凍て付くような寒さの冬が去って春も近付き、お子様が保育園に入園する時期も近付いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

保育園への入園が決まったら次に待っているのは入園式。

そんな時、「どんな髪型で行けば良いの?」「今の私の髪型ってお洒落じゃない?」「このアクセサリーって入園式に不向きなんじゃ」と、思っているママさんもいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなお悩みに苦しむ方に、この記事を覗いて参考にしていただければ万事解決です。

今回はUさんが、保育園の入園式にピッタリなママの髪型についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

はじめに

まず、服をどうするかで悩まれるママさんも沢山いらっしゃると思います。色も重要で、葬式のように黒の大人しい姿では華やかさが台無しです。

だからと言って派手で華々しい見た目と服装では、誰のための入園式か分からなくなってしまいます。

日本の入園式は春の行事。明るい暖色系のスーツで決めるのが良いでしょう。スカート丈は膝ぐらいを目安に。

またブラックやグレー系しか無いからと慌てる事はありません。ダーク系の何が問題かと言うと葬儀を連想させる色、という点です。

確かに華やかな入園式の場に「お通夜か!」と突っ込まれそうな服装は良くありませんよね。

しかし、逆に言えばそう思わせない恰好をすれば問題ありません。

例えば髪の毛をアップにしてアクセサリーをつける、パステル調のパンプスを履く等、小物や髪型で印象は変わります。

急いでスーツを新調しなくとも、持っている服装にアレンジをしてオシャレに行きましょう。

黒などのダークカラーでも、デザインやワンポイントで使っている色によってイメージは変わります。

このような、シンプルな色でも華やかさがある服装はオススメです。

春なのでパステルカラーの服もオススメですが、シンプルなものは季節や場を問わないので一着あると便利ですね。

 

服装に迷われたら、ママにオススメのコーデが載っているこちらの記事も参考にしてみてください。

保育園の入園式はどんな服装?30代の母親の入園式コーデ

保育園の入園式の服装は?40代の母親のためのコーディネート

 

ママにおすすめの髪型

それでは髪型を紹介していきます。

スーツは店員さんに訊けば分かりますが、髪型は美容院の方に訊いても、最終的にはご自分に似合う物を自力で探さねばなりません。そのための参考に少しでもなれば幸いです。

女性の髪は1ヶ月で1cm伸びると言われており、今は短くても理想の長さにまで伸ばす事は比較的短いスパンで可能となります。

こちらを参照に入園式だけで無く、ママ友の会等でもオシャレに決めてしまいましょう。

ロングヘアの場合

ロングヘアのママさんは、変に髪型を弄らず下ろすタイプがオススメ。ストレートにするのは野暮ったいという方にはウェーブをかけるのが無難。

毛先がふわふわのヘアスタイルはエレガントで女性らしくみえます。

纏めたい場合は三つ編みを作り、シニヨン風にしてみるのはどうでしょう。

ポニーテールもオススメ。顎から耳の延長線上に結び、毛先を緩く巻く事でクールな印象を与える事が可能。三つ編みを作り、ハーフアップやシニヨンにしても良いでしょう。

ロングヘアはそのままにするのも良いですが、ハーフアップや低めに括る等にする事で“出来る女”をアピールする事が出来ます。

パンツスーツと組み合わせる事で、上品で知的な女性として同世代のママ達に魅力的な印象付けされるでしょう。

引用URL:https://beauty.rakuten.co.jp/

また、ひとつに纏める際に、ちょっとした飾りが付いたヘアゴムやリボンは華やかな印象にしてくれます。

パールは女性らしく見せてくれるアイテムです。

このヘアゴムのように、シンプルだけど華やかにみせてくれるヘアアクセは入園式にピッタリですし、色んなシーンで使えます。

ミディアム又はボブの場合

長くも短くも無い貴女、大丈夫です。髪は女の命、命に無駄はなし。ならばどんな髪型でもオシャレは出来るものです。

ポニーテールや三つ編みは難しくとも、結ばぬオシャレは可能と言うもの。緩いウェーブを施し、ルーズでは無い程度に着崩す事で柔らかい印象を与える事が可能です。

またパパッと纏めたい人には夜会巻きがオススメ。1つに纏めてコームを刺すと、簡単に出来ますよ。ただし慣れてないと野暮ったいお団子にしかならないので、事前に満足の行くような形になるよう練習しておきましょう。

ミディアムはその性質上柔らかい雰囲気の髪型になりやすく、編み込んで落ち着いた印象、全体的にカールさせてルーズながらも大人の女のようなイメージを与えやすくなります。

引用URL:https://beauty.hotpepper.jp/

あまり派手なものではなく、ちょっとしたパールやラインストーンのものはフォーマルな服装と相性が良いです。

夜会巻きも慣れると簡単ですが、当日いきなりはバタバタして上手くいかないかもしれませんので、前もって練習をしておきましょう。

ショートの場合

短くても大丈夫。むしろ、ショートヘアは大人な印象を与えます。

基本的にロングと同じようにカールを作り、一晩待つだけ。あっと言う間にオシャレな髪型の出来上がりです。

フワッと柔らかい髪型に仕立て上げれば、柔らかい印象になります。ヘアアイロンでふわふわ感を作ってあげるのもいいですね。

ワックスやスプレーを使って斜めに分け、クールな大人ヘアにするのも良いでしょう。

前髪を軽く編み込んでバレッタで留めると、印象がさらに変わります。簡単に出来るので、ちょっとしたアレンジとしてオススメです。

画像URL:https://beauty.rakuten.co.jp/

スポンサーリンク

 

アクセサリーはどんなものがいい?

派手なのやケバケバした物、大きい物はNGです。目立ちにくい、チャームポイント程度に抑えるのが良いでしょう。

また、あまり多くのアクセサリーを着用しても派手な見た目になってしまうため、着用するのは1つか2つにしましょう。

  • バレッタ:日常でも使用できる、使い回しの効く一品。リボンやホワイトパール等のワンポイントが付いていればよりお洒落です。
  • シュシュ:こちらも日常生活で使用できる一品。カジュアルな物はスーツと不釣り合いですが、生地と色によってはこちらも一考の余地があります。
  • ネックレス:入園式の場なら、1連が無難な一品です。入学式は冠婚葬祭では無いため、特に何かが制限されてはいません。派手な物や色の暗い物(ただし黒いスーツの時は除く)より、明るいパール等が良いでしょう。
  • コサージュ:他のアクセサリーと併用できる一品。スーツに合わせた色にしましょう。左鎖骨の辺りに付ける事で相手の視界に入りやすくなる、という効果が期待出来たり。

パールのネックレスはいろんな場面で使えますし、これから卒園式、入学式と、お子さんの行事に大変重宝します。

持っていない方は、1つだけでも持っておくとよいでしょう。

 

メイクはどんな感じがいい?

こうしたアイテムの他に、お化粧も大切です。品の有る華やかなメイクで式に参列しましょう。

勿論、当日はお子様が主役。以下の点を抑え、派手な場違い感を出すメイクにならないよう注意しましょう。

  • アイメイク:やり過ぎると腫れぼったく見えてしまうため、上品さを求めるならやり過ぎは禁物。スーツと同じく明るい色や淡い色にしましょう。マスカラをするだけでも十分印象が変わりますよ。
  • リップ:口紅と違って無色か、有色でも色はチークと同じ物にしておくと、より華やかに見えるでしょう。もし発色の良い物を塗る場合、全体的に薄く伸ばすと良い感じの血色を持っているように見えるでしょう。
  • 化粧崩れ:いくら綺麗に着飾ってもそのメイクがグチャグチャになってしまっては元も子もありません。また、厚く塗るとその分だけ化粧がヨレたり崩れやすくなったりします。下地やファンデーションはなるべく薄く使用し、汗や脂はティッシュや脂取り紙で吸う。これで充分なのです。

ナチュラルメイクには、ブラウン系の肌なじみの良いアイシャドウを使いますが、せっかくなので春らしいパステルカラーのアイシャドウにしてみるのもおすすめ。

日本人の肌にはグリーンやライム系のアイシャドウが良く合いますので、春先の新芽のようなグリーンは入園式にもピッタリ。

口元はオレンジ寄りの色やピンク系にすると若々しく見えますし、アイシャドウとのバランスも良いでしょう。

どうしても自分でのメイクに自信がなく不安でしたら、プロにやって貰うと崩れにくくて綺麗に仕上がりますよ。

 

入園に伴い、もしお祝いを頂いた時にどうすればいいのか困った時は、こちらの記事も参考にしてみてください。

入学祝いのお返しはどうする?相場や時期、人気商品をご紹介。

 

最後に

入園式の髪型をいくつかご紹介させて頂きました。

ご自分の髪の長さに合った髪型でオシャレにきめて、お子さんとの入園式を楽しんでください。

オシャレに着飾ったママを見て、お子さんはきっと「ママ、綺麗だね。」と、言ってくれるはずです。

もちろん、メインはお子さんなので、着飾りすぎにはご注意を。

当日はきっとバタバタしてしまうと思いますので、髪型をアレンジする際は、前もって練習をしておくとよいでしょう。

お子さんとママの晴れ舞台、頑張って、そして楽しんでくださいね。

[完全保存版]入園式・入学式に役立つ情報まとめ

スポンサーリンク

<関連記事>
子供を賢く成長させる方法!育て方に失敗したと思ったら
子供の食べ物の好き嫌いの原因!対策としつけ方を紹介!
男の子の子育ては大変?女の子と育児方法がまるで違う?
幼児の虫歯対策!子供に教える歯磨きの大切さ
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編