妊娠出産の時に掛かる費用は、いったいどのぐらいになるのか?これから妊娠出産を考えている方にはとても心配の種になっていることと思います。

健康保健等で手当てをもらう時にも知らないと損する事もあるので、ここでは妊娠出産時に実際どれくらい出費があるのか?

また、様々なケースでもらえる手当てをお伝えしますので、しっかりチェックしておいてください!今回は妻目線の記事です。

 

スポンサーリンク

妊娠して初めにかかる費用

妊娠したかな?って思って産婦人科にかかりました。
最初の診察費は1万円ほどかかります。

ビックリされている方もいるかも知れませんが妊娠は病気ではないので保健保険が効きません。
おめでたの時は、毎月の妊婦検診を出産当時まで受診することになります。

妊婦健診の助成金が母子手帳と一緒にもらえます。

健康保健が効かない健診で出費も大きいので役場で助成金を出し、健診にかかる費用を軽減させるのが目的です。

その額は、市町村区役所で違うため是非確認してみてください。
大体平均で、初回8800円 2回目以降5400円になります。

ですが、この助成金があっても検査の種類や内容によって毎回4000円くらいは自費で払います。

<関連記事>

へそくり口座の作り方!絶対にバレたくない主婦必見!

 

確定申告で戻ってくるお金

診察費用など自費で払っているものは、全て領収書を保管しておきましょう!
なぜかと申しますと、年間10万円以上かかった場合、確定申告で申請すれば一部返金されます。

 

妊娠時期はどのような物が必要か

また、妊娠中でマタニティー用品で大体平均で5万円です。
妊婦用衣類関係・サプリメント(葉酸)・ボディーケアー用品等 人それぞれだとは思いますが色々と揃えるものも多いですね。

<関連記事>

妊娠中の運動不足解消!マタニティヨガの効果とは?

 

出産準備期間で必要な物は?

出産時に必要な物をそろえると、だいたい10万円近いお金がかかります。必要な物は、以下になります。

ベビー服3.4枚以上

洋服も夏服・冬服・肌着など必要になりますが、実際は少しづつ購入して良い服を買い足していくようにしたほうが有効です。
あかちゃんって汗っかきなので、あまり服が少なすぎると現実は洗濯が大変なので少しづつとは言え、最低でも3・4着くらいは必要です。

ガーゼ 5枚くらいは必要

赤ちゃんはよだれが多く出ることや、沐浴をするときに身体に掛けてあげるなど結構、幅広く使われるので、実際は多めに持っていても損はありません。

大小のバスタオル 5枚以上

ガーゼと同じくバスタオルも結構使います。汗をふく・沐浴後に身体を拭く・お包みにするなどまた、赤ちゃんは体温調整がうまく出来ないので体温調節などにタオルを使うことは非常に有効です。数多くあっても損はありません。

オムツとおしり拭き

出産後、結構使うな~って実感するのがオムツとおしり拭きだと思います。新生児の時はまめに交換してあげる必要があります。1日に10回から12回くらいが目安で新生児用オムツになります。

オムツは長い期間使うので、よく何日と何日は何%オフ!って広告が出たりする時にまとめて購入することをおススメします。

ミルクと哺乳瓶洗浄機・洗浄液関係

粉ミルクもいろいろな種類のものが出ていますが、よく産院で勧められるものもあるので参考にしてみるのも良いかと思います。

実際私が使った手段ですが、実際どれがいいのか?って産院の看護師さんに直接聞くのも現実味ある話が聞けるのでおススメですね!

ベビーバスと沐浴セット

あまりお金を掛けたくないというかたにお勧めなのは、親戚を頼るかリサイクルショップで購入することをおススメします。実際使う期間で短いものです。

<関連記事>

新生児育児でママの食事が適当だと母乳の栄養不足で危険?

スポンサーリンク

 

出産時にかかる費用

いよいよ出産になりますが、病院等にもよりますが30万~50万はかかります。また、帝王切開での出産の場合は、自然分娩と違い50万円~70万円と高額になっていきます。

別途費用として、個室やエステなどオプション的なプランを追加すると追加で料金も発生します。出産前後に病院でディナーなども用意されているケースも多いみたいですね。

出産時に申請すればもらえる手当て

該当するものは、申請をしないと損をします!

1健康保険から支給される手当として、1児につき42万円が出産一時金として支給されます。

2本人が働いていて98日間、給与の3分の2がもらえる出産手当金で、産前42日産後56日の出産休暇中は給与が支給されないので、勤務先の健康保険から出る手当金があります。

3高額医療費制度があり、月額81,000円以上かかった場合は申請すれば、ほぼ戻ってきます。

 

まとめ

妊娠期間・・・出費10万円   手当て(妊婦検診)初回8800円 2回目以降5400円

妊娠時期準備費用・・・出費10万円(マタニティー用品) 

出産準備費用・・・出費10万円(ベビー用品新生児用)

出産費用・・・30万から50万 *帝王切開等は手術費込みで50万~70万円

出産手当てとして、出産一時金 42万円。本人が働いている場合は、給与の3/2が支給される。

高額医療費制度 81000円以上かかった分ほぼ戻る。年間10万円以上の自費で医療費払った場合、確定申告をすれば一部戻ってくる。

出産は結構お金もかかってきますが、手当て等も良く調べていけば戻ってくることもあります。新しい家族が増える嬉しさもあるとは思いますが、冷静になって申請すれば確実に戻ってきます。

億劫にならずに手続きはしていきましょう。

 

[完全保存版]主婦のためのお金の悩みに役立つ情報まとめ

スポンサーリンク

お小遣い稼ぎ
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業で仕入れた商品をメルカリ,ヤフオク,アマゾンで売る方法
主婦が副業お小遣い稼ぎでせどり転売する時の仕入れ先!実店舗とネット仕入
専業主婦が副業で注意!収入103万円と130万円と150万円の税金の壁
子育て費用
年収から見える給料の手取り金額!税金など控除の計算方法も解説
共働きの家計簿事情。夫婦の生活費の財布は一緒?別々?節約方法も紹介
子育て費用総額まとめ!小学校入学までのお金の不安を解決!
赤ちゃんの妊娠出産に掛かる費用。知らないと損する手当と保険
節約
3人家族の食費はいくら?幼児がいる家庭の生活費の平均をチェック!
4人家族の食費はいくら?幼児がいる家庭の生活費の平均をチェック!
5人家族の生活費!食費を抑える節約術のみそは簡単に
節約して貯金をする為の生活方法。 ズボラ主婦が実践した節約法
子育て中の節約のコツって?疲れた顔は赤ちゃんに見せたくない!
電気代はエアコンで決まる。暖房の温度で電気代が安くなる
主婦が毎月気になる電気代。節約はカンタンに。ママの方必見
水道代を節約するグッズは?洗濯やお風呂の節水方法大公開!
主婦業で学んだ、毎日の献立、食費を浮かせる節約術!
貯金
20代の平均年収は?手取り,貯金額,お小遣い平均を徹底調査
30代の平均年収は?手取り,貯金額,お小遣い平均を徹底調査
夫のお小遣いと貯金額の各家庭の平均!貯金を増やす節約術
ママ貯金のやり方とコツを公開!楽しい仕方にして最強に捗る方法
1か月の生活費,30代夫婦で子供が2人の家庭では?
30代夫婦の平均貯金額てどれくらい?私の場合は2割です
40代の平均貯金額を徹底調査してみた結果
へそくり
へそくり口座の作り方!絶対にバレたくない主婦必見!
へそくりの意味とは?上手な隠し場所、主婦のへそくりの平均額は?
子供が自転車で怪我した時のおすすめ保険は?無料保険相談で解決
ファミリーカーならセレナ,ボクシー,ノア!おすすめは?