生きていると怒ることってたくさんあります。
育児中も例外ではないですよね。

「なんで!なんで?」と子こどもに怒ってしまう事ありませんか?
逆に子どもから、「嫌だ――!」と怒りをぶつけられることもありますよね。

怒りって嫌な感情だと思いませんか?

確かに怒りはストレスの元になる感情の一つですが、
“怒り”が湧くことで自分の身を守ろうとするきっかけになります。
“怒り”は自分にとって大切な感情の一つです。

大人でも怒りをコントロールすることは簡単ではありません。
子どもに「怒りをコントロールしろ!」というのも無茶な話です。

今回は、怒りをテーマに、読み聞かせできる絵本をご紹介します。

スポンサーリンク

 

「ごめんなさい」 中川 ひろたか

ごめんなさい (ポプラ社の絵本)

中古価格
¥1,600から

テーマの怒りからいきなり外れています。

でも人を怒らせてしまったときは、
必殺「ごめんなさい」を知っているかどうかで
その後の展開が変わってきます。

人を怒らせてしまうことは必ずあります。

相手を怒らせた時に“謝る”ことができると、
人とのコミュニケーションが楽になります。

でも子どもは不思議におもっているかもしれません。

なんで謝らないといけないの?
自分が悪くなくても謝らないといけないの?
どうやって謝ったらいいの?

など、子どもの疑問に答えることで
怒られたときの子供の選択肢を増やすことができます。

長新太さんのカラフルな絵と、
ユニークなシチュエーションを通して
いろいろな“ごめんなさい”を学ぶことができます。

子どもを叱ることは時には必要ですが、怒りることは子どもにとって逆効果です。

子供に怒ることは意味がない!今すぐやめたいデメリット3つ

 

「だめだめママだめ!」 天野 慶

だめだめママだめ! (ほるぷ創作絵本)

中古価格
¥447から

タイトルからは想像できないちょっと変わった内容です。
絵本の中では、いつもは怒りんぼうのママがまるで子どもみたいになっちゃいます。
それを見た子どもが、まるでママのようになって・・・。

普段は怒られることが多い子どもが読むと、
怒るママや周囲の人の立場を経験できる絵本です。

子どもにとっては、楽しい経験をできるかもしれませんし、
ママには、普段やりたいことを絵本の中でできるかもしれません。

アハハと笑える楽しい絵本です。

 

 

「ママがおこるとかなしいの」 せがわ ふみこ

ママがおこるとかなしいの

中古価格
¥352から

親行をテーマに書かれた絵本で、
読んで涙が出たと感想を話す親御さんも少なくありません。

とてもやさしい絵柄で見ていると優しい気持ちになります。

子どもには、人から怒られて悲しい気持ちになったとき、
どうやって伝えればいいか、伝えたくても伝えられないことがあるはずです。

この絵本を読むことで、子ども自身の感情を表現していいんだということを
知るきっかけになるかもしれません。

子供の性格の長所短所を知る。短所は叱らず長所は褒める。

 

スポンサーリンク

「おこだでませんように」 くすのき しげのり

おこだでませんように

中古価格
¥856から

“おこだでませんように”ってなんでしょうか?
ちょっと不思議なタイトルに惹かれますね。

子どもは、いいことをしようとしているのに、
周りの大人に勘違いされて
怒られてしまう事ってよくあります。
そんな子どもの気持ちに寄り添う絵本です

ともすれば、怒られた子供は
大人の言うことは正しいんだろうと思って
自分を責める子供もいるかもしれません。

でも、大人でも勘違いしちゃうんですよね。

子どもと大人のすれ違いを
元気でカラフルな絵で表現された絵本です。

 

 

「おこる」 中川ひろたか

おこる

中古価格
¥777から

中川ひろたかさん作の「おこる」です。
主人公のぼくは、毎日おこられています。

なんでおこられるんだろう、なんでおこるんだろう。
そんなことをカラフルな絵と、読みやすい文章で考えています。

読み聞かせをすると、
子どもが大笑いしたり、最後で心がざわざわしたり、
“おこる”ことをとことん考えることができます。
大人の心にも響く一冊です。

子供に怒ることは意味がない!今すぐやめたいデメリット3つ

 

まとめ

絵本を読み聞かせることで、自分や周りの人の感情を客観的に知ることができる!

大人でも怒っているときは自分を客観的に把握することは難しく、
子どもならなおさら、人からどう見られているかなんてわかりません。

そもそも“怒り”そのものは悪い感情ではありません。

ただ、
「なんで怒っているのか」
「どうやって怒りを表現すればいいのか」
「どうやって怒りをやわらげればいいのか」
など“怒り”との付き合い方が分からないだけだったりします。

怒りが人に向かうと言葉や暴力で相手を傷つけるし
怒りが自分に向かうと鬱になるなど自分を傷つけることになります。

子どもに言葉で“怒り”を説明するのも限界がありますよね。

そこで、
「怒りとどうやって付き合うと楽しく生活できるか?」を
絵本の楽しい絵や、面白いシチュエーションを通して
子どもの時から少しずつ伝えてみてはいかがでしょうか?

“怒り”との付き合い方を子どもは自然に身につけることができるはずです。

絵本のまとめ!幼児におすすめの読み聞かせ絵本特集100選

<関連記事>

スポンサーリンク

赤ちゃんの寝かしつけには絵本がおすすめ。医者も納得の理由とは?
 
子供に絵本を読み聞かせる時のコツは?絵本は子育てのマストアイテム
絵本で面白いストーリーが楽しめる人気絵本ランキング5選
絵本で大人も感動?おすすめ人気絵本の読み聞かせランキング5選
幼児に絵本でおすすめ人気ランキング5選!動物がテーマの絵本!
人気絵本の読み聞かせランキング5選!男の子が好きな昆虫
絵本の人気名作を紹介!楽しい気持ちになる絵本ランキング5選
3歳のプレゼントにおすすめの絵本5選!テーマは乗り物
絵本の誕生日プレゼントで喜ばれるランキングトップ5!テーマは花
幼児絵本ランキングで上位トップ5!ご飯がテーマの人気絵本
プレゼント用の絵本で人気!愛がテーマの名作絵本5選
絵本の名作ベストセラーは!?怒りがテーマの絵本とは!?
読み聞かせの絵本でおすすめランキング5選!野菜嫌いがテーマ
絵本のプレゼントで必ず喜ばれる5選!思いやりを育てる絵本
子供の絵本で人気のランキング5選!絵本で物の大切さを学ぶ
幼稚園の絵本でよく読まれている運動好きにもおすすめの5選。
小学生の絵本おすすめ5選!ケンカする子に読んでほしい
幼児の絵本でおすすめ人気ランキング5選。4歳にも最適。
子供の絵本でおすすめの人気読み聞かせランキング5選!幼児向け
 
赤ちゃんの英語の歌おすすめYouTube動画スペシャル8選
赤ちゃんに英語教育するなら絵本が一番最適な理由6つ
赤ちゃんの英語学習に最適なおすすめ無料動画スペシャル6選