入学祝いなどでのし袋を使うことが多くなる時期ですね。いざ用意しようと思うと、案外正しいマナーが分からないという方は多いでしょう。

この機会に、のし袋の選び方や書き方などのマナーについて確認しておきましょう。

スポンサーリンク

 

どんなのし袋を選んだらいいの?

いざのし袋を買いに出かけても、いろいろな種類があってどれにしたらいいのか迷ってしまいます。
入学祝いののし袋を選ぶポイントは2つあります。

  • のし袋のクオリティが中の金額に見合っているか。
  • 水引は蝶結び(花結びともいう)であるか。

金額に合っているか

のし袋には水引が実際についているものと印刷されたものがあります。これは、中に入れる金額にあわせて使い分けましょう。

簡素なのし袋を開けてみたらたくさん入っていたというならビックリ効果で喜びも倍増かもしれませんが、のし袋だけやたらと豪華で、期待して開けたら思ったより中身が少なかったとなると期待はずれ感がただよってしまうかもしれません。とくに子供は顔に出やすいですからね(笑)

あらかじめ金額を決めてから買いにいくといいでしょう。

水引が印刷されたタイプ

一般的なマナーとしては、3万円位までであれば印刷タイプののし袋で良いとされています。しかし実際には、1万円位までのお祝いを包むときに多く使われているようです。

水引がついたタイプ

2、3万円以上から使います。最近ではパッケージに目安の金額が書いてあるものがほとんどです。買う時に確認してみてください。

<関連記事>

入学祝いのお返しはどうする?相場や時期、人気商品をご紹介。

水引は蝶結びを選ぶ

水引にはたくさんのデザインがあります。本来は結び方、本数、色、左右の配置など細かい決まり事があり、贈り物の目的によって使い分けられています。これを細かく勉強しようと思うと大変です。
最低限押さえておかなければならないポイントだけしっかり確認しましょう。

入学祝いには「蝶結び」です。

「蝶結び」と「結びきり」

水引には、大きく分けて「蝶結び」と「結びきり」の2つがあります

蝶結び

蝶結びは何度でも結び直せることから何回あってもいいお礼やご挨拶、記念行事の贈答に使います。例えば入学祝いなら、子供が複数いれば子供毎にお祝いしますし、一人の子供でも入園、入学、進学と人生のうちに何回も祝う機会があります。出産祝いも蝶結びを使います。何人産まれてもおめでたいことだからです。

結びきり

それに対して、結びきりは結び目が固く簡単には解けないことから一度きりであってほしい場合に使います。

二度と繰り返さないようにと思いを込めてきゅっと結んであるんですね。
結婚はその代表です。

普通は2度目や3度目があると思いながら結婚することはありませんよね。結びきりのひとつであるあわじ結びは、両端をもって強く引っ張るとさらに強く結べることから、末長くお付き合いできるようにとの意味も込められているそうです。

また、お悔やみ全般にも結びきりが使われます。おめでたいことには紅白、お悔やみには黒白の水引が使われます。

水引のないのし袋

水引がないタイプののし袋も近年多くなっています。2、3万円位までのお祝いなら水引なしでもよいとされているようです。
しかし、水引はなくてものしは必要と考える人も多いようです。

のし袋の”のし”とは

そもそものし袋の”のし”って何を指しているかご存じでしたか?私はお恥ずかしいことに全く知りませんでした。

のしとは、これのことです↓

冠婚葬祭で贈る金品やそのお返しは、奉書(厚手で上質な和紙)に包み水引をかけるのが基本の体裁です。これは古代、神様にお供え物をした風習に由来しており、贈り主の身の汚れや外界の悪疫からその品物を隔てるためと言われています。

また、そのお供え物として当時貴重だったアワビなどの海産物をお神酒に添え、祝いの気持ちを示す習慣がありましたが、いつしか日持ちするよう乾燥させたのしアワビが使われるようになりました。さらに簡略化され、奉書などの白い紙に印刷されるまでになり、現在の「のし紙」や「のし袋」となったのです。

引用https://allabout.co.jp/gm/gc/1829/

迷った時には昔ながらのものが一番

水引なしのかわいいデザインのものもいいと思います。特に身近な間柄の子供に渡すのなら喜ばれるのではないでしょうか。
しかし、贈る相手が上司の子供などの場合は、オーソドックスなのし袋を選んだ方が間違いがないでしょう。
迷った時には昔ながらのものが一番です。

<関連記事>

[完全保存版]入園式・入学式に役立つ情報まとめ

 

のし袋の形

「多当折型」「風呂敷折型」「ひだ折」の3種類があります。どれを使うかは地域差があります。

  • 「多当折型」→上下を折り返すもので、関東で多く使われます。
  • 「風呂敷折型」→風呂敷包みのように折るもので、関西で多く使われます。
  • 「ひだ折」→正面にひだをつけるもので、関西で多く使われます。

スポンサーリンク

<関連記事>

入学式のママのバッグは工夫が沢山!失敗知らずのバッグ選び

 

のし袋の包み方

「風呂敷折型」「ひだ折」ののし袋であれば、はじめについていた折り目の通りに包んでいけば良いでしょう。

「多当折型」の場合には、上下を間違えないよう注意する必要があります。袋から出してすぐに、一度写真を撮っておくといいかもしれません。逆だと弔事のやり方になり、大変失礼です。気を付けましょう。

お祝いの場合には上向きが外側です。「祝い重ね」とも呼ばれ、おめでたいことや喜びを受け止める上向きの気持ちを表します。

弔事なら下向きが外側になります。下向きの気持ちを表します。

 

中袋の書き方

金額、住所、名前など記入する欄があるものとないものがあります。どちらも上包みを外した時に誰からいくらもらったか分かるように記入しておきましょう。

相手がお礼状を書くのに住所が書いてあると親切ですし、そこから年賀状などの交流が始まることもあります。

 

金額を記入する欄がない場合

表の中央に金額と、裏の左側に住所と名前を書きます。

 

金額を記入する欄がある場合

裏の金額記入欄に金額と、表の左側に住所と名前を書きます。

使用する数字の書き方

横書きの場合算用数字を使います。
例)10,000円

縦書きの場合は旧漢字を使います。
例)壱、弐、参、四、伍、六、七、八、九、拾、萬、圓

ちなみに
ご祝儀に現金を包む時、四、六、九は縁起の良くない数字とされています。
四→死を連想させる。
六→慶事では避けるべき数字。
九→苦を連想させる。

お金を入れる向き

表に人の顔がくるようにします。お札は同じ向きにそろえましょう。新札のご用意を忘れずに。

のし袋に包む時も、表に人の顔がくるようにしてください。

表書きと名前

のし袋の表には、何についてのお祝いかを示す表書きと送り主の名前を記入します。

“おめでたいことは濃くハッキリと祝う”ことから、毛筆や筆ペンなどの濃い黒を使います。薄墨は弔事で使うものですので、間違わないようにしましょう。

地域によってはボールペンやサインペンで書くところもあるようです。

表書きの書き方

中央にある水引より上に縦書きします。あらかじめ印刷されているタイプもあります。

入学祝いの表書きは様々なバリエーションがあります。「祝御入学」「入学御祝」「祝御入学」などです。高校や大学など受験を経て入学した場合には「合格御祝」「祝合格」もいいでしょう。

四文字で書くのが縁起が悪いのではと気になる場合は、祝の字を大きくしたり、祝と御入学の間にスペースを開けます。

かしこまらなくてもよい間柄であれば、親しみを込めて「御入学おめでとう」「御入学おめでとうございます」と書いてももいいでしょう。この場合は2行に分けます。

名前の書き方

名前は、水引より下に表書きより少し小さな字で書きます。人数や関係性によって書き方が変わります。

  • 個人→真ん中に氏名。
  • 夫婦→右側に夫、左側に妻(妻は名前のみでも可)。
  • 連名→3人までは氏名を列記する。
       上下関係がある時は、右から地位の高い順番に記入。
       友人同士のように関係性が平等の時は、右から50音順に記入。
       4人以上の時は右に代表者、左に「他一同」もしくは「外一同」と記入。別紙に代表者以外の名前を書              いた紙を同封。

お祝いの渡し方

孫や親戚など、普段から気軽なお付き合いがあるなら堅苦しく考えなくてもいいかもしれません。でもお祝いを渡す相手がある程度の年齢なら、マナーを教えてあげる意味できちんとお渡しするのもいいかもしれませんね。

考えてみれば、私は誰かからふくさを使ってきちんと頂いたことはない気がします。それなので、初めて結婚式にお呼ばれしたときも何をどうしていいか分からずドギマギしてしまいました。

のし袋を買ったビニールの袋に入れて持っていたので、出しづらくて壁際でコソコソしてました(笑)落ち着いてふくさからさっとお祝いを取り出した友人が、ものすごくかっこよく見えたものです。

マナーを知っている人って素敵ですよね。それを教えてあげるというのもプレゼントのひとつかもしれません。こんなこといってると、またオバサンと言われるのかしら(笑)

渡し方のマナー

  1. ふくさをはずします。
  2. 畳んだふくさの上に、相手から見て文字が見える向きにのし袋を置きます。
  3. お祝いの言葉と一緒に渡します。

ちなみに、ふくさの色にもマナーがあります。

  • 赤、桃色→慶事、お祝い
  • 紺、緑→弔事、お悔やみ
  • 紫→慶事、弔事のどちらにも使える

ふくさでのし袋を包んで持ち運ぶと、水引の形が崩れたりのし袋がしわになったりしません。大切に運ぶことで相手の喜びの気持ちを大切にするという意味もあるそうです。

まとめ

入学祝いののし袋を選ぶポイントは、第一にのし袋の外観と金額が合っているか、そして水引は蝶結びであるかです。

のし袋には水引が印刷されたもの、水引がついているもの、水引がついていないものがありますが、中に入れる金額に合わせて選んでください。

水引がなくてものしは必要と考える人もいるので、迷ったときにはオーソドックスなのし袋が一番かと思います。

水引には大きく分けて「蝶結び」と「結びきり」の2つがありますが、何度あってもいい入学祝いには何度でも結び直せる「蝶結び」を選びます。

のし袋の形は、「多当折型」「風呂敷折型」「ひだ折」の3種類があります。どれを使うかは地域差がありますのでご確認ください。
「多当折型」の場合には、上下を間違えないよう注意する必要があります。
お祝いの場合には上向きが外側です。

中袋には金額、住所、名前など記入する欄があるものとないものがあります。見本を載せていますので、参考にしていただけると幸いです。

お金を入れる向きは表に人の顔がくるようにします。
表書きと名前には毛筆や筆ペンなどの濃い黒を使います。薄墨は弔事で使うものですので、間違わないようにしましょう。

表書きのは中央にある水引より上に縦書きします。

名前は、水引より下に表書きより少し小さな字で書きます。人数や関係性によって書き方が変わります。

渡し方
1、ふくさをはずします。
2、畳んだふくさの上に、相手から見て文字が見える向きにのし袋を置きます。
3、お祝いの言葉と一緒に渡します。

新しい人生のステップを踏み出す子供たちに、正しいお祝いをしてあげられるといいですね。
この記事が参考になれば嬉しいです。

[完全保存版]入園式・入学式に役立つ情報まとめ

スポンサーリンク

<関連記事>
<特集記事>
<関連記事>