大人になっても可愛いお雛様1 金屏風を背景に

3月3日に初節句を迎える女の子。初節句のひな祭りをどのように過ごすかお決まりでしょうか。雛人形の前で写真を撮る家庭も多いのではないかと思います。

お子さんが初節句で準備をしなきゃという時にふと「そういえば、衣装はどうしよう?買ったほうがいいのかな?」と思った方も多いのでは。

今回はEさんが、初節句とは?そして娘さんは、どのような服装がベストなのかをご紹介します。

スポンサーリンク

 

女の子の初節句とは

  • お子様が生まれて初めて迎える節句のこと
  • 3月3日のひなまつりのことです。
  • 3月の最初の巳の日なので、「上巳(じょうみ/じょうし)の節句」と言います。
  • 平安時代の宮廷貴族の上巳の祓いの流しびな、ひな遊び、等が起源と言われています。
  • 3月3日の節句が女性だけのお祭りになったのは、戦国の世が終り平和になった江戸時代のこと。
  • 桃の花が咲く時期なので「桃の節句」とも呼ばれています。
  • 江戸時代になると武家や町人の間でもひな人形を飾ってひな祭りをすることが広まり、江戸中期には女の子の誕生を祝って初節句にひなを飾るようになり、毎年行われるようになったそうです。

起源って面白いですよね。女の子と桃を合わせたり、結構なんでもありな感じですね笑。でも、こう言った日本の昔からの文化は大切にしていきたいですね。伝統ある雛人形は日本の誇りだと思います。

(引用サイト:「人形の久月」https://www.kyugetsu.com/dolls-histry-and-tradition/dolls-histry-and-tradition_03_03

「初節句」では

  • 一般にひな人形を飾ります。
  • 祖父母などを招いて子供の成長をお披露目して日頃の感謝を伝え、一緒にお祝いの料理を食べます。
  • 一部の地域では神社で祝詞をあげてもらう事もあるようです。

(引用サイト:「ベビーフォトスタジオ プルメリア」https://www.baby-photo.jp/useful/celebrate/three-months.html

しかし、生後まもなくで初節句を迎えるという場合は、次の年に行っても良いようです。産後すぐの母親は大変で、体調も整わないうちから24時間赤ちゃんの世話、家事育児で疲れも溜まっています。

そこに、お宮参りや初節句が重なると休む暇がなくなってしまう。

必ず「生後初めての節句に」という決まりはないので、赤ちゃんや母親の様子を見ながら、無理のないように各家庭の考えで大丈夫です。

 

初節句を迎えるお子さんに、どんな雛人形を用意してあげようか悩んでいる方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

雛人形はコンパクトで可愛いものが人気?木目込みやおしゃれなお雛様

 

女の子の初節句の衣装

雛人形にちなみ、赤ちゃん用の簡単な和装を用意する家庭もあるようですが、お宮参りやお食い初めなどで着た衣装を着せても一向に構いません。

(引用サイト:「ベビーフォトスタジオ プルメリア」https://www.baby-photo.jp/useful/celebrate/three-months.html

服装も「こうしなきゃいけない」というきまりはないようです。しかし、一生に一度の初節句。きれいにかわいくおめかしして、雛人形の前で写真を撮ってあげたいと考えるご家庭が多いのではないでしょうか。

購入?レンタル?

衣装は、購入とレンタルの2つ方法があります。「購入すれば自分の物になる」けど、「一回しか着ないかも知れないと思うとレンタルでもいいかな」とも思いますよね。購入、レンタルのそれぞれのメリット、デメリットをまとめてみました。

購入の場合

メリット

  • 新品を着られる
  • 汚れを気にし過ぎて神経質にならなくて良い
  • 兄弟や親戚などと一緒に使える
  • 自分の気に入った柄が選びやすい

デメリット

  • すぐサイズアウトで着れなくなる
  • 豪華な衣装を着せようと思うと、値段が高い
  • 管理、収納場所の確保

レンタルの場合

メリット

  • 1度の着用でタンスの肥やしにということがない
  • 同じ金額でも、豪華な物を着せてあげられる
  • 管理、収納場所に困らない

デメリット

  • 人が袖を通したもの
  • 汚れを気を付けないといけない
  • 直近の他の行事に着たい時にまた探さないといけない
  • ひな祭りにレンタルしたい方が多いので、早めに探さないと気に入った衣装がなかなか見つからない。

気に入った衣装のレンタルは「もう予約されていて借りられない」ことが多いようです。ひな祭りは3月3日。この日に借りたい人が多数なので、早めに予約しないと厳しいなと感じました。

その点、購入の場合は急がなくても気に入った衣装が買えそうです。「親戚に同じくらいの子がいるか」「またすぐに使えそうな行事があるか」「新品がいいか」など各家庭の環境、考えにより違ってくると思います。

そこで、初節句でのおすすめ衣装を購入、レンタル、共にご紹介します。

 

<関連記事>

子どもは三輪車にいつから乗れる?幼児でも乗れる三輪車特集

スポンサーリンク

 

女の子のおすすめ衣装

購入

こちらの商品は、1着で0歳~約3歳まで着られるそうです。子供の服の悩みのひとつとして、「すぐにサイズアウトして着れなくなってしまう」ことがあると思います。

ですが、こちらなら安心です。デビュー数は少ないですが、1度ならず、お正月や夏祭りなど2度3度着る機会を作れそうですし、柄と帯色を選ぶ楽しみもありますね。

お店が選んでくれる「髪飾り」も付いているようでおすすめです。

こちらの商品は、羽織袴風のロンパースになります。珍しいタイプですよね。小さいこの時期でしか着せることの出来ないロンパース。1枚で頭からすっぽりと着せやすそう。

「パジャマの様にやわらかい生地」というレビューもあり、お肌に良さそうだと思いましたし、おむつ替えも楽々です。とってもかわいくなりそう。

別料金で「靴下」「髪飾り」売っていて、一緒に購入できおすすめです。

こちらの商品も袴風ロンパースです。「安っぽい」「普段着にも使える感じで高級感はない」とのレビューがありますが、「小さな子供にはかえってこの方が良かった」との意見もあります。

ロンパースなので型崩れの心配なし。後は「パジャマ代わりにしている」とのレビューもあり、1度で終わらず長く使えそうで良いですね。

こちらも、別料金で「靴下」「髪飾り」売っていて、一緒に購入できおすすめです。

こちらの商品は、被布着です。レビュー数は少ないですが、その中でも「とってもかわいい」と満足しているレビューが多いです。こちらは「オルゴール付き写真立て」が付いていますが、単品(下のほうの関連サイトにある)でも購入できます。撮った写真を写真立てに入れ、素敵に飾れますね。お値段もお手頃でおすすめです。

レンタル

こちらの衣装は、お手頃に本格的な被布着物が着せられます。着物、巻スカート、被布コートが分かれていますし、巻スカートはマジックテープなので着付けが簡単。

洗わないで返却出来るのがラクですし、着付けしやすいことは大切ですよね。赤色が映えてとっても素敵になりそうです。

こちらの衣装は、水色に花柄です。赤、ピンク色が多い中、水色は珍しく目を惹くのではないでしょうか。こちらも巻スカートはマジックテープで着付けが簡単。被布着がピンク色で、桃の節句感出てとってもかわいくなりそう。

こちらの商品は、十二単風のお着物になります。一体型なのでまだ小さなお子様にも着せ易い構造で、レビュー数は少ないですが「満足」の声がたくさんです。

雛人形の女雛そっくりの衣装で、写真撮影も楽しめそう。

 

おすすめ髪飾り

こちらは、可愛らしいリボンの付いたヘアピンです。布で包んだクリップで楽に付けることができ、頭皮を傷つける心配もありません。

「髪の毛が少ないとすぐにズレてきてしまう」とのレビューがあり、「写真撮影の時だけさっとつける」という方が多かったです。大きくなっても使えそうなのがいいですね。

お色も3色から選べます。

こちらは、大きなリボンのヘアバンドタイプの飾りです。「3カ月の子には大きい」とのレビューがあったので、もう少し大きな子にはピッタリで良いと思います。

「髪が少なくてピンじゃ止めれないのでこちらで良かった」とのレビューもありました。大きいリボンでかわいいですね。

お色は3色から選べます。

かわいい衣装、髪飾りがたくさんあり、私も迷ってしまいました。でも「これもかわいい、どっちにしよう」と考える時間も楽しいものです。でも、この楽しい悩みも今のうちかも知れませんよ。

うちの6歳の娘は、もう服は自分で選びます。悲しいかな、私の選ぶ服では着てくれなくて。成長したんだな思う反面寂しい。皆さん、今のうちに娘さんの服選び楽しみましょう!

 

<関連記事>

節分の豆まき、お面と衣装はどうする?簡単な手作り方法はこれ!

子供用エプロンの作り方!初心者でも100均グッズで簡単手作り

 

まとめ

sakura|sak0111-121

女の子の初節句とは

お子様が生まれて初めて迎える節句(ひな祭り)のこと。

「初節句」では

一般にひな人形を飾り、祖父母などを招いて子供の成長をお披露目する。

女の子の初節句の衣装

きちんとしたきまりはないが、赤ちゃん用の簡単な和装を用意する家庭もあるようです。

女の子の衣装

購入

  • 新品
  • 汚れを気にしなくていい
  • 比較的お手頃な価格から売っている商品が多い
  • 焦らなくても、豊富な商品の中から選べるのが魅力
  • 子供はすぐ大きくなるので、サイズアウトが早い

レンタル

  • 人が袖を通したもの
  • 汚れを気をつけないといけない
  • 収納場所に困らない
  • 購入と同じ価格で豪華な衣装を着せることが出来る
  • 早めに予約しないと、気に入った衣装が予約済みということがある

など、レンタルと購入それぞれメリット、デメリットがある。

女の子の服ってどれもかわいくて迷ってしまいますよね。そういう私は、娘の初節句に和装はしなかったので、「こんなにかわいいなら着せてあげれば良かった」と後悔しています。

皆さんのお子さんに素敵な衣装が見つかりますように。

スポンサーリンク

 

<関連記事>
子供を賢く成長させる方法!育て方に失敗したと思ったら
子供の食べ物の好き嫌いの原因!対策としつけ方を紹介!
男の子の子育ては大変?女の子と育児方法がまるで違う?
幼児の虫歯対策!子供に教える歯磨きの大切さ
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編