幼稚園の遠足のおやつはどうしている?オススメのおやつは?

遠足の時に意外と困るもの、それはおやつです。

各幼稚園によって、おやつの制限などありますが、金額や個数等が特に指定されてなかった場合、どんなものをどのくらい用意していけばいいのか本当に迷いますよね。

私が小さい頃は、おやつは300円までと指定があり、スーパーの駄菓子コーナーで選んでた記憶がありますが、幼稚園ごとに決まりは様々です。

最近では、自分の分だけでなく周りにもおやつをあげたり交換したりと色々あるようです。

今回は、最近の幼稚園でのおやつ事情と、どんなものを持たせたら良いのかをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

おやつの用意は幼稚園によって異なります

遠足のおやつは各自で用意するのが一般的ですが、幼稚園によっては園でおやつを用意してくれたり、アレルギーの問題でおやつの持参を禁止しているところもあります。

幼稚園からのお知らせをきちんと読んで把握しておきましょう。

予算や個数を決めない幼稚園も増えてきていますが、制限が無いからと持たせ過ぎるとリュックの中が重くなり、お子さんの負担になります。

遠足は楽しむことがメインなので、負担にならないようお子さんが食べきれる量でほどほどに用意しましょう

子ども同士や親同士でおやつ交換をすることが多い

最近の幼稚園では、子ども同士や親同士でおやつのお裾分けや交換をしています。

さながら、サラリーマンの名刺交換のようにも見えるし、どこまで配るの!?っと突っ込みたくなるくらい大人数に配ったりと様々です。

中には、手作りのお菓子を作ってママさんみんなに配ったりしている方もいらっしゃいます。

おやつ交換は子どもだけでなく、ママ友を作るきっかけになったり、親同士のコミュニケーションをとるきっかけにもなりますので、積極的に参加するのも良いかもしれません。

おやつを頂いたのに、お返しが出来るようなおやつを持っていない!というケースもよくあるそうなので、ママは小分けになっているファミリーパックのお菓子を持っていくと、子どもが貰った時でもママが貰った時でもすぐお返しが出来るので便利です。

赤ちゃんや幼児のこどものおやつに人気のおすすめは果物?

 

持っていくと良いオススメのおやつは?

グミ

遠足は結構動くので、リュックの中のお菓子が割れてしまったということがよくあります。

その点グミは柔らかいので割れる心配もなく、小分けになっているものが多いので、子ども同士でも交換しやすいです。

マーブルチョコレート

マーブルチョコレートは表面がコーティングされているので溶けにくく、カラフルなので子どもに人気のお菓子です。

緑がいい!ピンクがいい!なんて言いながら子ども同士で楽しく食べれます。

大きさも丁度良いので、場所を取りません。

ゼリー

ゼリーは小分けになっているし、凍らせれば保冷剤にもなるので年中重宝するおやつです

ママたちの間でもお子さんに持たせるおやつに、ゼリーは大人気。

食べ終わった後のゴミもかさばらないので遠足には便利!ゼリーは優秀です。

ラムネ

ラムネもグミ同様割れる心配も無く、サイズも小さいので負担になりません。

ベトベトしないので、お子さん一人で食べやすいのも魅力。

スポンサーリンク

持っていくと失敗しやすいおやつは?

チョコレート

チョコレートは温度によって溶けてしまってベトベトになることが多く、気を付けないといけないです。

お友達と交換したら、チョコが溶けてて形が悪くなってたということも。

服を汚してしまう可能性もあるので、持っていく場合、気温が高い日は注意しましょう

クッキー

チョコと違い、溶ける心配はないのですが、リュック内の他の荷物にぶつかったり押されたりして割れてしまうことがあります。

おやつにクッキーは避けるというママも多いそうです。

ポテトチップス

ポテトチップスは軽いのですが、中に空気が入っているので大きいし場所を取るので持っていくのに不向きです。

袋を開けてからも、食べきれなかった場合、輪ゴムなどで封をしないとリュックの中がカスだらけ!なんてこともあります。

ソフトキャンディー

ソフトキャンディーは一つ一つ梱包されているし、小さいので子どもにも持たせやすく、どちらかというとオススメのお菓子なのですが、ソフトキャンディーは歯にくっつきやすく、年長より下の子たちには意外と食べづらいようです。

中々上手く食べられず、そのまま飲み込んじゃったりする子もいるので、喉を詰まらせる可能性もあります。

<関連記事>

子供の偏食や好き嫌いに悩んだら?幼児の食事に悩んだらこれ

 

手作りのお菓子を持っていく

特に園からの決まりがなければ、作っている時に子どもとコミュニケーションを取りながら楽しく作れるし、配ると喜ばれることが多いので、個人的にはとても良いと思います。

お子さんと一緒に会話しながら作るのはきっと楽しいでしょう。

注意点は、

  • 傷まないものにする。
  • アレルギーがある子どもやママもいるので、配るときに注意する。

せっかく作ったのに、いざ配るときに傷んでいたら食べられません。傷みにくいクッキー等の焼き菓子がオススメです。

上記にも書いたように、クッキーは割れないよう持ち運びに気を付けましょう。

クラスの中には小麦等の食物アレルギーを持ってる子がいる可能性もあります。せっかく作って渡しても食べられないなんてことも。

市販のお菓子のパッケージにはアレルギーの表記がありますが、手作りのお菓子は作った本人しか分からないので、何が入っているか分からずに食べてしまうこともあります。

配るときは気を付けましょう。

 

<関連記事>

子供が野菜嫌いで食べない時はおやつにする!幼児にも最適!

まとめ

初めてのお子さんで初めての遠足だった場合、周りの情報が無いとママは何を持たせたら良いのか分からず悩んでしまうと思います。

せっかくの楽しい遠足を楽しい思い出にしたいので、お菓子選びで失敗しないよう是非参考にしてみてください。

ポイントをまとめますと、

  • チョコやクッキーなど溶けやすいもの割れやすいものは避けると良い。
  • グミやゼリーなどコンパクトで食べやすいものがオススメ。
  • ママは、おやつ交換のお返し用に小分けになっているファミリーパックのお菓子を持っていくと便利。
  • アレルギーの子もいるので、交換したり配る時は注意する。
  • 手作りのおやつにする場合は痛みにくいものにする。

これらをポイントに、お子さんと楽しくおやつ選びをしてみてください。

スポンサーリンク

<関連記事>
子供を賢く成長させる方法!育て方に失敗したと思ったら
子供の食べ物の好き嫌いの原因!対策としつけ方を紹介!
男の子の子育ては大変?女の子と育児方法がまるで違う?
幼児の虫歯対策!子供に教える歯磨きの大切さ
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編