結構めんどくさい毎月のお金の管理。

「毎月の出費はきちんと管理して少しでも節約しないと」と思ってはいても、家事や子どもの世話など主婦は毎日やることがいっぱい。

ついつい後回しにしてしまう方も多いのではないでしょうか。Sさんの記事です。

 

ズボラ主婦でも簡単に出来る貯金方法がある

なにを隠そう、私もそのうちの1人です。もともとズボラな性格で、根っからのめんどくさがり屋です。一応、結婚したタイミングで気合いを入れて買った家計簿がありましたが、ほとんど記入することなく、最近まで本棚に眠っている状態でした。

家計簿関連についてはこちらの記事

共働きの家計簿事情。夫婦の生活費の財布は一緒?別々?節約方法も紹介

 

しかし、そんなズボラな性格の私でも、続けられる節約術でコツコツ貯金をはじめたところ。嬉しいことに、はじめて6ヶ月で約30万円の貯金に成功することが出来たのです。

「この調子で貯金していけば、家族で海外旅行とかも行けちゃうかも〜」と心の余裕まで生まれてきました。笑

今回は、ズボラ主婦の私が実践したおすすめの節約法についてご紹介していきます。

毎月のお金の出入りを確認しよう

節約をする上で1番大切な作業です。まずはじめに毎月どのくらいのお金を使っているのか確認しましょう。

内訳の詳細は出来るだけ細かく

お金の管理をする際のポイントは、内訳はざっくりした金額ではなく、出来るだけ細かく金額を把握することがとても大切です。

どんなことに使ったのか一円単位まで確認出来るとさらに良いですね。ズボラ主婦には一番大変な作業かもしれませんが、これをきちんと行うことで、今までなんとなく消費していたお金を発見することが出来ます。

<関連記事>

夫のお小遣いと貯金額の各家庭の平均!貯金を増やす節約術

一般家庭でかかる生活費

ちなみに、一般家庭のひと月にかかる生活費をご紹介します。

【夫婦2人の場合】

生活費 20~25万円

内訳

  • 住居費 6~8万円 (ローン、住居費含む)
  • 食費   3~4万円
  • 光熱費・通信 3~3.5万円
  • 家具・家事用品 1~2万円
  • 被服 1~2万円
  • 保険・医療 2~2.5万円
  • 教養・娯楽 1~2万円

【2人以上の世帯の場合】

生活費 286,433円

内訳

  • 住居費 18,053円 ※維持費(ローン代や家賃は含まない)
  • 食費 73,488円
  • 光熱費 22,301円
  • 家具・家事用品 10,378円
  • 被服 12,499円
  • 保険・医療 11,802円
  • 交通・通信 38,740円
  • 教育 10,783円
  • 教養・娯楽 29,224円
  • その他 59,165円

住居費に関しては、住む場所によって家賃に差があります。首都圏は、2LDKで9万円~10万円くらいが相場であるのに対し、首都圏以外の場所によっては、2LDKで4万円くらいが相場のところも。また、両親と同居して家賃を抑えているという人もいるようです。

総務省統計局 家計調査

リクルート・ブライダル総研から引用

 

節約できそうなところを確認しよう

毎月のお金の出入りが分かると、「ここはどうしても譲れない」というところが出てきます。そしてそれと同時に「ここの出費は削れるかも」という節約ポイントも必ず出てくるのです。

節約にはいろんな方法があります。

子育て中の節約のコツって?疲れた顔は赤ちゃんに見せたくない!

節約ポイントを見つけるコツ

我が家の場合は、夫婦ともに食べることが好きなので、食費はあまり我慢したくないと思っていました。

一方で夫婦ともにこだわりのある趣味などなく、今まで趣味や自分磨きに使っていたお金はカットしても問題ないのではと気づき、節約できそうなところを簡単に発見できました。

ここは多ければ多いほど節約につながりますが、あまりやりすぎるとストレスの原因になりますのでご注意ください。笑

ママ貯金のやり方とコツを公開!楽しい仕方にして最強に捗る方法

 

発見したポイントを徹底的に節約しよう

発見した節約ポイントは、徹底的に節約しましょう。もちろん自分がやれる範囲で大丈夫です。我が家の場合、年に2〜3回くらい行っていた旅行と習い事(料理教室)を思い切ってカットしました。

ストレスなく節約を成功させるコツ

「我慢することがストレスになるかも」と思いましたが、私は意外にもそんなストレスは全く感じることなく、返って楽しんで節約生活を送ることが出来ました。

その理由は、我が家の場合は子どもがまだ小さく、遠出するのが難しかったためです。

お盆や正月休みなどまとまったお休みも慣れない育児に奮闘するあまり、自然と遠出したいという気持ちになりませんでした。子どもが成長した今では休日に家族で近場のお出かけスポットにいったり、無料のイベントに参加したりと、お金をかけずに楽しむようにしてます。

節約して貯金をする為の生活方法。 ズボラ主婦が実践した節約法

節約生活を長く続けるためには

我が家の場合、絶対譲りたくない食費は我慢せず、いつも通りに生活していたことがストレスを感じずに節約を長く続けられたポイントだと思います。

必要に駆られてはじめた節約生活ですが、ストレスもなく、返って楽しく続けられ、お金も貯まり万々歳です。そして、最初に3つのポイントを押さえてしまえば良いので、めんどくさがり屋でもハードルが低く、はじめやすく続けやすいので、本当におすすめの節約法です。

 

まとめ

最後に今回のことをまとめると、

  1. はじめに毎月のお金の出入りを確認する。
  2. 次に節約できそうなところを把握する。
  3. 2で見つかったポイントを徹底的に節約する。

この3つがズボラ主婦の私でもできた節約術です。ご覧の通り、難しいことは一切ありません。当たり前のことを順序良くやるだけです。でも、コツコツやれば必ず貯金することが出来ます。

節約するところが見つからない場合

「節約できそうなところが見つけられない」と悩んでいる方。節約のきっかけは本当に些細なことで大丈夫です。

例えば、

  • 美容院の頻度を減らす
  • おやつの量を減らす
  • バスに乗らずに歩く
  • 財布に最低限しかお金入れない
  • 激安スーパーを探して通う

など、探してみると自分にも出来そうな節約が結構あるんですよね〜。これを見つけるのもちょっと楽しかったり。笑

小さなことでも節約を続ける事で、塵も積もれば山となります。簡単なことから節約をはじめてみようかなーと思っている方、ぜひ一度お試しください。

スポンサーリンク

<よく読まれている記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編
 
ファミリーカーならセレナ,ボクシー,ノア!おすすめは?