保育園や幼稚園への入園、小学校や中学校、高校、大学への入学はお子さまの大事な人生の節目です。親戚や友人からお祝いを頂く機会もあるでしょう。

入学祝いに対してお返しは必要なのか、また何を贈ったらいいのかと悩む方も多いかもしれません。

そこで今回は、入学祝いのお返しについてまとめてみました。

今回の記事はMさんです。

スポンサーリンク

 

入学祝いにお返しは必要?

一般的に入学祝いに対してお返しは必要ないとされています。なぜなら入学祝いは子供へのお祝いだからです。

子供は働いて収入を得ていない=お返しをする能力がないという考え方です。

そもそも入学祝いは、学用品などで物入りなこの時期に子供が勉学に励めるように援助をするという助け合いの気持ちから生まれた習慣だそうです。

地域や家族によって違う

しかし地域や家族によっては、お返しをするのがマナーという場合もあります。その土地の慣習がそれぞれあるので、家族や先輩ママに聞いてみるといいでしょう。

もし、引っ越したばかりなどの事情で頼れる人がいないなら、地元のお祝いの品を扱っているお店や百貨店などで聞くことができます。

親戚には半分とまでは行かないまでも〇雲堂、風〇堂の和菓子を内祝いということで。

松江は「返し」にうるさい土地ですし。

親御さんには必要ありませんがランドセル着用の写真など上げると喜ばれると思います。

うちは、親戚の子どもへの卒入学のお祝いにはお返しはしないですね。

お互いにやったり、もらったり、で、帳消しというか。

その人に子どもがいなくても、代々そうやってきたからお互い様という感じです。

引用URL https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12173124197

私が育って家では、お祝いの返しはしませんが、嫁ぎ先の家は、お返しをするので、少し驚きました。

親戚(兄弟からの祝)のお返しは、菓子折りとお祝いの金額の半分の商品券です。なので、お祝いをもらっても、下手をすると赤字になるときがあります。両親は、菓子折りと、入学式の写真位かなあー。

引用URL https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11104479211

取り急ぎお礼を

お祝いに対してのお返しは不要といっても、もらったまま音沙汰無しではお祝いをくださった方に対して非常に失礼です。

相手が郵送してくれたなら、ちゃんと届いたのかどうか心配するでしょう。

お祝いを頂いた時には、取り急ぎお礼をするようにしましょう

もちろん頂いたのは子供ですから、本人に直筆の手紙を書かせたり、お礼の電話をさせます。

お祝いを頂いた時にすぐにお礼を言うのは、とても大切なマナーです。親として、子供が小さいうちからきちんと教えてあげたいですね。

<関連記事>

子供の教育費用の平均を徹底調査!大学までの総額まとめ

幼稚園の入園式での男の子の服装や髪型はどんなものがいい?

幼稚園の入園年齢は?年少からの役立つ年齢早見表も掲載!

 

内祝い

入園、入学、進学は基本的に身内のお祝い事です。祖父母、両親の兄弟姉妹や日頃から親しくしている人が中心となります。

しかし、中には仕事関係の方や祖父母のご友人、ご近所の方から頂くケースもあるかもしれません。

一般的に入学祝いにはお返しは不要だといっても、してはいけないというわけではありません。感謝の気持ちと、これからも温かく見守ってくださいというメッセージを込めてお返しをしてもいいでしょう。

子供が頂いたとはいえ、親同士の付き合いもあります。大切な門出を祝ってもらったお返しとして贈り物をする人も少なくないようです。

その場合は内祝いとしてお返しをします。こういう習慣は日本ならではのようですね。

 

そもそも内祝いって?

お返し」と「内祝い」は本来は別のものです。

しかし、現在では内祝いは”お祝いを頂いた方へのお礼のお返し”として同じように考えられています。少しややこしいですね。

内祝いとお返し

「お返し」とは、あくまでお祝いをくださった方へお返しすることです。

そして「内祝い」とは、お祝い事のあった家が、その幸せを親戚やご近所の親しい人たちと分かち合うためにお披露目もかねて記念の品を贈ります

例えば、結婚や出産ではそれぞれ夫婦や赤ちゃんの名前を入れたのしをつけた品物を送り、新築祝いでは品物の代わりに家に招待してお披露目の食事会をするのが一般的です。

また、病気快気は心配してくれた人たちに回復したことを知らせます。

本来の意味での内祝い

本来の意味での内祝いでは、お祝いを頂いていない人にも贈ることがあります。

私自身も内祝いでご近所からお赤飯を頂いたことがあります。親戚に赤ちゃんが産まれて遊びに行った時は、隣近所に紅白まんじゅうを配ってましたね。

当時は食欲旺盛な小学生でしたので、兄と弟と一緒に残ったまんじゅうをもらおうと狙っていたのを覚えています(笑)

私の実家と親戚の家は埼玉の田舎ですが(こんな言い方をしていても私は誇りある元埼玉県民です!)、結婚して東京に来て、娘が生まれた時には”お返しとしての内祝い”のみでした。やはり地域によって差があるのですね。

それでは参考までに、内祝いの相場や時期、人気の品物についてご紹介していきます。

 

内祝いの相場

入学祝い金の相場を調べてみると、幼稚園から大学まで全て10,000円という金額が相場となっています。

しかし一方で、幼稚園では入園金が多く掛かることから10,000円以上を包まれる場合も多くありますし、小学校入学の際にはそれぞれの祖父母から勉強机とランドセルをプレゼントされるケースがありますから、相場はあくまでも目安として考える程度でよいのではないでしょうか。

引用URLhttps://sk-imedia.com/nyugakuiwai-6064.html

お返しの内祝いの相場は、頂いた金額の3分の1から半額位とされています。

そうすると、10,000円のお祝いに対しては、お返しする品物の金額は3,000~5,000円程度が目安となりそうです。

それ以上になると相手に気を使わせてしまったり、お祝いを突き返したかのような印象を与えてしまうかもしれません。

また、50,000円以上のお祝いを頂いた場合、3分の1から半額のお返しをすると高額なお返しになってしまいます。こういった場合は状況に応じて5,000~10,000円程度のものを送ってもよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

内祝いの時期

入学式が終わってから、あまり日をあけないよう1ヶ月以内には贈るようにします

無事に入学出来た報告として、入学式や新生活の様子を伝えられるといいですね。

近くであれば、直接お礼が言えるように子供と一緒に訪問します。遠方で出来ない場合は、直筆のお礼状と入学式の写真を添えて送りましょう。

入学祝いは入学式までに贈るものとされています。なかなか直接会う機会のない遠方の親戚だと、お正月にお年玉と一緒に頂いたりすることもあるかもしれません。

仮にお祝いを早めにもらったとしても、内祝いを贈るのは一般的に入学式の後とされていますので気を付けましょう。

また、”贈ったことを忘れてしまった頃に内祝いが届く”が、マナー違反の第1位となってます。

確かにあまりにも遅いと、後回しにされてしまったのかと感じてしまいますね。人間関係のもつれに繋がらないように、心を尽くしたいものです。

《入学内祝いでマナー違反だと思うのは?》

1位「送ったことも忘れたころに届く」

2位「送ったギフトより高価なものをもらう」

3位「本人や家族以外から間接的に渡される」

4位「包装されていないもの」

5位「送ったギフトの3分の1以下のものをもらう」

《もらってうれしかった入学内祝いランキング》

1位「商品券・ギフトカード」

2位「現金」

3位「カタログギフト」

4位「スイーツ」

5位「洗剤や入浴剤などの消耗品」

年代によって喜ばれるお返しは違う

ランキングで1~3位にランクインした内祝いを「もらってうれしかった」と答えた方を年代別に見てみると、商品券やカタログギフトはほぼどの年代でも同じような受け入れ方をされています。

しかし、現金の内祝いは年代が高くなるほど「うれしかった」と答えた割合が少なく、特に年配の方々は現金でお返しをもらうことに抵抗を感じるようです。

引用URLhttp://www.ringbell.co.jp/giftconcierge/1649

人気の内祝い

個人的な話ですが、私の義姉は普段からある銘柄のビールだったらいくらあっても困らないと言っていて、贈り物に困ったことはありません。

そんな方ばっかりだったら助かりますよね(笑)

金券

商品券、ギフトカード、図書券などの金券は送られた相手が自分で好きなものを選べるのがいいところです。

ネットでお買い物をされる方ならAmazonのギフト券も選択肢に入れてみてもいいかもしれません。

ただし、あからさまに金額が分かってしまうのが気になる人もいますので気を付けましょう。

カタログギフト

 

 

相手が好きなものを選べて、なおかつ金額がひと目で分かりにくいのがカタログギフトです。

幅広い商品の載せられたものからグルメに特化したものまで様々なものがあります。

食卓に出せるちょっとした一品

食卓のちょっとした1品になるようなもの 主婦目線で、個人的にこれはかなりアリです(笑)特に日持ちのするものなら、ちょっと疲れてしまったり忙しい日に重宝します。

ちなみに、今半の佃煮は完全に自分の好みでチョイスしました。混ぜご飯にしてもいいし、お弁当に入れても主人の評判良かったですよ。ごはんが進みますからね。

お菓子

日持ちのする焼き菓子等が良いでしょう。定番の老舗ブランドが、送って安心貰って安心です。 ヨックモックは私も主人も娘も大好きです。

ゴディバのチョコレートも、もらってうれしいお菓子の一つです。  

コーヒー、紅茶

コーヒーは定番のスターバックスが人気のようです。

相手の好みが分かっているなら紅茶でも喜ばれるでしょう。 お子さんのいる家庭なら100パーセントジュースもいいですね。 

高級タオル

タオルを送るなら、自分では買わないようなちょっと贅沢なタオルがおすすめです。 今や世界的に知られている今治タオルは、安定のクオリティで安心して贈れますし、ふわふわ感が違います。    

洗剤

一人暮らしでも大家族でも、誰もが日常的に使うものなのでストックになっても困りません。ただし、香りの強いものは好みがあるかもしれません。実は私が苦手なのです。

自然な香りのものや肌に優しい天然素材のものなら、誰にでも喜ばれるのではないでしょうか。

祖父母へのお返し

祖父母にとってはかわいい孫の晴れ姿が何よりのお返しです。

無難な品を贈ったのでは、一線を引いているようで寂しい思いをさせてしまうかもしれません。 「いただいたお祝いでこんなものを買いました」とか「子供がこんなに喜んでいます」と伝えてあげるのが、一番嬉しいのではないでしょうか。

子供の写真をフォトブックにして一緒に渡してあげたり、写真つきのメッセージカードを利用するのもいいでしょう。

私は毎年のお誕生日に撮った写真をフォトフレームにいれてプレゼントしていますが、喜んでもらえているようで玄関にきれいに並んでいます。

また、子供と一緒に楽しめる場をつくるのもおすすめです。

お食事を一緒にしたり、レジャーを一緒に楽しんだり。普段はなかなか会えない遠方の祖父母であれば、孫に会えて喜んでくれること間違いなしです。

 

まとめ

入学祝いを頂いたら一般的に入学祝いにはお返しは不要とされています。 しかし、地域や家族によってはお返しをするのがマナーとする場合もありますので、家族や先輩ママ、地域のお祝いの品を扱っているお店、百貨店などで確認しましょう。

また、子供にお祝いを頂いたお礼をさせるのは大切な親の務めです。

取り急ぎお礼状か、お礼の電話をさせるようにしましょう。 一般的に入学祝いにはお返しは不要といっても、感謝の気持ちとこれからも温かく見守ってくださいというメッセージを込めてお返しをしてもいいでしょう。

その場合、内祝いとして贈り物をします。 内祝いのマナー 内祝いはいただいた金額の3分の1から半額位が相場です。入学式が終わってから1ヶ月以内に贈りましょう。入学式の写真や、本人からの手書きのお礼状も忘れずに。

お返しとして金券、カタログギフト、日常使いの消耗品(食卓のちょっとした1品になるようなもの、お菓子、コーヒー、紅茶、タオル、洗剤)などが人気のようです。

ただし祖父母であれば、無難な品を贈るよりかわいい孫に関係したプレゼントの方が喜ばれるはずです。お食事会やレジャー等もおすすめです。

良かったら参考にしてください。

[完全保存版]入園式・入学式に役立つ情報まとめ

スポンサーリンク

<関連記事>
<特集記事>