赤ちゃんが産まれて嬉しい反面、初めての子育ての不安や、赤ちゃんに毎月どのくらいお金が掛かってくるのか心配になる方も多いのではないでしょうか。

今まで働いていた女性も出産の時期はどうしてもお休みしたり、お仕事が出来なくなり収入が減ってしまうのが現実です。

今まで共働きだった方はもちろん、専業主婦の方も家族が増えるとどのくらい出費が増えるのか不安ですよね。

「節約しなくちゃ。」そんな事ばかり考えているとストレスが溜まり、イライラしてしまう。イライラからパパとの喧嘩も増えて、赤ちゃんに悪影響かも。

なんて悩む方もいるのではないでしょうか。 そこで、これから新しい生活をして行く方、節約の事を考え過ぎて疲れたという方のために、少しでも気が楽になるような節約のコツを紹介します。

 

スポンサーリンク

食費が一番抑えやすい

生活費の中で一番抑えやすいのが、食費ではないでしょうか。

料理が大好きで作るのが趣味の方だと、食材にこだわりたい方もいるかもしれません。 ですが産後は子育ても大変なので、節約も考えた簡単メニューにしましょう。

<関連記事>

1か月の生活費,30代夫婦で子供が2人の家庭では?

パパの協力も大事

できればパパにもご飯の準備をしていただけたら助かりますよね。そこで、パパでもレンジでチン!だけで出来ちゃう料理をまとめて作って冷凍保存です。

私は料理が得意な方ではありませんが、節約を考えほぼ自炊をしていました。

夫の休日に食材をまとめ買い、まとめて調理し、冷凍保存です。 もちろん調理中は夫に子育てをお願いしますよ。

授乳は無理ですが、オムツ替えなどはパパも出来なきゃ困りますよね。そうやって少しずつパパも子育てに巻き込みましょう。

冷凍するメニューはスーパーでよく見る冷凍食品やクックパッドを参考にしていました。 クックパッド サイト (https://cookpad.com/)

まとめ調理は最初は大変に感じるかもしれませんが、すぐに慣れますし何よりパパがご飯支度出来るのは本当に助かります。是非やってみてくださいね。

しかし、パパに内緒でこんなに貯める人もいることに驚きです。

へそくりの意味とは?上手な隠し場所、主婦のへそくりの平均額は?

節約して貯金をする為の生活方法。 ズボラ主婦が実践した節約法

 

赤ちゃん のオモチャにはお金をかけない‼︎

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ自我も芽生えていないですし、視力も低いのでどんなにオモチャが可愛くてもはっきりとは見えていません。

出産祝いなどの頂き物は別として、ご自身で購入するものはそこまでお金を掛けなくても良いのかなという気がします。

それでなくても出産準備には10万円以上かかると言われていますし、赤ちゃんの物ってすぐに使わなくなったりもしますからね。

本当に痛い出費で涙が出ますよね。 今は100円ショップにもちょっとしたオモチャが売っていますし、音の鳴るオモチャだとハンドメイドも出来ます。

我が家の長男は現在1歳2ヶ月ですが、生後3ヶ月の頃に私が作った、小さい空のペットボトルにビーズを入れたオモチャで今も遊びます。子供は音の鳴る物が好きですからね。

これからどんどん、あれが欲しい〜こっちが良い〜と言うようになると思うので、それまではママの愛情たっぷりのオモチャで遊んでおくれ!と思っている今日この頃です。

ママ貯金ならこれですね。

ママ貯金のやり方とコツを公開!楽しい仕方にして最強に捗る方法

携帯料金と保険の見直しを

携帯料金と保険は毎月だいたい固定された金額ですよね。なので、ここを数百円でも抑えれば年単位で見るとかなり大きいです。

スポンサーリンク

携帯料金

今、携帯会社はどこも乗り換え割がありますし、格安SIMもあります。 私は乗り換えなんて面倒だから〜と考えていませんでしたが、話を聞いてみると月々の料金が3千円程変わると知り、即乗り換えました。

携帯ショップの方は月々を安くしたいと話すと色々な提案もしてくれましたし、1度お話を聞きに行くのもいいと思います。

保険

保険は担当の方がいると思うので、出産を機に相談してみても良いと思います。

私も相談したところ、夫の方はもう変えられないような最低限の内容でしたが、私の加入している保険は積立から掛け捨てに変えられました! あまり詳しくないですが、積立と掛け捨てでも下りる金額が同じな内容であれば掛け捨てでも問題ないそうです。

ビックリですよね。やはりこれもプロに相談したいところです。

子供が自転車で怪我した時のおすすめ保険は?無料保険相談で解決

光熱費を節約できる人も

近年は電力の自由化が始まりましたね。色々な会社で電力を販売しています。 これも自分の生活に合った会社を選ぶと今までより安く収まる方もいるかもしれません。

共働きの家計簿事情。夫婦の生活費の財布は一緒?別々?節約方法も紹介

例えば利用している携帯会社から買うとか、利用しているガス会社に変更するなど選択肢は沢山あります。

ただ、最近は自由化をした事でどこの電力会社もお得な料金プランを設けていると思いますので、今加入している物を違うプランに変更出来ないかというのも検討出来ると思います。

どこの会社でも無料診断など行なっていると思いますので、一度診断してみても良いでしょう。

我が家では、利用しているガス会社に変更してみましたが、それほど差はありませんでしたよ。

どうしても電気代が高くて気になる方は調べてみる価値はあると思いますが、急いでする必要はなさそうですね。

 

クレジットカード払いでポイントを貯める‼︎

携帯代、保険料、光熱費、家賃などの固定費は金額も大きいので、クレジットカード払いにするとポイントが貯まりやすいです。

我が家では夫の実家に帰省の際、いつも飛行機移動なのでポイントでチケットを購入したりしています。 還元率が高いクレジットカードを作っておくのも何かとお得で良いですね。

オススメは楽天カード

こちらから登録すると10000円もらえますのお得です。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

クレジット機能とは関係無く、私が気に入っているのは楽天カードです。

  • お買い物の際に提出(取扱店舗のみですが)
  • 商品のレビュー投稿
  • アンケートに答える

お買い物はもちろん、この3つの方法でもポイントを獲得出来るのでポイントは貯まりやすいですし、お買い物の時に現金の代わりにも使えるのでとても重宝しています。

こういった稼ぎ方もいろいろ覚えておきましょう。自分にできるものがあるかもしれません。

主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編

ママも自分のペースでお小遣い稼ぎ‼︎

子供のお昼寝中や、夜寝た後など少しの空き時間でママもお小遣い稼ぎが出来ます。 「出産直後はまだ育児にも慣れていないし、そんな余裕ない」なんて思うかもしれません。私もさすがに出産直後はヘトヘトでしたから。

ですが、育児にも慣れてくると自分の時間を少しですが見つける事が出来ます。 睡眠の取り方も自分なりのリズムが出来てきますしね。

ママ貯金のやり方とコツを公開!楽しい仕方にして最強に捗る方法

アンケートサイトやポイントサイトは隙間時間で出来る

そこで私はアンケートサイトポイントサイトに登録をし、暇な時にポチポチとお小遣い稼ぎをしています。

アンケートサイト

アンケートサイトに登録すると、定期的にアンケートが届くようになります。そのアンケートに答えるとポイントを獲得出来、そのポイントを貯める事で現金やギフト券などに交換出来ます。

ポイントサイト

ポイントサイトに登録し、そのサイトを通して商品の購入をしたり、アプリをダウンロードしたり、商品のモニターなどに参加するとポイントを獲得出来ます。

このポイントも現金やギフト券に交換出来ます。

私は母乳育児でしたが、毎日午前1時頃に息子が起き授乳してから私も寝るというような生活でしたので、それまでの授乳と授乳の合間に気分転換のつもりでやっていました。

それでも『気づけば1000ポイントも溜まってる!』なんて事も良くあります。

最近では、電子マネーやドットマネーに変えられるサイトも有り、とても便利なのでオススメです。

サイトによって、1ポイント=1円のサイトもあれば、10ポイント=1円のサイトもあります。交換可能ポイントもそのサイトによって500ポイント〜1000ポイントなど、色々なサイトがあります。

ご自身でポイントをためやすそうなサイトを比較して見る事もオススメですね。

フリマアプリ

あとはフリマアプリに要らなくなった物を出品していました。 メルカリ、ラクマ、フリルなどです。

子供が出来る前に着ていた服やバックはもう使わないな〜って物が多かったですし、子供の洋服はすぐにサイズアウトしてしまうので、フリマアプリは便利でした。断捨離にもなり、お小遣いもゲットできるんですから。 メルカリ(https://www.mercari.com/jp/)

ラクマ(https://rakuma.rakuten.co.jp/home/)

フリル(https://fril.jp/)

<関連記事>

主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編

まとめ

  1. まずは一番抑えやすい食費から見直してみる
  2. 赤ちゃんのオモチャは100円ショップかハンドメイドで十分
  3. 携帯料金や保険を安く出来ないか相談する
  4. 光熱費の無料診断をしてみる
  5. 固定費はクレジットカード払いにしてポイントを貯める
  6. 子育てに慣れてきたらママのペースでお小遣い稼ぎに挑戦

これが私の実践してきたオススメの節約法です。 見ての通り、継続して頑張ってる事って食費くらいなんですよ。 出産前も産後もママはナイーブになりやすいですし、無理をしやすいです。

赤ちゃんはママのイライラしている顔じゃなく、ニコニコした顔を見たいはずです。

そんな赤ちゃんの為にも、ママ自身の為にもちょっとしたコツで節約を意識できれば良いですね。

今回紹介した節約法も一気にやろうとせず、無理なく少しずつ始めて頂けたらと思います。 決して切り詰めすぎず、たまにはご自分にご褒美もあげてください。

例え節約が出来なくても、後から貯金をしていこうというくらいの気持ちでいた方が色々とうまくいくかもしれませんからね。

スポンサーリンク

<よく読まれている記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編
 
ファミリーカーならセレナ,ボクシー,ノア!おすすめは?