可愛い我が子が文字通り生まれて初めて家族以外と集団生活を送る場所、それが「保育園」「幼稚園」です。公園デビューして、近所の同じくらいの年齢のお子さんと数時間遊ぶことはあっても、必ずパパやママと一緒ですよね。

「保育園」「幼稚園」はそんないつも一緒のパパママがいないところでいろんなことを学びながら成長していく大事な施設。

あれ?ちょっとまって?そもそも保育園と幼稚園って何が違うの?どっちに入園したほうがいいとかあるの?保育料ってどれくらい変わるの?って、初めてなのは我が子だけでなくパパママも同じです。

子どもにとってもパパママにとっても初めての保育園・幼稚園は、きちんと選べるように、ここで違いや押さえておきたいポイントなんかを理解しておきましょう。

スポンサーリンク

保育園と幼稚園 一番の違いはココ!

まず一番の違いは所管する省庁が違います。保育園は厚生労働省、幼稚園は文部科学省。で、これが違うと何が違うの?っていうのが素朴な疑問です。

この二つに加えてさらに最近では「認定子ども園」なる施設も出没して、ここがまた管轄が違って内閣府に属する保育所っていう、いわば三つ巴の戦いです(戦ってはいないけどね、ややこしいわ)

それぞれの施設は未就学児に対する目的が異なるので、牛耳る省庁も異なり厚生労働省・文部科学省・内閣府と分かれているんです。

保育園は厚生労働省の施設

厚生労働省の目的は「保育が出来ない親に代わって子どもを保育」を理念に、乳幼児の健全な心身の発達を図ることにあります。

ゴチャゴチャした名目ですが、ざっくり言うと仕事もしなければならないとか、病気療養中で子育て困難なお家のお子さんがスクスク育つお手伝いしますよ的な場所ってことです。

幼稚園は文部科学省の施設

文部科学省の目的は「義務教育及びその後の教育の基礎を培う」を理念に、小学校入学前の2年から3年間を通してあらかじめ集団で教育することにあります。

こちらもゴチャゴチャと堅苦しい表現をしてますが、ざっくり言うと大人しく席に座って先生の話を聞く・何かを学ぶための練習に取り組む的な場所です。

認可こども園は内閣府の新参施設

内閣府の目的は「就学前の子どもに幼児教育・保育を総合的に一体化して行う」を理念に、すべての子育て家庭を対象に支援することにあります。

これもザックリ言うと、保育園ではお勉強の練習がないし、かといって幼稚園では保育が主体ではないので、どっちも取り入れて義務教育が始まるまで一貫して育児のお手伝いをしましょう的な場所を作りましたってことです。

認定こども園は、その他にも例えば地域によっては保育園も幼稚園もないとか、幼稚園しかなくて預かり保育してくれるところもあったらいいのにっていう保護者のニーズに応えられるような役割りもあります。

保育園・幼稚園のどちらの要素も併せ持っているので、管轄は内閣府ですが、厚生労働省と文部科学省も連携して子育てを支援してくれます。

 

保育園ってどんなとこ?

さて、保育園って結局どんなシステムなの?ってところが気になります。まず保育園の特徴は、0歳児から預かってくれるのが最大のポイントです。産後間もなくすぐに仕事復帰するママさんにとっては、とてもありがたいシステムです。

しかもお時間も長め設定、だいたい朝7:30頃から夕方6:00頃までと、フルタイム勤務のパパママも安心してお仕事頑張れます。

そして乳児だけでなく就学前までの年齢のお子さんが対象なので、小学校に上がるまでの間に生活様式が代わって働きに出るといったことが生じても受け入れるスタンスがあります。

子どもをみてくれるのは保育士さん

長時間、我が子を預けるからには、お世話になる保育園の人材も気になるところ。

保育園では、国家資格である保育士の試験をパスしたエキスパートがお子さんの面倒を長時間みてくれるので、ここも安心出来るポイントです。

そして保育士さん一人あたりの受け持つ子どもの人数も定められています。

  • 0歳児は三人まで(みんないっぺんにオムツ変えたりって大変)
  • 1~2歳児は六人まで(離乳食とかゆっくり食べさせなあかん)
  • 3歳児は二十人まで(みんなでお遊戯して遊ぶ)
  • 4~5歳児は三十人まで(小学校のひとクラス分)

こんな感じで保育士さんが早番・中番・遅番のシフト体制で一日約8時間の保育をしてくれます。

給食もあるしお昼寝だってさせてくれる

保育園の場合、給食が義務づけられているので、毎朝お弁当作りにてんてこ舞いする心配がないのも特徴です(毎朝バランス考えて作るの大変だもんね)

そして子どもはまだまだこれから体力が備わってくるお年頃なので、お昼寝時間も設けてあります(ブランケットは持参やで)

お家でママやパパが行う育児を色々と代わってサポートしてくれるのが保育園です。

保育園のメリットとデメリット

保育園のいいところは、乳児からも預かりOK、日勤パパママも安心な点ですが、デメリットもあります。

入園審査が厳しい

まず入園審査が厳しいところ。

優先順位ってのがあって、共働き・フルタイム勤務・県外勤務地・祖父母が近隣に住んでいないなど、保育が困難って判断されないと入園出来ません(入園出来たら仕事復帰したいってのが本音なのにね)

しかもこの審査は全国もれなく一律ではなく、住んでる自治体ごとに変わってきます。

市区町村によって変わる

保育園の数が足りなくて厳しくせざるを得ない市区町村もあれば、子育て支援に熱心に取り組んでる市区町村もあるので、これは自身の居住地ごとに各々調べる必要があります。

また、預ける時間やお迎えの時間も各家庭で変わってくるので、お子さんがちょっぴりだけ寂しい思いをすることもあります。

〇〇ちゃんのとこはお迎え来たけど私のお家、まだお迎え来ない…私も帰りたいー(泣)っていう状況もあります。

さらにいうと、登園・降園の時間がまちまちなので、同じ保育園の保護者同士の繋がりも弱くなりがちです。

子供の心のケアが大事

お子さんの心のケアは、お迎えに行ってお家に帰ったらタップリの愛情でカバーしてあげましょう。

保護者同士の繋がりも、保育園によっては懇親会など交流機会を設けているところもあるので、そういった機会を活用してみるといいと思います。

場所は違う方もいると思いますが、口コミ情報などで保育園を検索すると保育園ごとによってその園独自の良さがみえると思いますので参考になれたら幸いです。

相模原市の保育園人気ランキング!!保育園選びに役立つ口コミ情報

幼稚園ってどんなとこ?

幼稚園の特徴は、決められた年齢に達すれば入園出来るところです。

幼稚園によって若干の差がありますが、3歳からの三年間もしくは4歳からの二年間通うことが出来ます。

朝は9:00から昼過ぎ14:00までを幼稚園で過ごすって感じで、平均してどこもだいたい4時間ほど、教育を受けるという目的で入園するのが幼稚園です。

パートタイマーなママさんや専業主婦の方が多く利用する傾向にあるんじゃないですかね。

以前はこの時間のみの教育システムでしたが、最近はちょっぴり様変わりして少しなら延長も可能な幼稚園も増えました(いや、もっと増やして欲しいよね)

これは園の特色として各幼稚園が打ち出しているので、園ごとのシステムの違いは下調べしておく必要があります。

子どもをみてくれるのは幼稚園の先生

幼稚園は一応教育施設というカテゴリーなので、教員免許を持った方がひとクラス35人以下で指導するって決まりがあります。

まさしく小学校の前衛って感じですかね。学校教育法に基づいて教育する、こちらもエキスパートな先生方です。

「幼稚園教育要領」って国が定めた指針があるので、それに沿って先生が試行錯誤しながら子どもが分かりやすいようなお勉強の環境を整えてくれます。

小学校就学準備のためにお勉強

幼稚園ごと、先生ごとに教育内容にも特色があって、物や動物の名前を覚えたり言葉遊びで語彙力を高める、中には英会話なんかも教えてくれるところもあります(結構発音もネイティヴなんよ)

公立幼稚園と私立幼稚園でもまた特色が違ってくるので、どんな先生が在籍しているのかは見学あるのみです(いくつか見て回ったほうがええんやね)

幼稚園に入る年齢によってもメリット・デメリットはあるそうです。あなたなら3年保育と2年保育どちらを選びますか?

幼稚園の入園年齢は?年少からの役立つ年齢早見表も掲載!

幼稚園のメリットとデメリット

幼稚園のメリットとデメリットを紹介します。

メリット

仲良くなれる

幼稚園のいいところは、午後2時には降園するので、そのあとお子さんと一緒に過ごせる時間もたっぷりあるし、お稽古事などの時間も取りやすいってとこですかね。

そして給食はあるところとないところもあります(お弁当が必要なとこが多いで)あとは3歳もしくは4歳になれば入園対象年齢なので、申し込みやお受験で入園が可能です。

そして登園・降園の時間が決まっているのでどのお家のお子さんも一様に「おはようございます」「さようなら」が出来るので、お子さん同士・保護者同士の繋がりが深くなります。

親子共々仲良しさんを作りやすい環境ってとこです。

デメリット

交流が多い

一方で、交流が多い分煩わしさを感じることもあるかもしれません。

行事やイベント、交流会やプライベートでの繋がりを大切にする部分もあるし、PTA活動や面談なんかも平日の日中に行われることも多くあります(お仕事してたら有給取るとかシフトチェンジが必要やね)

園によりますが、お揃いの制服や指定グッズなんかを購入するところもあるので、細かい指定があるのかないのかの確認は重要です。

 

保育園と幼稚園では学力に差が出ちゃう?

保育園ではお遊戯やお散歩、お絵かきや折り紙など、遊びに重点を置いてみんなと仲良く時間を過ごすっていうイメージがあります。

一方で幼稚園では席に座って文字の練習をしたり、お話を聞いたりとお勉強してるイメージがあります。

となると心配なのは、その後小学校に上がった際の学力差です。結論から言うと、学力に大きな差が出るとは言えません。

なぜなら子どもは何にでも興味を示し、遊びの中からも多くのことを学ぶからです。これは子どもに限ったことではなく、大人にも共通して言えることなんです。

どちらも子どもはのびのび育つ!

ちょっと難しい話になっちゃいますが、人間の記憶力っていうのは刺激されることで向上するよう出来ています。

脳に刺激がないと一時的には覚えていられても、それを長期的な記憶や学力として維持することが出来ません。

大人になって色々と物忘れしたり記憶が曖昧になるのは、記憶の入れ替えが行われたり、興味がなくて記憶に残そうとしなくなるからです(脳の中でちょっと覚えておくことを記憶する場所と、ずっと覚えておくことを記憶する場所が違うんよ)

そして最も記憶に残る方法が、興味を持つこと、五感をフル動員して感覚的にも身体で覚えておくことなんです。

五感を使う

だから子どもも大人も何にでも興味を示し、目で見て触って動いてっていうように、いっぱいはしゃいで遊ぶことこそ学びの原点になっています(歳を重ねても元気ハツラツなお年寄りは多趣味やもんね)

保育園では遊びの中からも何かを学んでいますし、幼稚園で先生のお話に興味を持って耳で聴くことも子どもの脳には刺激になっています。

また、就学することで子どもの環境が変わりさらに好奇心も旺盛になるので、幅広く色んなことを覚えていきますから、保育園と幼稚園でどちらが優れているといった心配をする必要はありません。

ここは是非とも子どもの好奇心にパパママも一緒に乗っかり、多くのことを一緒に学んでいってもらいたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

保育料ってどれくらい変わる?

さて、いろいろと違いが見えてきたところで一番のネックは保育にかかる費用です。親の目の届く場所から離れていくのは子どもだけじゃなくお金も離れていきます。

親元から離れるにしたがって諭吉もどんどんいなくなります(そのうち一人暮らしで進学したら仕送りとかもいるもんね)出来ることならなるべく保育料を抑えたいというのが本音です。

幼稚園は公立と私立では全然が費用が違う

幼稚園にはまず二種類あります。

公立幼稚園の費用

年間20万円

元締めはどちらも文部科学省ですが、公立幼稚園は各都道府県の教育委員会を経て市区町村教育委員会が仕切る形で公的資金、つまり我々の税金の一部が投入されてます。

小学校・中学校と違い義務教育施設ではないので無料ではありませんが、保育料はお安くなっております。

おおよその平均ですが、だいたい年間20万円弱ってとこです。

これも各自治体によって投入できる公的資金に差があるので、安いところで月1万円ちょっとのところもあったりします。

私立幼稚園の費用

年間40~50万円

そして私立幼稚園は都道府県知事を経て学校法人が運営する形で経営という概念がくっつくので、その分保育料も結構なお値段です。

それこそ諭吉がバンバンいなくなります。

具体的な平均は公立幼稚園のおよそ倍、年間40~50万円ほどと覚悟しましょう。

必要なもの

さらに入園費だったり、その他習い事や送迎バス、制服やかばん、靴、帽子にいたるオプション多数なので、私立幼稚園はしっかりこまかく厳密に徹底して念入りに下調べしてください(しつこい言い方してるけど、大事よココ)

後々こんなことにもお金かかるの!?ってならないためにも重要です。

ただ、かなりお高い私立幼稚園ですが、幼稚園費用補助金制度なるお助けシステムがほとんどの自治体にあるはずなので、自治体の保育課というところで相談してみるって手段もあります。

これも自治体の財政状況や幼児教育に対する方針によって異なるので、お助けしてくれるかどうかは要確認です。

認可保育園でも同じじゃない

保育園での保育料は、各家庭の経済状況で激変するとっても分かりづらい料金システムです。

まずザックリ言うと、世帯年収でお値段が変わります。預けるお子さんの年齢によっても変わります(0歳児が一番お高いで)

さらにいうと同じ年収でも自治体によってはちょっぴり高いってこともあり得ます(隣県だと3000円安いとかってこともある)

世帯年収別の料金の差

で、世帯年収別の料金の一例を挙げると、同じ保育園でも1歳児を保育してもらうのに、年収300万円世帯では月2万円弱、年収800万円世帯では月6万円なんて場合もあるんです。

ただ、保護者負担額にはちゃんと上限も定められていて、保育園の運営に足りない分は国や都道府県・市区町村が負担してくれます(収入多いからって無限にお高くはならんのよ)

兄弟特別優遇制度もあり

また、二人目のお子さんも同じ保育園に預けると保育料が半額になるとか、三人目のお子さんは無料になるなんてところもあります。

保育園は入園審査も保育料の計算も全国各地でピンキリなので、通える場所にめぼしい園が見つかったら、いくつか比較してみるほうが良いでしょう。

ちなみに保育園と幼稚園の合体型施設「認定こども園」も保育料は認可保育園と同様に世帯収入で決められています。

ですが最大でもだいたい3万円弱ほど、これも自治体ごとに若干の料金差があるので、詳細は自治体への確認が一番です。

無認可保育園はちょっぴりお高い傾向にある

無認可の保育園はコッソリ経営している場所ではありません。ちゃんと厚生労働省の管轄のもと、都道府県知事が承認した社会福祉法人が経営する、保育園の私立バージョンです。

都道府県や市区町村といった自治体の運営ではないため、公的資金の補助がないので、いわゆる自治体に申請する保育園よりは保育料もお高め設定になっております。

運営資金をほぼ保育料でまかなっていかないといけないため、保護者の収入云々での料金ではなく、預けるお子さんの年齢や時間帯・時間数で料金が決まっています。

保育園の私立バージョンとはいえ、無認可保育園はどこもだいたい一律で、月々2~3万円くらいと似たような保育料になっているのが特徴です。

保育内容も認可保育園と大差ありませんが、保育士の有資格者が在籍してるはずなので、そこはきちんと確認しましょう(どの業界もそうだけど、保育士さんも人材不足だからね)

準備する時期とか違いってあるの?

保育園と幼稚園、どっちに入園を決めるのかにもタイミングがあります。

どちらも秋頃から募集や申請案内がありますから、それまでに希望する園を決めておきましょう。

保育園に決めた場合

まず保育園は新年度4月から入園するとしたら、前年度の10月から11月あたりに入園案内があると思います。

保育園に決めた!となったら申請受付は12月頃までなので、必要書類など指定されたものを準備して申し込みましょう。

入園審査は厳しいうえに長く待ちぼうけをくらいます。入園可否は1月から2月に結果が出るので、私立幼稚園のお受験並みに落ち着かない日々を送ることになるかもしれません(いや、ならんかもしれんけど笑)

万が一審査に落ちても、一応欠員が出れば年度の途中で入園出来る救済処置もあるので、待機児童登録をしておくと良いでしょう。

幼稚園に決めた場合

幼稚園に決めた場合、9月から11月に願書が配布されて受け付けが開始されます。その後親子で面接を受けて、年内には入園が決定します。

公立幼稚園なら面接といってもそんな堅苦しいものではないですが、私立幼稚園は有名どころは激戦なので、いわゆる「お受験対策」を頑張ってください。

春からの入園が決まった状態でお正月を迎えることが出来ますから、夏まではいろいろ下調べを行なって入園したい幼稚園を選んでおきましょう。

 

まとめ

ひと昔前なら「保育園は共働き向きの養育施設」「幼稚園は専業主婦向きの教育施設」みたいな感覚で捉えられていましたが、今はそれぞれの家庭がそれぞれの生活様式、それぞれの教育方針を持って選べる時代です。

 

  • 一番の大きな違いは所管省庁(子どもの保育を考えて分けてあるんやね)
  • 保育園は0歳児からもお世話してくれるけど入園審査はけっこう厳しい(自治体ごとに厳しさは変わるで)
  • 幼稚園は就学準備が基本で3歳から入園出来る(4歳からの二年幼稚園もあるで)
  • 好奇心旺盛な子どもにとってはどっちものびのび元気に育つ(遊びは学び、学びは遊びってことや)
  • 保育料は幼稚園では公立と私立で大差あり、保育園では年収で大差あり(経済的負担はよく吟味せんとね)
  • どちらを選ぶか決めるタイミングはズバリ秋!(願書や申請時期はしっかり押さえておこう)

保育園にも幼稚園にもそれぞれ良さもあり、下調べしなければならないこともてんこ盛りです。

どこにポイントを置いて決めればいいのかもいろいろ悩むかもしれません。ですが一番大事なのは愛する我が子をどう保育していくのか、パパママが一貫して方針をきちんと定めることです。

保育園・幼稚園の違いを知り比較検討して、どちらが我が子の保育方針に合っているのかを判断する参考になれば幸いです。

 

[完全保存版]保育園・幼稚園の入学面接願書に役立つ情報まとめ!

スポンサーリンク

保育園・幼稚園
<関連記事>
入学準備
幼稚園と保育園お迎え時間延長を考えるならどっちがベスト?
幼稚園の入園年齢は?年少からの役立つ年齢早見表も掲載!
保育園の点数の計算は自分でも出来る!入園の申込みまでにする事
幼稚園や保育園と英語プレスクールの費用の違いを簡単に解説
保育園の入園申し込みに必要な書類は?点数計算も意外に簡単!
願書の書き方
幼稚園の願書の書き方。写真はどうする?性格はどう書く?
幼稚園の願書もらうために深夜に並ぶ?封筒願書はいつ提出するの?
面接
幼稚園の面接に適した服装は?父親はスーツで行くべき?
幼稚園面接の服装はスーツ?子供の服は?面接用服装を解決!
幼稚園の面接で子供の服装は何着ればいい?男の子の定番はスーツ?
幼稚園での面接での子供(女の子)の服装は?親の服装はスーツ?
その他
初めての幼稚園の遠足!リュックや服装,お弁当等の準備は?
幼稚園の遠足のおやつはどうしている?オススメのおやつは?
保育園,幼稚園のお弁当!あなたはキャラ弁に賛成派?反対派?
幼稚園児向け雑誌の年齢・趣味別おススメ!ベビーブックの他には?