旦那さんはイクメンですか?イクメンにパパが勝手になってくれたらいいですが、現実そんなうまくはいきません。

そんな時は作るのです。パパをイクメンに教育するのです。

私をイクメンに教育したママに今回は記事を書いてもらいました。うーーむ。納得ってことが多いです。笑

イクメンは生み出すもの。旦那にイライラしたらイクメンになってもらう

スポンサーリンク

 

2人のこどものはずなのに、いつの間にかせっせか一人で育児してるやん!って思うことはないですかー?パパとの関係性崩壊しだすのはコレを感じだしたあたりですかね。

頼りになる彼氏だった人が父になった瞬間、なんかどーしようもなく頼りない人にみえはじめる・・・笑

わが子のことで手一杯で成人男性にまで手がいきません。妊娠中から母になる責任感・覚悟・わが子へのいとしさなど感じまくっている母とは違い。何も変わらない日常を送っている中でポンっと出てきたわが子。

別に夜な夜な起きて授乳しないといけないわけじゃないし。
子供は母の抱っこで落ち着くし。やっぱり何にも変わらない生活を送る父・・・変わらないのは無理ないですね笑

でも2人の子どもやねんから2人で子育てしたいもんですし、育児に四苦八苦している母の横で能天気に過ごされるとイライラしちゃいますよね(笑)

まぁでも、子どものためにも自分の人生のためにも、パパは必要不可欠やし、最愛の人であってほしい。という理想は誰しもありますよね。あきらめるのはまだ早いです。 

出産後、夫婦間に亀裂を生むものは育児しない夫!

これはママの努力でどうにかできることもあると思います。パパを育児に巻き込むことができれば、頼れるパパになり、夫婦間の亀裂はなくなっていくんではないかとおもいます。

夫へのイライラが爆発!勘違い子育てイクメンに育児指導。

 

パパを育児に巻き込んでいくのに必要なことは?

各家庭によって、じじばばの近所に住んでいたり、じじばばが介入しまくってくれていたり、または全くそういった存在がいなかったり様々ですよね。

たとえじじばばが手厚く介入していたとしても、やっぱ2人の子やから2人で育てていきたいって思いませんか。子供達を私と同じくらい大切に思ってくれるのは、ジジババではなく夫であってほしい。

私が死んでしまったら、私がしていたこと、私が子育てをする上で大切に思っているを夫に託したいって思いました。じじばばは早々死んでしまうかもしれませんしね・・・笑

パパを巻き込んでいくには、まずママはパパを頼る!パパを信用する。

こどもを預ける際に信用できる人・頼れる人って「子どもたちのことをいつも見てくれていて、お世話してくれる大人」ではないですか??

いつも見てない人に預けるのは勇気がいるし、そんなことするくらいなら自分でみるってなりますよね。

つまり、パパにこどもをみてもらう機会を意図的に作っていくことが必要なんです!

芸能界のお二人も積極的に育児をしています。同じ子育てをする親同士で意見交換をして、どう子ども接していくかを情報交換をすることも大切です。

中村獅童2人目子供誕生!嫁は無痛分娩?イクメン海老蔵が夜泣き対策助言

 

小さいことからこつこつと!パパができることを増やしていってみよう

こどもとの遊び
泣き止ませ方
オムツ替え
お風呂
ミルク
ごはんの介助
寝かしつけ

を1つずつできるようになってもらいます。パパによって特技がいろいろだと思います、一番得意そうなことからやってもらってみてください。うちの場合はまず「こどもと遊ぶ」でした。

 

パパ=男  とにかく褒める!!!!

パパがママより上手に育児できることはほぼほぼないと思います。これは仕方ないですが、たとえ完璧でなくても自分よりも全然できていなくても、むしろじじばばに見てもらったほうがいいと思ったとしてもです。

とにかく褒めてください。ほめまくること。

褒め殺し作戦です。子どもとパパが遊んでいるときに子どもが笑ったらすかさず

「今すごい楽しそうにしてた~こんな顔私にはしないよ~」

「あやすのめっちゃ上手いやーん」

「この子、パパのこと大好きなんやわ~」など

各パパの好きな褒めワードで褒め殺してみてください。そしてこどもが自分とあそんでいてグズったときなどパパに「パパならグズらないかも~」といって託してみてください。そこでピタっと泣き止んだりしたら褒める瞬間です。

夫の育児参加でパパ好きな子に育てる。旦那の子育てメソッド

 

「パパなら泣き止んだ~え~なんでよ~」

など言ってみてください。パパは、まんざらでもないはずです!男の人も頼りにされている、必要とされていると感じれば、育児が楽しくなると思います。

ママも結局そうですもんね。自分がいくと泣き止む、おっぱいを欲しがる、自分が必要とされるという気持ちを持つと自然と責任感ができてくんですね。

 

スポンサーリンク

 

育児に参加してくれるパパには感謝がうまれる

ちょっとずつできることが増えてくると、パパは頼れる、信用できる存在になっていきますよね。そうすると自分を助けてくれる存在としてパパが大きく浮上し感謝の気持ちがうまれてくるんです。

するとおのずと、パパにやさしくできたり、パパのことを思いやれたり…パパの好きなおかず作ってみようかな♪って思えたり、かわいい服着ようかなって思えたり、

「いつもありがとう♪頼りになるパパがいてくれてうれしい」

と褒めてみると、パパはなお頑張ってくれるかも!??

ママのちいさな努力でかわることもあるので頑張ってみてください。

スポンサーリンク

<関連記事>
<特集記事>