幼稚園は日本の法律上、高校や大学と同じ「学校」に分類される教育施設であり、義務教育となる小学校や中学校と違い、入園は任意となります。

保育をメインとした福祉施設である保育園(保育所)と区別される点でもありますね。

可愛い我が子に早くから教育を受けさせ、社会について一早く学ばせたい親御さんは幼稚園への入園を考えているのではないでしょうか。

教育施設である事から、教育方針も園によって様々であり、我が家の教育方針に合致した幼稚園を選びたいところですよね。

そんな親御さんの中には幼稚園に入園できる年齢は何歳なのか、気になる方もいるはず。特に初めて子供を授かった方にとっては気になるポイントですよね。

年少・年中・年長はそれぞれ何歳なのか、幼稚園と年齢に関する情報をまとめます。

スポンサーリンク

 

幼稚園に入園できる年齢は?

幼稚園に入園できる子供の年齢は原則として入園4月の時点で満3歳であり、学校教育法第二十六条に定められています。但し、これは法律上の話で、実際には幼稚園毎に入園できる年齢は様々です。

大きくは満3~5歳の3年間通える「3年保育」と満4~5歳の2年間通える「2年保育」に分かれているようです。

中には満5歳の1年間だけ通う事ができる幼稚園や逆に満3歳になる年に未就園児クラスを設け、体験的な入園ができる園もあります。

幼稚園によっては受験が必要な園もあり、人気の幼稚園では応募者が殺到し、競争率も激しくなります。

もちろん受験が必要ない幼稚園でも入園までに生活用品や勉強に使う道具などの準備物が多々ありますよ。入園年齢から逆算して1年前から準備を進めておきましょう。

近隣に複数の幼稚園がある、入園を希望する幼稚園がある場合には、事前の情報収集が重要です。

特に事前の説明会などは、園の様子や方針を聞く事ができるので、参加する事をおすすめします。人気の幼稚園だと願書をもらうだけでも並ばなければいけないという事もあるようです。

だいたい願書が必要な幼稚園には、お受験があるところがほとんどです。人気の幼稚園などには願書をもらうために深夜に並ぶところもあるそうですよ。

幼稚園の願書もらうために深夜に並ぶ?封筒願書はいつ提出するの?

必見!!幼稚園に関する年齢早見表

幼稚園への入園に関する早見表を準備しました。入園に関しては前述の通り、子供の満年齢を確認する必要があります。

生まれた年を「0歳」とする数え方ですので、少しややこしいですよね。特に早生まれの子供の場合、入園年数や友達と比較していると分からなくなる事も少なくありませんよね。早生まれの私も経験がありますよ。以下の表より、我が子の生年月日と照らし合わせれば、すぐに分かると思います。

幼稚園での年齢の数え方である「年少・年中・年長」に関しても早見表を準備しました。

幼稚園や保育園では基本的に入園年齢と同様、満年齢の数え方でクラスが分けられます。園内で呼び方を変える場合もありますが、考え方は同じです。

3年保育の場合には入園した時点で年少となり、2年保育の場合には年中となります。入園後は在籍年数毎に数えれば良いですね。

入園時期はいつが良い?

幼稚園への入園時期は親御さんが決める事ができます。近隣の幼稚園事情にもよりますが、入園時期毎のメリットとデメリットを紹介します。家庭の教育方針や環境、経済状況を考え、我が子にとってベストな選択をして下さいね。

スポンサーリンク

3年保育

メリット

3年保育の幼稚園は、文字通り3年間幼稚園に通う事になりますので、早くから集団生活や家族以外の子供や大人との触れ合い、各種教育(英語教育など)を受ける事ができます。

同年代の子供とコミュニケーションの取れる時間が増えるので、友達ができやすい事もメリットですね。多感な時期に思いっきり遊べる環境が整っているという点も忘れてはいけません。

幼稚園に入ると、始めて他人と接触するようになります。大切さをこどもに教えるには絵本がうってつけです。

子供の絵本で人気のランキング5選!絵本で物の大切さを学ぶ

デメリット

デメリットとしては教育費が多く掛かるという点が一番に挙がります。個人差はありますが、コミュニケーション能力やしつけが未成熟な場合が多く、子供同士のトラブルにも繋がる事も少なくないようです。

幼稚園での1日の教育時間は標準4時間であり、送り迎えなどの時間が負担になってしまったという方もいました。

2年保育(1年保育)

メリット

2年保育のメリットとしては家族で過ごす時間が増える点にあります。3歳といえば、まだまだママ・パパに甘えた年頃です。

下の兄弟姉妹との触れ合いを重視するという方もいるようですよ。3年保育に比べ、経済的な負担が少なくなる点も大きなメリットですね。

成長度合いに大きな差が出る年代でもあるので、早生まれの子を2年保育にする親御さんも多いようです。保育園へ数年行ってから幼稚園へ入園する方もいますよ。

デメリット

デメリットとしては3年保育に比べ、集団生活や他人との触れ合い、教育などを受ける時間が少ないという事にあります。

3年保育の子供と卒園時の差はないという親御さんや先生の意見が多いのですが、馴染むまでには少し時間を要する可能性がありますね。

1年保育に関しては上述のメリット・デメリットがより顕著になります。家族で過ごす時間は大いに増えますが、社会への一歩が2年保育よりさらに遅れる事になります。

未就園児クラス

メリット

「プレ幼稚園」や「プレ保育」などとも呼ばれる未就園児クラスには、優先的に入園できるという大きなメリットがあります。

特に入園希望者の多い、人気の幼稚園では未就園児クラスの入園が必須という場合もありますので、事前の情報収集では注意が必要です。

正式な入園とは異なるため、通園は月に数回であったり、子供と一緒に幼稚園の様子を体験できたり、事前確認のメリットは大きいですね。

デメリット

デメリットとしては経済的な負担が3年保育+αとなる点です。正式な入園と違い、不定期な通園が必要になる点もデメリットになりえます。共働きの親御さんには少し厳しいかもしれませんね。

 

幼稚園入園に先立ち

満3歳からの入園する事が可能な幼稚園。自治体の定める要件に当てはまる場合に入園が可能な保育園と違い、要件を必要としないというメリットがあります。

但し、教育時間は標準4時間と、保育園の8時間に比べ短い点には注意が必要です。通園によって時間的な余裕が生まれたという方とは反対に、想像とは異なって通園による負担が大きいという方もいましたからね。

子供の意思に反して早い段階で入園させる事で家族の仲に不和が生じたという方もいました。

いずれにしろ、幼稚園の入園を考えている親御さんは家族でよく話し合い、子供の意思も十分に理解した上で決める事をおすすめします。

周囲の意見より家族が置かれた環境や考え方を優先しましょうね。

[完全保存版]保育園・幼稚園の入学面接願書に役立つ情報まとめ!

スポンサーリンク

<関連記事>
入学準備
幼稚園と保育園お迎え時間延長を考えるならどっちがベスト?
幼稚園の入園年齢は?年少からの役立つ年齢早見表も掲載!
保育園の点数の計算は自分でも出来る!入園の申込みまでにする事
幼稚園や保育園と英語プレスクールの費用の違いを簡単に解説
保育園の入園申し込みに必要な書類は?点数計算も意外に簡単!
願書の書き方
幼稚園の願書の書き方。写真はどうする?性格はどう書く?
幼稚園の願書もらうために深夜に並ぶ?封筒願書はいつ提出するの?
面接
幼稚園の面接に適した服装は?父親はスーツで行くべき?
幼稚園面接の服装はスーツ?子供の服は?面接用服装を解決!
幼稚園の面接で子供の服装は何着ればいい?男の子の定番はスーツ?
幼稚園での面接での子供(女の子)の服装は?親の服装はスーツ?
その他
初めての幼稚園の遠足!リュックや服装,お弁当等の準備は?
幼稚園の遠足のおやつはどうしている?オススメのおやつは?
保育園,幼稚園のお弁当!あなたはキャラ弁に賛成派?反対派?
幼稚園児向け雑誌の年齢・趣味別おススメ!ベビーブックの他には?