食事は人間の楽しみ時ですが子育てをしいる親にとっは大変な時間でもあります。子どもが食べやすいご飯を作ったり自分の食事を後回しにて子どもご飯たべさせり色々と 手間がかりますよね 。

しかし、手間がかる理由は他にもあります 。それは、子どもにとって食事の時間が 、遊ぶ時間になってしまうことです 。大人にとっては見慣れた食べ物も、子どもにとって、ネバネバつるつる
色とりどりの珍しく面白そうなものになってしまいます。

子どもが食べ物で遊び始めてしまうと、親にとって色々と嬉しくない状況になります。今回は、そんな子どもの困った遊び食べを止めさせる方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

食べ物で遊んではいけない理由。

そもそもなぜ食べ物で遊んじゃいけないのでしょうか?理由の一つは、食べ物で遊ぶと服やテーブルが汚れてママやパパのやることが一つ増えてしまうからです。

食事の後片付けって大変ですよね。しかし、食べ物で遊んではいけないとされる理由には、日本で受け継がれている「自分の目の前に料理として出されたもので遊ぶことをマナー違反とする文化」が関係しています。

具体的には、

1.料理をしてくれた人への敬意

心を込めて調理をし、食欲をそそる盛り付けをしてくれたことへの敬意

2.食べ物を育て、運んでくれた人への敬意

丹精込めて食料となる作物や動物を育ててくれた敬意、また、遠くから自分の元へ届けてもらってことへの敬意

3.食材そのものへの敬意

自分のために命をくれた動植物への敬意

一部の植物を除いて、本来生き物は自分が食べられることを嫌がりますよね。

これらの料理に対する思いがベースとなって今の日本の食文化は出来ているため、食べ物で遊ぶことに対して良い印象を持たない人が少なからずいますし、大人になれば当然のマナーとして求められるようになります。

幼児期の子供の食事マナーのしつけ方。食べるの遅くてイライラ。

遊び食べってどこからどこまで?

じゃあ、食べ物で遊ぶってどんなことを指しているのでしょうか。
今回は、目の前に出された料理(食事)をたべる目的以外の理由でいじることとして考えてみたいと思います。

もうお腹いっぱいでご飯を食べる気はないのに、目の前の食べ物をつかんでお皿から出してみたり、もう口に入る大きさになっている食材を更に小さくしたり、つぶしてみたりしていつまでも食べる様子が見られない時は要注意です。

こんな時に「食べ物で遊んでいる」と周囲からは判断される可能性が高くなります。

ご飯が不思議で仕方がない

ただ、年齢によっては、食べ物が不思議で面白そうな物に見えても仕方がない時期もあります。
純粋に食べ物に対する興味があるのかもしれないですよね。食事を楽しい団らんの時間にするためにも、ある程度は、それぞれの年齢や子どもの個性に合わせて判断をする必要が出てきます。

子供の偏食や好き嫌いに悩んだら?幼児の食事に悩んだらこれ

遊び食べを止める方法1: 一度食事を中断させる

子どもが食べ物で遊び始める時には、子どもなりの理由が隠れている場合があります。お腹がいっぱいになった、嫌いな食べ物で食べたくない、食事に飽きたなど、何らかの理由で食事に集中できなくなることがあります。

そこで、子どもが食べ物で遊び始めてしまった時は、食事に集中できなくなったのかもしれないと判断してお皿に食事が残っていても、一度食事を中断させてみるといいかもしれません。

お腹がいっぱいか観察する

判断があまりに早いと子どもがゆっくり食事をできなくなるので、「もうお腹いっぱいかな?」など話しかけながら子どもの様子を見てみてください。

一度中断もあり

食事を中断した後に、もし子どもがまだお腹が空いているようであれば、食事を再開することで、食事への集中力が取り戻せます。

スポンサーリンク

 

遊び食べを止める方法2:子供が食べきれる量だけお皿に乗せる。

子どもの食べられる食事の量には個人差があります。また、その日の体調によっても量が変わってきます。

このぐらいは食べられるだろうと思ってお皿に乗せた食べ物の量が多いと、お腹がいっぱいになって食べきれなかった食べ物で遊び始めてしまうこともあります。

なので前もって少なめに乗せておく、コース料理方式で食べ物を小出しにするなど食べ物の量を調節すると遊ぶタイミングをなくすことができます。

 

遊び食べを止める方法3:前もってお腹を空かせておく

本来、食事は本能的な欲求なので遊びたい欲求より強いものです。それにも関わらず、食べ物で遊んでしまうということは単純にご飯の時間になってもお腹が空いていない可能性もあります。

食事の前に公園などで一通り全身を使う遊びをさせて、子どものお腹を空かせておけば、遊びたい気持ちも満たせますし、お腹が空いて食べることに集中できるようになるので食べ物遊びを防ぐことができます。

赤ちゃんが食事で椅子に座って食べない?幼児の食事マナー

まとめ

食べ物で遊ばないことはマナー。大人になる前に身に着けておきたいことの1 つ。食べる以外の目的で食べ物を触り続けると良く思われないことがある。でも子どもの時は大目に見ることも必要です。

方法1:一度食事を中断する(まだ子どもが食べられる時は再開する)

方法2:子供が食べきれる量だけお皿に乗せる

方法3:前もってお腹を空かせておく

食事のルールやマナーも本来は、楽しく気持ちよく食事することを目的としているはずです。
それなのに、ルールやマナーを気にしすぎて子どもが食事を楽しめなくなると、子どもの健康的な成長にも影響が出てきます。

食事は家族で一緒に食べながらルールやマナーを学んでいく側面もあります。大好きなパパやママと一緒にリラックスして楽しい食事場面であるほど、ルールやマナーも無理なく身に着けやすいのではないでしょうか。

食べ物遊びが起こる理由は、お腹いっぱいだからなど子どもなりに理由があります。子どもが食事に集中しておいしく食べられる環境を作れるといいですよね。

どうしても食べ物で遊ぶことがやめられず、言葉がわかるような時期であれば「食べ物で遊んだらダメ。もし遊んじゃったらそこでご飯は終わりにするね」と子どもと約束して、実行する必要もあるかもしれません。

食べることは楽しみであり命の維持につながる大切な行為です。食事のルールやマナーも子供の成長に合わせた伝え方ができるといいですね。

スポンサーリンク

<関連記事>
子供を賢く成長させる方法!育て方に失敗したと思ったら
子供の食べ物の好き嫌いの原因!対策としつけ方を紹介!
男の子の子育ては大変?女の子と育児方法がまるで違う?
幼児の虫歯対策!子供に教える歯磨きの大切さ
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編