胸が小さいからバストアップしたいなあ、と考えている方。そのためにエクササイズかな?筋トレかな?食事かな?って悩んでいる方。そんな方にぴったりの朗報です!

体のツボを押すことでバストアップができるってご存知でしたか?!今回はその体のツボについてご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

体のツボでバストアップできるって本当?

体のツボを押すだけ?それだけでいいの?って不安になるかもしれません。ツボを押すことで、神経や組織の活性化が行われ、バストアップしやすい体にすることができるのです!

ツボを刺激することで、胸にある「乳腺」という組織が活性化されます。これにより乳腺が発達すると、乳腺周辺にある「脂肪」がつきやすくなり、バストサイズがアップします。

バストアップには身体の内外からの刺激で効果的になるそうです。身体の内部からはどんなものが効果的なのか?豆類の効果はどのようなものなのでしょうか。

バストアップには豆乳、大豆、イソフラボンでボンキュッボン

早くバストアップしたい!!!

そんな魔法のようなことはできませんが、だいたい効果を実感できるのは1か月は最低でも続けないと分からないと思います。

また、後程紹介しますが、ツボを押す頻度、そして時間帯、さらには生理周期なども影響するので、必ず1か月!というわけではありません。

それに加え、睡眠をしっかりとっているか、食事をバランスよくとっているか、ということも影響します。ツボ押しの効果をあげるためにはこの二つにも注意しなければいけません!

睡眠をとる際は、できるだけ成長ホルモンが活性化されると言われている「ゴールデンタイム(夜22時から深夜2時の間)」に取ることをおすすめします。

また、夕食は炭水化物を抜くことで、体の修復機能が動き、血流やリンパの流れがよくなります。

これらを行うことで、ツボ押しの効果がアップするのです!ぜひ、ツボ押しをする際は覚えておいてくださいね♪

ツボ押しと一緒に豆類を取るのも効果的です。身体の内側外側からバストアップに挑戦してみてはいかがでしょうか。

バストアップの飲み物には豆乳!激選ドリンクランキング5

 

バストアップする体のツボ5選!押し方は?

それでは、さっそく気になる体のツボをご紹介していきましょう!今回はツボを5つに絞ってみました!

 ツボの位置・押し方をしっかり確認してツボマスターになっちゃいましょう(笑)

 ①壇中(だんちゅう)

女性ホルモンの働きを促すツボです。精神的な疲れやストレスにも効きます。

 <ツボの場所>

左右の乳首を結んだちょうど中央に位置します。

 <押し方>

  1.  ツボの上に両手の中指を添える程度にそっと置き、息を吸う
  2. 吐くときに、グーッと痛くない程度に3秒押す
  3. (1)~(2)を10回行う

②天溪(てんけい)

乳腺の発達を促すツボです。胸が小さい方、胸のハリがなく垂れてきた方は、天溪を押して、バストアップを目指しましょう。

<ツボの場所>

左右それぞれの乳首から外側にまっすぐ向かい、バストの端にあるツボです。肋骨の間にあり、押すと響きます。

<押し方>
  1. 左右のツボの上に親指をそっと置き、息を吸う
  2. 息を吐く時に、胸の内側、斜め上にむけて5秒かけてグーッとイタ気持ちいい程度に押す
  3. 5秒かけて圧力を緩める。(1)~(2)を10回繰り返す

③淵腋(えんえき)

 乳腺の働きに深く関わるツボです。バストアップ効果があるほか、血行が促進され、バストに栄養を届けやすくします。

 <ツボの場所>

乳首から、約10センチほど外側、体の側面上、脇の下に位置するツボです。肋骨と肋骨の間にあり、押すと響くのでそれを目安に見つけましょう。

 <押し方>

  1. 左右のツボの上に親指を置き、息を吸う
  2. 息を吐く時に3秒グーッとイタ気持ちいい程度に押していく
  3. (1)~(2)を10回繰り返す

④乳根(にゅうこん)

女性ホルモンの分泌を促進させるツボです。痩せ型タイプ、生理不順タイプはしっかり押しましょう!

 <ツボの場所>

乳頭からまっすぐ下に指2本分降りたところ、バージスライン(お腹部分とバストの境界線部分)より上にあります。

 <押し方>
  1. 左右のツボの上に中指を、ツボ下の筋肉(筋膜)の上に薬指と小指を置く
  2. 中指でツボを3秒ほど押す。このとき薬指と小指も筋膜を押して刺激する。筋膜を刺激して緩めることで、胸のハリがでやすくなります
  3. (1)~(2)を10回繰り返す 

⑤中府(ちゅうふ)

バストのリンパの流れを良くし、ハリを出すツボです。ここを刺激すると、母乳の出がよくなることでも有名です。

パソコンを使って仕事をする機会の多い現代女性は、肩が上がった姿勢になりやすく、これにより大胸筋が硬くなり乳腺の発達が妨げられてしまいます。中府を刺激することで、バストアップ効果が期待できます。

 <ツボの場所>

鎖骨(外側端)の下、くぼみから親指分下がった位置にあります。肩を上げると、三角に凹む場所です。押すとイタ気持ちいいのが特徴です。

 <押し方>
  1. 左右のツボに人差し指、中指、薬指を置く
  2. ゆっくり円を描くようにマッサージし筋肉を緩める。呼吸に合わせてツボを5秒押す
  3. 上記を10~20回行う

ツボ押し効果にストレッチも血流を良くする効果があります。ストレッチをして体をほぐしてツボ押しすると、効果はどのように効果がでるのか?参考になれば幸いです。

バストアップにおすすめの運動は?ストレッチもかなり効果的

 

体のツボを押すときはポイントを押さえて、この3つを気をつける!!

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/75/7539986a52b137dacac45b8910feb22a_t.jpeg

ただただ体のツボを押すだけでなく、ツボを押すタイミングや強さ、ということも効果に影響を与えます。

ここではそのポイントと、注意しなければいけない点について確認していきたいと思います!

 <ポイント>

 ①入浴後、就寝前に行うと◎

血流がよくなっている「入浴後」に行うと、もっとも効果が出やすいです。また、ツボ押しには自律神経のバランスを整え、リラックス効果もあります。就寝前に行えば安眠できること間違いなし!

 ②「回数」よりも「質」

バストを大きくしたいからと、たくさんツボ押しをすればいい訳ではありません。重要なのは「回数」よりも、呼吸に合わせて押すこと!1回1回、しっかり丁寧にツボを押すことが大切です。

③下着を着用せずに行う

バストアップのツボ押しを行う際は、ブラジャーを外して行いましょう。ブラジャーを着けたままだとワイヤーが邪魔してうまく押せないツボがあるためです。

 <注意点>

①肩こりのある人は、肩甲骨や肩の筋肉をほぐしてから行う

肩こりのある人は、肩甲骨や肩の筋肉をほぐしてから行いましょう。筋肉が硬いとツボに指が入らず、思うような効果が得にくいためです。

②ツボ押しは「イタ気持ちいい」強さで強い力で押しすぎるのはNG。

とくに中府のツボは、押しすぎると筋肉を緩めて筋繊維を断裂する恐れがあります。注意してくださいね!

③生理前、生理中行う場合は、「圧」を緩めに

生理前・生理中など、胸が張っているときのツボ押しは、いつもより痛く感じます。しかし痛いからといってツボ押しをやめてしまうと、効果が得にくくなってしまいます。「圧」を緩めて、毎日行うようにしましょう!

 

まとめ

  1.  体のツボを押すことで、乳腺の発達やハリを出したりと、バストアップにつなげることができる!
  2.  就寝前や入浴後にツボを押して効果アップ!
  3.  圧は強すぎず、イタ気持ちいいくらいで、事前に筋肉はほぐしておく!

エクササイズや食事バランスを一緒にやるとさらに効果がアップするようです!体のツボを押すだけでバストアップ、みなさんもぜひやってみてください!

スポンサーリンク

<関連記事>
<特集記事>