これから保育園に子どもを預けたいと考えているママは、入園の審査のための点数があると聞くことがありますよね。

「うちの点数は何点なのかな?」「待機児童は経験したくない」と思う家庭は多いと思います。

しかも今の時代は、結婚しても家庭に入らず、共働きの夫婦が多くなりました。

そして安心して仕事に専念できるように、子どもを保育園に預けたいと考える家庭も同じく多くなっています。

<関連記事>

保育園と幼稚園って何が違うの?保育費用もまとめて徹底比較!

しかし、子どもを預けたい家庭が増える、でも保育園の数は、そういう家庭と同じペースで増えない、というのが現実です。

すると保育園では定員オーバーになるため、入園希望の子どもがいる家庭の状況を、各自治体が担当して審査をし、より保育が必要な子どもを、選考しなくてはならなくなります。

そこで、ここでは家庭の状況を審査するための点数に関する情報や、点数をアップさせる方法はあるのか、その他、申込み書や必要な確認書類などについて、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

<関連記事>

幼稚園の願書もらうために深夜に並ぶ?封筒願書はいつ提出するの?

 

認可保育園に入園する条件は?

現在、認可保育園を利用するためには、2015年から施行された、「子ども・子育て支援新制度」による「支給認定」を受けることが必要になりました。

この支給認定は、子どもの年齢や保育の必要性に応じて、自治体が利用の認定を行うものです。

認定には「認定区分」「保育が必要な理由」「保育の必要量」の項目があり、子ども1人につき1枚「子どものための教育・保育給付支給認定証」が交付されます。

そして、利用する施設によって認定の区分が異なります。

認可保育園を利用する場合は、設定区分が3つあるうちの、2号認定と3号認定の、どちらかを受けなければなりません。

  • 2号認定~満3歳以上で保護者の就労や疾病などにより、家庭での保育が困難な子ども
  • 3号認定~満3歳未満で保護者の就労や疾病などにより、家庭での保育が困難な子ども

この2号認定と3号認定の子どもの保育の必要量は、保護者の状況や保育を必要とする理由によって、保育標準時間と保育短時間に分けられます。

  • 保育標準時間~フルタイム勤務を想定した最長11時間、子どもを預けることができる
  • 保育短時間~パートタイム勤務を想定した最長8時間、子どもを預けることができる

支給認定の申請は、保育園の申込みの手続きと一緒に、自治体の役所の窓口で行います。子どもの保育が必要であることを証明する書類を提出することになります。

事前に提出する書類を確認し、わからないことがあれば役所に問い合わせましょう。

<関連記事>

幼稚園と保育園お迎え時間延長を考えるならどっちがベスト?

主な認可外保育園(無認可保育園)について

もし認可外保育園に入園させる場合は、この支給認定は必要ありません。認可外保育園は、特に入園に対する条件はなく、定員に空きがあれば保護者の就労に関係なく入園できます

そして、週に1回とかから自由に預けることが可能です。自由がきくぶん、認可保育園より利用料は高くなります。

ですが、認可外保育園でも、待機児童の多い都市部では空きがなく、順番待ちになる園も多い傾向にあります。

自治体の認可外保育園について

また認可外保育園では、横浜市の横浜保育室や、東京都の認証保育園など、それぞれの自治体の基準を満たして、自治体から助成を受ける保育園もあります。

それらの保育園は自治体によって入園できる条件は異なります。申し込む場合は自治体の入園の条件を確認してください

<関連記事>

幼稚園や保育園と英語プレスクールの費用の違いを簡単に解説

 

認可保育園に入園するための点数(指数)ってなに?計算方法は?

まず何故、保育園の入園に点数が必要なのかというと、保育園の定員をオーバーした応募数になっているからです。

そうなると自治体が、どの家庭の子どもを優先的に保育園に入園させるかを、審査しなくてはならなくなります。

そこで、保育の必要性を家庭別に点数化した、利用調整の基準となる保育の利用指数(利用基準指数と調整基準指数)が必要になってくるのです。

この利用基準指数(基準指数、基本点数ともいう)と、調整基準指数(調整指数)の合計を確定し、指数(保育の必要性)の高い家庭から入園を内定するシステムになっているんです。

それぞれの指数表があるのですが、パッと見は項目が多く、内容を見ても難しい文章で書かれていたり、簡単でわかりやすい文章のところもあったりなど、自治体によって表の文章の書き方が異なっています。

基準指数の場合だと、MAXの点数も、同じ東京都内の自治体でも20点であったり、50点であったり。そして大阪は100点だったりと、だいたいのMAXの点数は20~100点と自治体によって異なります。

また、基準指数と調整指数の合計点が同じ家庭が複数あれば、優先順位の表も使い入園の内定が決まります。簡単に計算式にしてみると、こうなります。

父の基準指数+母の基準指数+調整指数(マイナスの場合もあり)=家庭の持ち点

さらに、同一の家庭の持ち点が複数になる場合は、優先順位の高いほうから優先的に入園の内定が決まります

それぞれの指数について、現在、全国で一番待機児童が多いと言われる、東京都世田谷区の指数表の一部を抜粋しながら、説明していきますね。

基準指数について

基準指数とは、子どもの家庭の状況を知るために、数値化したものです。自治体によっては「選考指数」「利用調整基準」「保育指数」など呼び方は色々あります。

基準指数表のチェックの仕方

  1. まず始めに、大きく分けられたカテゴリーの中から、自分がどのカテゴリーに入るのかを選びます。
  2. 1で選んだカテゴリーの中で、自分の状況に合った項目の点数を確認します。
  3. 1と2を繰り返し、父・母ともに、それぞれの点数を確認します。
  4. 父の点数と母の点数を足した数字が、基準指数になります。

一般的にMAXの点数は、父・母それぞれ20~100点と様々ですが、ここでは例として、東京都世田谷区の指数表を一部抜粋してみました。世田谷区では、父・母それぞれのMAXの点数は50点です。

(世田谷区)保育の基準(基準指数、又は基本点数)

居宅外労働

[外勤・居宅外自営]

  • 週5日以上勤務し、かつ、週40時間以上の就労を常態 (50点)
  • 週4日以上勤務し、かつ、週30時間以上の就労を常態 (35点)
  • 月48時間以上の就労を常態 (15点)

(全部で8項目あり、就労時間が少なくなるほど5点ずつ減点されていく。上記は最高、中間、最低の点数の項目を抜粋)

居宅内労働

[居宅内自営]

  • 週5日以上勤務し、かつ、週40時間以上の就労を常態 (50点)
  • 週4日以上勤務し、かつ、週30時間以上の就労を常態 (35点)
  • 月48時間以上の就労を常態 (15点)

(外勤・居宅外自営に同じく抜粋)

[内職]

(2項目あり、各点数は20点と15点)

労働の面では、父と母が長い時間働いている家庭ほど点数は高くなります。世田谷区の場合は、外勤務も自宅内勤務も同じ点数になっていますが、一般的には自宅内勤務のほうが、外勤務より点数が少ないことが多いです

出産・疾病・障害

[出産]

  • 出産前後の休養のため保育にあたることができない場合 (15点)

[疾病]

  • 入院1ヵ月以上 (50点)
  • 居宅内療養

常時病臥 (50点)

精神性

精神障害者手帳保持 (50点)

上記以外 (30点)

一般療養

安静を要する程度 (30点)

通院加療 (20点)

[障害]

身体障害者1・2級、聴覚障害者3級以上、精神障害者手帳保持 (50点)

上記以下 省略 (30点)と(20点)

父、母が病気や障害を持っている場合です。

介護

[施設等付添]

  • 週5日以上、かつ、週30時間以上の付添い (50点)
  • 週4日以上、かつ、週24時間以上の付添い (40点)
  • 週3日以上、かつ、週12時間以上の付添い (25点)

(全部で6項目あり、付添い時間が少なくなるほど、5点ずつ減点されていく。上記は最高、中間、最低の点数の項目を抜粋)

[介護]

重度障害者等の全介護 (50点)

上記以外 省略 (40点)と(20点)

介護は、三親等内の親族が対象となるため、祖父母の介護も含まれます。

災害

家庭が災害にあった場合です。(50点)

求職

[就労内定、開業予定]

  • 週5日以上勤務し、かつ、週37時間以上の就労を常態 (30点)
  • 月48時間以上の就労を常態 (10点)

(全部で5項目あり、就労時間が減るほど、5点ずつ減点されていく。上記は最高、最低の点数の項目を抜粋)

[求職]

  • 求職のため、外出を常態 (10点)

内定は、一般的には外勤務が点数が高く、自宅内勤務だと外勤務より点数が低いのですが、世田谷区は内定も、外勤務と自宅内勤務の点数の差はありません。

その他

[就学等]

  • 学校に通っている場合は、居宅外労働と同じ項目を見て点数を出します。

[不存在等]

  • 死亡、離婚、行方不明、拘禁、離婚を前提とした別居等 (50点)

シングルマザー、シングルファーザーは、自分の点数に50点加点されます。

調整指数について

調整指数とは、基準指数では表しきれない家庭の事情を点数化したものです。

(世田谷区)保育の調整基準

  1. 生活保護世帯 (+10点)
  2. ひとり親世帯(同居親族がいない) (+20点)
  3. 父母のどちらかが単身赴任である世帯 (+3点)
  4. 育休取得により、利用調整の対象となる保育施設・事業を一時退園し、育休明けに再入園の場合 (+20点)
  5. 保護者が申込児を自宅で保育している場合(産休・育休中は除く) (-6点)
  6. 申込児が障害を有するために、通所施設に通所、または病院に通院し、保護者の就労が制限されている場合 (+10点)
  7. 同居の祖父母(65歳未満)その他親族等が申込児の補完的な保育を行うことができる状態にある場合 (-6点)
  8. 認定こども園 在園児で、認定区分が1号から2号に切り替わり、引き続き同じ認定こども園のみの利用を希望する場合 (+20点)
  9. 就労の証明・申告内容に対して、勤務実績または収入実績に整合性がない場合 (-10点)
  10. 兄弟姉妹が在園児または卒園児であって、当該児童に係る保育料または延長保育料のいずれかが保育の利用申込締切日現在、正当な理由なく、3ヵ月以上滞納されている場合 (-20点)

(1~30まで項目あり。そのうち10項目を抜粋)

上記の調整基準では、全30項目のうち、減点となる項目は7項目あり、加点となる項目は23項目ありました。

そして、減点の最高点は-20点で加点最高点は+20点でした。

内容については、自治体によって異なる場合もありますが、抜粋して記載した項目は点数は違っても、一般的な自治体でも記載されていそうなものを選んでみたので参考にしてみてくださいね。

<関連記事>

幼稚園の入園年齢は?年少からの役立つ年齢早見表も掲載!

優先順位について

優先順位とは、同一の家庭の持ち点が複数になった時に、入園できる家庭を決定するための順位づけをする指標となるものです。自治体によっては公開していないこともあります。

(世田谷区) 同一指数世帯の優先順位

  • 第一段階~年齢上限がある区内の保育所等(利用調整の対象となる保育施設・事業に限る)の最終年齢クラスを卒園し、引き続き区内の保育所等の利用を申込む場合(卒園後の受け入れ先が確保されている場合を除く)の世帯
  • 第二段階~保育の利用基準指数の高い世帯
  • 第三段階~階層低位順(同一階層の場合は、所得割課税額低位順。必要な税資料の提出がない場合、最高階層として選考する)
  • 第四段階~申込児を有償で預けている期間の長い世帯(転園申込の場合は適用しない)
  • 第五段階~世田谷区に住民登録し、引き続き居住している期間が長い世帯(保護者のどちらか長い期間を適用)
  • 第六段階~類型間の優先順位(①~⑨の順) ①不存在等 ②疾病・障害 ③居宅外労働 ④介護 ⑤居宅内労働 ⑥出産 ⑦就労内定・開業予定 ⑧求職 ⑨就学等

この表を見ると、先程の2つの表、基準指数と調整指数の計算の結果も含まれてきているのが分かりますね。

第一段階では、卒園児が入園できる保育園がない場合。

第二段階では、あえて調整指数を含めず基準指数のみを見て、その指数が高い世帯。

第三段階では、低所得家庭。

第四段階では、子どもを利用料金を支払って預けている場合。

第五段階では、世田谷区に長く住んでいる家庭。

第六段階では、基準指数の内容別の優先順位ですね。

ここまで分かったところで次に進みましょう。

スポンサーリンク

 

点数をアップさせる方法ってあるの?

これまで、基準指数、調整指数、優先順位を見てきました。点数をアップさせる方法は、決して簡単とは言えません。

もしかしたら他の家庭も、同じことを考えているかもしれないからです。でも何もしないよりは、何かをしたほうがいいと私は思うんです。

せめて他の家庭と同一指数になるまで、点数を上げたいですよね。自治体によって加点、減点の違いは出てきますが、できる範囲での点数をアップさせる方法を紹介します。

認可外保育園やベビーシッターを利用する

世田谷区の例を見ても「利用調整の対象となる保育施設」に通園させていたら、調整指数は加点され、また優先順位には「有償で預けている期間の長い世帯」が当てはまります。

そして、もし家庭で保育している場合は、認可外保育園に預けて仕事復帰すると、勤務時間も長くとれて基準指数が上がります。

これらは世田谷区に限らず、一般的な自治体でも可能な点数アップ方法です。

ただし、認可外保育園は認可保育園よりも利用料金が高額なため、家庭状況によっては難しい場合があることも多いかもしれません。

もし認可外保育園を利用する場合は、利用料金や認可外保育園として認められている保育施設かどうか、などの情報を収集し、検討してみてください。

認可外保育園と認められていない保育園もあるので、この点は特に注意してください。ベビーシッターの場合も、認可外保育園と同様ですので、事前に調べておくのは大切です。

<関連記事>

幼稚園の面接で子供の服装は何着ればいい?男の子の定番はスーツ?

妊娠中に勤務時間を減らさない

あくまで、妊娠中の母親の健康状態が良い場合のみです。もし、体に無理をかけず働ける職場であれば、出産前後の休み以外は働いていたほうが、基準指数は高く保てます。

保育園の希望欄には、できるだけ多くの保育園を書く

例えば、保育園の希望欄が第5希望まである場合、すべての希望欄に保育園を書いたほうが良いです。なぜなら、ひとつに絞ってしまうと、入園できる確率は狭まります。

そのため、保育園を事前に情報収集し、送り迎えが可能な距離にあるかどうか、などの確認をしておくといいですよ。

例えば、入園内定してから、送り迎えが困難だからと断ってしまうと、次回の選考の時に減点になることもあるので、送り迎えが可能で、内定しても断らなくて良い保育園選びが重要です。

希望の保育園には、点数が何点くらい必要なのか、自治体に問い合わせる

点数アップに直接には関連しませんが、希望する保育園の過去の点数を問い合わせてみてください。そして、その点数と自分の点数を比べてみるんです。

もし過去の点数が、あまりにも高かったりすると、入園は難しくなるので、その過去の点数を参考にして、希望欄に書く保育園を探してみましょう。

ただし、過去の点数はあくまでも過去のものなので、参考にする程度にとどめておいたほうが良いですよ。

申込み書の実際の書き方を役所に問い合わせる

この方法も効果的な方法のひとつです。問い合わせる時には、保育の必要性を訴えると効果的な書き方を教えてくれることがあると思います。

それに、もしかすると見逃している点数もあるかもしれないので、役所に確認しながら書くと、間違いのない正しい申込み書を提出できます。

それでも念のため、全て書き終わった後は、必ず何度も見て確認してくださいね。

 

入園希望の申込みに必要な確認資料

ここでは世田谷区を例にして記載しますが、一般的な自治体と、それほど違いはないと思います

。この資料については、各自治体のホームページや、入園申込みの利用案内書に記載されていると思いますので、確認してください。

もし不安がある場合は、役所に問い合わせると間違いなく、書類を揃えられます。

そして、申込み期限までに間に合わなそうな場合は、それ以外の書類を提出に期限までに行き、担当課に事情を説明すれば対応してもらえる場合もあります。

(世田谷区) 要件確認資料(父母ともに必要)

  • 会社等に勤務している方~勤務証明書
  • 会社等に勤務が内定している方~勤務予定証明書
  • 自営の方、親族の店舗等で働いている方(保護者または保護者の三親等内の親族が事業を営んでいる場合)~就労状況申告書
  • 自営の方、親族の店舗等で働く予定の方(同上)~就労予定申告書
  • 出産される方~母子健康手帳の写し
  • 病気等の方~診断書、又は医師等の意見書(様式の指定はありません。保育できない状況の記入のあるもの)
  • 障害のある方~身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、愛の手帳のいずれかのコピー
  • 学校に通っている方、または予定の方~就学状況申告書、及び在学証明書・時間割など
  • 親族を介護している方~介護状況報告書、及び介護に関する添付書類など
  • 求職中の方~提出書類はありません
  • 申込児を認可外保育施設等に預けている方~受託証明書。こちらは要件確認資料ではありません

その他、申込みに必要な書類

  • 支給認定申請書(2号、3号認定用)
  • 保育所等入園(転園)申込み書

稀に、点数をアップさせるために、嘘の資料を提出する方がいるそうですが、絶対にやめましょう

例えば、実際には働いていないのに、親戚や友人の会社で働いていることにしてもらう、通信教育を始めたと申告し、実際にはすぐにやめるつもりだった、などです。

嘘が発覚して退園となった場合は、再度入園できる可能性はほとんどありません。当然のことですが、必ず本当の家庭の状況の申告をするようにしましょう。

<関連記事>

ママ友の作り方!カーストは無視。ママ友付き合いは慎重に

 

まとめ

  • 認可保育園に申込む時は、2号、3号の支給認定を受ける必要がある
  • 認可保育園に入園するためには、父と母の基準指数(基本点数)と、調整指数を足した家庭の持ち点を出す計算をして、知ることが必要。
  • もし、同じ点数の家庭が複数ある場合は、優先順位も必要になるため、内容を知っておく
  • 点数をアップさせる方法は、認可外保育園やベビーシッターを利用する。
  • 妊娠中でも健康状態が良ければ、勤務時間を減らさない。
  • 保育園の希望欄には、できるだけ多くの保育園を書く。
  • 希望の保育園には、点数が何点くらい必要なのか、自治体に問い合わせる。
  • 申し込み書の実際の書き方を自治体に問い合わせながら書く。
  • 入園申し込みに必要な書類や、確認資料は正確に書き、期日までに提出する

入園に必要な点数の見方や、計算方法、優先順位など紹介してきましたが、深刻に悩む程には難しくないことが分かるかと思います。

そして、正確に計算するためには、分からない項目があればメモしておいて、まとめて問い合わせると簡単に済んでしまいます。

4月に入園希望の場合は、前年の夏の終わり頃から、様々な情報が出始めるので、自治体のホームページなど確認してくださいね。早めに行動を起こしていくのが鍵となります。

そして、自治体で申込み案内書や願書を配布し始めたら、早めにもらいに行って、案内書は隅々までしっかり見ておきましょう。早めにもらいに行くことで、必要な書類も早めに準備することができるので安心ですよ。

認可保育園は、国が定めた基準をクリアし、都道府県知事に認可された保育園ですので、安心して子どもを預けることができますよね。

ここを見て頂いた皆さんが、認可保育園に入園できるよう、少しでも参考にして頂けたら嬉しいです。

スポンサーリンク

 

<関連記事>
子供を賢く成長させる方法!育て方に失敗したと思ったら
子供の食べ物の好き嫌いの原因!対策としつけ方を紹介!
男の子の子育ては大変?女の子と育児方法がまるで違う?
幼児の虫歯対策!子供に教える歯磨きの大切さ
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編