幼稚園の入園式は親子ともにワクワクし、とても緊張するでしょう。

わが子の成長した姿に嬉しく思う反面、大丈夫かな?お友達出来るかな?と、色々心配事は付きませんよね。

そして初めてのお子さんの場合、入園式はどんな服装で行けばいいか、どんな髪型で行けばいいか、分からないことも沢山だと思います。

今回はFさんが、幼稚園の入園式にピッタリな女の子の髪型や服装等を順にご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

女の子の服装はどんなのがいい?

まず先に確認しておきたいことは、園から服装の指定があるか無いかです。

各園によって服装の指定は様々で、色の指定がある幼稚園もあれば、普段着でOKという幼稚園もあります。

お子さんが入園する幼稚園からのお知らせに服装等の指定が無いか、先に確認しておきましょう。

特に指定が無い場合は、フォーマルな感じのワンピースやスーツ、ちょっとよそ行きの服装が良いでしょう

大きなリボンとレースがとても女の子らしい可愛いスーツです。

色がシンプルなのであまり派手に見えず、シンプル過ぎるものよりも特別感が出て良いと思います。

上下にふんだんに付けられたレースは写真映えもし、思い出に残る一枚になるでしょう。

こちらは、ふんわりしたチュチュのようなスカートが可愛らしい上下セットです。

あまり固苦しくなく、だけど可愛らしさも欲しいという方におすすめ。お値段もお手頃で、お財布に優しいのも魅力的です。

Aラインワンピースも人気です。

このワンピースはシンプルながらも形が綺麗で、真ん中のボタンとボレロが制服のようで知的な印象を与えてくれます。

胸元のリボンもワンポイントになっていて可愛い一品ですね。

入園式用の服は、ギリギリで購入して当日に着ると着心地が悪かったり、生地によっては硬くて動きづらく感じ、お子さんの気分も沈んで不機嫌になることも。

可能なら余裕をもって用意し、事前に何回か着て服を馴染ませておくと良いでしょう。

特に色の指定がないのであれば、春なので水色やピンク等のパステルカラーの服装もおすすめです。

 

髪型はどんなのがおすすめ?

髪型に対しての指定はほとんどの園では無いと思いますが、注意したいのはヘアアクセサリーを禁止にしているかです。

禁止なのに派手なヘアアクセサリーを付けてしまった!なんてことが無いように、服同様、事前に園からのお知らせをよく確認しておきましょう。

特に禁止では無いようでしたら、服装と髪の長さに合ったヘアアクセサリーを選んでみましょう。

黒や紺、白などのシンプルな色の服には、シンプルな色のヘアアクセサリーが相性良く、ちょっとワンポイントで付けたい場合は、赤などのリボンやカチューシャ等を選ぶと可愛らしいワンポイントになります。

ただし、あまり装飾の派手なものは逆に浮きますので、ほどほどなものを選ぶのが良いでしょう。

制服指定の幼稚園の場合、帽子を被って参加する可能性もあります。せっかくセットした髪型も帽子を被って崩れてしまっては悲しいので、帽子を被っても崩れにくい髪型にしましょう。

例:耳の下あたりで結ぶ、縛らずヘアアイロンで巻き髪ヘアにする。

ロング・ミディアムヘアにおすすめのヘアアクセサリー

ロングヘアやミディアムヘアは、長さがあるのでアレンジの種類が豊富です。

ヘアアイロンでふわふわ巻き髪スタイル、編み込みでハーフアップや後ろで束ねてワンポイントにヘアアクセサリーを付けたりと色々なアレンジが出来るでしょう。

あまり派手なのは嫌だけど、シンプル過ぎるのも嫌という方におすすめなのがこちら。

黒のリボンの中央に可愛らしい2つの白いバラがポイントになっていて、入園式の雰囲気にも良く合うでしょう。入園式以外でも、発表会や結婚式等のフォーマルなシーンでも重宝しそうです。

ポニーテールやハーフアップでのワンポイントにおすすめです。

こちらはヘアクリップ型のヘアアクセサリーです。

クリップタイプなので簡単に付けられ、後ろでまとめたところに、前髪やサイドにワンポイントとして付けると華やかで可愛いですね。

お値段もお手頃なので、2~3個買って花束のバレッタのようにしてみるのもいかがでしょうか。

ボブ・ショートヘアにおすすめのヘアアクセサリー

どうしても髪の長さが足りなくてアレンジが出来ない!という時に便利なのがカチューシャやクリップです。

まるで、不思議の国のアリスのような可愛らしいリボン付きカチューシャです。

ラメやパール等の装飾はありませんが、印象的なリボンがエレガントさと可愛さを与え、ワンポイントにピッタリだと思います。

トリコロールカラーのリボンが可愛らしいヘアクリップです。

こちらはパステルカラーやブラン系、クールカラーや白赤紺のトリコロールと、服の色に合わせて色を選べます。

前髪が長い子は前髪をねじったり編み込んでクリップで留めると、可愛いくて簡単なヘアアレンジの完成です。

 

ワンポイントにコサージュ

服にちょっとワンポイント入れたいなという時に便利なコサージュ。あるかないかで華やかさも変わってきますよね。

子供用のコサージュは基本的に小ぶりな花があるのがいいでしょう。

こちらは、コサージュとしてだけでなくヘアアクセサリーとしても使えるのでとても便利です。レースやリボンが付いてるけど派手すぎないところがいいですね。

コサージュはお揃いコーデのポイントとしても使えますので、ママと一緒にお揃いのコサージュを身に着けて入園式に行くのも楽しそうですね。

お子さんもきっと喜ぶことでしょう。

 

こちらの記事にもコサージュについての情報が沢山載っておりますので、ご参考にどうぞ。

入学式のコサージュでもう悩まない!色と位置はこう決めよう!

 

靴下はどんなのがいい?

特に園からの指定がないようでしたら、白や黒、紺色のソックスにすると、服とのバランスも良いと思います。

レースがワンポイントで付いているものやショート丈のもの等、長さもデザインも様々な靴下がありますので、当日の服装と相性が良さそうなものを選んでコーディネートしてみてください。

こちらは上にレースが付いている白のハイソックスです。

細かい装飾や柄はありませんが、上部についているレースが可愛くて、ダーク系からパステル系まで様々な色の服に合いそうですね。

スカートの丈が長い服では折角のレースが隠れてしまうかもしれませんので、ショート丈のほうを選ばれると良いでしょう。

スポンサーリンク

 

靴はスニーカー?それともフォーマル?

足元も気になるところだと思いますが、実際の声をきいてみると「入園式は室内なのですぐ室内履きに履き換えた」「どのお母さんやお父さんも自分のお子供しかみてないので気にならなかった」

と、あまり靴に関しては力を注いでないパパさんママさんもいらっしゃいます。

「スニーカーで行った」という方もいらっしゃるようです。

スニーカーでも、このような感じでしたら服装との相性も良いと思います。

普段履きとしても使えそうなので、1回だけで終わる靴を買うのはちょっと迷うという方には、こちらがピッタリかもしれません。

服にこだわったから、ちゃんと足元もフォーマルな感じにしたいという方には、こちらのようなフォーマルシューズがおすすめです。

エナメル素材は汚れにも強く、ピカピカで特別感がありますよね。ハートのワンポイントも可愛くて女の子らしいです。

サイズ展開も豊富で、素材もエナメルとエナメル無しが選べます。

靴も服と同様、事前に履き慣らせておけば靴擦れの心配がありません。

もし中々馴染まないようでしたら、踵の内側に石鹸を塗っておくと滑りも良く靴擦れのダメージを軽減できます

 

今回は女の子の服装や髪型についてご紹介していますが、男の子の入園式に着て行く服装や髪型については、こちらの記事を参考にしてみてください。

幼稚園の入園式での男の子の服装や髪型はどんなものがいい?

 

もし入園式当日が雨だったら

入園式が生憎の雨になることもありますよね。

雨水の跳ね返りで靴下が汚れてしまう可能性がありますので、靴下の替えを持って行きましょう。

折角の可愛いソックスが泥などで汚れたら嫌ですよね。白いソックスは特に泥汚れが目立ちますので、汚れないように靴は雨の場合、長靴を履かせましょう。

雨の量が多い場合はママさんも長靴にし、念のためヒールを持って行くと晴れた時に履き替えられます。

もし着物を着ていく場合、裾を帯と体の間に挟み、雨コートを上から羽織って雨や泥跳ねから着物を守りましょう。雨コートを脱ぐ時は、裾を戻すことを忘れずに。

それでも心配でしたら、ポリエステル素材の着物を選ぶと汚れや雨水を落としやすいので、汚れの心配がありません。

足袋の替えも用意しておくと良いでしょう。

雨水や汚れから足元を守る草履カバーも付けていくと、足元の汚れも安心です。

こちらはMサイズですが、Lサイズもございます。

透明なので着物とのバランスを崩さずに足元を守れます。

 

あると助かるものは?

ハンカチ、ティッシュはもちろんのことですが、お子さんの髪が乱れてしまったときに手直し出来るようクシや変えのヘアゴムを持って行くと助かりますね。

お子様さんが転んでしまった時や、靴擦れをしてしまった時に絆創膏があると応急処置が出来ます。

何かメモしておきたいお知らせなどがあった時、ボールペン等の筆記用具があると助かりますので、1本だけでも持って行くと良いでしょう。

 

もし、お子さんへの入園祝いを頂いた時のお返しはどうすればいいか?悩んでいましたら、こちらの記事もご参考にどうぞ。

入学祝いのお返しはどうする?相場や時期、人気商品をご紹介。

 

まとめ

色々ご紹介してみましたが、一番大切な事は事前準備をしっかりしておくことです。

入園式当日はお子さんの支度、ママの支度でバタバタします。当日いきなりヘアセットが上手く出来るか、スムーズに身支度が出来るか分かりませんので、なるべく早めに入園式のための準備は進めておきましょう。

新しい環境に入ること、お子さんの成長の第一歩。

ご家族にとってより良い一日になるようパパさん、ママさん、準備頑張ってくださいね。

[完全保存版]入園式・入学式に役立つ情報まとめ

スポンサーリンク

<関連記事>
子供を賢く成長させる方法!育て方に失敗したと思ったら
子供の食べ物の好き嫌いの原因!対策としつけ方を紹介!
男の子の子育ては大変?女の子と育児方法がまるで違う?
幼児の虫歯対策!子供に教える歯磨きの大切さ
<特集記事>
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!短期間集中編
主婦が副業でお金を稼ぐ人気の方法まとめ!長期間安定編