近年、出産方法の種類は増えている気がします。産婦人科によって取り入れている方法が違うし、自分には一体どんなお産が向いてるのか悩みますよね。

初めての出産なら尚更『痛いのは怖い。でも無痛分娩にするのは何だか不安』と考える方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はYさんが出産方法を種類別に調べてくれましたので、紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

出産方法が決まれば産婦人科も選びやすい

産婦人科によって取り入れている方法が違う為、出産方法を考えずに産婦人科を先に選んでしまうと、後から『この産婦人科では希望の出産ができない』となる事もあります。

産婦人科を受診する前に、自分がどんな方法で出産したいのか考えてから産婦人科を選ぶと後から不安になる事もないでしょう。私も現在妊娠中ですが、一人目の出産を和痛分娩にし、とても良かったので次も和痛分娩にしようと考えていました。

ですが、いざ探してみると和痛分娩をやっていない産婦人科が多く、取り入れている病院は人気で分娩予約が取れないなど、最初からかなり苦戦してやっと見つけられました。

そんな事がないように事前にリサーチは必ずした方が良いでしょう。

大きく分けて2種類

出産方法は大きく分けると2種類あります。

  • 経膣分娩
  • 帝王切開

この2種類はよく聞いた事がありますよね。

種類が多いのはこのうちの経膣分娩の方のようです。実際にどんなものがあるのか見ていきましょう。

妊娠が発覚して嬉しい反面、不安もありますよね。なんだか気分が落ち込んだりする事も。大丈夫、あなただけじゃないですよ。

妊娠の不安とストレス!ホルモン数の変化により精神不安定に

 

出産方法の種類にはどんな違いがある?

では出産方法の種類とはどんなものがあるのでしょう。

  • 呼吸法などでリラックスして出産する方法
  • 自分の産みたい姿勢で出産する方法
  • 麻酔で痛みをとる方法

このような違った種類の方法があるようです。

呼吸法などでリラックスして出産する方法

ソフロロジー式分娩法

リラックスできる音楽を聴いてお腹の赤ちゃんの事を考えたり、エクササイズをして体の緊張をほぐし心身共にリラックスした状態にする方法です。呼吸も心身共に落ち着ける方法を身につけるそうです。これは妊娠が確定してわりとすぐに始めるようですね。

気持ちを前向きにしつつ、母性を育てながら呼吸法を身につけていく事により、陣痛を辛く感じる事なくお産ができるのだそうです。落ち着ける呼吸法が身についているので、赤ちゃんへの負担も少なく、産後の体の回復も良いのだとか。

ラマーズ法

これはよく知っている方も多いかと思います。『ヒッヒッフー』ですよね。

こちらも妊娠中から呼吸法や筋弛緩法を練習し、陣痛時にパニックにならないようにするそうです。陣痛の間隔や子宮口の開き具合で呼吸の仕方を変えるのが特徴です。

妊娠中からパパと一緒に練習しておくと、当日ママがパニックになってもパパがリードしてお産を一緒に乗り切る事ができますね。

この方法では、いざ陣痛が始まると練習してた呼吸法がうまくできなくなる事もあるようです。そんな時もきちんと事前に準備をしていれば、助産師さんやパパに支えてもらいすぐに取り戻せるんだそうですよ。

自分の産みたい姿勢で出産する方法

普通分娩

分娩台に仰向けなった姿勢で出産する方法です。この方法は一般的に行われている方法ですね。

フリースタイル分娩

ママが楽に感じる姿勢で出産する方法です。座った体勢や前かがみの体勢、パパに抱きついたままの体勢で出産する方もいるそうです。これも、自分が楽な姿勢を選べるのでリラックスでき、お産の進みが早くなったり、会陰が裂けにくい傾向があるようですよ。

この方法を経験して楽だったという意見が多いのは横向きになる体勢と、座ったままの体勢のようです。初めての出産だと、どんな姿勢が楽なのかわかりませんよね。事前に助産師さんにお話を聞くのもいいかもしれませんね。

水中分娩

小さいプールに体温くらいの温水をはり、その中で出産する方法です。この温水は羊水と同じくらいの塩分濃度になっているようです。

温水に浸かる事で痛みが和らいだり、楽に姿勢を変えられるので緊張がほぐれたり、スムーズなお産が期待できるようです。

この方法は芸能人ママも試していると話題になっていましたね。ですが、この方法を取り入れている産婦人科はかなり少ないそうです。事前にリサーチが必要ですね。

麻酔で痛みをとる方法

無痛分娩、和痛分娩

無痛分娩、和痛分娩共に麻酔薬や鎮痛薬を用い、陣痛の痛みや分娩時の痛みを取り除いて出産する方法です。

この方法は全く痛みがないわけではないようですが、麻酔なしの状態よりも断然痛みは楽になるので、ママもリラックスできたり余計な力も入る事がなくお産がスムーズに進む事が多いそうです。

何より会陰切開の痛みや、会陰縫合時の痛みがないのが魅力的ですね。

麻酔を使う事で副作用などがでる事もあり、体調や体質によってこの方法を選べない方もいるそうです。私は『血圧が低い為この方法が出来ない可能性がある』と言われています。

気になる方は事前に担当医に確認しましょう。

無痛、和痛分娩が出来ない可能性があるケース

・赤ちゃんの元気がないとわかっている場合

・前期破水や発熱状態など感染の疑いがある場合

・お母さんの体力の消耗や脱水がひどい場合

・検査の結果血小板が低いなど出血しやすいと思われる場合

・一部の心疾患(大動脈弁狭窄症、肥大型心筋症)がある場合

・すでに子宮口が全開して分娩が進行している場合

・もともと腰痛がひどい場合(悪化がありえます)

・太りすぎや腰骨が曲がっているなどによりカテーテルが挿入できない場合

・合併症などを十分に理解せず、事前に承諾書を提出して頂けない場合

(URL:http://www.sevenbells.jp/lea.htmlより引用)

こちらでもっと詳しく無痛分娩の説明をしていますよ。よろしければどうぞ。

中村獅童の嫁は無痛分娩?嫁は誰?無痛分娩って何?

 

スポンサーリンク

 

帝王切開をする場合にもパターンがある

帝王切開とは

帝王切開とはお腹にメスを入れて子宮を開け、胎児を取り上げる手術です。

この方法は赤ちゃんの状態や母体の状態で、経膣分娩よりも安全と考えられる方が選ぶ方法です。

予定帝王切開

事前に、赤ちゃんの状態や母体の状態で経膣分娩が難しいと考えられている場合は、手術の予定日を先に決めて帝王切開する事があります。

通常では、妊娠38週頃に手術の予定日を決める事が多いようです。これは、あまり出産予定日が近くなってしまうと先に陣痛がきてしまう事がある為だそうです。主にこの方法を選ぶ方は

  • 赤ちゃんが逆子の場合
  • 双子や三つ子など多胎妊娠の場合
  • 赤ちゃんの体重が4000グラムを超えていると判断された場合
  • 帝王切開を経験してる場合
  • 子宮の手術をした経験がある場合

などです。赤ちゃんやママの安全を第一に考えての方法ですね。

緊急帝王切開

もともとは経膣分娩を予定していても、妊娠中は何が起こるかわかりません。何かのトラブルが起き、赤ちゃんや母体が危険な状態になる事も無いとは言いきれないのです。

そんな時、赤ちゃんや母体を守る為に急遽行われる帝王切開を緊急帝王切開といいます。

  • 妊娠の継続中や分娩中に赤ちゃんの首にへその緒が絡んでしまったりして赤ちゃんに十分な酸素が行かなくなってしまった場合
  • へその緒が赤ちゃんより先に子宮口まで下がってきてしまった場合(臍帯下垂
  • へその緒が破水後に膣内へはみ出てしまった場合(臍帯脱出
  • 陣痛が来る前に破水してしまった場合
  • お産が始まったにも関わらず、陣痛も強くならず子宮口もなかなか開いてこなく、赤ちゃんや母体が危険と判断された場合
  • 赤ちゃんが産まれる前に胎盤が剥がれてしまった場合(常位胎盤早期剥離
  • 分娩時に子宮が避けてしまった場合(子宮破裂
  • ママが心肺停止になってしまった場合

本当に妊娠中や出産中には何が起こるかわからないですし、ママは命がけで頑張っているのがわかりますね。

お医者さんから禁止されていない限り、妊娠中の運動は良いとされています。こちらも合わせてどうぞ。

妊娠中の運動不足解消!マタニティヨガの効果とは?

 

まとめ

このように出産方法は様々です。まとめると、

  • 基本的には経膣分娩と帝王切開の2種類がある。
  • 経膣分娩の中に、呼吸法などでリラックスして出産する方法、産みやすい姿勢で出産する方法、麻酔を使った方法がある。
  • 帝王切開にも予定して行うものと、緊急で行うものがある。

ですね。上記を見ていると、出産がどれだけ大変な事か伝わると思います。

この記事でわかったことは、『出産がスムーズに進むにはリラックスが大事』と言うことではないでしょうか。リラックスしていると、痛みが和らぐ事もあるんですね。これから出産を控えている方はご自身が一番リラックス出来る方法を考えると良さそうですね。

ですが、予定している出産方法が急遽出来なくなってしまうという事態も考えられます。

妊娠が発覚してから出産までは時間がたくさんあります。その中で自分がどんな出産をしたいのかを早めに決めておくと、万が一の事態が起きた時の事も考えられますね。

今回の記事を参考に、ご自身の出産方法について考えてみてくださいね。

どうか無事に出産ができることを祈っています。

[完全保存版]新生児に役立つ情報のまとめ

スポンサーリンク

 

<関連記事>
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編