小学校の入学式は保育園や幼稚園と比べてカチッとスーツで決めてくるお母さんが多いようです。スーツを購入する際、コサージュも沢山目にするでしょう。

『コサージュはつけなきゃいけない物なの?』『アクセサリーもつけて、コサージュもつけたら派手では?』『コサージュをつける位置は決まってる?』そんな疑問が生まれますよね。

今回はそんな方に、入学式に最適なコサージュ、色の選び方、つける位置などを紹介します。

スポンサーリンク

 

そもそもコサージュはつけなきゃいけない?

結論から言うと、コサージュは絶対に準備しなければいけないものではありません。ですがコサージュには相手をお祝いするという意味があるそうです。

自分を飾る為のものではないんですね。ですが、つけた方が品も出ますし華やかさも出ます。せっかくの入学式ですから、お祝いの気持ちをコサージュでも表せたら素敵ですよね。

では、どんな風にコサージュ選びをしていくかおすすめを紹介していきます。

フォーマル向きのコサージュとは

コサージュにも種類があり、フォーマルな場で使用するのに向き不向きがあるようです。

オーガンジー素材のコサージュ

オーガンジー素材とは薄手で透け感のある生地です。

スーツのジャケットやワンピースとの相性が良いとされているので、この生地で作られたコサージュは入学式にとてもおすすめです。

販売されているコサージュもこの素材の物の種類が多い気がします。

また、コサージュと言うと大きなお花をイメージするかと思いますが、私自身大きなお花をつけるのは少し抵抗があります。

同じように感じている方も中にはいるのではないでしょうか。そんな方にはパールやスパンコールのついたあまりお花が強調されていない物もありますので、そちらがおすすめです。

パール ビーズ モチーフコサージュ

この商品はパールやビーズが付いており、お花がそれほど強調されていないので、お花のコサージュに抵抗がある方でも使えそうです。

大きさが約9センチと小ぶりなようですが、アクセサリーとも合わせやすそうですし色々な場面で使えるデザインなのでおすすめですよ。

プリザーブドフラワーのコサージュ

プリザーブドフラワーとは生花を枯れないように加工した物であり、このコサージュも入学式に向いているとされています。

私個人的な意見ですが、生花をつけるのはどちらかと言うと主役のイメージがありますので、もしお母さんがつける物であれば小ぶりで控えめな物が良さそうです。

コサージュトリプルピーチ

この商品はプリザーブドフラワーのコサージュですが、とても控えめな印象を受けます。色も柔らかく合わせやすいですし、小ぶりなので入学式におすすめできる物でしょう。

ヘアアクセサリーとしても可愛く使えますね。

フォーマルな場には向かないコサージュもある

麻や木綿、ニット、フェルト素材のコサージュ

反対に麻や木綿、ニットやフェルト素材のコサージュはどうしてもカジュアルな雰囲気になってしまいますので、入学式などのフォーマルな場には向かないようです。

カジュアルな作りで可愛らしいですが、普段のおしゃれにプラスしてあげましょう。

コサージュは卒業式でも使えますよね。こちらも参考にしてみて下さい。

卒業式にコサージュは必須?母親が選ぶべき色と付ける位置

 

アクセサリーもコサージュも両方つける?

ネックレス、ピアス、コサージュ全てつけると確かに派手に感じてしまうかもしれませんね。ですが、マナーとしてはダメではありません。

ただ、無理に全部つける必要もありませんよ。個々に存在感のありすぎる物をつけると喧嘩してしまいますので、あまりにも気になる場合はコサージュだけにしましょう。

入学式でのアクセサリーはパールの物をつける方が多いと思います。その場合はコサージュにも少しパールがついていると統一感があり良いですね。

パールつきサテンローズコサージュ

こちらの商品はサイズ的にも10.5センチとあまり大きくなく控えめですし、パールのアクセサリーとも相性が良さそうです。

サテン素材なので光沢もありますし、品が出るのでおすすめです。カラーも淡い色が揃っているので選びやすそうですね。

スポンサーリンク

アクセサリーも一緒に、というのであればコサージュとのバランスも考えて選んでみて下さいね。

卒業式のアクセサリーは?ネックレス,ピアス,コサージュを紹介

 

入学式に相応しいコサージュの色とは

入学式は明るめのスーツやジャケットを着る方が多いかと思います。その色に合わせてコサージュも淡い色で、派手すぎないものを選ぶと良いでしょう。

ゴールドのコサージュは派手になってしまいますし、反対に黒のコサージュはお祝いの場には不向きとされていますので、入学式でつけるのは避けた方が良さそうです。

ベージュ系の色味のスーツを着る方

入学式ではベージュ系のスーツを選ばれる方が多そうですね。ベージュ系のスーツだとどの色でも合わせやすいです。

  • 明るいイメージが好きな方はピンクオレンジ
  • クールなイメージが好きな方は淡いパープルブルー

がおすすめです。

バラのつぼみさがりコサージュ

この商品は落ち着いたデザインでどんな場面でも使えそうですね。カラーバリエーションも豊富で、色味に柔らかさがあり全体的に清楚で控えめな感じがします。

どんな色でも合わせやすいベージュ系スーツにはピッタリの商品ではないでしょうか。

淡い色が苦手な方

中にはいつも暗めの色の洋服を選びがちで明るいスーツに抵抗がある方、似合わないと思っている方もいるかもしれません。

そんな方はスーツの中に暗めのシャツやキャミソールを着たり、リップやチークをローズ系の少し濃い色を選ぶと抵抗無く着られるかもしれませんので試してみてください。

黒のスーツを着る方

黒は暗い雰囲気になりやすいので淡い色を合わせるのが良さそうです。

  • 柔らかい印象を与えるなら淡いピンク
  • かっこ良い印象を与えるなら薄いパープル

がおすすめです。

ブライトオーガンジー3つ花コサージュ

この商品はバラが3つ付いていてとても可愛いですね。透け感のあるオーガンジー素材で作られているので、上品さもありますし女性らしいデザインです。黒のスーツに優しく馴染んでくれそうなコサージュかと思います。

明るいグレーのスーツを着る方

明るいグレーのスーツを着る方は少し地味になりやすいです。ピンクオレンジのコサージュをつける事で、華やかになり良さそうです。

選べるラメ有・無 プリザーブドフラワー コサージュ

この商品はプリザーブドフラワーのタイプです。ラメも有りか無しか選べるそうですが、グレーのスーツは地味になりやすいのでラメ有りでも問題ないかと思います。

このコサージュをつけるだけでグレーのスーツも一気に華やかになりそうですよ。

ネイビーのスーツを着る方

ネイビーのスーツはわりと暗めの印象になりがちですので、ホワイトクリームのコサージュをつける事で明るい印象になります。

シャルマンフルール 花コサージュ

この商品は小ぶりなようですが、とても高級感があります。小柄な方や、アクセサリーもつけている方はこのくらいの大きさだと主張しすぎず付けられそうですよ。

このコサージュの上品さを引き立たせるのがネイビーのスーツと言っても良さそうなくらい、相性は抜群です。

同じスーツでもコサージュを変える事で雰囲気も変わる

保育園、幼稚園からこういった式典はありますが、その度にスーツを買いかえるのは大変ですよね。中には同じスーツで出席する方もいるでしょう。

最近では入学と卒業どちらも暗めのスーツを着る方も増えているようです。そんな方でも、コサージュを変える事で雰囲気を変えられます。

上記を参考にコサージュの色選びをしていただければと思います。

スーツなどの全身コーデはこちらの記事も参考になりますよ。

保育園の入園式はどんな服装?30代の母親の入園式コーデ

保育園の入園式の服装は?40代の母親のためのコーディネート

 

コサージュのつける位置

コサージュのつける位置は悩まれる方が多いですが、決まりはないんです。一般的には左胸につける方が多いですね。

ジャケットの種類で位置を決める

一番簡単なのはジャケットの襟が有るか無いかで位置を決める事です。

  • テーラードジャケットのような襟のあるものの場合は襟元につける。
  • ノーカラージャケットのような襟のないものの場合は左側の胸元につける。

というように、襟の有り無しで位置を決めます。

見せ方で位置を決める

入学式でもファッションを楽しみたい方は見せ方を考えて位置を決めても良いですね。

  • 若々しく見せたいなら左腕の付け根の真ん中辺りにつける。
  • スッキリ見せたい場合は鎖骨の上辺りにつける。

というように、見せ方の工夫もあるようです。

先程もお伝えしたように、コサージュの位置に決まりはありませんのでこちらを参考にしつつ、鏡の前でコサージュの位置を調整してみてくださいね。

自分の気に入る位置が見つかるかもしれませんよ。

「相手をお祝いする」という意味でつけるコサージュ。そういえば、親戚や友人から入学のお祝いをいただいたらお返しはどうしたらいいの?と分からない場合はこちらで詳しく解説してあります。

入学祝いのお返しはどうする?相場や時期、人気商品をご紹介。

 

まとめ

それでは入学式でのコサージュ、色や選び方、付ける位置についてまとめます。

  1. コサージュは絶対につけなければいけないものではない。
  2. ジャケットやワンピースと相性が良いのはオーガンジー素材、お花が苦手ならビジューコサージュが良い。
  3. プリザーブドフラワーのタイプなら小ぶりな物だと尚良し。
  4. アクセサリーとコサージュで派手になってしまう場合はコサージュだけでも良い。
  5. アクセサリーもコサージュもつけたい場合はパールで統一すると良い。
  6. コサージュは基本的に明るい淡い色を選ぶ。
  7. ゴールドや黒のコサージュは避ける。
  8. スーツの色に合わせてコサージュの色を決める。
  9. コサージュの位置は襟の有り無しで決めるか、見せ方で決める。

この9つの点に気を付けてコサージュを選び、付けると失敗せずに入学式に参加出来そうですね。

あまり親が緊張してしまうと、子どもにも伝わります。入学式の直前になってバタバタするよりも、事前に準備を整えドンと構えていた方が良いでしょう。

その方が子どもも余裕を持って入学式に臨めますよね。

是非、素敵な入学式を迎えてくださいね。

[完全保存版]入園式・入学式に役立つ情報まとめ

スポンサーリンク

<関連記事>
子供を賢く成長させる方法!育て方に失敗したと思ったら
子供の食べ物の好き嫌いの原因!対策としつけ方を紹介!
男の子の子育ては大変?女の子と育児方法がまるで違う?
幼児の虫歯対策!子供に教える歯磨きの大切さ
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編