保育園に入園する場合、入園式の当日は子どもにどんな格好をさせればいいのでしょうか?

初めて育児をされている方は疑問に思いますよね。

今回はSさんが、保育園の入園式に向けての事前準備や入園式にぴったりな服装・髪型についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

保育園の入園式は正装が基本?

せっかくのお子さんの晴れ舞台。場違いな格好で恥をかきたくないなと思う方もいらっしゃるでしょう。

大人はスーツやキレイ目のワンピースなどで参加するイメージがありますが、子どもには一体どんな格好をさせればいいのでしょうか。

子ども用 服装のマナー

入園式はこれを着なければいけない。といった決まりはありませんが、保育園によっては服装に指定がある場合があります。前もって確認しておきましょう。

特に指定がない場合は、派手すぎず、動きやすい格好を選ぶのが無難です。

NGな格好

パーティドレスのような派手な格好や、ジーンズなどのカジュアル過ぎる格好だと悪目立ちする可能性大です。

また、子どもは普段と違う格好や動きにくい服装だと不機嫌になる場合があります。

せっかくの入園式なのに、子どもが終始仏頂面では悲しいですので、気合いを入れ過ぎず、子どもらしい服装で入園式に参加するのが1番ですよ。

また、施設によっては入園式のあとに慣らし保育がある場合があります。その場合、かしこまった格好でいくと場違い感が出てしまったり、せっかくの洋服を汚してしまう可能性があります。

入園式の後のことも考え、当日の服装を選ぶことも大切ですよ。

 

入園式をやらない保育園もある

実は、施設によっては入園式をやらない場合があります。特に0〜1歳児で入園する場合は、事前の入学説明会のみであったり、入園初日に歓迎会をやる程度で済ませる保育園が多いようです。

また、途中入園の場合は、入園時にやらず、次の年の入園式に参加するよう言われることもあるようです。

保育園が決まったら入園式の確認を

保育園に預けることが決まったら、まずはじめに入園式があるかどうか保育園に確認しておくことがいいでしょう。

自分の職場復帰の準備や保育園の持ち物準備など、その時期は何かとバタバタしがちですので、入園式に向けた準備はなるべく早めにはじめられるといいですね。

 

入園式に向けて準備するもの

入学式に向けて準備が必要なものをご紹介します。

持ち物

入園式に持っていくものは、保育園によって様々ですが、筆記用具・スリッパ・母子手帳などが一般的です

入園式のあとすぐ保育がスタートする場合は、着替なども必要な場合があります。特に月齢が小さい場合は、持ち物が多くなりますので、忘れ物がないよう事前にきちんと準備をしておきましょう。

洋服・靴

1番大切なのが、当日の服装ですよね。入園式当日は、派手すぎず、動きやすい服装を準備しましょう

イメージは、ちょっとおしゃれなお出かけ着のような格好。悪目立ちせず、1番いいですよ。

シンプルな色合いを選ぶのが◎

「せっかくだから普段着ではなく、ちゃんとした格好をさせたい‼︎」というママは、派手なデザインであっても色合いがシンプルなものを選ぶといいでしょう。

紺や白を基調としたデザインは目立ち過ぎず、かえって上品な印象になるのでおすすめですよ。

女の子に人気 定番のワンピース

ふんわりと広がるギャザー入りのフレアスカートが特徴のワンピースです。丈が少し短めですが、落ち着いたネイビーカラーと純白の丸襟が知的な印象を与えてくれますよね。

私は女の子が産まれたら絶対このワンピースを着せたいと思ってます。色々な服を調べた中で、こちらはダントツで可愛いです。

モデルの女の子が可愛いっていうのあると思いますが(笑)。

それを差し引いても女の子らしいデザインで入園式など華やかな場所にぴったりだと思います。

丈が気になる方は、中にペチコートや長めのチュチュ等を着ると、ちょっとはみ出した裾がさらにワンピースを可愛くしてくれそうです。

上品な印象にしたい方におすすめ

商品名にもあるように、きちんと感抜群のワンピースです。1枚でさらりと着るのはもちろん可愛いですし、ブラウスやカーディガンをプラスしたり、つけ襟をしてもよりフォーマルな印象になります。

ボレロを上に着ても合いそうですね。お値段もお手頃なのが魅力的。

コーディネート次第で雰囲気をがらりと変えることができるので、お出かけ着としてもおすすめですよ。

普段使いしたい方におすすめ

衿周りにレースをあしらった清楚系ワンピース。ウエストに締め付けのないゆったりとしたつくりで、子どもが動きやすいよう工夫されています。かっちりし過ぎず、どんな場でも馴染みやすい1着。

特別な日だけでなく、普段着としても着れちゃいます。胸のワッペンは取りはずせるので、シーンに合わせて使用できるのも嬉しいポイントです。

1着あると重宝するボレロ

もこもこ生地でずっと触っていたくなりそうなファーボレロです。普段着のワンピースでもこのボレロを組み合わせれば一気に華やかに。

カラーは全9種類と豊富なので、どんな服装でも合わせやすいボレロです。春先でもまだ寒い日が多いので、念のためにも持っておくと安心ですよね。

入園式だけでなく、結婚式や習い事の発表会等でも活躍しそうです。

周りと差をつけられるおしゃれ靴

室内で行う場合は履き替えてしまうので気にしない方もいますが、服装に合った靴も選んであげるといいでしょう。

街中でも足元がおしゃれな子って服装もおしゃれな子が多いですよね。足元にはセンスがあらわれます。それは子どもも一緒。

手を抜かずに素敵な1足を選んであげましょう。

 

入園式にぴったりなママの服装や小物は、こちらの記事を参考にしてみてください。

保育園の入園式はどんな服装?30代の母親の入園式コーデ

保育園の入園式の服装は?40代の母親のためのコーディネート

スポンサーリンク

髪型

髪をアップにして髪飾りをつけてあげたり、ちょっとしたワンポイントでアレンジをしてあげると一気に華やかな印象になり、入園式にはぴったりです。

服装と合わせて髪型にもこだわってあげるとより思い出になりますよ。不器用ママでも簡単に出来るアレンジ法があるので、ぜひ挑戦してみて下さい。

自宅で簡単にできるヘアアレンジ

お花のアレンジは、春の入園式にぴったりですね。

簡単に出来そうなので、入園式前に普段から練習してみるのもいいかもしれません。

エレガントながら華やかにみせてくれるお花ヘアは、特別感があってお子さんの可愛さをより引き立ててくれるでしょう。

こちらは、三つ編みだけで簡単にお嬢様スタイルの出来上がり。

大きなリボンをワンポイントにつければ、清楚でキュートな印象を与えてくれるでしょう。

リボン等はあまり派手な色より、白や紺色等のシンプルなものがフォーマルスタイルにはぴったりだと思います。

ヘアアクセサリーも大切

ワンポイントにヘアアクセサリーを付けてあげると可愛さ倍増です。ヘアピンやバレッタ、シュシュなど様々なアイテムがありますのでお好みのものを選んであげましょう。

園によっては、ヘアアクセサリーを禁止しているところもあるので、事前に確認をしておきましょう。

髪が短い子にはカチューシャがおすすめ

髪質が柔らかくて縛るのが難しい子や、ショートヘアの子におすすめなのが、カチューシャ。カチューシャはどんな髪型でも使える万能アイテムです。

入園式だけでなく、普段使いもできるので、1つ持っておいて損はないと思います。

ヘアアクセは我が子を見つけるベストアイテム

ヘアアクセサリーを付けているとそれが目印になるので、離れていても我が子を発見しやすくなります。これ、すっごく便利です。

子どもがヘアアクセサリーを嫌がる場合は、ピンクや赤など目立つ色の髪ゴムで結ぶのが効果的です。入園式だけでなく運動会、発表会などでも子どもを見つけやすくなるのでおすすめです。

 

男の子の服装や髪型は、こちらの記事が参考になりますのでチェックしてみてください。

幼稚園の入園式での男の子の服装や髪型はどんなものがいい?

 

最後に

保育園の入園式は、大きな会場で華やかにやるところから家庭的な雰囲気で歓迎会程度に済ませるところまで、その園によってやり方は様々です。

自分の子どもが通う保育園がどんなタイプか事前に確認しておくと準備をしやすくなりますよ。園に直接問い合わせるか、入学説明会などで確認することができます。

保育園の入園式準備に大事なこと

  1. まずはじめに入園式があるかを確認する
  2. 当日の服装や持ち物に指定があるか確認
  3. お子さんに着せたい洋服や靴を選ぶ(なければ購入)
  4. 服装に合った髪型を選ぶ
  5. サイズ確認や着慣らすために、入園式前に一度同じ格好をさせてみる

入園式当日は、どうしてもバタバタしがちになってしまいます。

出来れば入園式前に当日着る洋服や靴、髪型などは、一度試してみるといいでしょう。心の余裕が変わってきますよ。

入園式当日は、ぜひたくさん写真を撮って思い出に残してあげて下さいね。

[完全保存版]入園式・入学式に役立つ情報まとめ

スポンサーリンク

 

<関連記事>
子供を賢く成長させる方法!育て方に失敗したと思ったら
子供の食べ物の好き嫌いの原因!対策としつけ方を紹介!
男の子の子育ては大変?女の子と育児方法がまるで違う?
幼児の虫歯対策!子供に教える歯磨きの大切さ
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編