毎年、冬になるとインフルエンザが流行しますが、今年は特に全国的に大流行ですね。

実は私、子供を持つ親なのですが、子供が小さい頃にインフルエンザになり、苦労した記憶があります。

子供は高熱が出て辛そうで、本当にかわいそうでした。朝から晩まで看病をし、しかも、他の家族に移らないように配慮もしなければいけなくて大変でした。

子供がインフルエンザにかかってしまうと、子供本人もこちら側としても、物凄く参ってしまいますよね。

でも、毎年必ず流行するインフルエンザ。流行時期は、いつかかってしまってもおかしくありません。

そこで、子供がインフルエンザかもしれないと思った場合や感染した時の対処法、インフルエンザにかからないようにする予防法をEさんがご紹介します。

スポンサーリンク

 

インフルエンザについて

種類

インフルエンザウイルスは、大きく分けてA型、B型、C型の3つに分けられます。

A型インフルエンザ

A型インフルエンザウイルスは、他と比べて症状が重いのが特徴です。皆さんが「インフルエンザ」と聞いて想像するような、強烈な症状が出やすい型だと言えます。

通常は、一度インフルエンザにかかると、そのウイルスに対する免疫が作られます。

しかし、A型ウイルスは、時々姿を大きく変えるためにワクチンが効かなくなります。そのため、数年に一度大流行となるのです。

B型インフルエンザ

B型インフルエンザは、少し前までは数年単位で定期的に流行していましたが、最近では毎年見られます。

A型に比べてB型は、比較的熱が高くなりにくく、関節痛などの症状も出にくいことが特徴です。そのため、ただの風邪かと思って受診したらインフルエンザだった、という人が多くいます。

また、下痢や嘔吐などの症状がひどくなりやすいということもあり、胃腸炎と勘違いしてしまう人もいるようです。

C型インフルエンザ

C型インフルエンザウイルスは、いったん免疫が付くと、一生その免疫が持続すると考えられています。

そのため、ほとんどの大人が免疫を持っているため感染しにくく、あまり流行することはありません。主に4歳以下の子供がかかります。

しかし、感染してもかなり軽症で済むことが多く、症状は鼻水くらいで、他の症状は現れないことが多いです。

かかってしまっても、普通の風邪だと思って終わってしまうことが多いかもしれません。

症状

インフルエンザに感染すると、約1~3日の潜伏期間があり、その後に発症します。

まず、突然の38℃以上の高熱が出て、体がだるい、食欲がない、などの「全身症状」が強く現れます。

それから少し遅れて、せき、のどの痛み、鼻水などの「呼吸器症状」が現れるのが特徴です。人によって、腰痛や吐き気などが出てくることもあります。

特徴

インフルエンザの症状と風邪の症状は似ている、と思うかもしれませんが、いくつか違いがあります。

まずは、かかる時期です。風邪は一年中で見られますが、インフルエンザは冬限定です。その年によって違いますが、だいたい11月〜12月に流行し始めます。

それから、症状にも違いがあります。インフルエンザは症状が急に悪くなりますが、風邪は徐々に悪化していきます。

普通の風邪で熱が出る時は、だいたい何かしらの症状が先にあって、「何かおかしいな…」と思って熱を測ってみたら発熱していた、ということがありませんか。

インフルエンザの場合、急に38℃以上の高熱が出て、かなりの体のだるさなどを感じます

冬に高熱が出たら、まずインフルエンザを疑ってみていいと思います。

こんな場合にもお子さんが高熱で苦しそうにする症状があります。どう対応したらいいのか困ってしまわないよう参考にしてください。

子供がマイコプラズマ肺炎になった時の熱や咳の症状と対策

 

診断方法

検査のやり方

病院を受診してインフルエンザを疑われたら、検査をしてインフルエンザかどうかを調べます。

検査方法は、細い綿棒のようなものを使い、のどや鼻の奥をこすって、組織や分泌物を採取します。その中に、インフルエンザの菌が入っているかどうかを調べて判定します。

結果は、5〜15分ほどで分かるので時間はかかりません。年々検査の精度も上がっていて、今はほぼ確実に診断できます。

ですがこの検査、経験したことがある方は多いと思いますが、結構痛いですよね。子供の場合、大泣きしてしまったり、頭を動かしてしまったり、すごく検査を嫌がります。

ですが、鼻の奥に棒状のものを入れるので、頭を動かしてしまうのは危険です。検査は一瞬で終わるので、お子さんには少し我慢してもらわなくてはなりません。

検査時に、看護師さんにお子さんの頭を抑えておくように頼まれたら、しっかり抑えてあげてください。

発症後すぐは意味がない?

「インフルエンザの検査は、少し時間が経った後じゃないと正確に判定できない」

このような情報を聞いたことがある方は多いと思います。ですが、最近ではそんなことはありません。

確かに、発症後すぐはインフルエンザのウイルス量が少ないので、少し時間が経った後の方がより正確に診断できます。

ですが、検査の精度は年々上がっています。熱が出てすぐに受診した検査でも、高い確率で正しい診断ができるようになりました。

そうはいっても、経過時間に関わらず、残念ながら100%正しい診断ができるわけではありません。インフルエンザにかかっているのに、結果が陰性になってしまう事もあります。

一度インフルエンザの検査を受けて陰性だったけれど、症状が変わらない、悪くなったという場合は、もう一度受診して検査を受けてください。

検査なしの診断?

病院を受診したら、診察で先生に症状を話しますね。この時、インフルエンザが流行している時期なら「周りにインフルエンザにかかった人がいるか」も聞かれる事が多いと思います。

この、症状や周囲への影響などを含めて、

  • 検査は陰性だったけれど、インフルエンザの診断をする時
  • 検査をせずにインフルエンザの診断をしてしまう時

このような診断を受ける時があります。

医師は、症状などからインフルエンザの可能性が高ければ、検査結果に関わらず、インフルエンザの診断を下す時があります。

こういう場合、「検査結果が陰性だったから、保育園や学校には行っていいよね」と思う方が意外と多くいるんです。

実は私、今は育児に専念していますが、前職は医療事務で、お仕事中にこの質問を結構受けました。

これは、もちろんだめですよ。検査結果が陰性でも、検査をしていなくても、「あなたはインフルエンザです」と診断されたということなので注意してください。

 

治療方法

インフルエンザと診断されたら、お薬が処方されますが、このお薬はできるだけ早く飲み始めることが大事です。

なぜなら、インフルエンザのウイルスは、症状が現れてから48時間の間に最も増えやすくなります。そのため、48時間以内に服用しないとお薬の効果が現れにくくなってしまうのです。

症状によって以下のお薬が処方されます。

  1. インフルエンザウイルスを攻撃するお薬
  2. 症状によって、症状を和らげるためのお薬

ただし、副作用や以前に薬物アレルギー反応などがあった場合は医師とよく相談してくださいね。

アレルギーはアナフィラキーショックなど起こして重症化するととても危険です。こちらで詳細をチェックしておくといいですよ。

子供のアレルギーが心配!アナフィラキシーショックの症状とは?

抗インフルエンザウイルス薬

インフルエンザウイルスを攻撃するお薬のことを、「抗インフルエンザウイルス薬」といいます。

  1. カプセル薬の「タミフル」
  2. 吸入薬の「リレンザ」「イナビル」
  3. 点滴療法で使われる「ラピアクタ」

これらが、抗インフルエンザウイルス薬として使われます。

カプセル薬と吸入薬は、上述した通りできるだけ早く飲まなければいけません。

処方された時に、「すぐに服用するように」と医師から指示されたり、服用する時間帯を指示されることもあると思います。その時はきちんとその指示を守ってくださいね。

点滴療法は、高齢者や子供など、どうしても薬を口から飲むことが難しい場合に、医師の判断で使用されます。

1回の点滴で効果があるという利点があるので、点滴を希望する方もいらっしゃると思います。

ですが、実施できる医療機関や条件等が決められている場合があるので、事前に調べておくか、受付で聞いてみるといいですね。

症状を和らげるための治療

インフルエンザが発症すると、様々な症状が出ます。その症状を和らげるために、抗インフルエンザウイルス薬以外のお薬も処方してもらえます。

高熱が出ていれば熱を下げるお薬(解熱鎮痛薬)、咳がひどい場合には咳をしずめるお薬(鎮咳薬)などがあります。

夜間、お子さんが辛そうにしていると親御さんからすればとても心配ですよね。

その心配を少しでも和らげ、早くお子さんの体調が回復するように、医師に処方薬の相談もしてみてください。出ている症状は把握している分だけでもすべて診察で話すといいと思います。

タミフルの副作用

近年、「タミフルを服用すると子どもが異常な行動を起こす」など、タミフルの副作用についての問題が取り沙汰されていますね。

これについて、結論から言えば「異常行動がタミフルのせいなのかどうか区別が難しい」ということです。

そもそも、問題にされている異常行動とは、

  • 寝ていたのに突然動き出す
  • わけのわからないことを言う
  • 意味不明な行動を始める
  • 外に出ようとする

などがあるようですが、これらはたとえタミフルを服用していなくても現れますし、タミフル以外の薬を服用した時でも現れます

つまり、タミフルの服用に関わらず、

  • 発症後3日くらいはなるべく目を離さない
  • 窓や扉の鍵をかける
  • 1階に寝かせる

などの対策をするようにしてください。

異常行動そのものは、翌朝にケロッとしているようであれば、一時的なものなので心配ないですよ。

スポンサーリンク

 

ホームケア

看病する時のポイント

診察が終わってお家に帰ったら、以下のことに気を付けましょう。

  • 処方されたお薬は指示通りに最後まで飲む
  • 充分な睡眠をとる
  • こまめに水分補給をする
  • 食事は消化のよいものにする
  • 部屋の湿度を高め(50~60%)にする
  • 1日数回、部屋の換気をする

特に水分補給はかなり大事です。高熱が出ると、脱水を起こしやすくなります。さらに、下痢や嘔吐があると危険度が高まるので注意が必要です。

特に、赤ちゃんの場合は自分でのどが渇いたと伝えることはできませんし、水分補給も自分ではできません。大人が注意して水分を与えてあげてください。

適した水分補給

与える水分については、経口補水液が一番有効です。

経口補水液とは、必要な水分や電解質が入っていて、さらに腸から水分を吸収しやすいように濃度が調節されているので、効率よく水分補給ができます。

ただ、家に必ずあるものではないと思いますし、小さい子を看病していると簡単には買いに行けませんよね。そんな時は家でも簡単に作れるので参考にしてください。

経口補水液の作り方

ただし、塩と砂糖の量を間違えて逆にしてしまわないように気をつけてください。塩が大量になってしまうと、食塩中毒で死に至る可能性があります。

塩と砂糖を入れ間違えると、とんでもなく塩辛い味になります。絶対に作ったら味を確認してくださいね

赤ちゃんの場合は、母乳や粉ミルクを飲んでいればそれで十分です。

母乳は、飲みたがるだけ飲ませてあげて大丈夫です。粉ミルクについては、たくさん飲むからといっても調乳量は変えず、いつも通りの量で作りましょう。

調乳量が増えると、普段と吸収率が変わって、赤ちゃんの胃に負担を掛けてしまいます。足りないようならば他に飲める飲み物を与えてください。

熱の具合に合わせた対処を

「熱がある時は、とにかく暖かくして汗をかかせた方がいい」と聞いた事がある方、または実践している方はいらっしゃると思います。

しかし、これは間違った方法です。小さな子の場合は、熱の逃げ道がなくなり時として危険な場合があります。

では、発熱時の正しい方法とはなんでしょうか。それは、熱の上がり始め熱が上がり切った後で違います。

熱の上がり始め

まず、熱の上がり始めは寒気がしますよね。この寒気というのは、体が筋肉を震わせて熱を作り、体温を上げているからなんです。

では、なぜ体温を上げなくてはいけないのかというと、体に侵入してきたウイルスは、体温が平熱くらいだと増殖しやすいのに対し、それよりも2度ほど上がると増殖速度が低下します。

また、ウイルスを攻撃する免疫細胞の中には、体温が上がることでより活発に働くようになるものもあります。

つまり、体温を上げることでウイルスをこれ以上増やさないように、攻撃しやすいようにという、体の防御反応なんです。

ということで、寒気がする時は体が体温を上げようとしている証拠なので、それを手助けしてあげる必要があります。

こういう時は、服を多く着せたり、毛布を足したりするなどして、体を温めてあげてください。熱冷ましは、この段階ではまだ使わない方がいいですね。

熱が上がり切った後

熱が上がりきって顔が赤くなったり、汗をかきはじめたら、今度は体の中の余計な熱を外に逃してあげる必要があります。

寒くない程度に、衣類や寝具を減らしてあげましょう。熱冷ましは、このタイミングで使うのがベストです。

夜間に急に熱が上がったら

夜に熱がまた上がり始めても、慌てて病院を受診しなくても大丈夫です。解熱剤が処方されるだけで、あとは様子を見るように言われるだけのことがほとんどです。

もちろん、他に具合の悪そうな症状があれば別なので、その時は救急を受診してください。

また、迷った時は電話で相談してみてもいいですよ。救急対応している病院でもいいですし、#8000にかけても相談に乗ってくれます。

小児救急電話相談事業(#8000)について

 

登園、登校はいつから?

熱が下がって症状が落ち着いてきたからもう大丈夫、というわけではありません。見た目は元気でも、体内にはまだウイルスがあり、まわりに感染する可能性が残っています。

そのため、インフルエンザは、学校保健法によって出席停止となる病気です。

その期間は、「発症してから5日が経過し、さらに熱が下がってから2日経過するまで」と定められています。

ただし、「幼児の場合は熱が下がってから3日経過するまで」です。

この理由は、幼児は免疫力が弱いため、ウイルスの増殖期間が長い事や、保育園は学級閉鎖が出来ない事から、幼稚園、保育園の場合は停止期間が1日長くなっています。

(参考 Calooマガジン

お子さんがインフルエンザに感染して学校や園をお休みした際の過ごし方やお家での対処法はこちらの記事にまとめてあります。

インフルエンザB型で子供が学校を休んだ時の対処法と症状

 

予防方法

インフルエンザは、予防できる感染病です。かかってしまうと本当に大変なので、まずは予防をしっかりするようにしましょう。

ワクチン接種

インフルエンザ予防接種は、効果が現れるまでは約2週間かかります。それを考えると、インフルエンザが流行のピークになる、12月に入る前に接種することをおすすめします。

また、年齢によって接種回数が違ってきます。

  1. 6ヶ月未満 … 接種できない
  2. 6ヶ月〜13歳未満 … 2回接種
  3. 13歳以上 … 1回接種

13歳以上の方でも、慢性疾患があったり、免疫が低下している状態の場合は、医師の判断で2回接種になることがあります。ちなみに、妊婦さんも接種できますよ。

ただし、このワクチンはわずかに卵の成分が含まれています。卵アレルギーがある場合は、接種前に医師に相談した方がいいですね。

日常生活での予防方法

予防方法は、ワクチンだけではありません。日常生活の中でも予防することができます。

特に、6ヶ月未満の赤ちゃんにはワクチンの接種はできないので、家族が予防して家の中にインフルエンザウイルスを持ちこまないことが大切です。

まず、インフルエンザの主な感染経路は以下の2つです。

  • 飛沫感染(咳やくしゃみなどで、空気中に飛散したウイルスを吸い込むことで感染する)
  • 接触感染(ウイルスが付いたところを触り、その手で自分の鼻や口に触れてしまうことで感染する)

この経路からの感染を予防するには、手洗いうがいマスクの着用が有効的です。

流行中は、どこにウイルスが付いているのか分かりませんし、気をつけていてもいつの間にか吸い込んでしまっているかもしれません。

それを防ぐために、鼻まで覆えるマスクの着用、帰宅時には手洗い、うがいを徹底しましょう。

また、インフルエンザが流行している時は人混みの多い場所にはいかない、などの心がけをするといいと思います。

インフルエンザが流行する時期には免疫力も低下して、ちょうどノロウィルスも流行する時期でもあります。ノロウィルスに関してはこちらにまとめてあります。

ロタ,ノロウイルス症状(下痢,熱,脱水)と潜伏期間!子供予防接種

 

重症化に注意

インフルエンザは毎年冬になると必ず流行し始めるため、身近な病気だと思われやすいです。そのため、インフルエンザを軽く見ている方もいらっしゃると思います。

しかし、インフルエンザは稀に重症化することがあり、残念ながら毎年死亡者が出ている、恐ろしい病気です。

重症化を見抜くには?

子供がインフルエンザで重症化するときは、経過がとても速いです。

発症した日に医療機関を受診し、解熱剤などを処方されて帰宅したものの、その後に急変して救急搬送される、といった例が多いようです。

そのため、発症当日は特に注意深く観察することが大事です。なるべくお子さんをひとりにせず、定期的に状態を見るようにしましょう。

(引用 朝日新聞デジタル

合併症について

インフルエンザが重症化するだけでなく、合併症を起こしてしまう場合もあります。

合併症や症状が悪化して、最悪の場合、後遺症が残ったり死に至るケースも報告されているので、何かおかしいと思ったらすぐに医療機関を受診してくださいね。

インフルエンザ脳炎・脳症

  • 脳炎…ウイルスが脳内に検出される場合
  • 脳症…脳内にウイルスは検出されないが、脳に浮腫が出て神経症状が出る場合

どちらも、5歳以下の子によく見られる合併症で、特に1〜2歳の子に多く発症します。

けいれん、意識障害、異常行動などの症状があり、さらに、血管が詰まったり、多くの臓器が働かなくなるなど、命に関わる危険な病気です。

進行が早いため、早期に発見することが重要です。

脳炎にはインフルエンザウィルスによるものの他に日本脳炎という種類もあります。予防接種などの対策はインフルエンザとは異なりますから、こちらで確認しておくといざという時にも安心です。

日本脳炎とは?知っとくべき予防接種の時期とワクチンの副作用

インフルエンザ肺炎

インフルエンザウイルスが肺に入り込むことで、肺炎を引き起こすことがあります。症状として、咳が続いたり、呼吸困難などがみられます。

インフルエンザ肺炎が疑われたら、胸部のレントゲン検査が行われます。そこで、肺に影が確認できた場合は肺炎と診断されます。また、血液検査や、CTなどで判断することもあります。

ライ症候群

脳の炎症や腫れ、肝機能の低下などをもたらします。

原因は不明ですが、アスピリン系の解熱剤の使用が引き金になると考えられています。そのため、独断で市販の解熱剤は使わないように気をつけましょう。

 

まとめ

インフルエンザは、ただの風邪ではありません。繰り返しになりますが、死亡者が出るほどの恐ろしい病気です。

  • インフルエンザは三種類(A型・B型・C型)
  • 正しい診断結果のためには再診も必要
  • 抗インフル剤での治療も含め、注意すべき点を守る
  • 高熱に対しては適切な対応と充分な水分補給を
  • 登園・登校は経過観察が必要
  • ワクチンや日常生活でも出来る予防も肝心
  • 重症化の危険も念頭に

手洗い、うがいやマスクの着用、またはワクチン接種などの予防法は広く知られてはいます。

しかし、インフルエンザを軽く見てしまうことで、これらをやらずに終わってしまうこともあるのではないでしょうか。

ですが、かかってしまった時の辛くて苦しい症状、重篤な合併症などを考えれば、予防しておいた方がいいに越したことはありませんよね。

インフルエンザについて正しい知識を持ち、ご家族全員でインフルエンザを乗り切りましょう。

スポンサーリンク

<関連記事>
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編