日本代表カヌー選手の薬物混入がニュースになっていますね。しかも、ライバルの飲物のジュースの中に薬物を入れたそうです。これは、もう犯罪ですよね。

しかし、誰かは発表されていません。

気になるのは誰がそんなことしたのか?そして私がもっと気になったのは、子供をもつ親として、妻は子供はいたのか?いたとしたら、その家族にも大迷惑画かかることを考えなかったのか?ということです。

ということで、被害者と被疑者の家族状況を調べてみました。

今のところ薬物を入れたのは32歳の

スポンサーリンク

鈴木康大選手

の可能性が高いようですが、まだはっきりとはわかっておりません。

そして、気になる結婚はされているようで、北京五輪カヌー日本代表、久野綾香と結婚しているようです。

お子さんは不明ですが、アスリート同士の結婚で、もし、本当に薬物を混入していたとしたらかなり残念ですね。

妻にも迷惑がかかるしとんでもないことですよ。会見等を開いて汚名を挽回してもらいたいものです。

 

一方、薬物を混入されたと噂されているのは25歳の

小松正治選手

です。

この選手もすごい成績優秀で日本のカヌー界をしょって立つような選手です。結婚はまだされていないようです。もし、本当に被害者だとされたら、めげずに頑張ってほしいものです。

今回の事件で、アスリードのモラルはどうなっているんだと私は思いましたが、日本だになりたいというプレッシャーや、周りの期待に答えなければならない責任など、いろんなものを背負っていたのでしょう。

しかし、だからといって、スポーツマンシップに反した行動は、いかがなものでしょうか。薬物を混入した本人が罰を受けるのは当たり前ですが、かわいそうなのはその家族です。もし、自分の家族がそんな不名誉なことをしたらどう思うでしょうか?

おそらく想像を絶するほどつらいとおもいます。もし、自分の子供がそんなことしたらどうしようと親の目線になって考えてみると、やはり

心の芯

の部分をしっかり作ってやらねばと思いました。

どんなことがあっても、してはいけないことを子供の頃に教え込まなければなりません。今回の件は親のせいではありませんが、親もかなりの責任を感じているんではないでしょうか。もしかしたら、「私の育て方が悪かった」と思っているかもしれません。

勝ちたいからと、ルール違反をすると、もうたくさんの人に迷惑がかかってしまいます。そんなルール違反で勝ち取った代表になんの意味があるのでしょうか?子供をそだてる親としての目線でこのニュースを見て

こちらもちょっとえっ!って思うようなニュースです。気になる方はごらんください。

ハレノヒ社長は中国上海へ。島崎洋一郎の会社は債務超過で負債総額6億

救急隊員や警察官は勤務中に飲み物買えない?大阪市HPの投稿が話題

 

とても残念な気分になりましたけど、誰でも失敗はあると思います。死ぬほど反省して、再起してもらいたいものです。

スポンサーリンク

<特集記事>