ママにとって命がけのお産は本当に大変ですが、お腹の中で大切に育った命との対面は心の底から感動し、喜びに満ち溢れます。

お世話になった産院から自宅に帰り、いよいよ愛しい我が子との子育てライフが始まりますが、子育ては決して楽しいものばかりではありません。

出産後に待ち受けている子育て第一の関門、それは“夜泣き”です。

この夜泣き、子育てに慣れているママさんたちでも一苦労してしまうもので、初めてママになった方はこの夜泣きにとても戸惑い、不安や泣き止ませなきゃという気持ちがプレッシャーとなりイライラしてしまうはず。

世の中のママさんたちは、この夜泣きに対して色々と試行錯誤して対処してきましたが、すぐ泣き止んでくれる時もあれば長い時間泣き続けてしまうことも。

そもそもなぜ赤ちゃんは夜泣きをするのだろう?と思いませんか。私たち大人のようにぐっすり寝ないのか?なにか不満があるのか?夜泣きという言葉は知っていても、なぜ泣くのかを知らない方は多いでしょう。

実は、赤ちゃんが夜中に泣くのにはちゃんと理由があり、その夜泣きに一番良いとされる対処法があるのです。

今回はSさんが、赤ちゃんの夜泣きについてと、その対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんはなぜ夜泣きをするの?

赤ちゃんが泣く理由

病院や先輩ママさんからよく“赤ちゃんが泣く=仕事”だと耳にすることがあります。

仕事かどうかは分かりませんが(笑)赤ちゃんは言葉をまだ発することが出来ない代わりに、泣くことで周りの大人に意思表示をします

  • お腹がすいたよ。
  • オムツが汚れてて気持ち悪いよ。
  • お腹が張っていて嫌だよ。
  • すごく眠いよ。

など、自分が今求めていることを“泣くこと”で伝えようとしているのです。

しかもこの泣き声、お産を経験されたママさんの殆どはご存知かと思いますが、赤ちゃんは自分がしてほしいことによって泣き方を変えています

  • お腹すいた=Neh<ネェ> (指をしゃぶる動作をしたりもする。)
  • オムツを交換して=Heh<ヘェ> (不快感を感じた時もこの発音。)
  • お腹が張って苦しいよ=Eair<エァ> (ゲップをしたい時はEh<エッ>と泣く。)
  • 眠いよ=Owh<オォ> (あくびをするような感じ。)

このように泣き方が全然違っていて、赤ちゃんは全部同じように泣いている訳ではないのが分かるかと思います。初めて出産されたママには分かりにくいかもしれませんが、よく観察して聞いていると違いが分かってくるようになるそうですよ。

赤ちゃんはただ単に泣いているのではなく、泣くことにはちゃんと理由があるのです。

なぜ夜にも泣くの?

赤ちゃんの夜泣きは生後3ヶ月あたりから始まると言われています。

空腹状態やオムツの不快感など夜に泣いてしまう理由は色々ありますが、次の2つが主な原因によるところが大きいようです。

体内時計がまだしっかりしていない

赤ちゃんは私たち大人のように睡眠サイクルがちゃんとしている訳ではありません。

生まれたての赤ちゃんには昼と夜の区別がまだ分からず、時間に関係なくお腹の中にいた時のように“寝ること”と“起きること”を短い間隔で繰り返します。なので、夜中に泣き出すというより、昼と同じように夜も泣いているということなのです。

この睡眠サイクルがちゃんと整ってくるのは大体1歳~1歳半頃と言われていますが、もっと早く整う子もいれば2歳を過ぎても夜泣きが続く子もいるので絶対とは言えません。

私自身の赤ちゃん時代を母に聞いてみると「夜泣き酷かったんだよ~!!何回も起きて大変!!1歳ちょいまで続いたかな?」と苦労していたようですが、旦那の母にも聞いてみると「全く起きなかったの!!その分、昼間は一切寝なかったね。」と、母想いな赤ちゃんだった旦那。

昼間全く寝ないから目を離せなかったという苦労はあったそうですが(笑)“全く夜泣きが無かった”という子もいるようです。

夜泣きをするかしないか、いつ終わるのかは個人差がありますので、「うちの子は終わるのが遅いのはなんで?なにかあるの?」と、あまり不安に思わなくても大丈夫です。

眠りが浅く、上手く眠れない

生まれたばかりの赤ちゃんの睡眠は基本“レム睡眠”と言われています。

眠りが浅いレム睡眠から、脳を休ませ深く眠る“ノンレム睡眠”に切り替わる時の切り替えが大人は自覚ぜずに無意識に出来ますが、赤ちゃんは上手く切り替ることが出来ない子が殆どです。

夜泣きはこのレム睡眠状態の時に起こることが殆どで、この切り替えが上手く出来ず、再び睡眠状態に戻ることが出来ないので泣いてしまうのです。

これは赤ちゃんがまだ発達途中であるため、すぐどうにかなるというものではありませんが、個人差はあれど成長していくうちにちゃんと切り替えが出来るようになってきますのでご安心を。

赤ちゃんがぐずりで泣く原因。新生児の夜泣きにイライラしたら?

 

日本だけなの?夜泣きに対する考え方の違い

この“夜泣き”という言葉、日本しか使っていないことをご存じでしょうか。

そもそも日本以外の国では夜泣きの概念が無く“赤ちゃんが夜も泣くのは当たり前のことで、昼の延長なだけ”という認識です。

なんで日本だけ夜泣きという言葉があるの?と疑問に思うところでしょう。それは、日本独特の子育て概念と神経質なお国柄が関係しているとも言われているからです。

なかなか受け入れてもらえない日本の子育て環境

近年、優先席やベビーカーでのトラブルを耳にすることが多いと思います。今の日本社会の現状は妊婦さんや子連れの親に対する風当たりが強く、赤ちゃんが泣いただけで「うるさい!静かにさせろ!」と言ってくる人もいれば、不快感を隠さずに出してくる人もいます。

子供を連れて電車やバスなどの公共の乗り物に乗っても、ベビーカーが邪魔、泣き声がうるさい。もちろん日本人みなそうではないのですが、心無い一言や行動をする人の考えや価値観によって、日本は諸外国よりも子育てがしにくい国になっているのが現状です。

逆にアメリカやヨーロッパの国を見てみると、“赤ちゃんが泣くのは元気な証拠”と喜ばしく思い、子供達にキャンディーをあげて喜ばせたり、子連れのママを見かけたら席を譲ってあげたりと、“子供は国の宝物”という考え方を強く持っているのです。

子供に対する考え方や接し方が日本とは違い、逆に海外から見ると、日本は子育てがしにくい国という印象をもたれています。

子供が泣くのは当たり前。しかし日本では“赤ちゃんの泣き声=周りに迷惑”という考えが定着してしまっているのも否めず、子育て中のママさんたちは私たちが思っている以上に肩身が狭い思いをしているのです。

日本は隣の家との距離が近かったり、マンションでも壁が薄くて隣の音が聞こえるような環境が多く、近隣とのトラブルを起こしたくない、迷惑をかけたくないという考えから、赤ちゃんが夜泣くことがプレッシャーとストレスになり、この言葉が定着してしまったのではという考え方もあります。

赤ちゃんの反応にかまい過ぎている

日本は世界で一番と言っていいほど赤ちゃんの夜泣きが多い国です。これも夜泣きという概念が生まれてしまった原因の一つでもあります。

赤ちゃんが夜中に泣いてしまうと、ママは赤ちゃんのところに駆けつけすぐに抱っこしてあやしたり、オムツチェックをしたりと赤ちゃんのご機嫌をとって泣き止ませようとします。

日本は何故か、“赤ちゃんがずっと泣いている=放置している=子育てを放棄している”という方程式が出来上がってしまっていて、自信もって子育てをしているなら気にしなくてもいいのでは?と思いますが、近隣や周囲の目を気にして“しっかり子育てしなければ!!”という強迫観念を無意識に持ってしまいます。

自分の子供をちゃんと育てるのはもちろん当たり前のことです。しかし、“必要以上の子育て=愛情”という意識が日本の子育てに根付いているのが諸外国と日本との違いであり、なんでもかんでもすぐ親が手を出す事が日本の夜泣きが多い主な原因になっているのです。

では、日本以外の国の夜泣きが少ない理由は何なのか?この夜泣きを減らすために必要な対策があるのでしょうか。

赤ちゃんが泣く!寝かしつけでぐずり出した時の夜泣き対策

大切な我が子ですから、愛情を注いで大切に育てていきたいですよね。でも、子供の自立は実はとっても大切な事。

先々のことを考えて、こんな子育てもいかがでしょうか。

過保護で過干渉な子育ては良くない?子どもを自立させるには?

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの夜泣きへの対処法は意外な事だった!

もし赤ちゃんが夜中に泣き出してしまったら、どう対処しますか。先にも書いたように、赤ちゃんが泣き止むように抱っこしてあやしたり、ミルクをあげたりと色々な事を試してみると思います。

しかし、これでは赤ちゃんの夜泣きは睡眠のサイクルが整うまでずっと続いてしまいます。そこで、夜泣きを減らすあるいは無くすために必要な対処法は何なのか。

夜泣きは放置にかぎる!!

赤ちゃんの夜泣きに効く対処法は“泣いていても放置をする”ことです。

「何言ってるの!?泣いてるのに放置するなんて!?」という意見が聞こえてきそうですが(笑)この放置をすることこそが、夜泣きを減らすあるいは無くすために重要な対処法であり、海外の国の夜泣きが少ない理由です。

勘違いしてはいけないのが、ずっと放置するのではなく“赤ちゃんの様子を少しの間見守ってあげる”という意味での放置なのです。

アメリカやフランスの子育ては自立した子供に育ちやすく、夜泣きも少ない子育てと言えます。

赤ちゃんは赤ちゃん専用の部屋で寝かせ、親子一緒の寝室にする家庭は少ないのが一般的。これは赤ちゃんを一人の人間としてみているからです。そして赤ちゃんが泣きだしたら少しの間赤ちゃんを泣かせておきます

基本的には何もせず、寝かせるために頭を撫でたりする程度にます。

空腹かオムツの不快感かは、先にも書いた通り泣き声の種類で大体分かります。特にそれらではないのなら、抱っこしてあやしたり過剰に話しかけたりするのはしません。

そして特に体の不調でなければ赤ちゃんはすぐ泣き止み、また自然と眠りに戻っていきます。

順にすると、

  1. 夜中に赤ちゃんが泣きだしたら、まずは見守る。
  2. 抱っこしてあやしたり必要以上に話しかけたり等の過剰な対応をしない。
  3. 赤ちゃんに特に異常が無さそうなら、そのまま眠りに戻してあげる。(頭を撫でる程度ならOK。)

もちろん個人差はありますが、この3ステップで赤ちゃんの夜泣きは驚くほど激減します。

赤ちゃんは睡眠のサイクルが出来上がっていないので、途中で起きてまた自分で眠ることが難しく、抱っこや過剰なかまい方は再び睡眠に戻るためには逆効果。レム睡眠からノンレム睡眠への切り替えが下手な赤ちゃんは、自分で眠りに戻る癖が出来れば夜泣きをすることが減っていきます。

そこで、赤ちゃんが自分から再び眠りに入れるようにサポートしてあげることが夜泣きを減らすための重要なポイントになるのです。

さすがに赤ちゃん別室は日本では難しいと思いますし、赤ちゃんの様子が分からないと心配になるので無理に分けなくてもいいと思いますが、この放置する対策は試しに取り入れてみるといいかもしれません。

何分くらい放置すればいい?

放置することが重要なのは分かりましたが、その放置する時間はどれくらいなのか。

放置する時間の目安は大体5~15分程度が良いでしょう。

まずは、2~3分程度の放置から始めてみてください。離れたところでの放置ではなく、ちゃんと赤ちゃんの隣で様子を見ながら放置しましょう。そこからどんどん時間を延ばしていってみてください。

様子を見る際は、赤ちゃんに異常が無いかも確認しましょう。泣き方が異常だと、どこか体に不調をきたしている可能性がありますので、その場合は放置を止めて何が原因か状態をチェックし、必要な場合は病院へ行き受診しましょう。

初日の夜泣きですぐ効果が表れる子もいれば、数日は中々夜泣きが治まらない子もいますので、あまり気負いせずに気楽な気持ちで試してみてください。

寝やすい環境づくりも大切

睡眠が浅い赤ちゃんにとって快適に眠れる環境はとても大切です。そこで、眠りに入りやすい環境づくりも夜泣きを無くすのに一役買ってくれます。

最近では、赤ちゃんの沐浴から使えるバスオイルやエッセンスなどが充実しています。ハーブや香りの力を借りて赤ちゃんにリラックスしてもらい、快適に眠れるように導いてあげるのも良いでしょう。

赤ちゃんの睡眠用オルゴール等の音楽を使うのも効果的です。

そして赤ちゃんはちょっとした温度変化や湿度にも敏感なので、寝ている部屋の温度や肌で感じている温度に不快を感じると寝づらくて泣いてしまいます。

放置を試す前に、赤ちゃんが寝るための環境がキチンと整っているのかを確認をしてみましょう。

 

赤ちゃんのサインにはキチンと反応してあげる

放置が効果的だからと言って、赤ちゃんからの泣き声のサインを全部放置して良いわけではありません。

日中の時間帯の泣きに全く反応してあげないでいると、赤ちゃんは“泣いても親は何もしてくれない”と泣くことを諦めてしまい、いわゆるサイレントベビー状態になってしまう可能性があります。

赤ちゃんの泣き声は状態を知るための手段であり、赤ちゃんからのSOSでもあります。泣かなくなってしまうとそのサインを受け取ることが出来ず、もし異常があった場合それに気付かず、赤ちゃんの容態を悪化させる可能性があります。

夜だけの放置ならサイレントベビーになることはないと言われていますので、日中の時間帯はしっかり赤ちゃんのサインに反応し、コミュニケーションをとってあげましょう。家事等やらなくてはいけないこともただありますので、必要以上に反応しなくても大丈夫です。

昼と夜のメリハリが大事なのです。

中村獅童2人目子供誕生!嫁は無痛分娩?イクメン海老蔵が夜泣き対策助言

 

泣き声にイライラしてしまった時は?

母親だって一人の人間です。子育ては思っている以上に大変で、ストレスをため込んでしまうママも少なくはありません。母乳をあげるために夜中に何回も起きたり、夜泣きに対応したりで寝不足になってしまいがち。

泣き声にイライラしてしまうし、早速夜泣き対策で放置してみよう!と思っても初めて放置するのは意外と勇気が必要で、子供が泣いているのにそれを見て何もしないのがストレスになってしまう可能性もあります。

パパに協力してもらう

もしイライラしてしまっている時は、パパにお願いして赤ちゃんの様子を見てもらい、ママは別室で一休みしましょう。赤ちゃんにはママのイライラがちゃんと伝わりますので、逆に赤ちゃんにもストレスになり眠りに戻りづらくなってしまいます。イライラが鎮まるまで、パパにお願いして協力してもらいましょう。

パパ以外にも、子育て支援員さんやママ友に相談したり家族に協力をお願いすることで、ママのストレスは少なからず軽減されていきます。

近隣への配慮を先にしておく

イライラしてしまうのは、近隣に迷惑をかけてしまうからという気持ちからきていることもあります。

赤ちゃんが泣くのは仕方がないことですし、決して悪いことをしている訳ではありません。もし近隣住民とのトラブルが気になるようでしたら、「夜泣きでご迷惑をおかけするかもしれませんが。」と一言挨拶をしておくことをお勧めします。

この“一言挨拶をしておく”ことはトラブルを避けるために必要なことでもあり、するかしないかで近隣からの印象は結構変わります。

壁が薄かったり距離が近いアパートやマンションでは特にしておいたほうが良いでしょう。

 

まだ上手くコミュニケーションが取れない赤ちゃんの子育てにイライラは付き物だと思います。なかなかイライラが治まらない、どうしたらいいか分からないという時は、こちらの記事も参考にしてみてください。

子育てでイライラして怒鳴ると逆効果。イライラ解消のすすめ

 

必ず終わりがある

夜泣きは永遠に続くものではなく、早くても遅くても必ず終わりがあります。あまり良いイメージを持たれていませんが、夜泣きは赤ちゃんが生きようとしている証、成長していくための通過点なのです。

そして赤ちゃんが泣くことは当たり前のことであり、決して悪いことではありませんので、子育てをするうえでは当然のことと気楽に考えましょう。

放置する時のポイント

  • まずは、赤ちゃんの様子を見ながら5~15分程度放置をしてみましょう。(最初は2分程度でもOK。)
  • 泣いたらすぐ抱っこしたり過剰にかまうのはNG。
  • 赤ちゃんが自分からまた眠りに戻れるようにサポートすることが大切
  • 異常な泣き方や状態がおかしい場合は放置を止め、赤ちゃんの状態をチェックする。
  • 放置は夜中だけにし、日中はちゃんと反応したりコミュニケーションを積極的にとる。
  • 試してみて夜泣きが治まるかは個人差があるので、失敗しても落ち込まなくてOK。
  • 放置を試す前に、ちゃんと寝る環境が整っているのか確認する。

まずは「試しにやってみようか。」と、気楽な気持ちでチャレンジしてみてください。

子育て中のママたちの負担が少しでも軽減され、お役に立てればと思います。

スポンサーリンク

 

<関連記事>
子供を賢く成長させる方法!育て方に失敗したと思ったら
子供の食べ物の好き嫌いの原因!対策としつけ方を紹介!
男の子の子育ては大変?女の子と育児方法がまるで違う?
幼児の虫歯対策!子供に教える歯磨きの大切さ
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編