたも

歯磨きが嫌いな子でも好きなキャラクターの絵が描いてあると、安心感やキャラクターが応援してくれている気分にもなると思います。

息子の時は「アンパンマン」でしたが、今は何が主流のキャラクターなのかが、ちょっとおばさんにはわかりませんが、「アンパンマン」と一緒に磨こうね。などと言って励ましていたと思います。

参考動画です。

上記のような歯ブラシを参考に試みてはどうでしょうか。但し、子供の成長により変更してください。いつまでもおしゃぶり用では可哀想ですからね(笑) 

スポンサーリンク

 

子供用歯磨き粉はどんな物がベスト?

私が歯医者にいた当時は、先生が「子供の場合は歯磨き粉など無しでいいです。」と言っていました。なので私は息子たちに殆ど歯磨き粉は使用していませんでした。

しかし、時代も変わり子供用の歯磨き粉がたくさん出ていますので、歯磨き粉の味により嫌がらなくなる子もいるそうです。イチゴ味やメロン味は昔からありましたが、ソーダ味やコーラ味なども出てきているようです。

いろんな味を用意してその時の子供の気分で変えさせてみてはどうでしょうか。

口をすすぐのが苦手な子供もいますし、口の中がアワアワになってしまうと気持ちが悪いですよね。泡立ちの少ないジェルタイプの物を選ばれる事をお勧めしますジェルタイプの良い点は歯磨きの時に口の中がよく見えて、磨き残しを防ぐことができます。

コーラ味の歯磨き粉ってどんな味なのでしょうかね。小さい子供も今はコーラを飲む時代なんですね。いやーびっくりです(笑)

私は息子たちに虫歯の原因になりやすからと、ジュース類は一切与えて無かったので「お茶又は水、牛乳」の3種類しか用意していませんでした。なので息子達はコーラや炭酸水が苦手です(笑)

おすすめジェルの参考動画です。

 

実を言うと私は頑張らない方法でした

初めにもお話ししましたが、私が歯科助手だったので長男は結構気合が入っておりました。早くから歯ブラシをかじらせていましたね。しかし、年子で2人になると忙しくて1人ばかりにかまっていられなくなり、歯磨きもおろそかになってしまったのです。

そこで、自宅では遊び半分で歯磨きをさせて、定期的に以前の職場(歯医者)へ連れていきました。検診フッ素塗布です。それが効いたのか2人とも虫歯がありませんでした。

乳歯もぐらついたら早めに抜き、長男の場合は矯正もせずきれいな歯並びをしています。次男は顎が小さかった為、半年ほどの矯正をしました。今でも2人とも歯医者へは積極的に行き、スケーリング(お口の掃除)を行っているようです。

30歳の長男は若干噛み合わせの部分が黒ずむ程度の虫歯が1,2本はあるそうです。29歳の次男は未だに虫歯になった経験がありません。

但し、よだれの多い子供でした。これは私の力ではなく、主人も義母も虫歯が出来たことがないのです。ただの家系でした(笑)

出来ない時は無理せず歯医者を頼るのも一つの方法かと私は思います。

 

まとめ

  1. 子供が歯磨きを嫌がる原因を探り、その原因を取り省いてから歯磨きの練習に入りましょう。
  2. 歯磨きを始める時期の目安は6か月位から1歳ぐらいまでの間がベストと思います。遅くなりすぎると虫歯の原因にも。
  3. 歯ブラシは成長に合わせて変えますが、最初は毛の短く柔らかい物を選んであげてください。
  4. 歯磨き粉は無しでも良いのですが、いろんな味を試して子供に興味を持たせましょう。その場合はジェルタイプの歯磨き粉をお勧めします。
  5. 私の試した方法は、自宅での歯磨きが疎かになっているなと思ったら、専門家に頼るという事です。

今は歯周病が特に要注意と言われます。大人になって歳をとると認知症の原因にもなります。子供のうちからしっかりと磨ける癖をつけてあげることが一番重要ではないでしょうか。

そして歯磨きを楽しくできたら必ず褒めてあげてください。なんでも最後は褒める事が成長と長続きのコツではないでしょうか。人間はもちろん今は犬でも猫でも歯磨きをする時代ですからね。

最後に家の犬が歯磨きをしている風景をお見せしたいとおもいます。犬でも褒めに褒めまくり、歯磨きさせてます。歯ブラシを持ってかじってますよ(笑)

スポンサーリンク

 

<関連記事>
子供を賢く成長させる方法!育て方に失敗したと思ったら
子供の食べ物の好き嫌いの原因!対策としつけ方を紹介!
男の子の子育ては大変?女の子と育児方法がまるで違う?
幼児の虫歯対策!子供に教える歯磨きの大切さ
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編