子供の発達って心配ですよね。特に「言葉がなかなか出て来ない」は、私の周りでもよく聞きます。周りに同じくらいの月齢の子がいると、「うちの子より喋れてる」など比べて落ち込むことも。今回はMさんの投稿です。

スポンサーリンク

子供の発達が遅くて心配

一度考えちゃうと、なかなかその思いが頭から離れずに悩んでしまいますよね。『言葉が遅れてる原因』としてよく言われるのが、

○発達障害

です。でも、すぐにこれらを心配して気落ちしないようにして欲しいです。それは、私がそうだったから。色々考えすぎ、泣いてイライラして。かわいい我が子のことだから悩んだり落ち込んでしまうのは当たり前。

でも、それじゃあ疲れてしまいます。そんな風に、現在3人を育児中で過去に疲れてしまった経験のある私ですが、疲れ切ってしまって、でもその後に気づいたこと、感じたことをご紹介します。

 

言葉が出てこないで、1歳半健診で衝撃

うちの1番上の子が、言葉がなかなか出て来なかったんです。1歳半健診時点で、こちらの言ってることは分かるのですが、まだ意味ある言葉を一言も喋れなかったんです。

でも私は楽観的な性格。「大丈夫!個人差あるって言うし。そのうちね。」と気楽でいました。それが初めて市の保健センターで行われた1歳半健診。

心打ち砕かれました。母親になって初めての健診。とってもドキドキ。そして「どんなことするんどろう」とワクワクでした。

いざ、順番を呼ばれて保健師さんとのお話。「言葉が出てないですね。後で言葉指導の方とお話ししましょう」と。「あれ?まだ1歳半だからこれからでしょ?」と思ったのですがここは従いました。

言葉指導員の方。「母乳あげていて食の方が細いなら、それが原因かも知れないですね。食べる力=噛む力=顎が発達しない。

だから、顎を使う口の動き=言葉も出てこないのかな?」うちは確かにまだ母乳を飲んでいて、食の方が細かったんです。でも私の出産した産院は母乳推進の産院だったので、「子供が嫌がるまであげた方がいい」と言われていたんです。

さあ、困りました。どっちが正しいの?もう悔しくて涙出て来ました。初めての育児、必死にやって来たのにそれを否定された気がして。

スポンサーリンク

イライラ生活の始まり

それからは、言語指導の方が言ってくれた様に母乳を辞めてみました。子供に言葉を必死に教え、言えないとイライラして悲しくなっての繰り返し。そうなると、普段なら怒らない様なことでも怒れて来ちゃうんですよね。まさに『負のループ』にどっぷりはまってしまいました。

でも、母乳をやめて食が増えても、言葉を毎日教えても、格段に言葉が出る訳でもなく何にも変わらなかったんです。「母乳大好きな子から母乳を取り上げたのにどうして?!」もう本当に何が正しいのか分からない状態。

「少しずつ言葉も増えて来てる気はするけど、どこまで喋れたら正解なの?」という思いも出て来て一人悶々としていました。

 

子育てに正解は存在しない

あれこれ考えながら年少さんで幼稚園へ上がりました。園へ通うようになると色々な子がいる。
初めての集団生活、本当に色々な子が。園の子達、ママ友さん、先生方と触れ合って何か吹っ切れたんです。

「あーホントに個人差なんだな」って。何が正解で何が正しいかなんてない。

その子に合ったペース、その子にあった言い方ややり方があるんだなって実感しました。私と子供2人の狭い世界でずっといたから、今まで気が付かなかったことに気が付くことが出来たんだと思います。

集団生活の中、子供の言葉もすぐに伸びてきて今10歳。当たり前ですが、普通にめちゃくちゃ喋ります(笑)

また、集団の場に子どもを入れて遊ばせると、周りの子ども達にも刺激を受けて喋るようになります。

子供育児には子育て支援センターを活用!無料の乳幼児遊び場

私に出来てなかったこと

 

話かけてあげる

言葉は自然と伸びます。。本当に自然と。朝起きてから夜寝るまで、常によく話かけてあげるといいんです。「おはよう」の挨拶から「いい天気だねー」「今日はご機嫌だね」とか何でも。

私は全く話しかけが出来てなかったなと思い出します。言葉が出始めてからは喋りかけてたんですが、生まれてすぐは全く。返事が返って来ないのに喋りかけるなんてと思ってしまっていました。

そして、一人で喋ってる自分っておかしいなって思っちゃってました。まだまだ小さくても、返事が返って来なくても聞いてくれているんですよね。

集団の中に入れる

児童館や子育て支援センターに連れて行くと、同じくらいの月齢の子や少し上のお兄ちゃんやお姉ちゃん達、親ではない大人達がいます。そういう子達、そういう方達と触れ合っていくと自然と覚えていくんですよね。

小さいうちは一人遊びばかりで友達と関わるところは見られませんが、ちゃんと周りを目で見てるし耳で聞いてるものです。

私は出不精ということもあり家にばかりいたので、もっと集団に入れてあげていたらと思います。

相談できる人を作る

ここまで書きましたが、子供を見てくれた保健師さんや言葉指導の方は全く悪くはないんです。
健診時、きちんとみんなを平等に見て、何かあるなら早めに対処しようとしてくれただけで。対処が必要なら早めの方が絶対に良いに決まってます。

何がいけなかったのか。それは、私は人見知りで誰にも相談しようとしなかったんです。健診時にも言われたら言われた通りに動いて、もっとちゃんとこちらからも疑問に思ったことを何度も聞けばよかったんです。

母乳をやめる時も出産した産院に聞けばよかった。やってみて疑問に思ったら、その都度保健師さんに聞けば良かった。一人で考えて悶々として、イライラして落ち込んでまた考えて、だったので。

一人で考えてても違う考えが生まれる訳ない。上記の「集団の中に入れる」で自分も相談できる人を見つけられると一石二鳥ですね。

ママ友がいない?独身友とも話合わず。子育て支援センターに行こう

まとめ

○1歳半健診で衝撃。健診時、言われたことを深く受け取りすぎて落ち込む。

○イライラ生活の始まり。子供の出来ないことにイライラし悲しくなり負のループ。

○子育てに正解は存在しない。みんな違う人間。正しい子育てなんて存在しない。

○私に出来てなかったこと。話しかけてあげる。

子供は常に目で見て耳で聞いてくれている。

集団の中に入れる。

集団に入り色んなこと触れ合う。

相談できる人を作る。

疑問に思ったら何でも聞く。

上記の様にかきましたが、やっぱり『うちの子遅いかも』と思っても落ち込まなくて大丈夫です!みんな性格が違う。趣味や興味のあること、好きなことが違うように、みんなひとりひとり違うんです。

本当にやれること、出来ることは個人差なんです。その子のペースに合わせてあげましょう。親の笑顔は子供の笑顔に繋がります。

でも疲れたなって思うときは無理をせず、たまには旦那様やお母様、託児所などに預けて、少し子供から離れてリフレッシュしましょう!

スポンサーリンク

<関連記事>
<特集記事>