現在日本では、数々の予防接種が接種可能となっています。子供が生まれると次々に来る定期予防接種。この定期予防接種のスケジュール立てが大変なんですよね。「〇歳までに」とか、「〇日明けて」とかあり、頭がごちゃごちゃになります。

実際予防接種の名前を言われても、何に効く接種なのか詳しくは分かっていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。私もそのうちの一人です。「水疱瘡」とかは分かりやすいのですが、その他はどうでしょう。

そこで、その数ある予防接種の中から今回は「日本脳炎」についてEさんがご紹介します。

スポンサーリンク

 

日本脳炎の予防接種

 

日本脳炎の話をする前に、まず予防接種とはどんな役割をしてくれるのかをお話しします。

予防接種の役割とは

予防接種=ワクチン接種です。感染症にかかると体の中で抗体という免疫の元ができ、外から侵入するウイルスや細菌を攻撃する抵抗力が付きます。ワクチンは、その自然感染からの抵抗力をあらかじめ作り出すしくみです。

ワクチンは年齢により、接種の回数や“この期間の間に接種”など接種推奨時期があります。その決められた回数と決められた期間に打つことで十分な抵抗力を持つことが出来るのです。

でも、必ずしも病気にかからないとは限らないようです。

うちの子も水疱瘡の予防接種を受けたのに、水疱瘡になりました。しかし、症状はすごく軽く熱も出ず、湿疹も数個ですぐに引きましたので、かからないとは限らないが、かかっても軽くすむので接種は大切だと感じました。

ですが、まれに副反応を起こすこともあります。せっかく予防するために受けた予防接種で、副反応による別の症状が出ることは怖いですね。「本当に接種しないといけないのか」と疑問に思う人もいるでしょう。

定期接種と任意接種の種類

予防接種には、法律に基づいて市区町村が主体となって実施する定期接種と、希望者が各自で受ける任意接種があります。定期接種は決められた期間内であれば公費で受けられますが、任意接種は自己負担とあります。

定期接種と任意接種の種類が分かりやすくまとめられた表が以下です。

引用サイト:ワクチン.net「定期接種と任意接種」

上記が現在日本で受けられる予防接種です。こんなにも推奨されている予防接種があり、定期接種の多さにはびっくりです。推奨されているということは、それほどかかると怖い病気ということですよね。

定期接種は公費で受けられるということで、接種を希望する家庭が多いと思います。数々の感染症から守ってもらえる予防接種は大切だと感じます。

予防接種は必須?

どちらも必ず接種しなくてはならないものではないようです。しかし定期接種は、国が受けるよう推奨しているものであり、「受ける努力をしましょう」と言われています。自治体で行われる1歳半検診や3歳児検診でも、きちんと接種しているかの確認はされます。

私は、定期接種は必ず受けなくてはいけないものだと思っていました。受けないという選択も出来るんですね。でも、判断は難しいです。接種者=保護者の判断になりますね。

生ワクチンと不活化ワクチン

ワクチンには、成分の違いから生ワクチンと不活化ワクチンがありますが、その違いは何なのでしょうか。

生ワクチン

ウイルスや細菌の毒性を弱めて、病原性をなくしたものをワクチンにして作られます。そのワクチンが体内で増殖して免疫を高めていくので、接種の回数は少なくて済みます。十分な免疫ができるまでに約1ヵ月が必要です。

また、生ワクチンを接種後、次の接種まで4週間以上あけなくてはいけません。

不活化ワクチン

ウイルスや細菌の感染する能力を失わせた(不活化)ものをワクチンにして作られます。自然感染や生ワクチンに比べて生み出される免疫力が弱いため、何回か追加接種が必要になります。接種回数はワクチンによって異なります

また、不活化ワクチンを接種後、次の接種まで1週間以上あけなくてはいけません

今回紹介する日本脳炎の予防接種は、不活化ワクチンです。生ワクチンの方が強いため、体の負担も大きそうですね。接種回数は少なくてすむが、負担が大きそうなのは心配というのが本音。

きちんと分かっていて接種することは大切なことです。頭に入れておきましょう。

それでは、予防接種のことが分かったところで、本題の日本脳炎についてお話します。日本脳炎の予防接種の必要性を確認していきましょう。

 

子供が感染しやすい病気は沢山。なるべく発症しないようにするには、日頃の予防とケアはとても大切になってきます。

お子さんが発症する前の知識として、そして発症してしまった時にどうすれば良いのか、こちらの記事もご参考にどうぞ。

水疱瘡(みずぼうそう)に子供が感染したら?症状や予防法は?

子供の手足口病の鍵は〇〇!ママが知るべき手足口病8つのこと

 

日本脳炎ってなに?

日本脳炎の予防接種は、もちろん日本脳炎を予防するために接種するのですが、どんな病気なのか知っていますか。

日本脳炎とは

  • 日本脳炎ウイルスに感染した蚊(コガタアカイエカ)に刺されて移る感染症。
  • 人から人の感染はしない。
  • 日本脳炎ウイルスは、豚の体内で増殖。豚→蚊→人へと感染する。
  • 感染しても日本脳炎になる人は100〜1,000人に1人程度。ほとんどの人は感染に気がつかない。
  • 後遺症が残る人が、生存者の45%~70%。小児では特に重度の障害が残る可能性が高い。

日本脳炎ウイルスという名前のウイルスがいるんですね。蚊が人へとウイルスが運んでくると分かっても、蚊に刺されないようになんて難しい話です。でも、感染したからと言って必ずしも発病するとは限らないんですね。

日本脳炎は蚊からということで、蚊の活動する時期や蚊の多い地域は特に心配ですよね。日本脳炎にかかりやすい地域とは、どのような所かを調べてみました。

 

日本脳炎にかかりやすい地域

引用サイト:NIID 国立感染症研究所

やはり、関東より南の地域が多いですね。そして、暖かい九州地方が圧倒的に多いです。男性と女性の差はあまりないようですが、毎年症例があり、かかる人はいるんですね。

東北、北海道の方の症例はないようですが、だから安心とは言いきれませんよね。症例がなくても、「絶対に感染しない」とは言い切れません。接種するに越したことはないと思います。

そして、気を付けなくてはいけないことがあります。それは、旅行やビジネスなどで渡航する場合です。渡航先で感染することもありますので、渡航先の国の感染率など、情報も調べておく必要があります

 

日本脳炎の症状と特徴

もしも日本脳炎にかかってしまったら、

  • 潜伏期間は6日~16日の後、高熱、頭痛、吐き気、嘔吐の症状
  • 続いて意識障害、異常行動、けいれん、筋肉の硬直などの症状が出る
  • 小児は、腹痛や下痢を伴うこともある
  • 重症例のうち50%が死亡、生存者の30~50%に精神障害や運動障害などの後遺症が残る
  • 幼小児や老人では死亡率は高い。

日本脳炎になる人は少ないとは言え、かかってしまったら死亡率や後遺症の残る率が高くて怖いですね。予防するためにも、予防接種の重要性が分かります。

ですがこの予防接種、誰でも受けられる訳ではないんです

 

予防接種を受ける前にチェック

以下は、予防接種を受ける前にチェックしておくことと、接種を見合わせる必要のある人です。

受ける予防接種について知っておく。

  • 接種前には問診票を書きます。その中に「この予防接種について理解していますか」という項目にチェックする欄があります。理解してチェックするためにも、あらかじめ調べておく必要があります。

接種するのは、当日子供さんの体調が良いときに。

  • 体調が良くない、当日熱が37.5度以上ある場合は接種が出来ません。

重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人

  • 重症な病気で薬を飲む必要のあるお子さんは、それに伴う異常を発症する可能性もあります。その日は接種を受けないまたは、医師とよく相談しましょう。

接種液に含まれる成分で、アレルギーを起すことが明らかな人

  • アレルギー(アナフィラキシーショック)は、通常接種後約30分以内に酷く起こります。その可能性がある場合の接種は出来ません。分からない場合は、医師に相談してみましょう。

その他、医師が不適当な状態と判断した場合

  • 上記の他にも、医師が診断し「やめた方が良い」と判断した場合には、受けることができません。

うちは以前少しの風邪で接種に行き、医師の判断で延期となった経験があります。うちの場合喘息を持っているので、軽い風邪でも安全を優先してくれたんだと思います。

では、予防接種を受ける場合の時期について見ていきましょう。

 

予防接種を予定していたら、お子さんの体にぶつぶつを発見。

「これってアレルギー?ただのかぶれ?」判断に困ったらまずこちらの記事をチェックしてみてください。

体にぶつぶつでかゆい?子供の体にできたその正体は発疹?

スポンサーリンク

 

予防接種の接種時期

定期予防接種は、各自治体が主体となって行っております。接種方法は自治体により違いがあると思いますが、ほとんどの自治体は接種対象者に予診票が届くのではないでしょうか。そこにも書いてあると思いますが、こちらでも見ていきましょう。

接種時期の分かりやすい表は下記になります。

引用サイト:日本ワクチン.net「日本脳炎ワクチンを受けましょう」

日本脳炎のワクチン接種時期は、大きく分けて2回に分かれます。

  • 第1期(ピンク色):生後6か月~7歳6か月の間
  • 第2期(オレンジ色):9歳~13歳未満の間

上記の期間の接種は公費で受けられますが、期間を過ぎてしまった場合は自己負担となります。

こんなに期間があいていると、「いつ接種しようか」と迷ってしまいますよね。でも、「標準的接種期間」という接種を推奨している時期があります。

【標準的接種期間】

  • 第1期初回(1回目):3歳
  • 第1期初回(2回目):第一期初回(1回目)接種後、6日~28日の間に接種
  • 第1期追加:第1期初回(2回目)接種後、おおよそ1年後に接種
  • 第2期:9歳~10歳の間に接種

この「標準的接種期間」を参考に接種の計画を立てることをおすすめします。

ですが、この日本脳炎の予防接種で副反応による事故(重篤)が起こり、一時期接種が控えられていた時期があるんです。

接種が控えられていた時期は、平成17年~21年度(生まれが平成7年4月2日~平成19年4月1日の間の方)です。その方たちは、20歳までにいつでも接種可能になっています。対象者には、各自治体より通知がくるのではないでしょうか。

うちの子は対象者ですが、自治体からの通知で接種可能が分かり、公費で受けさせることができました。

現在は、製造法により新たなワクチンができ、以前よりは安心して受けられるようです。そうは言っても、「薬でも他のワクチンでも「副反応」はよく聞くし、日本脳炎ワクチンの副反応もあるんじゃないのかな」と思いますよね。

そうです、副反応はあるんです。副反応と聞くとなんか怖いイメージですが、どんな副反応があるのかを調べてみました。

 

日本脳炎ワクチンの副反応とは?

現在日本で日本脳炎ワクチンは、乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン(不活化ワクチン)です。

こちらに「乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン」の取り扱い説明書を載せます。

参考:乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン(ジェービックV)

こちらの説明書を参考に、以下にまとめました。

【重大な副反応】

()の数値は頻度です。

ショック、アナフィラキシー

蕁麻疹、呼吸 困難、血管浮腫等があらわれることがある。(0.1%未満)

急性散在性脳脊髄炎

急性散 在性脳脊髄炎(ADEM)があらわれることがある。通常、接種後数日から 2 週間以内に発熱、 頭痛、けいれん、運動障害、意識障害等があらわれる。(0.1%未満)

けいれん

けいれんがあらわれることがある。通常、接種直後から数日ごろまでにけいれん症状があらわれる。(頻度不明)

血小板減少性紫斑病

血小板減少 性紫斑病があらわれることがある。通常、接種後数日から3週ごろに紫斑、鼻出血、口腔粘膜出血等があらわれる。(頻度不明)

脳炎・脳症

脳炎・脳症があらわ れることがある。接種後、発熱、四肢麻痺、 けいれん、意識障害等の症状があらわれる。(頻度不明)

重大な副反応がこんなに起こる可能性があるんですね。数値は低いとは言え、こんなにあるんだと思うと怖くなってしまいます。

もし、重大な副反応が出てしまった時の為の、救済制度もあるようです。

予防接種健康被害救済制度

予防接種が原因で副反応が起こり、それが医師により因果関係があると判断された場合は、

  • 医療機関で治療を受けた場合

治療に要した自己負担の費用、治療を受けるために要した諸費用を支給。

  • 障害が残ってしまった場合

年に4回、障害児養育年金を支給。18歳以上には、障害年金を支給。

  • 亡くなってしまった場合

葬祭料及び死亡一時期を支給。生計を立てる者がなくなった場合は、その遺族に遺族年金を支給。

このような制度があるんです。私もいつも予防接種で来院した先で制度の話を聞きます。考えたくはありませんが、一応頭の片隅に入れておくことも大切ではないでしょうか。

そして重大ではない、その他の副反応もあるようです。

【その他の副反応】

局所症状 (注射部位)

  • 腫脹、疼痛、そう痒感、発疹、蕁麻疹、内出血、出血(0.1%~5%未満)
  • 紅斑(5%以上)
  • 硬結、しび れ感、熱感(頻度不明)

精神神経系

  • 頭痛、失神・ 血管迷走神経反応、感覚鈍麻、末梢性ニュ ーロパチー

呼吸器

  • 咽頭紅斑、咽喉頭疼痛(0.1%~5%未満)
  • 咳嗽、鼻漏(5%以上)

消化器

  • 嘔吐、下痢、食欲不振(0.1%~5%未満)
  • 腹痛、嘔気(頻度不明)

皮膚

  • 発疹、蕁麻疹 (0.1%~5%未満)
  • 紅斑、そう痒症 (頻度不明)

その他

  • 発熱(5%)
  • 倦怠感、悪寒、四肢痛、関節痛、リンパ節腫脹、脱力感

たくさんありますね。注射部位が赤くなる程度の副反応はたまに聞きますが、他の副反応はうちの子も私の周りでも聞いたことが無く、「本当に?」と疑問に思います。

そこで、日本脳炎ワクチンで副反応が出てしまった方を調べてみました。

副反応が出てしまった方

今回は知恵袋より、日本脳炎のワクチン接種後に異常が出た方の声を集めてみました。

 

先日4歳の娘が日本脳炎の1回目の予防接種を受けました。
日中は元気だったのですが、突然夜中に高熱を出し、頭痛と手の痛みを訴えて救急病院へ行ったのですが、原因は分からず・・・。
副反応はあるとは聞いていたのですが、日本脳炎は以前に問題があったので心配です。
今は通常通り元気ですが、3週間後の2回目の接種を受けることをためらっています。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1445091259?__ysp=5pel5pys6ISz54KOIOWJr%2BWPjeW%2FnA%3D%3D

私も4歳の娘が日本脳炎の予防接種の副反応で、接種したその日の夜中に高熱がでました。
心配でかかりつけ医にみていただきましたが、『副反応かもしれないが何とも言えない。2回目を1ヶ月後に受けてまた熱が出るよいであれば副反応でしょう』ということでした。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1445091259?__ysp=5pel5pys6ISz54KOIOWJr%2BWPjeW%2FnA%3D%3D

先週日本脳炎の予防接種を受けました。
接種した夜に39.4℃の高熱。
翌日夕方頃解熱しました。
心配になり病院に行き症状を診てもらった所、少し喉が赤いけど問題ないとの事でした。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1244258822?__ysp=5pel5pys6ISz54KOIOWJr%2BWPjeW%2FnA%3D%3D

このまえ日本脳炎の予防接種を打ったんですけど、
赤く少し腫れてしまいました・・・

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1193360946?__ysp=5pel5pys6ISz54KOIOWJr%2BWPjeW%2FnCDotaTjgY8%3D

副反応が出てしまった子も中にはいるんですね。上記のように、部位が赤く腫れてしまったという子もいますが、熱が出てしまった子の方が多く感じました。

ただ「注射を打った部位が赤くなる」場合は、あきらかに副反応だとは判別出来るのですが、発熱の場合は「たまたま風邪など他の症状と重なっただけ」など区別が付きにくいように感じます。難しいですよね。

区別が付かない場合は、迷わず接種病院に連絡が一番です。

では、接種後どのようなことに気を付ければで良いのかまとめてみました。

 

接種後の注意

  • 接種後の全身反応は、接種後24時間以内、遅くとも48時間以内に起こることが多いそうです。異常が出たらすぐに接種病院へ行けるように、当日の遠出は避けましょう。
  • 特に30分間は注意が必要です。接種後30分間は接種会場で待機し、様子を見ましょう。
  • 当日の激しい運動は避けましょう。
  • 入浴は出来ますが、接種幹部はこすらないようにしましょう。
  • もしも発熱などの異常があらわれた場合は、迷わず接種病院に連絡をしましょう。

うちの子が受ける病院でも、上記のような注意をいつも聞きます。子供と一緒に30分間の待機は大変なんですよね。早くそこから出たくてぐずぐずに。ですが、子供さんの様子見のために必要なんです。接種には軽いおもちゃや絵本などを持っていくと良いと思います。

 

意識して気を付けていても、感染してしまったりする代表格はインフルエンザとノロウイルス。

もし発症してしまった時の対処法などが詰まっているこちらの記事も参考にどうぞ。

インフルエンザB型で子供が学校を休んだ時の対処法と症状

ノロウイルスから子供を守れ!感染した時の対処や予防策とは

 

まとめ

  • 日本脳炎とは、日本脳炎ウイルスに感染した蚊に刺されて移る感染症
  • 予防接種には、公費で受けられる定期接種と、自己負担の任意接種がある。
  • 渡航の予定がある場合は、渡航先の感染率を調べる必要がある
  • 接種する場合は、37.5度以上の熱がないとき、アレルギーや疾患がないなどチェックが必要。
  • 接種の標準期間は、3歳~4歳に3回9歳~10歳に1回
  • 重大な副反応は、アナフィラキシーショック、急性散在性脳脊髄炎、けいれんなどがある。
  • 予防接種健康被害救済制度がある。
  • 接種後の全身反応は、接種後24時間以内、遅くとも48時間以内に起こることが多い。
  • もしも発熱などの異常があらわれた場合は、迷わず接種病院に連絡をしましょう。

予防接種を受ける受けないは、接種者=保護者の判断になります。どちらもメリットデメリットがあり判断は難しいですね。でも、接種を控えて「日本脳炎になってしまった」という事態が起きた場合、大変苦しみます。

私は西日本に住んでることもあり、子供には接種させたいと考えています。迷われている方は、自治体の保健師さんや医師とよく相談してみましょう。子供さんの状態とその地域の発症率などを考慮し、一緒に考えてくださるはずです。

スポンサーリンク

 

<関連記事>
子供を賢く成長させる方法!育て方に失敗したと思ったら
子供の食べ物の好き嫌いの原因!対策としつけ方を紹介!
男の子の子育ては大変?女の子と育児方法がまるで違う?
幼児の虫歯対策!子供に教える歯磨きの大切さ
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編